茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
新会社法100問の葉玉先生のブログを貼っちゃいます。
受験生に向けた直接メッセージ。ぜひご覧あれ。
(みいなさん、ありがとう!)
ここです。

【2005/12/29 23:59】 | 司法試験
トラックバック(0) |


BlogPetのりぃちゃん
きょうmicoで、葉をblogしたかも。
りぃちゃんがmicoの葉みたいなblogした。
ここにblog♪
ここへ先生blogー!



ハル
とても励みになるメッセージでした。
教えてくださってありがとうございます!


ためのみ
すごくいいことが書いてありますね。
合格後,合格者・受験生ともに接する機会が増えたのですが,やっぱり受験生は失敗することに対する心理的抵抗が高すぎるのか,言葉に詰まってしまう場合が多いんですよね。

とりあえず言ってみる,やってみる,読んでみる。ドンドン間違えてドンドン訂正する。後になればなるほど,失敗の重みは増しますから,今のうちにエラーキングになっておきましょう!

>micoの葉

どんな葉だよ。
りぃちゃんテンション高すぎ。


mico
ハルさん、どういたしまして。私もみいなさんに教えてもらったのですが^^;

ためのみさん、そうですね。受験生の間なら、いくら間違えても、誰にも迷惑かかりませんし。
私の場合、失敗するのは全然かまわないのですが、それ以前に「何も頭に浮かんでこない」ことも多いのですが・・・見捨てないでくださいね。
それにしても、りぃちゃんはどうしてこんなテンションの子に育ってきているんだろう・・・

コメントを閉じる▲
息子の部屋を、大胆に整理した。

私は、捨てられない性質なので、物は多いけど、
片付けたりすることは、苦手ではない。

が、息子はその方面の才能はゼロ以下・・・・。

そんなわけで、息子の部屋はものすごい状態になっていた。
自主管理に任せるには幼すぎる頃から、任せっきりだったからなあ。

息子の部屋は、リビングにつながっている和室部分。
部屋にこもりきりになったりするのはイヤなので、とりあえず。

だから、いやでも毎日、散らかり放題の部屋が目に入って、
私の苛立ちのかなり大きな要因になっていたんだ。

だからといって私は、息子の部屋を片付けてやったりはしない。
昔、自分の部屋を勝手に母親に片付けられて、すごく嫌だったし。
(めんどくさいし)


で、今日。あまりにどうにもならなくて、息子本人ももう
諦めがついたのか、いっしょに一気片付けに着手!

いやあ・・・・・捨てた、捨てた。
おもちゃや雑誌の付録、学校の配布物等、45ℓゴミ袋で4つ以上!

いちいち「ああ、これはお母さんが買ってきてくれて・・・」
「これはゆうきくんが誕生日に・・・・」って思い出に浸るので
(もちろん、泣きも入り)大変な作業だったよ・・・。

私も、気持ちはわかるだけに、いっしょに泣けてきた・・・。
でもねえ。全てをずっと持っているわけにはいかないんだし。


でも片付いてみたら、ほんと、すっきりして、息子も
あの泣きは何だったのよ~!ってくらいに大喜びしてる。

特別に思い出深い物は、私の気持ちとしても捨てられず、
けっこう残っているけどね・・・。

【2005/12/28 22:46】 | 息子
トラックバック(0) |


takehiro
私も大掃除する予定です。

私も息子さんと同じくらい喜びたいです(笑)


mico
takehiroさん、息子は片付いた部屋&机で冬休みの宿題をして、
「ああ、きれいな机だと勉強もはかどるな~」とご満悦でした・・・・(単純すぎ?)
私も、自分の机周辺ももう少し片付けようと思いました・・・。


ロンロン
私たちの本当の大掃除は来年の11月!それまではどれだけ掃除したつもりでも付け焼刃にすぎない。ということで私は簡単に済ませました(笑)
私の場合20年もずっと同じ部屋に住んでいるんで押入れの中は開けてびっくり玉手箱状態です(汗)息子さんのように、うまくいくことか。。。



ハル
思い出に浸ってる様が想像できてほほえましかったです。
捨てることが苦手なのは物ひとつひとつに思いをかけてあげてるからなんですね。
まだ使えるのに飽きて簡単に捨てちゃう子どもも多いと思うのでとてもいいと思います。


mico
ロンロンさん、確かに!来年の11月こそが本当の大掃除♪
そのときこそ思いっきりキレイ?な部屋にしましょう!

ハルさん、ありがとうございます。
今回のつらい「捨てる体験」が、無駄なものを買わない、という方向で結実してくれるといいな~などと思っています・・・。

コメントを閉じる▲
今日はためのみ先生のご指導による葉玉本ゼミに参加。
葉玉本って・・・・中国語?っていう字並びだね。
おわかりでしょうが、「新会社法100問」のゼミです。

もう、まじ、ヤバイから>私。

ほんとに今年、論文受けたの?
・・・・っていうささやきが聞こえた気がしたよ。

会社法は本試験以降、今日ほぼ初めて触れたわけだけど、
それにしても忘却の彼方のはるか向こう、another world!
何年受験生やっとんじゃ~!

ためのみ大先生、そしてゼミ生さん、足手まといでごめんなさい。
頑張らないと!

私の数少ない受験生の知り合いや、ネット上の受験生情報を見ると
葉玉本って事実上、来年度受験の会社法共通テキスト的存在なんだよね。

情報に振り回されてはいけないと思いつつ、やはり
多くの受験生がここに頼る(しかない)以上、多数派につこうかと。

そんなことしてて択一落ちたら話にならないわけだけど。
年明けからはほんと、バランスが難しいところかも・・・。

【2005/12/26 23:49】 | お勉強
トラックバック(0) |


みいな
葉たまちゃんブログの年内最終稿「受験生へ。」
おすすめですっ♪ http://blog.livedoor.jp/masami_hadama/archives/50426667.html?1135865169

がんがりましょう! (おまえこそ、がんがれって言い返されそ・・・)



mico
みいなさん、どうもありがとうv-238
こんなふうに受験生を思いやってくれているのが嬉しくて、
自分の記事で紹介しちゃいました。
お互い、がんばりましょう!


