FC2ブログ

弁護士小室光子の記録です

1人で旧司法試験を受験していたころに始めたこのブログ,
もうすぐ15年になるんだね…。

もう,「旧司法試験」なんて,
今,司法試験を受けようとしている人たちにとっては,古典だよね(笑)
弁護士になってからも,細々と更新してきたこのブログ,今後も,やめるつもりはない。

いまだに,「もしかしてmicoさんですか?ずっとブログ見てました!」と
若手の弁護士と名刺交換して少ししゃべったりすると,言ってもらえることがある。
そういうときは,やっぱり,嬉しいと思う。

弁護士になってからは,お客様等が,弁護士としての私を検索して,
ここにたどりつく場合もあるので,正直,
どこまで等身大の私を出していていいのかと悩んだりもした。

で,結局,過去のすべて,そのまま残すことを選択したわけで。
今,もはや自分でも何をどこまで書いているのか,覚えていないけれど,私は,
過去の自分の何も否定しないし,言い訳もしないと決めているから,このまま残しておくの。

ところで,今年は元号が「令和」になって初めての年末ということで。
元号が変わる経験が2度目になる。

平成元年,私は文学部の学生だった。弁護士になるなんて,一瞬も思ったことはなかった。
ある意味,夢破れて(女優になりたかった),就職活動をし,平成2年,「普通に」就職した。
男女雇用機会均等法施行後数年のころで,同じ四年制大学卒である以上,
男性と同じように活躍できるように見えていた。

けど,入って見たら,
女性は,女性であるというだけで,ハンディギャップを抱えている職場だった。
(当時はどこでもそんなもんだったんだろうと思うけど)
平成2年12月には退職した。
大学生の頃から交際していた人と,「普通に」結婚して,出産した。
いろいろあって,平成7年,1歳の息子を抱えて離婚した。

そして令和元年,私は弁護士だった。この先も,弁護士ではあり続けると思う。
色んなことがあって,想定外の,弁護士になった。
自分が離婚を経験した後,どうしても,弁護士になりたいと思って,弁護士になった。

それで何か満足しているわけではない。
始まったばかりの令和の時代,常に前向きに,頑張って生きていこうと思う。

今年も,ここを見てくれたみなさん,ありがとう。
これからもよろしくお願いします。
2019.12.31 / Top↑
司法試験に限らないと思うけど。
昨日,戸棚の片づけをしていて,古い日記をめくっていたら
次のようなことが書いてあった。

2019.08.13 / Top↑
明けましておめでとうございます。

ふと気づくことに,私が司法試験に合格した年が平成21年,
つまり年が明けて平成31年の今日からすると,10年前なんだね。
10年前の今頃,きっと
「今年はロースクールを卒業し,司法試験に合格する!」
と決意していたはず(後でこのブログを検証してみますw)。

十年一昔と言うけれど,ほんとに,10年たつと色んなことが変わるね。
10年前の元日,
10年後に自分が弁護士になっていないとは思っていなかったけど,
(当然,弁護士になっていると思っており,そこは全く疑ってなかった。はず。)
茨城県牛久市で即独で開業するとまでは思っていなかったし,
まして,10年後,
東京都青梅市に2軒目の事務所を開いているとは思っていなかった。

この先,10年後も,きっと,このブログは続けているはず。
そして,きっとまた,
10年前には,~とは思っていなかった,とか書いているんだろうなあ(笑)

今,10年後のことは思い浮かばないけど,少なくとも今年も私は,弁護士として,
弁護士を必要としている方のお力になる,という決意は変わりません。
2019.01.01 / Top↑
73年前の今日,戦争が終わった。

戦争を経験した方のお話を聞く機会が,どんどんなくなっていくよね。
私の父は,昭和9年生まれで,終戦のとき小学5年生だった。
父は末っ子だから,長兄は,戦争に行っている。
(生還し,私が中学2年のときに亡くなりました。)
だから,かろうじて,私は,直接,戦争体験を聞いている。

父は,茨城県での空襲を経験していて,
同級生と遊んでいて,空襲警報が鳴り,逃げるさなか,
いっしょに逃げていた同級生が,銃弾に倒れたという経験もしている。
(その同級生は亡くなっており,状況から見て,父がそのとき亡くなっていても
まったく不思議はないので,そうしたら私も生まれていないわけです。)
けど,その父もすでに亡くなっており,細部を確認することはもうできない。

