茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
裁判の傍聴って、行ったことある?

司法試験の勉強を始めてから、行きたいなあと思いつつ
早8年近く・・・・・昨日、初めて行ってみました~。

入り口では飛行機に乗る前のような手荷物検査。
昨日は何か人気(とは言わないか)の裁判があるらしく、
傍聴券の抽選にたくさん人が並んでいたよ。マスコミのカメラも来てた。

それらを横目で見つつ、予定表で刑事の新件をセレクト。
新件にしたのは、冒頭手続きとかを見たかったから。

2つ見て、そのうちの1つは、中国人のいわゆる不法滞在の事案。
第1回公判にして判決まで出たから、手続き全体を見たことになる。

被告人は43歳の男で、10年ほど前に日本に密入国。
以来、中華料理屋などを転々とし、祖国の家族(両親、妻子)に
仕送りをしてきたらしい。

日本へは「蛇頭」の手引きで入国、仲介料として300万円を支払い、
日本で稼いだ700万円の多くは、そのための借金の返済で消えたとか。

興味深かったのは、今回、不法滞在が明らかになったのが
強盗の被害に遭って、それを警察に届けたのがきっかけだという点。
もともとこの年末に中国に帰るつもりだったというから、何か諦めて
(疲れ果てて?)警察に行ったような感じも受けたんだよね。

というのは、その強盗の犯人は、いっしょに住んでいた人らしいんだって。
なのに、そのいっしょに住んでいたところの住所を、黙秘して言わないの。
裁判官が「どうして強盗をした人かもしれないのにかばうの?」って
訊いても、(通訳を介して)「言いたくありません」って。

うーん。何かありそう・・・・。

裁判官は、それ以上はつっこまなかったけどね。
判決は懲役2年6月、執行猶予5年だった。

裁判って、何かもっと「特別なこと」かと思っていたんだけど、
想像以上に「手続き的なこと」だという印象を受けた。
訴訟法の定める手続きに則って、淡々と進んでいくというか。
もっとも、当事者にすれば相当「特別なこと」にちがいないけどね。


・9月28、29日の勉強
 刑訴定義、レジュメ読み
 憲法百選読み
 民法情報シート読み

昨日、メールで届く情報のことを書いたけど、ウチの地域では
それとは別に、防災無線(かな?)を使って、防犯の呼びかけもある。

主に、ひったくり事件が発生したときに流れる。

「○○警察からのお知らせです。昨日午前○時、○○において
バイクによる引ったくり事件が発生しました。
歩行中は、バッグなどは建物側の手に持ち、後ろから来るバイクや
自転車に気をつけましょう」

って感じ。これ、違和感ない?

なんで違和感覚えるんかな、って考えるに、
犯人を完璧に疎外してるってところだな、って思った。
疎外して、それで犯人が社会から消えるのならいいけれど、
そんなことはありえないわけで。

犯罪者も社会の構成員として、どうしても存在するであろう以上、
(被害を受けないように気をつけましょう、と言うのもいいけど)
彼らに呼びかけることも必要なんじゃないのかね。

「ひったくりは犯罪です。場合によっては強盗罪に該当し
5年以上の懲役刑を受けることになります。
被害者がケガをすれば無期懲役になる場合もあります。
うちどころが悪くて死亡させれば、死刑にもなりえます。
罪の重さを考えて、ひったくりなどやめましょう」

こんな感じで、いかがでしょう。


追伸:昨日は色々忙しく、ゼロ勉強でした。

私はメールで、不審者情報を受け取れるってやつを利用してるのね。
ウチのあたりでは、警察署からの情報と、学校からの情報があって、
先日、同じ事件について、こんな感じのメールが届いた。

警察署から
本日、午前8時30分ころ、○○9丁目付近において、女子児童に
バイクに乗った30歳ぐらいの男(めがね使用、ノーヘル)が近づき、
「ちょっと乗らないか」と声を掛け、手を握るという事案が発生しました。

