茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
今月ずっと、ここがトップに出るようにしました。
みなさんの択一経験や、論文対策について、
(その他、試験に関係ないことでも!)
掲示板的に色々書いてもらえると嬉しいです。
↓下の「コメントを見る・書く」からお願いします(*^-^*)


物理的距離において、見に行ける範囲のみなさん。
択一の発表、見に行く?

私は、今年は見に行こうと思います。
今年で6回目の受験なんだけど、見に行ったのは最初の
1回だけなんだ。平成12年・・・・。

まだよくわかってなかったからさ、たぶんダメだとは思ってたけど
「掲示板に番号がない!その悔しさをバネに頑張る!!」
ってな勢いで、見に行きましたさ。
その年、帰ってきた成績は、総合C。

その後、一番いい成績だったのは、平成14年で
合格点41点に対して39点(総合A)。
後から思えば2点差だから、期待して見に行ったりしても
良かったかもしれないけど、40点切ってると、いくらなんでも
ないよねえ、って思うしね。

他の年は・・・・見に行く気力も起きないほど、不合格確定だった。

今年は何を思うだろう。
もしかして受かっていたら。普通に落ちていたら。
泣いちゃったりして。(しねーよ!!)


5月29日の勉強
・田口刑訴読み
合計2時間5分

今日は家のマンション管理組合の通常総会。
決算報告や、予算、修繕などについての決議をするの。

マンションを購入するときって、管理費や修繕積立金が
高いか安いかは気にしても、どこの管理会社がどういう管理をするのか、
管理組合はどうなってるか、なんてあんまり考えないよね。

私ももちろん、そうだったけど。
このマンションを購入したとき(ちょうど10年前)には
まだ法律の勉強もしたことなかったし。

どこのマンションでも大体そうだろうけど、分譲マンションって
部屋番号で、順番に管理組合の理事を担当することになるんだよね。
で、私も一昨年、順番が回ってきちゃって、さらにあみだくじで
理事長になっちゃったんだ・・・・。

ま、色々勉強になったから、やってよかったと思うけど。
マンション暮らしのみなさん、管理に興味持ったほうがいいです。絶対。



日本テレビ系土曜日夜9時からやってるドラマ。
今クール、イチオシです。今日も楽しみ~。

舞台がいい。ストーリーがいい。
出ている役者もいい。プロデューサーもいい。

写真は日テレの「なんだろう」くん。かわいい!


5月27日の勉強
・憲法答案書き
・田口刑訴読み、刑訴レジュメ読み
・定義暗記
合計5時間26分


読んでる?

私はいわゆる入門から一連の基幹講座は、伊藤塾なのね。
体系マスターに始まって、基礎マスター、応用マスター、
論文マスター、択一マスターの全部を在宅で受講した。

私が受けたとき(古!)にはまだ商訴は基礎マスとかなくて、
体系マスターの次に商訴を学ぶのは、論文マスターだったの。
しかもテキストもできてなかったから、基本書中心、伊藤先生。
(つまり6科目とも伊藤先生が担当という黄金?時代)

で、いまだにその名残で、訴訟法だけは基本書を読んでる。
商法は激改正を経てるのでダメだけど・・・・。
刑訴は田口守一先生、民訴は上田徹一郎先生のやつ。

基本書も、いいもんだよね。流れがあって読みやすいというか。
特に田口先生の刑訴は読みやすいと思う。

とはいえ、1時間くらい読んでると、飽きてくる・・・・・
飽きっぽすぎ。


5月26日の勉強
・田口刑訴読み
・定義暗記
合計2時間55分

近所のスーパーで、キゥイフルーツを2個買った。
1つは普通ので100円、もう1つはゴールドキゥイで128円。
(食べ比べてみたくなってさ・・・)

レジのオバちゃん、違いに気がつかず、1個100円×2で
計算しちゃったんだよ。
28円儲けた!!と0.1秒くらい思ったけど(哀)、申し出た。

レジの機械、新しいのに変わったばかりでね、オバちゃんも
めんどくさかったんだろうね。一応、打ち直そうとしたんだけど、
すぐには「ゴールドキゥイ」のボタンが見つからなかったようで、
「いいです」って・・・・。←債務免除?


