茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
先月末に49歳になりました。

今より若くはならない。
今がいちばん若い。

私が尊敬する一世代上の女性の言葉。
そうなんだよね。時の流れは止まらないのだから,
誰だって,今,この瞬間が,その人の人生においていちばん若い。

弁護士になって間もないころ,
自分の名前の頭に「弁護士」という肩書をつけて検索しても
私ではない同姓同名有名人の方がヒットすることを悔しく(?)思い,
このブログに書いたことがあったんだよね。

弁護士登録をしてからもうすぐ丸5年。
「小室光子」で検索をかけたら,
「ブログ 小室光子」「小室光子 弁護士」で検索する,みたいな案内は出たけれど,
「弁護士 小室みつ子ではありませんか?」とは聞かれなかった(笑)
最近はあまりブログも更新できていないけど,
24日は私の誕生日で,誕生日のこと何か書いておこうと思ったの。

もう丸10年以上続けているからね,このブログ。
ブログ始めてから迎える誕生日は11回目なわけで。
過去の誕生日に,なんて書いてたかなあ…と思って少し見るに,
去年も一昨年も,何も書いてないね。印象なかったんだね,きっと(笑)

今年はいわゆる年女で,干支があと1周すると還暦!という感慨も込め。

(画像クリックで拡大します)

憲法を生かす会・茨城の主催で開催されます。
多くのみなさんのご参加をお待ちしております。
このブログを始めてから,今日でちょうど10年。

いろんな方に見て頂き,いろんな出会いもあって,本当に私は,
このブログを始めていなければ,弁護士になることを諦めていたと思う。

だから,みなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。
今日は,茨城県女性青少年課男女共同参画チャレンジ支援セミナー
講師をさせて頂いた。
(お聞きいただいたみなさん,本当にありがとうございます。)

これまでも,1時間程度の何かの機会に講師というか,
弁護士としてお話しさせて頂くことはあったけど,
2時間枠での講師というのは,実は,初めてだった。
河合弘之弁護士が監督した記録映画「日本と原発」。
今日、ワークプラザ勝田で上映会と、監修した
海渡雄一弁護士の講演会があったので行ってきた。

そもそもの原発の仕組み(危険性)がよくわかるし、
福島の事故当時に、どんなことになっていたのかもわかるし、
原発が何をもたらすかもよくわかる映画だった。

原発問題、気にはなっているけど、今一つ、自分には
あんまり関係ないかな、と思っている人たちにこそ見てほしいと思う。
これを観れば、一度にたくさんの情報を得ることができる。
このブログにも,何度も書いているとおり,私は
菅原文太さまの大ファン。
夕方,事務所に戻ってパソコンを立ち上げて,訃報を知った。

ショック(泣)

近年は,脱原発等,社会的な活動もされていた文太さま。
衆議院議員選挙を控えた今,ぜひリンク先のこの記事を読んでほしい。
まさに文太さまの「遺言」ということになると思う。
少し前に,移動中に立ち寄ったローカルなスーパー
(ショッピングセンターかな。その地域では大きいところ。)で,
山口百恵のCDを買ったんだよね。なんか目について,聞きたくなって。

私が小学生のときのアイドルで,なんだろうな,
憧れるというか,かっこいいお姉さんというか,好きだった。
歌もシングルで発売されていたものは,歌詞を見ればほとんど全部歌える(笑)

まだ小学生だったから,歌詞の意味まであまり考えたことがなくてね。
で,車の中で,改めて聞いていたら,なんか楽しかった。
へえ…これってこんな歌だったのか。みたいな。

「赤い絆」は,こんなに尽くしていたのにあなたは手のひら返すのね,みたいな曲だし,
「絶体絶命」は,妻のいる男性を愛して,身を引く女の歌だったんだね。知らなかった。
「しなやかに歌って」は特に好きな曲だったけど,男に出て行かれた後の気持ちを
歌っていたんだねえ。あなたの帰り待ってるとか。ちょっとイメージ違ったな。

けど,「しなやか」って言葉は好き。
そう簡単に折れない強さとか,それでいて上品な美しさみたいなものを感じるから。