学校から
本日、午前8時5分頃、○○9丁目で小3の女児が、一人で登校中に
バイクに乗った30歳ぐらいの坊主頭でメガネをかけたヘルメットなしの男から
「ちょっとだけいい?」と話しかけられ、その後「バイクに乗れ!」と言われました。
女児が大声で「やだ!」と叫んだところ、バイクで逃走したとのことです。

ほぼ同時に届いたメールなんだけど、既に時間が25分も違っているし、
「ちょっと乗らないか」と声をかけられて(いきなり)手を握られるのと、
「ちょっとだけいい?」と話しかけられて、その後(時間をおいて)
「バイクに乗れ!」と言われるのとでは、けっこう違うと思うんだけどな・・・・。
実際はどっちだったんだか・・・。

これらのメールを受け取ったお母さんたちの間で交わされるであろう会話。

「聞いた?女の子がバイクの男に声かけられて危なかったんだってね」
「そうそう。手を握られたらしいよ」
「え~!無理に乗せられちゃったの?」
「乗せられたわけではないかもしれないけど、でも手を握ったらしいし・・・」
「3年生くらいじゃ、抱きかかえられたら終わりだよね」

それを少し離れて聞いていた別のお母さんが別のお母さんに言う。
「ねえ知ってる?○○で3年生の女の子、バイクに無理矢理
乗せられたんだってよ」「こわいね~!誘拐?」

で、それを聞いていた別のお母さんが・・・・・・・

もういいって。
人の証言のあやうさみたいなものを、改めて実感しちゃいました。
伝聞法則のとこ、復習しとこうっと。


・9月26日の勉強
 憲法百選読み
 刑訴レジュメ読み





秋の論文答練のシーズンだね。

ということで、私が今までに受講した論文答練について
超個人的感想を。

<Wセミナー 論文過去問答練>
出題範囲(何年の何問まで書いてある)が明確で予習がしやすかった。
ここで1通り過去問をつぶせたのはよかったと思う。
しかし、受講したのは何年も前なので、新たな過去問がかなりある(泣)

<辰巳 ローラー答練>
ハーフコースで精一杯だった。
ハーフでも全部の資料がもらえるのはいいけど、結局やりこなせなかった。
「ローラー」なだけあって、レジュメには重要論点はもれなく解説されてて
論点潰しという意味ではいいと思う。
何より辰巳は、答案の返却がどこよりもきっちりしていて信頼できる。

<伊藤塾 最終合格ペースメーカー講座>
辰巳のローラーより問題は基本的。
答練は1科目8問だけど、毎回さらにリーガルシンキングシートで
たくさん問題を潰せる。問題を解きながら論点を潰していきたい場合、
ローラーよりもいいかも。
講義が毎回3コマだから、答練半分、講義半分、って感じかな。

<伊藤塾 全国公開論文答練>
問題がいつもよく練られていると思う。本試験に近い感じ。
TwoWay添削は、(添削者にもよるけど)くだらないことにも丁寧に
コメントしてもらえて役に立った。

添削者のばらつきが少ないのは伊藤塾かな。
辰巳の添削者は、せっかく何か書いてくれているのに、字が雑すぎて
(つづけ字、略字など)読めないことが何度もあった。

以上、あくまで、私が受講した年度における、私個人が感じたことなので
あまり参考にはならないかもしれないけど・・・。
毎年、予備校も色々改善するだろうし、いい添削者にあたるかどうかは
運次第だろうし。


・9月23、24日の勉強
 民訴カード作り(やっと完成)
 刑法、憲法定義チェック
 憲法判例百選読み
 刑法択一情報シート読み

布川事件の再審開始決定が出たね!

この事件で無罪判決が出るのかどうかはまだわからないけれど、
冤罪で犯人にされてしまった人の、失われた人生の時間は、
絶対に元に戻らないんだよね。残酷すぎる現実。

冤罪事件が起きてしまう背景や原因としては
代用監獄の問題とか、自白偏重の捜査とか、いろいろあって・・・
そしてそれはきっと、
戦前戦後の一時期だけの「特別な」問題ではないんだろうと想像する。

今日までに、そういう問題のいくつが解決されているのかな。
近年は痴漢冤罪事件が多くなっているようだし・・・。

そして、冤罪の影で、真犯人は恐らくもう捕まることはないという事実も
忘れてはいけないと思う。
事件の被害者にとっても、一般国民にとっても、許せないことだよね。


・9月22日の勉強
 民訴カード作り(あと一息だ!)