5月25日の勉強
・民訴レジュメ読み、答案検討
・刑訴百選読み
・定義
合計3時間44分


択一合格発表まで、ちょうどあと1週間だね。
発表までの期間の重要さは言葉ではわかってる。
けど、やっぱり勉強はあまりはかどらない・・・・・。

で、自分に都合の良い発言を見て安心したりする。
以下は某塾のメールサービスで、発表までの過ごし方について
昨年の合格者二人が書いていたこと。

「無理矢理勉強するのではなく、択一に合格していたら本気で論文を
頑張るためのウォーミングアップの期間としました。」
「私が思うのはこの時期に、発表後集中して勉強するための用意をする事だ!
と思うのです。」

心地よい響き♪だわ~。
「今の時期からガンガン答案書いて、インプットもしていかないと落ちます」
とか言われちゃうと凹むけどさ、ウォーミングアップかあ。そうだよね、
そのくらいのことはやっておかなくちゃね!って思えるし。

ということで、とりあえず民訴1周目(強制)終了。


5月24日の勉強
・答案書き(刑法)
・定義暗記
・民訴レジュメ読み&北出先生の講座
合計6時間35分



去年の秋から半年間、辰巳の北出先生の
「一発合格講座 論文編」を通信で受講してきた。

途中、商法の補講と、刑法の後半をやってないのは
自覚してたんだけどね。民訴の4回目もやってなかったよ・・・。

あわててやってるわけだが。
今更ながら、実践的講義だなあ、って感心。本試験直結で。
自分の実力がもっとあればこの講義、もっともっと有意義なんだろうな。

ま、等身大の実力から、頑張っていくしかないですな。



昨日は息子の運動会。で、今日は振替休日。
ってわけでゼロ勉強続き・・・・。

頑張っている皆さんに対しては、恥ずかしい思いでいっぱい。
ごめんなさい。

けど、私にとってはリフレッシュ!でした。
運動会も5年生ともなると見せ場も多いし(息子は足が速いので
リレーの選手でもあるし)、中々面白かった。

今日は久しぶりに、息子とデート。(写真の手は息子のです)
朝からお台場のあちこちを巡ってきました。

洋服なんか見て、私が(年甲斐もなく)「わー!これかわいくない?」
と息子にきくと「うーん。よくわからないけど。これ若い子のじゃないの?」

そうかよ・・・。「あ、いやあ、お母さんはオバサンじゃないけどさあ・・・
かわいいっていうか、このキラキラはお母さんのイメージじゃないかな」
とかなんとか、モゴモゴいいわけする息子。

将来、彼女の買い物に付き合う姿が思い浮かぶ瞬間だったよ。




刑法の論文試験問題(特に総論のほう)は、
検察官なら何罪で起訴するか、弁護人ならどう反論するか、
という視点で考えるとばっちり!だということがわかった。

辰巳で買った「オールA合格者による現場錬金術」の講師
(平成15年の合格者)が言っていたことなんだけど。

民法なんかでは「当事者なら何が言いたいか」っていう
視点から考えるってのは、よく言われることだけど、
刑法でも当事者=検察官・弁護人ならどう言うか、
っていう視点を持つってのは、私は初めて聞いたよ。

これ、すごいと思う。すっきり!!した。

例えば平成13年の第1問。
酒癖の悪い父親が、酒を飲みながら3歳の子どもにせっかんしてるうちに、
反抗的なことを言った子どもに逆上して、酔っ払ってワケわからない状態で
結局バットで殴り殺しちゃった、っていうあの問題。

検察官ならずとも、一般常識的に「そんなの殺人罪でしょう」って思うけど
予備校風に「行為を一つ一つ拾って・・・」って考えていくと、
最初に平手で殴った行為とかを問題にし始めちゃうんだよね。それで
せっかんは親権の行使で正当行為だとか、およそ常識はずれな答案が
出来上がったり。

けど「検察官なら・・・」って考えれば、そんな妙な答案にはならない。
うーん。いいこと聞いちゃったなあ。


5月20日の勉強
・民訴レジュメ読み
・辰巳講義テープ
合計4時間11分


イギリスの海岸でずぶぬれで歩いているところを保護されたという
通称「ピアノマン」の話・・・・。

最初、NHKのニュースで見たのね。
NHKだけに、普通にニュースとして流れたわけだけど。
それがここ数日、ワイドショーで取り上げられるにつれ、
なんだか軽いタッチになってるよねー。

