茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
平成19年4月に,中央大学法科大学院に入学し,
平成21年3月に,卒業した。既修4期F組。

昨日,そのクラスのクラス会があって,
クラス担任の先生含め,20人弱集まった。
東京での開催だったけど,札幌,秋田,仙台,新潟等,
地方からの出席者もけっこういた。
卒業してから,もう6年以上たっているのか。
法曹界に進んだ人も,別の業界に進んだ人もいる。

私たちが入学したころは,年齢層も幅広かったから,
当然今も年齢層は幅広い。
(ちなみに昨日の出席者の中では,担任の先生と私が同い年で,
最年長でしたw)

けど,当たり前だけど,みんな同じだけ年はとっていて,
それでも雰囲気とかは全然変わらなくて。
まさに同世代しかいない高校生までのクラス会とはまた違う,
なんていうか,同じ目標に向かって,全員が頑張っていた結束感というか,
(まあ,そこまでみんなつながっていたわけではないけどさ)
とにかくみんな,頑張っていたよね,という雰囲気を思い出して,嬉しかった。

受験勉強は,ある意味,自分のためだけに頑張ればよかった。
今は,そうではなくて,自分が頑張らないことが,直接的に
誰かの人生(というのが大げさでも,日々の生活)に,
マイナスの影響を与えてしまう。だから,
今も,もっともっと,頑張らないといけないと思う。頑張ろうっ!


追記を閉じる▲

【2015/06/07 22:15】 | 法科大学院
トラックバック(0) |
私の母校である中央大学法科大学院は,今日が卒業式だったらしいね。
中央ローのみならず,卒業したみんな,卒業おめでとうござます。

自分がロー生だったときにも何度も書いているとは思うけど,
今の司法試験は,法科大学院を卒業するか予備試験に合格しなければ
受験することができないわけで,ロー卒業=受験資格取得なんだよね。
これで無事に勝負できるね。

ここから向こう5年間で3回まで。
受験生はそれぞれに,それぞれのプレッシャーの中にいると思う。
苦しい時こそ,合格に一歩近づいているときだから,
気持ちで負けないで,諦めないで,最後まで頑張って!!
既卒受験生のみんなは,新卒の受験生よりもさらに
色々な境遇にいることだろうと思う。雑念も多いと思う。

けど,ここからは本当に,気力の勝負だから,
あれこれ余計なことを考えず,淡々と勉強して下さい。
とにかく毎日毎日,ずっとずっと,本試験を見据えて淡々と勉強する。

寝ても覚めても試験のことだけ考えているような毎日。
それを地道に続けられる,そういうことが大事なんだと思う。

大丈夫。そんな毎日が一生続くわけではないから。


追記を閉じる▲

【2012/03/24 22:55】 | 法科大学院
トラックバック(0) |
ローによって事情は違うから何とも言い難い部分はあるけど、
今の司法試験が、ロースクール卒業が受験資格である以上、私は、
ロースクール在学中は、ローの授業をいかに司法試験合格に活かすか、
ということを、常に、本気で考えるべきだと思う。

確かに、司法試験とは直接は関係もない授業もあると思う。
受験指導に熱心ではない先生もいるとは思う。
けど少なくとも、受験科目と少しでもかぶる授業については、
受ける側の意識でどうとでもプラスにできる…はず。

また身内贔屓みたいで恐縮だけど、中央大学法科大学院は、
そういう意味ではきわめて恵まれた環境がある。
(異論のある人もいるとは思うけど、私はそう思っていたし、
今の在学生や先生から聞く限りでも、そう思う)

他のローでもそれぞれにいい環境があるはずだから、
在学中の方にはそれを最大限活かして欲しいと思うし、
ローを目指している受験生のみんなには、中央をお勧めします。


【2011/09/26 23:09】 | 法科大学院
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



うたか
ローを恵まれた環境だと思えることは良いことですね。

私は今はロー環境にぐちぐち言いがちですが…
micoさんのように自信を持って母校を推薦できるよう、
授業を大事にしていこうと思います


mico
秘密コメント下さった方、ありがとうございます。
メールさせていただきました(^^)


うたかさん、ありがとうございます。
そうですね、
今いる環境を「恵まれている」と思えることは
幸せなことですし、ある程度、自分次第でもあると思います。
頑張ってくださいね!