そういえば私、去年の12月(だったかな)に
法学検定の3級を受け、無事に合格したんだった。

本当は2級を受けたかったんだけど、去年は2級の試験、
早くに終わっちゃってて、3級と4級しかなかったの。それで3級。

去年、択一に合格する自信があったのに、これでもか!
って感じで落ちたので、何でもいいから「合格」っていう評価を
もらいたかったんだ。負け癖を絶つ意味で。

3級は、司法試験の択一に向けて勉強したことある人なら
何も対策しなくても合格できると思う。

来年はじめて択一を受けるっていう人が、今の時期の
ちょっとした力試し(基礎定着度チェック)として受けるのに
最適だと思うよ。


・9月21日の勉強
 刑法定義、情報シート読み
 民訴カード作り


自分は関係ないことを祈りつつ・・・来年度の現行試験
(そのときには旧司法試験と呼ばれるが)の商法の出題について
やっと発表されたんだね。

改正部分については、基本的な事項しか出さない、って
明言してくれているのがありがたいというか。

どのあたりまでを「基本的な事項」というのかは微妙だけど・・・。


・9月20までの勉強
 憲法百選読み、刑法情報シート読み、各科目定義確認
 民訴カード作り(まだ出来上がらないのかい!)

論文合格発表が近づくこの時期・・・来るよね、予備校のパンフレット。

情報収集のために、私は予備校のメルマガを購読してるし、
いつ登録したのか知らないけど、パンフレットも勝手に送られてくる。

それらのどれを見ても、2006年は激戦!みたいなことが書いてあったり、
逆に「今から始めて2006年に合格してしまおう!」みたいな、
およそ凡人には不可能なことを、まことしやかに書いてあったり・・・・

その一節一節を読みながら「ふうん。だから?」「それで?」
「そうなんだ~。で、だから何?」って思ってる私。
(ってか、そんなに自分の方針に自信とか覚悟があるなら、
そんなもん読むなや)

けどさあ、必要以上に煽ってると思わない?

ああ、これで(言葉は悪いけど)騙される人がたくさんおるやろなあ、
みたいな。

よくわからないけど、たぶん、制度がどうであれ、行くべき人は
ちゃんとその道に入っていくことと思う。

あおり文句に踊らされないようにしよう!自戒を込めて。


・9月15、16日あたりの勉強
 民訴カード作り
 憲法百選読み



母校(高校)の文化祭に、息子と行ってきた。
母校は、来年度から中高一貫教育校になるので、
「小5の息子の保護者として」という顔をして行けるなあと思って。

弓道部だったから弓道場へは、卒業後も何度か行ったけど、
校舎に入ったのは20年ぶり!で、懐かしかったなあ。

ちょうど私が入学する頃に新校舎に建替えられたので、
校舎とか体育館とか、当時のままなの。だから余計ね。


息子は中学受験をする予定はないのだけど、母校が中高一貫に
なると知ってから、ちょっと魅かれる私。公立だしさ。

でもま、親の感傷につき合わせて進路をどうこう言ってはいけないよね。
文化祭が面白かったため、息子はその学校、気に入ったみたいだけど。





立法不作為を理由とする国家賠償請求を認める最高裁判例が出たね。
在外国民が選挙権を行使できなかった、っていうのに関して。

在宅投票制度の判例で「容易に想定し難いような例外的な場合でない限り」
立法不作為は国家賠償法上違法の評価を受けない、ってしてるでしょ。
今回の判例は、あくまでこの枠内で「例外的な場合」として認定したみたい。

それから、確認の訴えの「確認の利益」のあてはめ部分も勉強になるよ。

きっと、いわゆる重要判例だと思うので、読んでみるといいと思う。


・9月14日の勉強
 先日の講座の復習(あやふやだった部分の確認)