おびえた表情で、一言も話さず、記憶もない、それなのに
筆記具を渡せばかなり上手(かつ意味深)なピアノのイラストを描き、
ピアノの前に連れて行けば、一心不乱(?)に弾き続ける・・・。
確かにあまりにドラマチックすぎる感はありますが。

でも、もしかしたら犯罪被害者という立場なのかもしれないし、
それで本当に、傷ついているのだとしたら、今のワイドショーみたいな
軽々しい、ふざけた取り上げ方はどうかと思うけど。真相不明なのに
某弁護士も「あのカメラ目線は素人のものじゃない」とか言っちゃって。

ま、遠い国のお話で、いまひとつリアリティーを感じないのは事実だけど。
だって私、生まれてこの方、渡った海は瀬戸内海だけだからね。


5月19日の勉強
・辰巳の講座テープ
・それに合わせて論文過去問検討
・民訴レジュメ読み
合計6時間7分






辰巳の「オールA合格者による現場錬金術」が届いて
さっそく聴いています。

こんなんでいいのか・・・・これなら短い答案になるし、
頑張れば書けるようになるかも!って思える。
予備校の参考答案みたいな答案は、とてもじゃないけど
2時間2通の枠では書けないもんね。

で、論文答案の、問題提起の部分についてだけど。

私の持っているイメージは、伊藤塾の応用マスター、
論文マスターで築かれたものなのね。

・なぜその論点を書くのかを丁寧に示す
・事案の問題提起と論点の問題提起を分けて書く
・事例問題では問題文の事情を拾って問題提起する
・条文の文言はそのまま引用する

こんな感じだったわけだけど、これを正直にやると、
下手すると半ページくらい問題提起になっちゃうんだよね・・・。

けど最近、こういう問題提起は、理想なのかもしれないけど
現実的ではないのでは・・・・?と思うようになった。

今日聞いているテープの講師も「こんなとこに配点ないです」
って言っているし・・・・。
だったら問題提起はあっさり済ませて、先に進んだほうが
読む方も読みやすいのではないかな。試行錯誤中。


5月17、18日の勉強
・論文過去問検討民法6問
・定義暗記
2日合わせて4時間

今度の改正はでっかいよね~。
来年4月1日施行予定とのことだから、来年の司法試験は
新しい「会社法」で、ってことになるんだよね?

それを思ったら、何か、商法やってると
「これで択一落ちてたらこの勉強は・・・・・・」とか思っちゃったり。
無駄ではないだろうけどさ。

ということで、訴訟法を先にやることにしました。
手形・小切手法は、一応、先週1周させたことだし。

けどちょっと色々あって、昨日&今日はほとんど勉強できない。
(またかよ・・・)
勉強したいのにできないってのも、ストレスだねえ。

母に、7月にも試験があるからまだ勉強してるんだ、
と言ったら「ええ~?」と明らかに不満そう・・・・。
病院通いに付き添う頻度が下がったので、心細いのか。

で、「もう諦めてフリーターになれば?」・・・・・おいおい。

私は新卒で、(母の虚栄心も満たされたであろう)有名なとこに
就職したのね。
けど、こういう(どういう?)性格なのでOLは勤まらず、
9ヶ月で、家には内緒で辞めたの。

それがバレたとき、母は言った。
「定職にもつかないなんて人間のクズだ」って。
私←クズ(笑)

そんなこと言ってたのに、今度はフリーターになれってか。
全く親ってのは、勝手なもんですな。

グチでごめんちゃい・・・・ 


5月16日の勉強
・憲法論文過去問3問
・定義暗記
・商法レジュメ読み
合計5時間10分

択一終わってからまだ1週間なのに、
なんかすごーく前のことのような気がするよ・・・。

辰巳の出口調査と、LECの同じようなやつ、出したんだ。
そろそろ、その結果が届くよね。(辰巳はメールが来た)

発表終わるまで、見ないことにした。

特に辰巳の出口調査の結果って、
かなり具体的にわかっちゃうじゃない?
いくら眺めても点数上がるわけじゃないし、もう見んとこ。


5月14日・15日の勉強
・定義を全部チェック(チェックだけ。全然覚えてないよ・・・)
・商法レジュメ読み
2日間の合計2時間56分(実質お休み)



