茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
6年前に合格者として参加した,伊藤塾の合格祝賀クルージング。
今年,「来賓」としてお招きいただいて乗ってきた(水曜日)。

と書くにあたり,当時書いたかな,と思って見てみたら,
書いてるね(笑),2009年9月17日に。
当時も,このブログを見てたという方から声をかけて頂いたけど,
今回も,ブログを見て励まされたというお声を頂いて嬉しかった。

当時と違うのは,「自分も即独を目指しているんです」という方から
声をかけて頂いたこと。

ほんの少しだけ先を歩いている者として,みなさんのお力になれたら,
さんざん紆余曲折を経て弁護士になった(即独した)甲斐もあるかなと思う。

【2015/09/18 22:39】 | 司法試験
トラックバック(0) |


ひまわり
いつも拝見させて頂いています。
中大ロー卒の新司受験生です。

micoさんが、家事や仕事をされながら勉強していたとき、どのようなことを工夫されていらっしゃったかお伺いしくコメントしました。

現在、仕事と家事で、週50時間弱しか勉強時間が取れません。(もちろんそれでも非常に有り難いと思っていますが、全ての時間を勉強に充てられたロー時代と比較するととてももどかしいです。)

micoさんはどのように工夫されていたのか参考にさせて頂きたいです。



mico
ひまわりさん,コメントありがごうございます。
返信遅くてごめんなさい。

週に50時間の勉強時間が取れるとのこと,
1日にすると少なくとも6時間確保できるということですよね。
合格するには十分な時間だと思います。

仕事や家事の負担があれば,時間が限られて当然です。私は
限られた時間で,いかに効果を上げるかを常に考えていました。
…なんて言うとかっこよすぎですが,要するに,自分にできることを
淡々とこなしていくしかないと思っていました。

あとは,精神的に自分を追い込み過ぎないように心掛けていました。
(これは個人差がありますので,なんとも言えない部分ですが,
私は根が怠け者なので,自分を甘やかしつつもやるべきことはやる,
ということを心がけました。)

とにかく,自分にいいわけしないこと,だと思います。
たとえば,今,洗濯物を干しているとして,
ああ,この時間に答案,小問1つ書けるのになあ…とか思わないこと。
そう思うくらいなら,洗濯物干すのなんかやめて,答案を書くべきです。

がんばってくださいね!!



ひまわり
返信頂いていたのに気付くのが遅れ、
大変失礼いたしました。

そうですね、限られた時間の中で、
(皆、それぞれの事情の中で戦ってるのですし)
集中してやっていくのも大事だと感じました。

メッセージを残した時から少し時間がたち、
家族の理解もあって今はほぼ家事の負担がなくなりました。(手を抜いているだけですが。。。)

合格したら、家族への感謝の気持ちを忘れずに、
恩返ししなきゃなと。
そのためにも頑張ります。

寒くなりましたがmicoさんもお身体には
お気をつけください!



mico
ひまわりさん,よかったですね!
頑張っていると,自然と周囲の状況も整ってくるものですよね。
常に感謝の気持ちを忘れず,自分にできる
最善を尽くすしかないと思います。
頑張ってくださいね!

コメントを閉じる▲
その思いは,受験生を指導する立場にあったら,
(いろんな程度差はあるにせよ)当然の思いだと思う。

けどね,教え子を合格させたい,というのは,何のためなの?
指導する立場にある者として,その人が合格したら,
その人の人生の幸いにつながり,なおかつ社会のためにもなる,
その人の助けを待っている人が必ずいる!!と信じられるからじゃないの?


そういう意味で,今回の漏えい事件をものすごく残念に思う。
だって,誰も幸せにならないじゃない。

漏えいを受けた学生は,今回採点対象から除外され,
今後5年間は受験もできないんでしょ。じゃあ,
もし,誰も疑問に思わず,その学生が合格していたとしたら?
その本人は,もしかして,そんな1科目の漏えいなんかなくても,
十分合格できる実力があったかもしれないのに,
「私はズルして受かった」という負い目を一生負うんだよ。

今,弁護士の仕事をしている者として感想を述べるとすれば,
そんな過去があったら,そんな負い目を感じていたら,弁護士なんかできないよ。
弁護士の仕事なんて,本気でやるなら,そんな甘いもんじゃないよ。

って思う。


追記を閉じる▲

【2015/09/09 23:20】 | 司法試験
トラックバック(0) |
今年の司法試験を受けたみなさん,お疲れさまでした。
合格するべき人が,きちんと合格することを祈っています。