林間学校から無事に帰ってきました~。

息子の学校では、メールアドレスを登録しておくと、
色んな情報をメールで教えてくれるのね。

で、今回も「みんな元気にしています」程度の情報を
1日に1回以上送ってくれて、安心できたよ。

ウチの息子は、男の子には珍しく(?)おしゃべりなの。
今日も帰ってきてから1時間以上、報告会状態。

あれこれ話して、ほぼ話しつくした挙句、
「ああ・・・なんかもっと話したい。
っていうか教えてあげたいんだけどなあ」だって。

いや、もういいからご飯食べてくれ。
疲れてるんだから早く寝ないと。

3日間の様子が手に取るようにわかったし、
君が本当に楽しかったんだ、ってことも、よーくわかったよ。


今日から3日間、息子が林間学校で私はひとりぽっち(T T)
・・・って、泣いてるのかい!!


ちょうど、セミナーでタイトル通りの講座があったので、行って来たよ。
羽広政男先生の講義。ライブで講義を受けること自体、1年以上ぶり。

ライブはやっぱり、緊張感があるね。
先生は立ったままでずっと話してるんだから、ちゃんと聴かなくては!
って思うので(録音もしないし)かなり集中できる。

しかし、12:00~18:00というスケジュールはさすがに疲れた。
休憩をはさみながらだし、まあ、どうってこともないけど、
そもそもきっちり勉強!したのも久しぶりだしね・・・。


で、内容的には、とっても良かったよ。
憲法、民事系、刑事系に分けての講義。

レジュメは、予想論点と、項目だけが書かれているものなんだけど、
すごく頭を使う講義の進め方だったよ。

口述ではどんな風に訊かれるか、どうしてそういう訊かれ方をするか、
ってことを解説してくれて、口述試験のイメージが具体的に持てた。
受講料も3000円(窓口で申し込んでる人も、キャンペーンとかで
2850円になってたみたいだよ)と安いし、オススメ。



行って来たよ。
詳しく語るつもりはないのだけど、私はアンチ小泉派です。
テレビで各局の速報を見ながら、ため息をついてるところ。

今回小泉さんは「郵政民営化YesかNoか」だけを表に出してたし、
多くの国民は「そうだよねえ・・・郵政は民営化したほうがいいよね。
Yesだなあ。じゃ、自民党だね」って感じで投票したんじゃないかな。

ううぅ・・・納得いかない!いっぱい吐き出したい!けど、やめとくわ。



口述試験って、論文じゃ出題されないようなことも訊かれるんだね。
憲法だと、「自衛隊は合憲か」とか。

「天皇」に関して、人権享有主体性は肯定されるか、のあと
「表現の自由はどうか。例えばポルノ小説を書くことはできるか」

・・・・ポ、ポルノ小説ですか。
そもそもポルノ小説なんてものの存在を知っているのかな。
それにこの質問自体、戦前なら不敬罪とか言われそうじゃん(笑)。

とか思っていたら、その不敬罪についても出題されてるし。
「不敬罪が問題になった判例を知っているか」
百選に出てるけどさ、ここまで判例、訊かれるのか・・・。うーむ。
もう1回、百選も読んでおこうかな。

ちなみにさっきの出題に対する答え(結論部分)は
「天皇がポルノ小説を書くことなどは、認められる自己実現の限界を
超えるものとして許されないと解する」だって。


・9月7、8日の勉強
 民訴カード作り、最新判例集(辰巳の)
 憲法口述過去問

「少なくとも今の司法試験のような、ああいうステレオタイプで、
意味のない美辞麗句をちょっとくっつけて、ささっと書くような、
そういうのではない能力が必要」

法学系の雑誌に載っていた、某法科大学院の某教授の発言。
新司法試験に合格するために必要な能力、ってことらしい。

裏を返すと、現行司法試験は「ステレオタイプで」
「意味のない美辞麗句をちょっとくっつけて」「ささっと書くような」
答案が書ければ合格する、ってことになりますな。

それにしても「意味のない美辞麗句」とは・・・・・言いすぎでは?

