茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です

スナックえんどう

最近のはまりもの。

だいぶ前に、アボカドにはまっているという話を
書いたと思うけど、最近、スナックえんどうにはまってる。

いわゆる「デパ地下」のサラダ屋さんで買った
アボカドのサラダに、スナックえんどうが入ってたのよ。
それが気に入ってねえ。

以来、自分でも買って、いろいろ調理実習。

あ、アボカドは、かなり見る目ができたよ。
あれはまだ青いうちに買って、自宅で熟成を待つのがベストだね。
下手に食べごろのを買おうと思うと、腐ってるからさ・・・・。


それからもうひとつ、はまっているのが「黒豆茶」。

最初、自然食品の店みたいなところで、「あずき茶」を買ったの。
それがおいしかったので、冷蔵庫に常備の麦茶をこれに替えよう!
と思ったんだけど、100gで千円もする・・・・。

あるとき、100円ショップ「ダ○ソー」で
健康茶コーナーを発見。
どくだみ茶とかゴーヤ茶とか色々あった中に「黒豆茶」が。

あずきも黒豆も大して変わんないでしょ!
ってことで買ってみた(100円だし・・・・)。
これが中々いける。麦茶よりちょっと味がある感じだし、
イメージとして体によさそうな感じもあるしね。

ということで今、うちの冷蔵庫には
スナックえんどうとアボカド、黒豆茶を常備。

今やっていること

最近やっている勉強。

・過去問を中心に1日50~100問程度の問題演習
・情報シート読み(あまり進まない・・・)
・民法は肢別本もチェック
・憲法は条文のカセットテープ速聴と百選読み

時間は1日5~7時間程度。
それ以上やると、疲労が蓄積して、後に響くから。
(どう頑張っても、8時間が物理的限度だけど)

去年は今頃、限界の8時間を少し続けたところ、
論文前に、眠っても眠っても眠い、という状態になり
疲れがとれなくて気力も落ちたんだよね・・・。

今年は論文直前期をもっと充実させたいので、
今はまだ、疲れをためないようにしたい。
(かといって択一も余裕がないからつらいけど・・・)

やっと静かになった・・・・

つい30分ほど前、ほりえもんが東京拘置所から
出て行ったらしい。

午後9時近くから、ヘリが何機も飛んでうるさいのなんの。
(東京拘置所はけっこう近所なの)

8キロやせたとのことだけど、確かに見た目にもやせて
印象は変わったね・・・。これから何を話すのか興味深い。

囲碁・将棋クラブ

息子の学校でのクラブ活動が決まった。
囲碁・将棋クラブだって・・・・。

なんでまた。

希望は2つとも違うのを書いて出していたんだけど、
先生からの一方的な通達で、決まったらしい。
(人数調整の関係だろうけど)

その話を聞いて、ちょっと不満気な私。
別に私が参加するわけじゃないけど・・・。
私、囲碁も将棋も、ルールくらいは知ってるけど、
全然できない→面白みもわからない。

「なんで希望してないのになっちゃうのよ~」
とぶつぶつ言う私に息子が一言。

「別にいいよ。ちょうどやりたいなと思ってたところだし。
けっこう面白そうだよ、将棋も囲碁も」

わが子ながら、すばらしいプラス思考!

総択&塾択

今日、私は「塾択」。

本試験の受験会場が慶應なんだけどね、
慶應での模試って、今年、今日の塾択しかないんだよね。

なので、総択1回目は通信で受けて、今日は塾択。

総択は、15、16、19(1問はラッキー点)の50、
塾択は、17、13、12の42・・・・。

特に刑法の差が激しいなあ。
やっぱり家でのんびりモード(時間は計っているけど)で
やるほうが、頭の働きもいいのかねえ。

塾択はモニター平均が40.8点だそうだから、
難しめだったのかもしれないけど。
でも本試験は家で受けるわけじゃないしねぇ。

刑法で最後のほうに雑に解いた5問全部間違えてた(汗)
雑にやって5問間違えるくらいなら、丁寧に2問とるべし。

最近、刑法は「解けば取れる」と勘違いしてたので
調子に乗るな!という警鐘と受けとめよう・・・。

怖い夢・・・

昨夜、ちょー怖い夢を見た・・・。

択一本試験当日。たぶん実在しないけど、
夢の中では何度か行ったことがある教室で択一を受ける私。

試験官はなんと、I塾長!(ここでおかしいと思うべきだが)