コメントを閉じる▲
土曜日、司法修習の同期と飲む機会があって、
その中の一人はロースクールが同じだったので、
共通の知り合いの近況を少し聞いたりもしたのね。

ローのときから検察官になりたいと言っていた女性が、
志望通り検察官に任官したという話を聞いた。
彼女とは、ロースクールの刑事模擬裁判で、
彼女が検察官役、私が弁護人役で闘った(?)ことがあるんだ。
検察官役3人に対して弁護人役1人といういじめ構造(笑)で。

そうか~。ちゃんと検察官になったんだねえ。感慨深いわ。
私もちゃんと弁護士にならなくちゃね。

当時はあんまり意識していなかったけど、ロースクールの同期生も
仕事をしていく上でありがたいご縁になるものなんだよね。


【2011/05/16 22:21】 | 法科大学院
トラックバック(0) |
法科大学院に入学するとき、資金が足りず、
女性福祉資金というのを借りた

その後、ローに入学して行政法の勉強をするうちに、
借りたときのちょっぴりつらかった気持ちを思い出し、
卒業後には、ちゃんと返すからね、と宣言した

総額39万円。たかが…と思われるかもしれないけど、私には当時、
そのお金を調達する術が、他にはなかったの。
返済計画では、来月末が最後だったのだけど、残りは3万円だったので、
新年度になって払込票が送られてきたのを契機に今日、全額返した。

いわゆる社会的に弱い立場にある人を対象にした福祉資金だし、
返済されないことも多いらしく、本当に何度もいやな思い(というと語弊はあるが)
をしてきた。ちゃんと返してくれるんだろうねえ、といつも疑われているようで。

ここに引っ越してきたばかりのときも、払込票が引越しの荷物にまぎれて見つからず、
期日を数日過ぎてしまったことがあったのだけど、もう、すぐ、電話かかってきたし(^^;
私が毎月着々と返済してきたことは記録上明らかだから、さすがにこのときは、
「手違いだとは思いますが…」みたいな低姿勢の連絡だったけど。

今日、無事に全額返済することができて、すごくほっとした。
いやな思いをしたとか書いたけど、私はこれがなければ法科大学院に入学できなかったし、
入学できなければ、司法試験に合格することもなかった。
だから、すごく、すごく感謝してる。
財源はもともとは税金なんだし、それは全ての国民によって支出されたもの。
だから私は、この国の全ての人に感謝しなければならないと思う。
ちゃんと弁護士になって、少しでもご恩返しをします。




【2011/04/05 23:06】 | 法科大学院
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



SSS
そういう視点は大切ですよね。
私はお金に不自由なく生活をさせてもらいました。親に感謝です。
その両親は公務員ですので給料はやはり税金なんですね。

私もみんなに感謝です。


たまねぎ
39万円を借りるだけで済んだというのは立派です!
わたしの知り合いの社会人からローに行った人は全員奨学金を100万以上は借りてます。授業料は貯金で払えたとしても仕事ができないから生活費のために借りざるえない感じです。
夜間ローに行っても仕事と受験勉強の両立が難しいようで専業受験生になってる友人も多いです。
やっぱりロースクールと仕事の両立は難しいもんですかね?
ほんとに過酷な試験だなと思います。



mico
秘密コメント下さった方、
安易なことを言うつもりもないのですが、今年は合格しましょう。
そういう切羽詰まった状況をポジティブにとらえ、力に変えるのです!
私も今の「おいてきぼり感」ったら半端ないですよ。
なんせ95%以上の同期が受かった試験に落ちたんですからね。
それに、今度失敗したら、息子と二人で路頭に迷うことになります。
…なんて、不幸自慢みたいになってしまいましたが(^^;
なんとか気持ちを明るく持って頑張りましょう!
必ず合格されることを信じ、応援しています。


SSSさん、ありがとう。
お金に不自由しない暮らしというのはありがたいですよね。
当たり前のようで、実はそうではないですし。
感謝の気持ちを忘れないようにしたいです。


たまねぎさん、いやいや、借金「1つ」返しただけです(^^;
私も日本学生機構からも借りていますから、まだ百万単位の借金があります。
入学前に用意する必要があったため、日本学生機構は使えなかったので
福祉資金から借り、その上限額が39万円だったというだけで…。
私も生活費をまかなうために、日本学生機構からも枠一杯に増額して借りました。
ロースクールと仕事の両立は、やはり難しいと思います。
私の同期に、夜間ローに仕事をしながら通って合格された方もいますので、
不可能ではないと思いますが、職場等の理解も必要ですし。
ほんと、社会人経験者は特に、参入しづらいですよね。