会社法について
コタ
こんにちは。
以前、色々お世話になりましたコタです。
今年中央・明治ロー(既修)の受験を予定しております。
ところで中央ロー対策についてですが、いくつかご質問させていただきたいことがあります。

会社法:スタ100を解いてみたのですが、スタ100の会社法問題は実質61問しかなく、しかも説明問題が多いため、中央の事例問題にはあまり効果がないように思います。そこで、「新・会社法100」はいかがでしょうか。
商法総則・商行為・手形・小切手法:おそらく論文では出題されないだろうと割り切って、スタ100はやらずに択一対策に特化しても大丈夫でしょうか。
民訴・刑訴:スタ100を回そうと少し頑張ってみたのですが、時間がかかるわりに、中央の択一問題が解けません。やはり択一対策と割り切って、スタ100はやらずに、その分多肢択一式問題集と条文をぐるぐる回した方が、いいのでしょうか。

質問が多数になり、申し訳ありません。
お忙しいことと思いますが、よろしければ上記の件、ご教示いただけると幸いです。



mico
コタさん,がんばっておられますね。
中央ローの入試,商法はきっと会社法からの出題だと思います。
「新・会社法100」というのは,葉玉本のことでしょうか。
これは非常にレベルの高い本だと思います。
(これが消化できたら,司法試験に十分受かると思います。)
私は,旧司の過去問をつぶしました(ロー対策ではなく,旧司対策でしたが)。
総則やテコギは,択一対策に特化して大丈夫だと思います。
万が一,論文問題の一部に出ても,択一知識で闘えるのでは?
民訴,刑訴については,択一対策と割り切っていいと思います。
択一用として,基本概念や条文知識を固めることが,
結局は後の論文対策やローの授業対策にもなると思うからです。
中央は,本当に良いところですよ。頑張って下さいね!


会社法
コタ
早速お答えいただきありがとうございました。
訴訟法・行政法の択一対策、頑張ります。
葉玉本は、最終的な判断は書店で実際見てからにしようと思いますが、一応購入する方向で考えています。micoさんも旧試対策ではこの本を素材に、勉強なさったとのことですから。


また、中央ローについて、質問させていただくことがあるかもしれません。その時はよろしくお願い致します。
いつも丁寧にご回答いただきありがとうございます。感謝しております。



mico
コタさん,葉玉本は,私はまったく消化できませんでした^^;
でも,この本で勉強している受験生は多いようですから,
持っているといいと思います。
ローについて,私でわかることは何でもお答えしますから,
お気軽にコメントなりメールなりくださいね。


コメントを閉じる▲
映画。観たよ。これ、観たほうがいいよ。

もしあなたが、これまで「戦争」を「自分のこと」として
考えたことがないのだとしたら、ぜひ観てほしい。


私が高校2年生のときの国語の教科書に
吉田満氏の「戦艦大和ノ最期」が載っていた。

私が、戦争体験に関する書物を読み漁ったり、
実際に体験された方の話を聴く機会を探したりするようになった
最初のきっかけだったかもしれない。


理屈や思想ではなくて、体験を聴きたいと思ってきた。
今もそう思っている。何よりも、真実を感じることができるから。

もちろん、当該体験者の(時には飾られた)記憶にすぎない。
それでもなお、聴く価値がある。
日本人として日本に生まれ、日本人として日本で生きていく以上。


映画は、戦闘シーンが、観ていてしんどいくらいにリアルだったよ。
観る人次第だとも思うけれど。

【2005/12/24 21:21】 | 雑談
トラックバック(1) |

男たちの大和
黒ひょう
観てみたいと思っていましたが、micoさんのブログを読んでますます観たくなりました。

僕が戦争を自分のこととして強く感じたのは、浅田次郎さんが書いた「日輪の遺産」という小説を読んだときでした。
読んだ後、自分の国は戦争をしていたのだなと強く感じることができました。
そして、自分と戦争が全く縁のないものではないということも感じました。

「戦争はダメだ」ということを、皆が頭ではなく心で感じて欲しいものですよね。


mico
黒ひょうさん、全く同感です。
戦争はダメ、戦争はイヤ。そういう単純な、直感的な真実を、もっともっと大切にしてほしいな、と思います。
あんな体験を経てやっと得ることができた「平和憲法」を、私は誇りに思いたい。
・・・などと改めて思った映画でした。


コメントを閉じる▲
Aが甲宅から音楽CDを窃取した。
AはそのCDを元に複製CDを作成し、事情を知るBに売却した。

Bに盗品有償譲受罪(刑法256条2項)は成立する?

複製CDは「盗品」にあたるんだろうか。

あたらないっていうのが、(受験的)一般的な考え方らしいんだけど・・・。

著作権法上は、CDのコピーは本人が楽しむ目的の場合のみOK、
だよね?(ま、著作権法上どうか、ってのは置いておくとしても)
そうだとすると、複製CDを作ることは、元のCDの所有者甲のみが
なしうる行為といえる気がする。

そうなると、複製CDについても、甲に追求権が認められないかな?
盗品等罪の保護法益を被害者の追求権と考えれば、
甲の追求権を侵害するから、盗品有償譲受罪成立!という気もしたのだけれど。


そんなことを考えていた今日でした。

【2005/12/21 22:38】 | お勉強
トラックバック(0) |


さすらい人
通説的には、盗品等罪にはあたらないでしょう。
情報が『物』に当たると解すれば別ですが。
通説的には、あくまで有体物について考えていくのがポイントです。
もし、当たると言うならその点(情報も『物に』当たるのか)について、厚く論証する必要が出てきますので、試験的にはお奨めできません。


mico
さすらい人さん、ありがとうございます。
盗品等罪の「盗品」と窃盗罪の「財物」はパラレルに考えればよい、ということでしょうか・・・。


BlogPetのりぃちゃん
りぃちゃんは受験する?



mico
どうしようか。りぃちゃんも受験してもいいよ?