この週末は、たまっていた事務処理や家事その他を
片付けなければならず、ほとんど勉強できそうにありません。
一社会人(?)としての責務ということで・・・仕方ない。

写真(ピンボケですが・・・)は映画「トラック野郎」で、
菅原文太さん演じる桃次郎が乗っているトラック「一番星」。
昨日、おもちゃ屋で見つけちゃったのよ~。かっこいいなあ!
普通のチョロQとかより、かなりお高い・・・けど欲しい。

迷いつつ、「択一がんばったからご褒美!」ってことで。買っちゃった。
心優しい息子、さんざん迷っている私を見て、
「僕のお小遣いで買ってあげようか?買ってもいいよ」だって。
なんていい子なんだろう・・・。

それから最近初めて知ったんだけど、文太さんって
早稲田の法学部にいたんだってね。
あのキャラクターで法学部。かっこよすぎ。


5月13日の勉強
・北出先生の講座 手形小切手法
・刑法レジュメ読み
合計8時間48分


もしかしたら受かっているかもしれない、
受かっていた場合に後悔したくないから・・・・
という状態で勉強するのって、こんな心境なのか。初体験だ。

択一本試験、これまで結果的に見ると、過去5回すべて
合格点まであと2~4点だったの。
そのくらいの差があると、自分の中でも
「たぶんダメだろうなあ・・・」が強くて、とても論文に向けて勉強、
という気になれなかったんだ。

今年は自分でも、もしかしたら・・・って望みをつないでいるので
勉強できることは、できる。
というか、やっておくしかないもんね。

余裕で合格と思われるみんなはもちろん、
私のような状態の人も、自己採点していない人も、
とにかく論文に向けて、がんばろう!!


5月12日の勉強
・商法 北出先生の講座の復習
合計4時間31分

あんまり話題にしてなかったけど、去年の秋から
伊藤塾の論文公開答練を受けていました。

で、択一も終わったことだし・・・と改めて「成績表」ってのを
見てみた。なんじゃこりゃーー!!みたいな。

各科目4回ずつ受けて、その平均点は以下の通り。
商法 46.1(全体の平均46.2)
民訴 46.0(全体の平均47.0)
刑訴 47.6(全体の平均46.5)
憲法 48.6(全体の平均46.8)
民法 45.5(全体の平均45.9)
刑法 49.0(全体の平均46.6)
全体の平均より(わずかだけど)いいのは刑訴と憲法と刑法か。
どうも私法系がダメですな。ま、全体的にダメだけど。
私って何年勉強してるんだっけかな・・・・・・。

論文の答案は、去年の夏に直前模試を受けたのを除くと、
2年ぶりに書いたのね。
なんていうか、その間は、「択一に受からなくちゃなあ・・・」とか
思っていて、それをいいわけに論文答案を書かなかったの。
当然、論文を意識した勉強もしてないし。
というか、勉強自体、あんま、してなかったわけだけど(- -;)

超反省。←遅すぎ。
過ぎたことは仕方がないので、今から頑張ります。


5月11日の勉強
・商法シケタイ読み
合計2時間10分と、辰巳のガイダンス

固まらないよぅ。

去年は、択一当日の夜に「落ちた」ってのがわかったんだけど
直前の択一模試とか、絶好調で、絶対受かると思っていたので、
その余韻で7月の論文直前模試を申し込んだのね。(受けたよ)

で、伊藤塾の呉先生のシケタイ講座を取ったの。商法だけ。
とりあえずそのテープを今年も聞きなおそう!!と思って、
昨日はそんなことをしてた。

けど、そんな悠長なことをしている場合ではない、かな・・・・。

今日は辰巳で、北出先生と永山先生のガイダンスを聴いてきた。
ビデオクラスで。
北出先生は講義中、よく永山先生の名前を出すので、1度
永山先生のお話も聞きたいなあ、と思ってたんだ。
で、今日ビデオで聞いたら、なるほど、北出先生が言っていたのは
このことだったのか、って、何か納得がいった部分があったよ。