それ1つとっても,リアルに情景を思えば,胸が張り裂けそうな思いになる。
そんなことが,同時に,何千,何万って起きていた時代。
そのことを,今を生きている私たちは,知らないといけないと思う。
直接,お話ししていただける方がいるのであれば,お話ししてほしい。

息子が赤ちゃんだったころ(それですらもう20年以上前になるのか…)
地元の区民センターみたいなところで,元特攻隊員だった方のお話を聞いた。
そういう企画が,当時はまだあった。

テレビでも,終戦特別企画,みたいなことをやっていたと思うけど,
(内容は玉石混交だったかもしれないけど,ドラマとかドキュメンタリーとか)
いつころからかな,そういうの,やらなくなったよね。
今日のテレビ番組表を見ても,私が見る限り,特に
終戦の日を意識した企画はない。

私が格別に終戦の日を意識したのは,戦後40年のころ。
あのころは,本屋さんに,戦争体験記というタイトルの本(ムックみたいなやつ)が
売っていて,今でも持っている。
そのころからでももう,30年以上過ぎるんだもんね。
過去になっても仕方ないのかな。

けど,そのころから思っていたけれど,
過去のこととして忘れかけたころ,同じことが繰り返されるのかなと危惧する。

私は,思想的に,右とか左とか,どうでもいいと思ってる。
誰もが,自分の頭で考え,自分の価値観で行動するべきだと思うし。
何か主張した時に,簡単にカテゴライズされて利用されたくないし。

戦争はやだ。特攻隊から生還した方の言葉を借りれば,
「戦争は,人殺し」だから。
それだけ。戦争をしない国家でありたい。あってほしい。
2018.08.15 / Top↑
過去に書いているかもしれないけれど,私は
高校のとき,弓道部に入って,高校2年生までの2年間,
生活の中で最優先は,弓だった。

2時間目ころには教科書を立てて早弁をし(先生,ごめんなさい),
お昼休みは弓道場をあけて,勝手に(ごめんなさい)練習した。
早朝,裏口からこっそり侵入して練習もしてた(ごめんなさい)。

都立高校で,学校の規則上,
(せっかく狭いながらも弓道場があるというのに)
週に3日しか部活はできなかったから,部活のない日や,
定期試験の前とかで部活のないときは,地元の弓道場に通った。

そのくらい,弓道が大好きだった。
2018.06.24 / Top↑
一般的に喜ぶ年でもないでしょうけど(笑)
長寿を祝うには少し早いしね。

今年は,十の位が4から5に変わる誕生日。
ということに,1週間前くらいに気がついて,
ちょっと感慨深く思ったり。

十の位が3から4に変わったときといえば,
法科大学院に入学した年だからね。(このブログも書いてるからね。)
クラスで上から数えて何番目,くらいな年長者だったなあ。
女子では2番目だった。

法科大学院を卒業した年,42歳で司法試験に合格して
伊藤塾でアルバイトしていたときも,ぶっちぎって(?)年長者だったなあ。
2017.07.24 / Top↑
先月末に49歳になりました。

今より若くはならない。
今がいちばん若い。

私が尊敬する一世代上の女性の言葉。
そうなんだよね。時の流れは止まらないのだから,
誰だって,今,この瞬間が,その人の人生においていちばん若い。

2016.08.09 / Top↑
弁護士になって間もないころ,
自分の名前の頭に「弁護士」という肩書をつけて検索しても
私ではない同姓同名有名人の方がヒットすることを悔しく(?)思い,
このブログに書いたことがあったんだよね。

弁護士登録をしてからもうすぐ丸5年。
「小室光子」で検索をかけたら,
「ブログ 小室光子」「小室光子 弁護士」で検索する,みたいな案内は出たけれど,
「弁護士 小室みつ子ではありませんか?」とは聞かれなかった(笑)
2016.05.05 / Top↑
最近はあまりブログも更新できていないけど,
24日は私の誕生日で,誕生日のこと何か書いておこうと思ったの。

もう丸10年以上続けているからね,このブログ。
ブログ始めてから迎える誕生日は11回目なわけで。
過去の誕生日に,なんて書いてたかなあ…と思って少し見るに,
去年も一昨年も,何も書いてないね。印象なかったんだね,きっと(笑)

今年はいわゆる年女で,干支があと1周すると還暦!という感慨も込め。
2015.07.27 / Top↑

(画像クリックで拡大します)

憲法を生かす会・茨城の主催で開催されます。
多くのみなさんのご参加をお待ちしております。
2015.04.30 / Top↑