コメントを閉じる▲
地域で、標語募集みたいなことをしててね。
それの「防犯部門」の優秀賞作品。

「やさしいかお ついていったら こわいかお」

一応、子どもの作品ってことになっている。
そうなんだよね。子どもが被害者になる事件の多くは、
そういうことだったりするわけで。

だけど、優しい顔で見守ってくれている大人もたくさんいる。
「知らない人は例外なく警戒すること」と教えることには
やっぱり抵抗があるんだよなあ・・・・。

【2005/12/19 22:42】 | 息子
トラックバック(0) |


その
自分の子供が男の子だから余計に思うのかもしれませんが「子供は親意外の周りに育てられて成長する部分が多い」と思ってます。
たとえば学校の先生とか近所の子供好きなおじさん、お年寄り、習い事の先生、お友達・・・などです。

社会に適応する能力やコミニケーション能力、サバイバルな力っていうのは「家庭」だけでは絶対育てられないと思います。

それを他人を警戒するように!と教え込まれていたらそのうち他人と交われない子もでてくるんじゃないかなぁ?
でも悲しい事件も現実に発生しているんだから仕方ない部分もあるわけで、ホントどうしたらいいんだろう・・・・・

やさしい顔&やさしいキモチで見守ってくれてる大人のほうがほんとは多いんですけどね。

寄り道で見つける楽しみや発見を与えてあげられないことをほんとにかわいそうに思います。




mico
そのさん、そうですよね~。
昔(ほんの?25年ほど前)は、普通に駄菓子屋に寄り道したり
(学校帰りだからお金は持っていないんだけど、何となく立ち寄って、
それでもおばちゃんに相手してもらえたし)
のどかでしたよね。

毎日のように学校から、不審者情報がメールで送られてきたり、
防犯対策のプリントが配られたり・・・。
難しい時代ですね。まあ親の立場というのは、いつの時代も難しいものかもしれませんが。

コメントを閉じる▲
予約していた「新会社法100問」が入った、
という連絡を数日前に受け、今日息子を引き連れて取りに行った。

ついでに気になった本(息子もムシキング関係を・・・)を
数冊買い込んでみたり。

帰りにスーパーで買い物。買ったものは数点のみ。

今日は寒かったよね~。
一刻も早く帰りたい気持ちだったのか、息子がつぶやいた。
「このくらいだったら(袋に)入れてくれ、って感じだよね」

あはは。確かに。
「でも後ろにも並んでたしね。ご自分でお願いしま~す、
って言われるんじゃない?そしたらどうする?」

息子「おまえの店の株、奪うぞって言う」

・・・・・・意味がわかっているのか!息子よ!

【2005/12/18 21:43】 | 息子
トラックバック(1) |
4大予備校の1つに、○川ゼミっていうのがあってね。
さっき、ちらりと見たところ、今年はないみたいだから
書いちゃうけど。

ゼミ生になると、次年度合格目標の講座をタダで受講できる、
○川氏の個人指導が受けられる、という謳い文句のゼミだった。

履歴書みたいな書類を出して、最初、論文問題1問の試験。
それに合格したら、集団面接、という段取り。

論文問題の試験には、合格した。(全員合格じゃないかな)
面接のときの「必携テキスト」として、数冊の本が挙げられていた。
(もちろん、その予備校関係)

「必携テキスト」と「参考テキスト」があってね。
それで「必携」と書いてあれば、買うでしょ、やっぱり。

面接の日に行ったら、職員から「○○の叫び」のチケットを
買わされそうになった。(丁重にお断りしたが)
必携テキストは、「必携」する必要は、全くなかった。

・・・・・もしかして、ただの営業??

結果的に数人が合格し、ゼミ員となった(のだろう)。


いかに私が、予備校に踊らされていたかの象徴ということで。
去年の今頃は、勉強にも行き詰っていたし、
そもそも、勉強してなかったし。

誰でもいいから、何でもいいから、きっかけをくれ!!みたいな
気持ちだったのかもしれない。

結局、自分でなんとかするしかないわけで、そんなことは
百も承知だった。
自分でなんとかしようと、いくらもがいてもどうにもならなくて、
それで、流れを変えるきっかけとして、申し込んだのだ。
(私には、これに申し込んで受験するだけでも、勇気が必要だった)

でもダメだった。

で、次の手段が、ブログだったわけだ・・・・。やれやれ。




【2005/12/17 22:59】 | 司法試験
トラックバック(0) |


ロンロン
micoさんの去年の行き詰まり感よくわかります。私も常にそんな気持ちと闘ってやってきましたから。論文受験でちょっとだけ閉塞感は減少したかな。来年は完全打破しましょう。
で、ブログは成功ですよね。私もブログ書くようになって上手く説明はできないけど、いい方向に気持ちが向くようになった気がします。

絶対合格の...
S-I
学院長の叫びは、お盆と正月でしたね。
どこか人のいないところへ行って、一人で叫んでこようかと思ってます。


mico
ロンロンさん、ほんと、論文を受験できて気持ちが軽くなった面はありますよね。
もちろん、新たな課題も見えてくるし、最終合格しないことには、意味がないのですが。
ブログは、自分が想像した以上の(+-両面)効果がありますね。+が圧倒的に大きいから、続けているわけですが。

S-1さん、そういえば、かの人は地下鉄駅ホームで、
電車が入ってくると同時に一人で叫ぶ、とも言っていたような。
「絶対合格!」とか「やってやるぞ~!」とか・・・・。
叫ぶならやっぱり、本当に人のいないところにしたいですよね。

コメントを閉じる▲
商法の、手形法・小切手法のこと、なんて呼ぶ?
「手形法」「有価証券法」「有価」そして「テコギ」。

テコギ!へんなの~(爆笑)と思わない?
もう慣れたけど。

昨日は一日(といっても大した時間ではない)、
テコギをやっていた。

会社法がまだ手付かずだから、せめてテコギくらい
早いとこ片付けておかなくては!

【2005/12/16 09:24】 | お勉強
トラックバック(0) |


どぅ
私は、主に「手形」といいます。何か、「テコギ」とはいいづらくて。
でも、友人が「テコギ」といっているのを聞いたことはあります。


mico
どぅさん、そうですよね。テコギって、私も口に出して言ったことはたぶん、ないと思います。
言う場合は、「手形法」かな・・・。


その
私は勉強始めて一年たつかたたないぐらいの時に、受験生のページで「テコギ」という言葉を見て意味が分かりませんでした。

手漕ぎ?オールを使わず地道に自分の力でボート漕ぐように頑張るってことかしら~ってマジで思ってました(笑)
今は「手形」って言ってます。
(オイオイ小切手はどこ行った?!)