明日からは、昨年秋から受けてきた、
北出先生の講義テープを聴きなおすことにするよ。


5月10日の勉強
・民法平成16年第1問答案書き
・商法シケタイ講座テープ
・一発合格講座(北出)刑法第2回の残りの一部
合計4時間52分



行ってきたよ~。
時間がぎりぎりになっちゃって、「ライブビデオ教室」になった・・・。

内容は、択一の反省みたいなことと、今後の勉強
(半分、講座の紹介だよね・・・)。
伊藤塾の予想も43点前後ってことみたい。はっきりは言わないけど。
41点以上取れている人は、合格推定の原則(?)の下、論文の
勉強をするように、って。

いちばん印象に残った話は、先日のJRの事故の被害者の中に
伊藤塾の塾生がいた、ということ。

哀しいよね。
いや、伊藤塾の塾生がいたから、じゃなくてさ。
みんな、それぞれの人生があったわけで。
そんなことを改めて思ったよ。


合格推定がどうにか及んでいる以上、明日からまた頑張るか。
(今日からじゃないのか・・・?)


択一を受験されたみなさん、お疲れさま!

してはいけない(?)自己採点、もちろんしちゃいました。
16、13、13の42点らしいよ・・・・。
昨日のセミナー発表では合推43前後だってね。
43「前」だといいんだが。

解いた感触としては、憲法は去年よりは簡単だけど
判例がけっこう細かく知識で訊かれてると思った。
百選読み込みは、もう当然の前提だろうね。
民法はすごく簡単な問題がある一方、「結局何?」
って思っちゃった問題も多かった・・・・。
刑法はいつものことといえばそうだけど、時間のかかるのが
多いなあと。

37ページだったから、きっと時間不足になるだろうなあ、と
思ったんだけどやっぱりなった。
手をつけなかった問題、25、41、44、53、56。
40も残ってたんだけど、最後の2分で解いてゲット。
マークしたときにはあと10秒切ってた・・・。
いちお、最後まであがいたぞ!!

という感じ。

今年、4月に入ってからは、
私にとっては、生まれてこの方、最大限に勉強したんだ。
たったこれだけで・・・??と思われちゃうかもしれないけど、
母親という立場で、これだけの時間を確保するのは、けっこう
大変なわけで。

記録している時間は、机に向かってきっちり勉強してた時間で、
それ以外にも、ちょこちょこ工夫して勉強してたし。
お風呂で判例読んだり、暗記事項をキッチンに貼り付けて
料理や食器洗いをしながらぶつぶつ覚えたり。

ほんと、頑張ったから、今は結果がどっちでも、満足。です。

今日は伊藤塾のオープンスクールに行こうと思ってまーす。


明日の今頃は試験中だ~。

今日のあと半日、明日の試験前、試験中、
妥協せず、諦めず、しぶとく、しつこく、最後まであがいちゃおう!

今、これを読んでくれているあなたが
納得できる結果を得られるように、祈っています。


5月6日の勉強
・情報シート読み
・3科目択一過去問
・判例読み
合計7時間46分

5月7日の勉強
・上と同じのを続行中
 いまだにあやふやな知識については、明日持って行く手帳サイズのメモに書き足し。
 (電車に乗る時間が長いので、十分見直せると思う)
 憲法の百選は2周目が終わったけれど、最新判例はまだ。
 情報シート2周目も民法はやっと債権各論に入ったところ・・・。
 
がんばるぞ!!
 
 


本試験に行くと「何かいつもと違う・・・」と思ってしまうので、
その対策の意味で答練をかけもちしたんだよね、今年。
3月7日のブログに書いたとおり。

効果、あったかも。
さっきまで去年の問題をやってみてたんだけど、
「何か違う」って思わなかったよ。
2月にやったときには、「やっぱり違う・・・」って思ったんだけど。

もちろん、内容的には、さすが本試験の問題は違うな、って
思うんだけど、「いつもと違ってやりにくい」と思わなかったの。
よかったよかった。

会場も体験済みだし、安心して当日を迎えよう。
(と書きながら、ドキドキしてくるけど・・・・)

最後の調整、みんなどんなことしてるのかな。
それぞれ環境も、やるべきことも違うわけだけど、
体調管理が最優先課題なのは、みんないっしょだと思う。
体に気をつけて、がんばろうね。