コメントを閉じる▲
今日は修習(即日起案!)のあと,ロー在学中何度も書いてきた
Kゼミの飲み会に参加させて頂いたよ。
本来,修了生として有意義なお話をすべきところだろうけど,
そこは,まあ,それとして(^^;

久しぶりに入ったローの建物は,懐かしいという感じでもなく,
普通に明日も来る,みたいな感覚だったな。
もともと私は,ロー滞在時間が短かったから
(自習室もあまり使わなかったので)長期休暇を経て久しぶりに
行ったときみたいな感じがした。

あと,ブログ5年以上も書いてるから何度かあったことだけど,
今日もここを見てくださっているという人に会えて嬉しかった。
話の中で出てきたキーワード?から気づいて下さったようで。

私はほんと,このブログのおかげでたくさんの人と出逢ってきた。
そのおかげで,ローに行く決心もできたし,無事に卒業できたし,
新司法試験に合格することもできて,今,さらにご縁が広がっている。

2005年3月,思い切ってブログを始めてよかったと思う。


追記を閉じる▲

【2010/04/30 22:58】 | 法科大学院
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



mico
秘密コメント下さった方,
その方は今回は参加されていません。
ちなみに彼女とは今,検察修習で一緒で,
仲良くさせてもらってます(^^)

コメントを閉じる▲
昨日は,中央ローの入学予定者ガイダンスだったんだ。

前に書いた私の親友をはじめ,私と同世代の女性が3人,
既修で入学することになっているの。
(もっといらっしゃるかもしれないけど。男性もいるだろうし)

ガイダンス後に,その方たちとお話したんだ。
入学前に不安に思うことは,年齢に関係なく同じだよね(^^)
もっとも,それ加えて「浮くかもしれない」的な不安があったけど。

でもまあ,私のブログを見てもらえればおわかりの通り,
心配いらないと思う。
こちらが気にするほど,周囲は気にしていないものだと思うし。

それに,記憶力とか体力とか気力とかも,別に心配いらないと思う。
これらはむしろ,年齢差より,個人差だよね。特に気力は(笑)

体力低下は,たまに駅でダッシュしたりすると実感するけど・・・



本文の記事とは関係ないけど

2009111517300001.jpg

クリスマスを意識する季節になってきたね♪




追記を閉じる▲

【2009/11/15 12:54】 | 法科大学院
トラックバック(0) |


s-k
Nさんにも新たなお仲間ができたんですね^^
頑張ってほしいです★

管理人のみ閲覧できます
-



mico
s-kさん,Nちゃんも元気に頑張っていますよ♪
我々もがんばりましょう!


秘密コメントくださった方,ありがとうございます。
詳細な情報,大変参考になりました。
いずれご相談させていただくこともあるかと思いますが,
そのときはよろしくお願いしますm(_ _)m




sayaka
こんばんは!
私も昨日のガイダンスに行ってきました。
やる気があればそれに十分こたえてくれる学校だと
感じ、入学前に出来るだけのことをしよう!
と気持ちを新たにして帰ってきました。
色々なバックグラウンドのかたと勉強できるのは、
本当に楽しみだし学ぶことも多いと感じます。
今は孤独な勉強ですが、早く入学して授業を受けたいです♪
そしてできれば私も二年からは半免取れるよう頑張ります!


mico
sayakaさん,おつかれさまでした。
ガイダンスで感じた感触は,裏切られることはないと思いますよ♪
もちろん,学生側の気持ち次第という部分はありますが,
まさにやる気があれば,いくらでも応答を得られる学校です。
がんばってくださいね。
私も勉強,がんばります!