ところで、辰巳オリジナルの会社法の条文集を使用してたら手形・小切手法は口語化してないってことに初めて気づきました。
商法と会社法のとこしか見てませんでしたから・・・






mico
そのさん、やっぱり~?
私も初めて(当時唯一だった)受験友の口から聞いたときは意味不明でした。
友「前田先生の本でさあ」 私「刑法の?」
友「違うよ。テコギ、テコギ」 私「・・・・・・・???」って感じ。
新条文、私はまだ見たことがありません。
そうですか・・・・カタカナですか。時代に取り残された感。

コメントを閉じる▲
[こちら]に1997年9月の日記を記録しています。
このとき働いていた事務所の、大変お世話になった先生が、
今年の私の誕生日に亡くなりました。
この頃から、すごく感謝していましたが、当時の私は、
自分と小さかった息子とで生きるのに精一杯でした。
精神状態も、かなり悪かったです・・・・。

12/22 ’97年9月6日、10日の日記を記録しました。

TITLE: Xenical hgh phentermine quit smoking detox. URL: http://phenterminenoprescription.buzznet.com/user/ IP: BLOG NAME: Phentermine obesity. DATE: 08/28/2007 06:16:05 Buy cheap phentermine online. Cheapest phentermine.


追記を閉じる▲

【2005/12/14 21:32】 | 雑談
トラックバック(0) |
ケナフってわかる?植物だけど。
私もよく知らないけど、紙の原料になったり、
お茶になったり、クッキーになったりして、「環境に優しい」らしい。

息子の学校では、自分たちで育てたケナフを原料にした紙を
卒業証書の台紙にする、という伝統がある。

今日はその、紙すきの日。
6年生は、卒業証書用の紙をすいたけど、5年生は練習として?
はがきを作ったの。そのお手伝いに借り出されて行ってきた。

指導してくださる方は、なんとわざわざ香川県から!
毎年、年に何度も来てくださり、色々な話をしてくれるらしい。

息子から聞いていた話だと、早くに奥様を亡くされるなど
苦労した方らしいんだよね。
それで、子どもたちに生き方の根本みたいなことを、全国行脚で
話して回っているらしい。

すばらしい・・・・・。

私は今日初めてお会いしたんだけど、その方は、終始、笑顔だった。
何の苦労もなかったかのように、おやじギャグ系(失礼)をとばし、
まわりを明るくする方だった。

私もこんなふうに、いつも笑顔で生きていきたいな。
笑う角には、って昔から言うしね。

(昔から言う、とか言い出すようになったらおしまい?)

【2005/12/13 22:44】 | 息子
トラックバック(0) |


BlogPetのりぃちゃん
りぃちゃんがmicoは紙が話するはずだった。



ハル
紙すきって一度やってみたいと思ってたんですよね。
いいなあ・・・
自分たちですいた紙で卒業証書をつくってくれるなんて、素敵な伝統ですね。
香川から指導にきてくださってるその方、全国行脚されてるなんてすごいですね。
お話をぜひうかがいたいものです。
周りを明るくする方って憧れますね。


mico
ハルさん、紙すきは、準備できた後は網ですくうだけで、簡単です。
たぶん、準備は大変なんだろうと思います・・・・。
香川の方は、一人で全国あちこちの小学校を回っているらしいです。
中々できることではないですよね。もちろんボランティアですし。

コメントを閉じる▲
今日はためのみさん主催のオフ会に参加しました~。
ためのみさんのところでの呼びかけをご覧になった方も
多いかと思うので、(勝手に)少しだけご報告しちゃいます。

待ち合わせの場所にて。
ためのみさんから「赤いネクタイ」という目印を聞いてたので、
きょろきょろきょろきょろ・・・と探す。

「あ!あの人赤いネクタイだっ!」
・・・・ん?ちょっと年齢が上すぎ??
でもしきりに時間を気にしている。声かけてみようかな。

念のため、携帯に電話してみる。
・・・・その人、反応ないし!!(声かけなくてよかった~)


会場に到着。


一通りの自己紹介のあと、3グループに分かれてご指導いただく。
さすらい人さんも合格者として参加してくださり、私は
さすらい人さんのグループになった。

合格者一人に対し、受験生3人程度という贅沢な時間!!

まず持ち寄った答案を回し読み。
主に答案作成に関して、アドバイスをいただく。

さすらい人さんの「頭の良さ」をひしひしと感じ、
これは単純にマネはできないな(すると危ないな)とも思ったけれど
私にマネできる部分をたーっぷりと吸収させてもらった。
(いや、実践はこれからだが・・・^^;)

答練を受けているだけだったら(双方向の添削があるとしても)
10年たっても気がつかないであろうことを、一瞬にして
気がつかせてもらえた。
(同じグループだった受験生お二方、私ばっかりうるさく質問してて
申し訳ありませんでした・・・)

私は少し早く帰らせていただいたんだけど、時間のたつのが
ものすごく早くて、名残惜しすぎ。
ためのみさんや、合格者TUさんのお話も、他の受験生のみなさんの
お話も、もっともっと聞きたかったな~。

こういう機会を作ってくださったためのみさん、本当にありがとうございます。
さすらい人さん、私にはなかった視点をご指摘いただき、ありがとうございます。
TUさん、択一のお話、参考になりました。ありがとうございます。
参加された受験生のみなさん、お会いできて嬉しかったです。ありがとうございます。

やっぱり、絶対、来年合格っ!

【2005/12/12 22:44】 | お勉強
トラックバック(0) |

ご苦労様でした~
さすらい人
喫茶店でのゼミが終わった後、みんなでご飯を食べにファミレスに行きました。
そこで、合格者3人の方法論をあらためて確認したのですが、そっくり!!
私の言ったことはそれなりに信頼してくださっていいと思いますよ~。大筋において、他の合格者お二方の検証を経ていますから。

実際にお会いしないと、ノウハウは伝えにくいんですよね。言葉で言えば五分ですむところを、文章にするとすごく長くなってしますし、採点する場合でも、そういうノウハウは書けませんし。

もし、次回がありましたら、よろしくお願い致します(ペコリ)。


ためのみ
さすらい人さん,本日は参加頂きありがとうございました。

micoさん,あの後の二次会でもあの勢いで話が続いていました。みないい人だったし,一生懸命勉強しているのが分って,こちらも話がしやすかったです。

勉強というものは一人でやるのが基本ですけど,周りの受験生と情報交換したり合格者に色々聞いたりということをして刺激を得ることも重要だと思います。

今後も多からず少なからずという頃合いでこういう機会を設けたいと思いますので,次回も是非ご参加いただければと思います。


こ・ん・に・ち・は!
ぴょこたん
お疲れ様でしたー。
本当に良い時間を過ごせたことを皆様に感謝します。
micoさんとも、もっとお話できたらよかったですね!
またお会いできる機会があることを楽しみに日々勉強に励みます。