もしお時間があれば,このブログの「司法修習」のカテゴリーとか,
2009年5月以降を見て頂くと,受験後,合格までと,
司法修習生になった自分のイメージ作りに役立つかもしれません。

…すみません。ちょっと読み返してみたら,あまり役立たない気がしました。

けど,人生,イメージできないことは実現しないと思います。
逆に,こうありたい,こうなりたいというイメージが具体的であればあるほど,
それはそのまま,近未来に実現します。(と,私は自分の経験でも思うし,
実際,そうなんだろうなと信じています。)

受験後の今の手応えがどうであろうと,ありたい自分をイメージして,
「今」という時間を大切に過ごしてください。

【2014/05/18 23:26】 | 司法試験
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



mico
秘密コメントくださった方,お疲れさまでした。
受験後の精神状態としては,とても理想的な状態だと思います。
(すみません,抽象的で変な表現になっています。)
今,そのように思えているイメージは,必ず,
近未来に実現すると思います。
そこに向けて,今も,頑張ってください!
朗報をお待ちしております。

コメントを閉じる▲
今年の司法試験は,14日(水)から。

新司法試験も今年で,えっと,9回目なんだね。
(初回は2008年。60期。)

私が,弁護士になることを意識し始めたのは1997年ころ。
司法試験の制度自体が,くるくると変化していて,私が,
受験生として土俵に上がれたころ(このブログを始めたころ)には,
なんていうか,受験生はみんな,制度に翻弄されているなあと思った。

でも,このブログにも書いてきただろうけど,
受験生は,合格して法曹になるのだと決意している以上,
制度の是非についてあれこれ言う暇があるのなら,勉強するしかない。
受験生の立場で何を言っても,自分が受からない言い訳でしかないから。
言いたいことは,受かってから言うしかない。

それで私は,受かって,弁護士になって数年がすぎた今でも,
やっぱり,司法試験,司法修習にも,色んな理不尽があることは
否定できないなあと思っている。
それを,弁護士になった自分には,もう関係ないからいいや,とも思えない。
(かといって,何ができるというわけでもなく,ここでも無力を感じるが。)


とにかく,受験生のみなさんは,受かることだけ考えて,
この1週間を必死で走りぬいてください。
その先には,必ず別の何かが見えるはずです。

【2014/05/11 22:51】 | 司法試験
トラックバック(0) |


haru
micoさん、1月13日にコメントをした受験生です。
受験を前に一言お礼が言いたくてコメント致しました。

1月中旬のとても辛かったとき、
micoさんからコメントのお返事を頂き救われました。

いよいよ本番、
最後まで頑張って必ず合格します。
有難うございました。


mico
haruさん,コメントありがとうございます。
いい状態に調整できているようですね。
その気持ちを,
最後の一瞬まで持ち続けて闘うことができれば,
結果は必然的についてくるものだと思います。
朗報をお待ちしております。

コメントを閉じる▲
明日,あ,もう今日の話だけど,司法試験合格発表だね。

どんな結果であっても,それが,要するに,
今年の試験結果としては,全てなんだよね。
受け入れるしかない。合格だろうが,不合格だろうが,三振だろうが。

合格した人は言い訳する必要はないだろうけど,
不合格だったり,三振してしまった人の中には,言い訳をする人がいると思う。

言い訳をしている限り,合格しない。
別の道に進んでも,結局同じ理由で別の何かにつまずくだろう。
言い訳,つまり,「~~だったから仕方がなかった」と自分を納得させること。
(周囲に対する言い訳は,まだいいと思うんだよね。思いやりの場合もあるから。
ここで言いたいのは,自分に対する言い訳のこと。)

落ちる人は,たまたま落ちるのではない。落ちるべくして,落ちる。
(私も何回も旧司法試験に落ちているし,二回試験にも落ちているから,
落ちる人が落ちるべくして落ちることは身をもって知ってます。)

受かるべきだったのに,たまたま落ちる人なんていないと思う。
「実力があっても,落ちる人」はいると思う。
でもそれは,学力的な実力以外に,何か足りないものがあったんだよ。
どんな試験でも,学力だけで合格はできない。

そのことを自覚できるだけの謙虚さは絶対に必要だと思う。
自分よりできなかったはずの誰かが受かっているとか,
あんな人でも弁護士になってるのにとか,思いたい気持ちはわからなくはない。
でもそこにこだわっている限り,合格しないし,他の道に進んでも,いずれ,
同じような思いにとらわれることになるだろうと思う。