コメントを閉じる▲
今日は,ローの租税法選択者(4期生中心)での飲み会だったよ。
先生のキャラが濃いということもあり,面白かった。
ふだんは中々聞けないような話も聞けたりするしね。

けど,今日,
先生が来年の集まりの日程まで決めたのには驚いたわ。
来年ったって,年明けとかじゃないんだよ。
来年の10月末とか,そういう話(笑)。

実行力のある人って,こういうふうに進めるんだなって思った。
先にやるって決めてしまう。決めれば,やるしかないしね。

たかが飲み会かもしれないけど,おそらく,一事が万事。
そういう行動力は見習わなければと思う。
(超偉大な先生ゆえ,他は見習うべくもないのだけど・・・)


【2009/11/11 23:49】 | 法科大学院
トラックバック(0) |


mame
先生って,MN先生?
ウソかホントか,落ちてすぐ,租税の某くんが,
「先生が,選択租税に変えろって言ってたよ。」とか言ってくれて,
租税チームにもつながりが残ってた感じで,嬉しかったよ。

にしても,どーしたの(苦笑)?
傷付けたり傷ついたり,いろいろありますわ~。
傷つくって,人それぞれ,その時々だから,正直分からんし。
どっちの立場になっても,一歩引いて冷静に対処するように,心がけてますが。


mico
mameち,ありがとう。もちろん,MN先生だよ。
租税は今年,全国で一人も足切り者がいなかったし,
うちのロー生の占める合格者割合も高かったんだよね。
来年10月の飲み会には,ぜひ来てね!!
いくつになっても,いろいろ,あるもんだね(苦笑)
人の気持ちまではどうしようもないから,
コントロール可能な自分をどうにかするしかないよね。


ハイビスカス
お久しぶりです。
毎日充実した日々を過ごしているmicoさんの様子を拝見して、うらやましいな、と思う反面、自分も頑張らなきゃ、って思ってます。

租税法の足きり者がいなかったっていうのは、租税法選択者の私としては、嬉しいです。
最近になってようやく、租税法の面白さが分かってきたような気がします(えらそうなことはいえませんが)
うちの租税の先生も、とっても素晴らしい方です。


mico
ハイビスカスさん,お久しぶり。コメントありがとうございます。
「面白い」と思って勉強できることは幸せですよね。
選択科目は,他の科目に比べて勉強歴が短いですし,
本試験直前になっても新鮮な気持ちでした(笑)
実務にも役立ちそうなので,これからも勉強したいです。
お互いこれからもがんばりましょうね!


コメントを閉じる▲
昨日はローのクラス会だったよ。

もうすぐ修習で地方へ引っ越す人もいるし,
まとまった人数で集まる機会は,しばらくないのかな。

と思ったら,ちょっとさびしくなった。

入学したばかりの頃のこととか,いろいろ思い出すなあ。
ローの2年間,大変なこともあったけど,
圧倒的に楽しかったことの印象のほうが強い。

これからも,この仲間たちも大切にしたいな。
みんな,ありがとう。


【2009/11/08 11:20】 | 法科大学院
トラックバック(0) |
今日はローで合格祝賀会があったよ。
今年中央から合格した162人のうち、140人以上が参加してた。
市ヶ谷の某ホテルで開催。

ここは,3月の修了式で訪れたところで,そのときに
合格祝賀会はここで行われるというアナウンスがあったの。
そのとき,必ず合格して,ここでの祝賀会に参加するぞ,って思った。

合格してから,まだお礼を申し上げていない先生が何人も思い浮かび,
今日お会いして,お礼のご挨拶をするぞ!って思ってたんだ。

けど,たくさん人がいたし,とりあえずお腹を満たしてから(^^;
って,友人とけっこう飲み食いしていたら,
結局ご挨拶したいと思っていたほとんどの方が,
先生のほうからお声をかけてくださった・・・。
(先生方は,あちこちのテーブルを回ってくださっていた)

恐縮したけれど,嬉しかったな。
こういう風に,先生と学生の距離が近いことも,中央ローの魅力だと思う。
今日に限らず,ふだんの授業等でもそうだったし。

修習も頑張って,ちゃんと2回試験に合格し,きちんと仕事をして,
ちょっとでも恩返しをしたいなって思ってる。



【2009/10/05 23:44】 | 法科大学院
トラックバック(0) |


角笛人
私は,カンパイのあと,隣にいらっしゃった理事の弁護士の方(法学部昭和33年卒)と,法学部やロースクールのあり方について語り合った,というか,ありがたいお話を伺っていました(^_^;)
そして,人生で初めて他人のタバコにライター(中大マーク入りの100円ライター)で火をつけてしまいました(^^ゞ


mico
角笛人さん,おつかれさまでした。
なるほど。
ありがたいお話を聞く機会も,たくさんありましたね(笑)
それに,現役の最高裁裁判官があんな風に
気軽に話しかけてくださる場も,そうそうないな~と感激しました。

コメントを閉じる▲