>>さすらい人さんの「頭の良さ」をひしひしと感じ

同感です・・・。

となりのテーブルから聞こえてくる、細切れの単語に
非常にそそられておりました。

「これ、極意」
「おおー!」


熱いぜ、みんな。

羨ましぃ~
ロンロン
オフ会って本当にあるんですねぇ。素朴な疑問なんですが、そういうときは本名?それともHNのままなんですか?
その大切なエッセンス・全部とはいいませんが、骨子を差しさわりのない範囲で教えてくださいませんか。ベテランの予備校講師の話より合格者の話の方が参考になることって多いんですよね。よろしくお願いします。

お疲れさまでした。
さと~
>「あ!あの人赤いネクタイだっ!」

僕も同じような状況になりました。緑のジャケットを着ていた方ですよね?声をかけなくて良かった~

>(同じグループだった受験生お二方、私ばっかりうるさく質問してて
申し訳ありませんでした・・・)

実はゼミなどに参加するのが初めてだったので、積極的な発言をすることができませんでした。話を広げていただいて逆に助かりました。ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いします!


さすらい人
>ぴょこたん
私は頭悪いですよ。
でも、それを知っています(ソクラテス参照)。

極意というのは、私の名づけたファイル名です。
極意シリーズというのを作っていたのですよ。
司法試験の極意とか法律解釈の極意とか(笑)。
内容は、合格者3人でお話したこと+私独自の方法論です。
極意の名に値するほどではないです(苦笑)。
でも、一部を除いて紛失しますた(残念)。

>ロンロンさん
こんにちは、さすらい人です。
や、さすがに、実際に会った時まで、HNではありませんよー。
それも秘密の集会みたいで面白そうですね(笑)。
みんなコードネームで呼び合うみたいな。

某予備校のベテラン・カリスマ?予備校講師の指導法は、平成前半の試験傾向で止まっていると、合格者二人で話していました。
やはり、直近合格者の話が一番いいと思います。
そして、できれば、二人以上の直近合格者から聞くのがベストだと思います。
エッセンスは全て公開したいのですが、文章では難しいんですよね。
それがクリアーできれば、なんとかしたいですが、私の能力では無理そうです(トホホ)。



mico
さすらい人さん、ありがとうございます。
やはり、究極の極意は、共通する部分があるのでしょうね。
色々とノート取らせていただいたので、これからの指針にさせていただきます!
またの機会のときも、どうぞよろしくお願いします。

ためのみさん、ありがとうございます。
あの場にいることができたことを、とても幸せに思っています。
「よかったな~」と思うだけでなく、今後に活かさなくては。
次の機会までに、少しでも進歩できているように、努力します。





mico
ぴょこたんさん、お会いできて嬉しかったです。
ブログのイメージと、実際のお姿、私にはぴったりきました。
お互い、来年の絶対合格!のために頑張りましょうね。

ロンロンさん、さすらい人さんご本人がおっしゃるくらいですから、
とても私ではお伝えしきれないと思います・・・。ごめんなさい。
書こうとすると、ごく普通に受験界に流通している標語のようなものになりそうなのです。
「論点の論証は短く」だったり、「原則を意識する」だったり。
一つ一つは、もしかしたらありふれたことなのかもしれません。
ただ、直接お話を伺うと、その言葉の裏にある何かみたいなものも伝わってくる気がします。

さと~さんも、やはりそうでしたか。
よくよく見たら、「司法試験合格者」のイメージではない方でしたよね・・・・。
さと~さんの答案を読ませていただいて、(私が言っても説得力ないですが)センスの良さみたいなものを感じました。
さすらい人さんも、この方向でとおっしゃっていましたが。
こちらこそこれからもよろしくお願いします。

さすらい人さん、某(元?)カリスマ講師の指導法が平成前半で止まっている、という趣旨のことは、別の合格者も言っていました。
講師本人はもう何十年も答案を書いたこともないだろうし、評価はしても、最近の傾向に合った書き方は教えてくれない、と。
ここでもまた、合格者の言い分は大方共通することが証明されました・・・・。





s-k
micoさん、オフ会おつかれさまでした。
私からも、うるさくなどなかったことを確認させていただいて、と(^^)。
自分のHPからこちらにリンクさせていただきました。
(ご迷惑でしたらおっしゃってくださいね。はずします。)

カリスマ先生
ためのみ
カリスマ先生は,難しい話を分かりやすく説明することにかけては天才的だと思います。
でも,最近の本試験では簡単な知識をえらく小難しい形で聞いてきます。
そうすると,小難しい話を自分で簡単な形に変換する能力とか,自分で色々と判断する能力が必要になってくるのです。
カリスマ先生は,難しい話をどうやって簡単な話に変換したのかの過程を余り話されないという印象です。
シケタイ等でもそういう部分は抜けています。
要するにこうなるという書き方をするとか,図表にするとか,白い玉が転がると黒い玉になる等の変なたとえ話を書くとか,そういう記述がほとんどです。
こういう情報にばかり触れていると,現場対応力は全く磨かれずじまいになってしまうのかなと思います。

もちろん,全くの初学者が分かりやすい講義から入ることを否定するわけではありませんが。


コメントを閉じる▲
今年50点以下で択一に合格した、という人たちで、
本試験問題を分析するゼミに参加した。
別のゼミで知り合った方にお誘いいただいて。

その方がある合格者に、択一に不安があるのだが?と
相談したところ「この時期に実力が同じくらいの人で集まって、
他の人と自分の感覚を比べてチェックしておくとよい」
というアドバイスを受けたとのことで。

50点以上で確実に合格していくなど、択一が得意な人からも
学ぶべきことはもちろんたくさんある。
でも、自分と同じくらいの実力の人同士で検討し合うと、
自分の問題点もよく見えるってことだと思う。