発表の日に「落ちる落ちる」連発してすみません…。
大丈夫,受かる人は,ちゃんと,受かるべくして受かるんだから。

【2013/09/10 00:09】 | 司法試験
トラックバック(0) |
今年の司法試験を受けたみなさん,お疲れさまでした。
とりあえず少し休んで,疲れをとってくださいね。

そして,休むことに飽きたらすぐに,
合格することを前提にして,次の行動に移ってください。
みなさんは,67期司法修習生候補生なのだから。
わかりきったことだけれど,合格はゴールではない。

昨日は,66期司法修習生の即独・就職相談会で,
修習生からの相談を受けてきた。
今年は,例年よりも前倒しで,今の時期の開催となったの。
合格後の進路を決めるのも大変なんだよね。

司法試験に合格するまでは,合格することしか考えられないのが
当たり前だと思う。
けど,受験が終わった今こそ,合格した後どうするかを考えるべきだし,
今のうちに具体的に情報を集めておくことは有益なんじゃないかな。
少なくとも,情報を得られそうな窓口の情報くらいを知っておくことは。


追記を閉じる▲

【2013/05/19 23:34】 | 司法試験
トラックバック(0) |
明日から今年の司法試験。
受験生がこのタイミングでこのブログを見てくれるとも思えないけど…

受験するみんな,本当に,本当に,最後まで諦めないで本気で受けてください。
今年が3回目という方はもちろんだけど,そうではなくても,
受験資格を得てから5年以内,3回という制限がある以上,
今年はとりあえず様子見,なんていう受験はありえないです。

長丁場の試験だし,みんな必ず,「もうだめだ…」と思う瞬間があると思う。
そこからが本当の勝負だから。過去にも何度も同じこと書いてると思うけど,
そういうぎりぎりのときになって諦めるなら,今後の人生もそういう人生だろうし,
首尾よく弁護士になったとしても,そういう弁護士に誰が依頼したいと思うだろう。

司法試験を受けることを決めたのは自分なんだから,責任持って頑張ってください!!

【2013/05/14 23:20】 | 司法試験
トラックバック(0) |
今日私は,ある会議に出席するため東京に行き,地下鉄に乗ったのだけれど,
隣に座っていた人が,某社の司法試験択一模試のレジュメを見ていた。

今年の司法試験は15日(水)からだから,あと1週間と少しだね。
色んな思いで受験するんだと思う。受験生みんな,それぞれに。

全力を尽くしてください。受かる人は,受かるべくして受かるから。

【2013/05/06 23:24】 | 司法試験
トラックバック(0) |
合格された方,おめでとうございます。
修習に向けて頑張ってください。
と同時に,修習後についても,今すぐ,考えてください。

既に就職先が決まっているなど,何の心配もない人はいいけれど,
何とかなるだろうと安易に考えていると,
何ともならずに二回試験直前期を迎えてしまいますよ。

脅かすわけではなく,そういうケースをいくつも見ているので…。
就職できなかったら即独すればいいや,などというのも禁物です。
即独するのにはそれなりの準備が必要ですからね。
私でお役に立てることがあれば,相談に乗ります。

残念な結果だった方へ。

よく言われることだけど,
合格に偶然はあっても,不合格に偶然はないと私は思う。
私自身,二回試験に落ちた時にもそれは実感した。

きついことを言うようだけど,落ちたことは現実だし,
落ちたのには,落ちるだけの理由があるからこそのこと。
いいわけを探すのではなく,冷静に,敗因分析をしてください。

今後どういう道に進むにしても,今回の結果を
「運が悪かった」で片付けないようにしてほしいと思います。


追記を閉じる▲

【2012/09/11 22:32】 | 司法試験
トラックバック(0) |

ありがとうございました!
みゃん
こんにちは!
ご報告が遅くなってしまいましたが、合格することができました!

micoさんには、何度もアドバイスをいただき感謝しております!
本当にありがとうございました!



mico
みゃんさん,おめでとうございます!
今後のご活躍も期待しています。
ご報告ありがとうございました。

コメントを閉じる▲
今年の司法試験を受験したみんな,お疲れさまでした。

発表までの時間も貴重です。
合格していることを前提に,有意義に過ごしてほしいと思います。

【2012/05/23 23:04】 | 司法試験
トラックバック(1) |


みゃん
こんばんは!
本試験を受けてきました!