5月5日の勉強
・情報シート読み(民法中心)
・3科目の択一過去問
・判例読み
合計6時間22分


ということで、私の子どもです→

お友達数人に「今日遊べる?」と電話してたんだけど、断られ
「やっぱり子どもの日だからみんな出かけるのかな」って・・・。
ううっ・・・すまんのぅ。

読んでいるのはH.Gウェルズの「タイムマシン」完訳版。
普段コミックばっかり読んでいるのに、この本は飽きずに読んでる。
よほど面白いらしい。

昨日は1日中、「Back to the Future」を観てた。
?~?まで続けて観てたよ。
前にヤフオクで3本セットを買ったのね。
それ以来、もう5回くらいは観てる。よく飽きないなあ。


5月4日の勉強
・刑法弱点問題(やり尽くした)
・3科目択一過去問
・情報シート読み(憲法は今年2周めが終わった)
・判例読み
合計7時間17分


昨日は夜、結局ログインできず更新できなかったよ~。
来てくださったみなさん、ごめんなさい。

択一本試験までにやりたい勉強。

憲法
・百選の残りを読む(今年に入って2周め。あと50くらい)
・過去問(肢別含む)の気になる問題チェック

民法
・過去問(肢別含む)の気になる問題チェック
・情報シートもう1周(といっても今年2周め)

刑法
・弱点問題解き
・過去問の気になる問題チェック
・苦手意識のある論点(自分で作ったまとめ)チェック

その他
・最新判例をもう1度読む

こんな感じかな・・・・。
直前模試の再復習は、昨日までに終わらせた。
ぎりぎりまで予備校の問題ってのはよくないかと思って。


5月2日の勉強
・情報シート読み
・3科目択一過去問
・刑法弱点問題
合計8時間28分

5月3日の勉強
・情報シート読み
・判例読み
・直前模試の再復習
合計5時間32分


福知山線の事故車両の運転士さんの状態について、
「伊丹を出た段階では頭真っ白だったと思いますよ・・・」
と、ある運転士さんがテレビで言ってた。

伊丹に入る時点ですでに30秒遅れていた上に、
オーバーランでさらに1分の遅れ。
30秒遅れてる!まずい!と思っていたところに、ミスを
重ねたわけで、「日勤教育」とかによるプレッシャーで
あせって頭真っ白・・・は想像に難くないよね。

そういう心理状態ゆえの、一瞬の判断ミスで自分だけでなく
たくさんの人の命を奪うことにつながるんだもんね・・・。
電車の運転士に限らないけど。

で、何が言いたいかというとですね。
たかが択一試験で頭が真っ白になっても、どうってことはない、
ってこと。
誰かの命を奪ってしまうわけでもなければ、自分の命に
直接関るわけでもない。
時間は限られているけど、深呼吸するくらいの余裕はある。

そんなことを考えた今日でした。


4月29日の勉強
・総択第2回

4月30日の勉強
・総択の復習
・3科目の択一過去問
・判例読み
合計5時間9分

5月1日の勉強
・F択とその復習
・情報シート読み
・判例読み
合計7時間37分

憲法13、民法13、刑法16の42点。
すんごいイマイチ感・・・・。

恥ずかしいことに、ケアレスミス3問、読み間違え2問で5点も落とした。
ケアレスミスは、今までもたまにあったパターンだけど、
問題自体は完璧に解けているのに、肢にチェックする段階で
単純なチェックミス。憲法で1問、民法で2問・・・・多すぎ。

読み間違えは、「目的物の損傷」を「滅失」(民法535条がらみ)と
勝手に読んで(読んでないだけ?)答えが出なくなった。
もう1つは、刑法の誤振込みの論点で、
窓口で引き出している事例なのに、CDで引き出していると思い込んだ。
(自分が作った資料はCDの事例で作っていたため・・・・)

この手の読み間違いとか思い込みは、気がつく場合が多いんだけど、
今日は全く気がつかなかった。
ケアレスミスは1回で3問もしたのは、今年初めてかも・・・・。

気が緩んでいるとは思わないんだけどなあ。
疲れがたまってきてるのか、単に調子が悪かったのか・・・・。
いずれにしてもちょっとねえ。

ま、運を使い果たさなかったということで、
「想定の範囲内」ということにしておこう。