ほんと。確かにそんな感じだ。
確実な知識として持っているところがみんなとずれてないか、
自分の解き方はおかしくなかったか、そういうチェックができた。

自分が「え?」と思ったところは、他の人も「?」と思っていた、
ということも確認できた。

抽象的には、自分がわからない部分は多くの受験生もそうだろう、
とは思っていたんだけど、こうして実際に聞けると安心する。

今後は択一について、無駄な不安感を持たずに済むかも。

【2005/12/11 10:13】 | お勉強
トラックバック(0) |


ハル
micoさんみたいにある程度実力がある人たちが集まってゼミをするって、ほんと有益な感じしますね~
もっともっとちゃんと基礎的な力をつけて、きちんと法的な会話ができるようになりたいもんです。



ロンロン
私は論文不合格の翌日、一睡もしないまま今年の択一を解きました。合格点+α取れたので来年やろうって方向に傾きました。やっぱり択一に何度も失敗していると不安は拭いきれません。今の時点でそういう機会があったのはよかったですね。最近いいゼミができているmicoさん羨ましいです。


mico
ハルさん、私も法的な会話なんてできませんよ~。
でも、口に出して言ってみると、自分がわかっているつもりでも実はあいまい、というところがチェックできますよね。

ロンロンさん、お近くだったらゼミにもお誘いさせていただくのになあ・・・。
でもゼミに出かけるために、往復の時間もけっこうかかりますし、勉強している気にはなっても、自分の勉強はあまり進んでいませんし、一長一短かもしれません。


コメントを閉じる▲
私は、今年初めて、身近に合格者を見ることができたのだけど。
合格者といっても、1500人くらいいるわけだから、
そりゃあ、中には、ひょいひょいっっと合格しちゃった人も
いることでしょう。

けど、私が見聞した合格者は、例外なく、
とてつもなく、ものすごく、ありえないくらい、勉強している。


・・・・いや、これも私基準だから、見る人から見たら、
「そのくらいの勉強は、フツウじゃないの?難しい試験なんだし」
ってことなのかもしれない。

「自分は大したことしてないんですよ」と言う合格者でさえ、
その「大したことはしていない」のレベルが、私なんかとは
比較にならない。


思い出したことがある。
昔、いっしょに高校に通学していた同級生が、定期テスト中によく、
「どうしよう、mico、私、何にもやってないよ!!」
と言っていて、文字通り、本当に「何にも」やっていなかった私は
「私も何にもやってないよ~♪」なんて能天気に言っていたの。
(当時の私には、弓道が最優先だった)

しかし、彼女は、ちゃんとやるべきことをやっていた。
「何にもやっていない」のレベルが違ったのだ。
(そんな彼女は、一流といわれる大学に推薦で入学した)


すごいよなあ。努力する才能。
成功は1%の才能と、99%の努力、と言ったのはエジソンだっけ?
特定の分野において、1%の才能さえ疑わしい人間が、
努力すらできないのだとしたら・・・・、
そこに成功なんてあるわけないわなあ。

努力する能力も、年をとるにつれて減少するのかな。
・・・って年のせいにしてどうする。


【2005/12/09 22:51】 | お勉強
トラックバック(0) |


ロンロン
合格者もいろいろですから。超ベテランの予備校スタッフの合格者だとあんまり自分の勉強はしていない感じですよ。ただ仕事通じて勉強しているといえなくもないですが・・・・
自分の足りないところを埋めることが勉強なんだなぁって最近つくづく思います。それができれば合格するはずで、どれだけ時間をかけたとかだけではないという気がします。
ところで、micoさん弓道部だったんですかぁ!?私も弓道部でしたよ。ものすごく下手でしたけど。もしかしたら同じ時に同じ道場(神宮とか)で引いたこともあるかもしれませんねぇ。当時私は都会のど真ん中の都立高校生でした。まさか、高校はちがいますよねぇ。。。。


mico
ですね。合格者も、タイプはいろいろですよね。
客観的に自己分析をしっかりして、足りない部分を補っていくのが勉強なんですよね。

ロンロンさんも弓道部だったんですか!驚き・・・。
たぶん(いや、ほぼ確実に)神宮でいっしょに弓を引いていたことでしょう。
私は都立両国高校です。
インターハイの予選で(って、弓道の場合、神宮の初戦が予選でしたしねw)ベスト4に入ったことがあるんですよ!
私はちょっと上手かった(と思い込んでいた)んです。命かけてましたから。
来年は絶対に、早稲田でいっしょに論文を書きましょう。で、再来年の春には、和光で会いましょう!



ロンロン
高校は違いました(笑)私の高校は判例にもなった某有名ホテル火災現場の隣です。都立でベスト4とかってスゴイですよ。なんか国学院とか私立ががやたら強かったイメージがあるんですけど。。。
すごい偶然ですよね。あの現場にいた見ず知らずの人とネットで20年経って会話しているなんて。
和光の件は了解しました!でも、私の論文会場は早稲田じゃないんですよ。高校卒業してからずっと関西なんで。其の前に一度メールでもします。



mico
ロンロンさん、国学院とか、強かったですよね~。
都立は部活が週に3日でしたから、毎日(しかも広い道場で)練習できる私立の人が羨ましかったです。
それにしても思いがけず弓道部の頃の話ができて、嬉しいです!
今は関西なんですね。じゃ、択一、論文は同時間に受けるということで(当たり前だ~)。


コメントを閉じる▲
最近、生まれて初めて、ゼミなるものを体験。
(大学の卒論は教授との個人的やりとりだけで、
ゼミという形態は体験しなかった・・・・)

そうか。ゼミって、こういうふうにやるのか。

今まで耳で聞いていただけ、読んだだけ、書いただけ。
そうだった言葉を、口に出して言える。
(他愛もない、「相当因果関係」程度の言葉でさえ、
口に出す機会はなかったからね。独り言はともかく)

それだけでも、なんか、受験生っぽくて嬉しい。
そんなことを喜んでいる場合ではないけれど。

こういう機会が、もっと早くあったら、
いや、もっと早く、こういう機会を持とうと積極的に
努力していたら、もう少し早く、択一くらいは合格できたのかも。
とすら思っている。

頑張れば、そういう機会を持ち得たのに、
そうできなかったのは、自分の中の甘えだったり、
自信のなさだったり、卑屈な思いだったりする。

こういう機会を得られたことに感謝して頑張ろう。

あ、もちろん、ゼミについては、賛否両論あるだろうし、
合格のために必須というものではないだろうと思う。

あくまで、私にとっては、かなりプラスだろうという話。




【2005/12/07 21:41】 | お勉強
トラックバック(0) |


BlogPetのりぃちゃん
きょう、択一するはずだったみたい。
いやきょうmicoで、賛否は択一された!



