茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
茨城県牛久市に定着してもよい

という弁護士を探しています。
メール等でご連絡いただければ,募集要項をお送りしますので
どうぞよろしくお願いいたします。

ご連絡いただく際は,
弁護士登録番号と簡単な経歴を書いていただけると助かります。
思うところあって,事務所を法人化しました。

昨日登記が完了して,無事に弁護士法人になったけど,
弁護士1名,事務員2名という現状は変わらず,です(笑)
眞子さまご婚約のニュースが流れているけれど,
そのお相手の男性の姓が「小室」なんだね。

もちろん私とはなんの関係もない小室さんだけど,
単純に,ちょっとうれしいかも。おめでたい話だから。

水戸地方裁判所土浦支部の裏(隣?)にある亀城公園。
桜と鯉のぼりって珍しいよね。

この裁判所に通い始めて6回目の春にして
初めてこの光景に気がつきました(笑)
現在司法修習中の,第70期司法修習生向けに,
日弁連主催で「即時独立開業に関する相談会」が4月1日に開催されます。
(70期以前の方でもご参加いただけると思いますが。)

近年,いわゆる積極的即独
(就職先がないから仕方なく即独,ではなく,戦略的に
あえて即独を選ぶこと。と,私は勝手に定義づけてます^^)
を目指す修習生の方が増えてきている感じがあります。

もちろん,超少数派であることは間違いないけど。でも,だからこそ
そういう方たちにとっては,やはり早い時期からの情報収集が大切なので,
そういう機会を作ろうということで,今回初めての実施となります。

ちょっとでも即独を考えている方,私を含め,
実際に即独した先生方が相談に応じますので,ぜひご参加ください。

引き続きホテルネタですが。

あるホテルに予約したところ,駐車場の場所について,
「大変わかりにくい場所にございます」と,
丁寧な地図(一方通行の道についても案内あり)付きのメールでご案内が来た。

行ってみないと,わかりにくさはわからないけど,
事前に心構えができるから,こういう案内は親切だなあと思う。
実際に行ってみて,本当にわかりにくかったときの苛立ちも減ると思うしね。
仕事の都合で,月に1度程度はビジネスホテルに泊まることがある。
それなりに回数を重ねると,比較対象ができるわけで。

私は,たとえて言えば(というか事実そうだったけれど)
修学旅行のときには,部屋で最後まで起きていて,
誰よりも早く起きるタイプ,つまり,
よそに泊まることに安心できないタイプ(笑)
茨城県牛久市出身の稀勢の里が,
やっと,やっと,優勝したね!嬉しかった。感動した。

私は東京出身で,たまたま牛久市で開業したというだけのことだけど,
やっぱり地元ということで,応援したくなるんだよね。
そもそも相撲にもそれほど興味持っていたわけでもないのに(^^;

近所のスーパーでは稀勢の里が勝つと5%オフになったり,
ここんとこ「優勝か!?」となるたびになんとなく
駅前が盛り上がるような雰囲気になり,そのたび(誰も口には出さなくても)
「あ~あ…」という空気になったりするのを感じていたし。
相談予約を頂く際,ときどき
「子どもも連れて行っていいですか?」
と,きかれることがある。もちろん,いいに決まってる。

まあ,お子さんの年齢と,相談内容との兼ね合いによっては,
同席しない方がいいかもしれないね,ということもあるけれど。
子どもは,わからないようでいて,実はかなりのこと(本質)がわかるから。
少なくとも,感じてしまうから。

けど,何にしても,親が,何か行動をするときに
小さい子がいてすみません…
という気持ちになるような社会ではダメだと思う。
私が弁護士になったのは,平成23年8月だから,
弁護士として迎えるお正月は,
(指折り数えると,なんと!)今年で6回目になるんだね。

時折思い出してここに訪れてくれるみんな,どうもありがとう。
弁護士である私を検索して見てくださっている方,ありがとうございます。

私はこのブログを,やはりこのまま続けます。
弁護士となった今,過去の記録を見ると(詳細に検討したわけではないけど)
弁護士として,これはどうかねえ…と思う記述があったりすることもある気がする。

でも私は,いつも嘘をつかずに生きてきたはずだし,
人それぞれ,見方はあると思うけど,私は,私を否定しない。

とはいえ,もちろん,これでいいと満足しているわけでもない。
今年も,前向きに,毎日を大切に生きていこうと思う。

今年もよろしくお願いします。