これからこうやって、現行試験組は肩身が狭くなるのかねぇ。
来年から現行試験を「旧司法試験」と呼ぶことに決まったそうだし。
「ああ、あなた昔の試験(それも大量合格時代)の人ね」って感じ?

まあ、少数派に属することには慣れているからいいけど。
・・・っていうか、合格してから言うべきことか(^^;)


・9月6日の勉強
 民訴趣旨カード作り
 憲法口述過去問

現行司法試験だけを受けた(受けるつもりの)みんなは、
法科大学院、気にならない?

今まで、法科大学院については全く考えたことはなくて、
「アーティクル」とか「ハイローヤー」とかを買っても、
法科大学院関係のページは開きもしなかったんだ。

けど最近、ちょっと気になる。法科大学院。

法科大学院に通っている知り合いが数人いるんだけど、
授業や普段の勉強はものすごく大変そう。

大変そう、なんだけど、楽しそうだし、充実してそう。
で、いいな~、と思ってみたり。

今あれこれ考えても無意味だけどね。


・週末の勉強
 趣旨・要件・効果カード作り(刑訴&民訴)
 刑訴定義




注目の選挙まであと1週間!
・・・あまり話題にならない最高裁判所裁判官国民審査。

いつも思う。情報少なすぎ!って。
ちょっと探してみたら、ここに参考になるビラを見つけました。

今回対象になる裁判官について最低限必要な情報が出てるので、
よかったらご覧ください。

あと、こんなんも見つけました。ご参考までに。


棒に・・・いやいや、「道を訊かれる」のです。

あるとき、ふと気がついた。
私って見知らぬ人から、道を尋ねられることがすごく多いんだ。

最近は、駅近辺に出ることも少ないから、出れば必ず、
と言っても過言でないくらい、尋ねられる・・・。

今日も例によって尋ねられ、にこやか~(^-^)~にお答えする私。

今日の方は、最初、私の隣で切符を買っている人に尋ねていたんだけど
その人が要領を得ず、私に助けを求める形だったんだけどね。

で、思った。
そのとき私、聞くともなく、やりとりが聞こえていて、内心思ってたんだ。
「ああ、それは乗り場が違うのだよ。でもここからでも行けまっせ」って。
その「教えて差し上げます」光線(?)が、届いているのだろうな、と。

友人からも「micoは訊きやすい雰囲気だからだよ」って言われる。
これはきっと、長所に違いない!!
弁護士になっても、貴重に違いない!!

・・・・・何とかして自分を鼓舞しようとする私。でした。


司法試験の教材というか暗記ツールで、
文庫本サイズのものってないんかな。

余計なことはいらないんだよ。
定義、趣旨、要件、効果だけ書いてあるのが欲しい。

何度もそう思っては、似たようなものを買ってみたりして、
結局「使えないな・・・・」ということになり、自分で作るしかない、
って決意したんだったよね。

民法だけは、去年の夏に作った。
これは択一直前、論文直前、威力を発揮した。

だから、他の科目も作るんだもんね。

作るんだけど・・・・めんどくさい。

だめだめ!!それじゃまた同じことの繰り返しだよ!
教材ジプシーになっちゃう!

民法の作ってみて、すごく使えたじゃん!
だから、他の科目も、頑張って作ろう。
めんどくさがらないこと。

・9月1日の勉強
 論文本試験再現と分析のテープ聴き

ようやく現実に引き戻されつつある。

とっくに届いている論文本試験「再現と分析」のカセットテープ。
今日、やっと聞いたよ。

で、現実へ強制送還、って感じ・・・。

来年に向けて、とか、口述に向けて、とか、
そのへんはどっちでもいいから、とにかく勉強しなくちゃ。


あ、そうそう。
伊藤塾のHPで「新会社法の学習法」っていうのを
無料ストリーミング放映してるの、聴いたよ。

30分強だけど、参考になるので、
まだ聴いてなかったら聴いてみるといいと思う。