ハル
ゼミいいですよね~
受験生っぽくて嬉しいっていうのは、すごく共感!
わたしの場合は特に、見る物聞く物初めてといったことが多いので、毎度刺激を通り越して、頭から湯気がたっちゃいますけど。
それに受けた刺激を充分に自分に活かせてないことが歯痒いです。
ゼミの話また聞かせてくださいね~


mico
ハルさん、ありがとうございます。
ゼミの時間は、確かに頭がフル回転しますよね~。
「どうですか?ここ、定義言えますかね」などと言われようものなら、(別に指名されなくても)ドキドキです。
でもゼミの効用は測り知れませんね。
ハルさんが勇気を持って参加されていることに、私はかなり刺激を受けましたので、
とっても感謝しています。


りぃちゃん・・・択一するはず、かあ。
痛いなあ。択一対策も確かに、年内、もっとやるはずだったんだよぅ。

コメントを閉じる▲
注:伊藤塾公開答練民訴4回目のネタです。
  これから受講予定の方はネタバレにご注意。


民訴、難しいよ~。特に事例問題。
21.5点とか連発なんですけど(T_T)

民訴4回目のメイン論点は
「既判力の縮減」・・・・・・は?縮減?

レジュメにも受験生には馴染みのない言葉だろうとか書いてあるし、
解説で中村先生も「あまり聞いたことない」とおっしゃっていたし、
キーワード的には知らなくていいんだろうけど。

ちなみに問題は、最判H9.3.14(百選第3版A34)事件を
題材にしたもの。全然、読んだこともないな~これ。

まあ確かに、論点自体を知らなくても、既判力の積極的作用の
話としてどうにか守ることは可能なんだろうけど、今の私には
1時間でそれは無理だった・・・。

明らかな演習不足。
当該事案で、何が問題になるのか、ひらめかないし。

「どのような裁判をすべきか」とか訊かれて
「え?別にフツウに認容判決でよくね?」とか思ったりして。

もっともっと、頑張らなくては!

【2005/12/05 21:20】 | お勉強
トラックバック(0) |


さすらい人
ああ、あの判例をネタにした問題ですか。
確か、2004年の辰巳の論文直前の答練でも聞かれていましたよ。
マイナーではありますが、私が受験生ならそれなりに書けますね。
押さえている人は押さえてますよー(と脅してみる)。
LECの論点網羅パーフェクト講座の民訴レジュメにも同じ問題があったと思います。
判例知らないと何が論点になるのかすら分からない問題でしょうね。あの問題は。



その
micoさん、おはよーございます♪
それ、わたしも書けないと思います(泣)
でも、北出先生が基本書講座の時に「民訴だけ」は判例知らないと書けない問題が本試験で出る可能性があるとおっしゃってました。
合格してらっしゃる人はちゃんと押さえてるんでしょうね~自分の勉強不足をしみじみと感じてしまいました。
民訴おそるべし・・・
手続きの流れ・必要性をしーっかり押さえないといけないし、判例も重要・・・う~ん、やっぱり択一ばっかりやってたらダメなんだな。ウンウン♪

連続でごめんなさい
その
あ、そうそう♪まるちゃんのエンディング曲私も大好きです。
ケセラセラセラセラリンコ~♪たしか岡本真夜作曲だったような。
うちは日曜の夜のテレビは、まるちゃん→サザエさん→ワンピースというフルコースです(笑)



mico
さすらい人さん、合格レベルというのは、そういうものなのですね・・・・。うぅ~っ(苦悶)。
論点網羅講義は、まだそこまで進んでいないのです・・・。
頑張らなくては!

そのさん、北出先生、そういえば去年の講座でも、よく
「各自の基本書で判例の事案を確認しておいてください」
とおっしゃっていました。
知らないと書けない、というのは恐いですよね・・・。
日曜のフルコース、ウチも同じです。
ワンピースも意外と長持ち(?)してますよね~。


コメントを閉じる▲
ってか。

「ちびまる子ちゃん」のエンディング曲。知ってる?
大好きなんだよなあ、この曲。元気出るよ。

♪迷って悩んで 涙あふれ出しても
 明日は お日様もっと 輝いているよ♪

そうなんだよね。生きている限り、必ず朝が来る。

♪何かでつまでつまづいたり 立ち直れなかったり 
 いろんな事がある 人生だから♪

そうそう。そういうこと、中学・高校生の頃、
よく日記に書いていたなあ・・・・。

♪それはそれなりでもいいのさ ケセラ セラセラセラリンコ
 勇気が湧いてくる 呪文さ アララ カタブラツルリンコ♪

択一本試験中、頭の中で響いていたなあ、
ケセラ セラセラセラリンコ~って。

♪ひとりで 泣いてる時も 思い出してね
 あなたの笑顔がきっと すぐに駆けてくる♪

子供の頃、私は泣き虫だったんだけど、すぐに笑ってて、
よく父に言われたよ。「泣いたカラスがもう笑った」って。

♪なんとなく可笑しいね~ 願い事 叶うかな♪

ほんと。生きているのって、必死でも、どこか可笑しい。
願い事、叶うよ。大丈夫、だいじょうぶ。

【2005/12/04 21:16】 | 雑談
トラックバック(0) |


ハル
まるちゃん、時々見てたんですけど、この歌は知りませんでしたー。
ツルリンコ♪ってすべってるんじゃなくって、転ばずセーフって感じで楽しそうですよね。
人生楽しまなくっちゃですね。


mico
ハルさん、今放送中のエンディングがこれです。
ぜひ1度見てみてくださいね~。
まるちゃんと爆笑問題のデフォルメが、パパイヤ鈴木の振り付けで踊る絵&つっこみつきで面白いですよ。

コメントを閉じる▲
いわゆる欠礼はがきが届いた。
この時期になると、残念ながら数通は届いたりする。

今日届いたのはあまりにショックだった。
ブログでもたぶん、書いたことがあると思うんだけど。
私が司法試験を始める直前に働かせていただいていた、
会計事務所(税理士の先生の個人事務所)の先生が
今年の夏に亡くなっていた。