僕は民法で大ミスをしてしまい、その後悔と不合格の恐怖にやられそうになりました。
でも、micoさんの試験中の記事に勇気付けられたこともあり、少し持ち直すことができました。
ありがとうございました!
9月に良い報告ができるように願いつつ、勉強を継続します。

そして、選択肢の1つとして積極的に即独することを考えています(法律事務所への就職も視野に入れてはいます)。
せっかくの独立可能な資格なのだから、苦労は覚悟の上で、頑張ってみるのも楽しそうだと考えたからです。
書籍やブログ等で情報を集めたいと思っています。
もし、可能であれば、micoさんのご負担にならない形でアドバイスをいただけたら・・・と思っています。
お忙しいところ、すみません。
可能なときに、可能な限りで十分ですので、御一考していただければと思います。



お疲れさまでした
mico
みゃんさん,本試験,お疲れさまでした。
最後まで受け切ったのなら,それだけでアドバンテージですよ(^^)
朗報をお待ちしてます。
即独については,もう珍しくもない時代になったと思います。
とはいえ,不安なことはたくさんあると思いますから,
いつでもメール等くださいね。
私でお答えできることであれば,何でもお答えします。
当面は,みゃんさんも心がけておられる通り,
積極的に情報収集をすることが大切だと思います。
書籍やネットから得られる情報は限られていますから,
開業を考えている地域の弁護士や弁護士会に連絡を取って,
直接お話を聞く機会を作るようにするといいです。
頑張ってくださいね!

お返事ありがとうございます!
みゃん
本試験はもう二度と受けたくないというのが本心です(笑)
はい!
必ず報告させていただきます!

ありがとうございます。
そのようにおっしゃってもらえると、本当に心強いです。
私の場合、実家が山梨にありますので、できるだけ生の情報を収集してみます。

ちなみに、東京での即独は、東京以外の地域での即独より、難しいようなイメージがあります。
例えば、山梨では、弁護士が約100人しか存在しないため、場合によっては知り合いの先生方から仕事を紹介してもらえる可能性がある(かなり少ないとは思いますが・・・)ところ、東京ではこのような弁護士間のつながりが作りにくいため、困難が伴うのではないか。。。
等と考えてしまいます。
東京と、それ以外の地域での即独の際の違いというものはあるのでしょうか。
お時間のあるときにアドバイスがいただけるとうれしいです。



No title
mico
みゃんさん,そうですねぇ…
東京は弁護士の数があまりにも多いですから,
やはりそれ以外の地域とは明らかに違う部分も多いと思います。
弁護士の数に比例して事件数が多いとも思えないですし,
まして無名の新人即独弁護士に入ってくる仕事が
そんなにあるとも思えないですよね。

とはいえ,私の同期でも,東京で即独している人もいます。
東京がいいか地方がいいかは,これからのライフスタイルにも
関わってきますから,慎重に考えた方がいいと思います。
私はブログにも何度も書いているように,東京で働きたいという
希望は全くなかったですし,今の仕事環境はとても気に入っています。


みゃん
お返事ありがとうございます!


とても参考になりました。


まず、お返事を読んで、自分がどのように働きたいかを具体的にイメージしなければいけないと感じました。
たしかに、一定の収入を確保して、業務を継続することは大前提で、かつ重要ですが、この観点ばかりにとらわれると、自分の目指した弁護士像からどんどん離れてしまう気がします。

僕は、(ありきたりですが)地域密着型の弁護士になりたいと考えています。
そうすると、自然と答えはでてきますね(^-^;
micoさんのように自分の状況に満足して働けることはとても幸せだと思います。
そして、そのような充実した気持ちでお仕事をしている弁護士に巡り合えた依頼者も幸せだと思います。
僕も、自分の納得する環境で働くことが目標になりました!
(さっきまでは、就職・即独して食べていければいいという思考に陥っていました。。。ローに入った頃にはこのようには考えていなかったのですが、就職難に対する恐怖心からか、いつからか上記のように考えるに至っていました。)

自分の納得する仕事ができる環境を実現できるなら、手段としては、即独でも、(自分に合う事務所があれば)就職でも大差はないように思います。

このような観点から具体的に動いてみます!
お忙しい中、有益なアドバイスをありがとうございました!

また、質問してしまうかもしれません(゚ー゚;
お時間があれば、アドバイスお願いします!




No title
mico
みゃんさん,ありがとうございます。
そうですよね。
不満ばかり抱えて仕事をしている弁護士だったら,
依頼した人も不安になりますよね。
自分が満足して,充実した環境で働くことが,
結局は依頼人さんの利益にもつながるのですね。
私でお答えできることならいつでもお答えしますから,
遠慮なく質問してくださいね。

コメントを閉じる▲