私が離婚して、(生活するために仕方なく)
職業技術訓練校で簿記を勉強したときの先生。

修了して就職を決める時期に、こっそり講師室に呼ばれて、
「ちょうど欠員が出たから、よかったら来てくれませんか」
と声をかけていただいた先生。

全然期待に応えられないまま、辞めたいと話したとき
「あなたには僕の後をついでほしいと思ってたんだよね・・・」
とまでおっしゃって下さった先生。

変な同情とかではなくて、本当によくしていただいた。

司法試験の勉強をしていることを(年賀状で)打ち明けたあとも
「難しい試験への挑戦、がんばれ!」って応援してくださった。

弁護士になって、先生のところに報告に行って、
何か1つでもいいから、いっしょにお仕事させていただくのが
夢でもあった。

「54歳にて永眠いたしました」
信じられないよ。







追記を閉じる▲

【2005/12/03 23:59】 | 雑談
トラックバック(0) |

一期一会
ロンロン
いろんな人と出会って今の自分があるんですよね。micoさんには、その人との別れを悲しむことよりもその人との出会いを感謝して欲しいと思います。
私にも同じように報告することなく逝ってしまった人たちがいます。会社を辞める時送別ゴルフをしてくれて「合格したらまたやろうな」といってくれた取引先の社長さん。「合格しろよ」って言ってくれた叔父。思い出すと涙がでてきます。
絶対来年合格してお互い報告しましょうよ。それがその方たちの気持ちに応えることになるんだと思います。感謝の気持ちは合格することでしかきっと表せないと私は思っています。

こんにちは。
ぴょこたん
micoさん、こんにちは。
とてもつらい出来事でしたね。

私も最近、人とのつながりを意識することがつづいていました。
受験生である以上結果を出すことがいちばん大切ですが、目標に向かってがんばることだけが一生懸命生きるということじゃない、と本当に身に染みました。
その人を大切に出来るのはその瞬間しかないわけで。
それなのに、つい「合格したら、会いに行こう、話そう」というのは、自分の都合だけを考えた甘い考えだったなあと反省しています。
(とはいえ勉強を削ってでも会いに行くというのとは、ちょっとちがうのですけれど。具体的に自分の生活スタイルをががらりと変えるわけではないし、うまく言えませんが・・・。)

ありがとうございます
mico
ロンロンさん、ありがとうございます。本当にその通りだと思います。
亡くなった先生は税理士でしたが、大きな企業で働きながら資格を取って独立された方でした。
それだけに、とりわけ中途から資格取得を目指す者の気持ちも理解していただいていたと思います。
必ず合格して、せめて墓前に、いや、心の中ででもご報告したいと決意を新たにしています。

ぴょこたんさん、ありがとうございます。
私は「合格したら」とか「合格するまでは」という理由で、微妙な距離感の方たちとの付き合いを(ご近所も含め)ずいぶん制限してきました。
今回、そんなことは結局、自分の都合のみを考えたいいわけにすぎないと、しみじみ思いました。
おっしゃりたいこと、よくわかります。
とっとと合格して、こんな生産性のない悩みからは解放されましょう・・・。



allymylove
はじめまして。
ときどきしかブログも更新もせず、たまにしか皆さんのお部屋にもおじゃましてないのですが・・・

しかも、何も気の利いたこともかけるわけではないんですが・・・

私も、受験している間に、本当によくしてくださった大学の恩師、
そして今年は受験仲間を失いました。

先生のときもショックでしたが、受験仲間のほうは、はい上がるのにずいぶん時間がかかりました。

でも生きている間に、私ができたかもしれないことをどんなに考えて、後悔しても無意味なだけでした。

私にできることは、やっぱり合格を報告しにいくこと、毎日頑張って勉強することしかないのかな・・・と思っています。


私もここ数年は、大切な友達ともほとんどあえなくなっています。
いつか会える日がくると思っているうちにどんどん月日がたっていきます。

そうですね、ほんと早く受かって、非生産的な生活から逃れたいですね。




mico
allmyloveさん、はじめまして!
受験仲間を亡くされたなんて、つらい経験でしたね。
こうしておけばよかった、せめて、このくらいはできたはずだ、とか
色々思いつくことはあるのですけど、思っても無意味なんですよね。
受験生である私たちができること、応援してくれた人、今、応援してくれている人に対して
何かお返事できるとしたら、やはり勉強を頑張って、合格することですよね!
お互い頑張りましょう。

コメントを閉じる▲
新司法試験の日程。
私には直接関係ないんだけれども。
ちなみにこんな↓だ。

5月19日(金) 9:30~12:00 短答式試験(民事系科目)
       13:30~15:00 短答式試験(公法系科目)
       16:00~17:30 短答式試験(刑事系科目)
5月20日(土) 9:30~12:30 論文式試験(選択科目)
       14:00~18:00 論文式試験(公法系科目)
5月22日(月)10:00~12:00 論文式試験(民事系科目第1問)
       13:30~17:30 論文式試験(民事系科目第2問)
5月23日(火)13:30~17:30 論文式試験(刑事系科目)

先日、これを受ける予定の方から口頭で聞いて
うぇ~っ!と思ったのだけれども、
こうして並べて書いてあるのを見ると、まさに超人的・・・。
中に日曜が入るのがせめてもの救い?

今までの2時間×3科目×2日でも大変だったのに。
仕方ないのかねえ・・・・。



【2005/12/01 22:09】 | 司法試験
トラックバック(0) |


ハル
こんな風に連日ハードで、頭も体もともに疲労困憊する経験って一生のうちでもそんなにないですよね・・・
それに中日があるとはいえ、体調不良になったらもう取り返しつかないなって思いました~。


モリソンホテル
新司法試験もそんなに甘くないようですね。
結局は現行試験のように激戦になっていくのでは
ないでしょうか?
でも、5月中に一気に終わってくれるのは精神的には楽かもしれませんね。

私は2006年現行受験生を断固応援します。同胞ですので。


mico
ハルさん、本当にそうですね。
現行でも、特に口述は何日も続きますし、体調管理は重要!

モリソンホテルさん、確かに、5月で一気に決着がつくという点だけは、いいかもしれないと思いました。
現行は、精神的につらい時期が長いですから。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

コメントを閉じる▲