配られた問題も、今までと形式が違う。
B4サイズの横長。カラー。

ちょっと驚きながらも試験開始。
憲法、憲法♪と思ってページをめくったら。

・・・・なぜか世界地図。
めくってもめくっても、世界地図が続く。ありえない。

そうか。今年からいきなり傾向変えてきたのか!
(いや、少なくとも憲法の問題じゃないからここで気づけ)

とりあえず刑法に行ってみよう。

・・・・・エプロンをした女性と、その人より少し
若い感じの女性がなにやら口パクで言い争っている。
しかも紙上なのに、動画だし。
それについて、何を争っているのか答えよ、という問題。

おいおい。刑法と関係あるのかよ!
何なの、このワイドショーの再現ドラマみたいなのは。

いくら傾向変化といってもこれはいきすぎでしょ。
いや、でもこういうときこそ冷静に。回りもあせってるっぽいし。
仕方ない。できる限り対応するしかない。

と、覚悟を決めたところで気がついた。(遅い・・・)
あ・・・・・なんだ、夢だ。これ、夢だよね?

うん。まちがいないや。夢だ。よかった。
じゃ、少し遊んでおくか。
試験官I塾長もまじえて、教室にいたみんな大笑い。
「ありえないよね~」とか言い合ったところで目が覚めた。

けどあの教室にいて、少し交流を持った人たち。
顔見知りの人は一人もいなかった。
過去に会ったけれど、意識に残っていない人たちなのか、
これから出会う人たちなのか。

民法強化作戦!

今更ながら、民法の過去問集を買い換えた。

手元にあるものは、問題のページに書き込みたくさんしてて、
消すのも大変だし、このままじゃ解く気がしないし・・・・
ということで、結局今年、手をつけてないから。

肢別本と、法務省のHPでダウンロードできる分で済ませようかと思ってたんだけど、
オープンの結果を見てると、明らかに民法がヤバイ。

ということで、やっぱり、ちゃんと過去問やろうと思って。

ちなみに今は、LECのを使ってるの。年度別に一気に解きたいから。
Amazonで注文して昨日届いたので、今日は昭和のを100問ちょい
やってみた。

・・・・けっこう間違えるなあ。正答率85%くらいな感じ。
過去に何度も解いている問題ばかりなのに。

でもやっぱりやってみてよかったよ。(まだたくさん残ってるけど)
肢別もいいけど、ちょっと知識がぶつ切りになるのが気になるから。

明日もがんばるぞ!

いい話

息子の国語の教科書に出ていたお話。
私もいつか、読んだことがある。

杉みき子さんの「あの坂をのぼれば」

著作権法に触れちゃうかしら、と思いつつも、ちょっと抜粋。


-あの坂をのぼれば、海が見える。
少年は、今、どうしても海を見たいのだった。
細かく言えばきりもないが、やりたくてやれないことの
数々の重荷が背に積もり積もったとき、
少年は、磁石が北を指すように、まっすぐに海を思ったのである。
自分の足で、海を見てこよう。
山一つこえたら、本当に海があるのを確かめてこよう、と。

-あの坂をのぼれば、海が見える。
しかしまだ海は見えなかった。
はうようにしてのぼってきたこの坂の行く手も、やはり今までと同じ、
果てしないのぼり下りのくり返しだったのである。

もうやめよう。
急に、道端にすわりこんで、少年はうめくようにそう思った。
こんなにつらい思いをして、坂をのぼったりおりたりして、
いったい何の得があるのか。
この先、山をいくつこえたところで、本当に海へ出られるのかどうか、
分かったものじゃない・・・・・。

(以上、学校図書出版㈱小学校国語6年上より)

こ、これは何度も司法試験に落ち続けた者の気持ちか!?
と、じーんときてしまったので、書いてみました~。

その後がまた、私の今の気持ちにしっくり。

(再び抜粋)
-あの坂をのぼれば、海が見える。
少年はもう一度、力をこめてつぶやく。
しかし、そうでなくともよかった。
今はたとえ、この後三つの坂、四つの坂をこえることになろうとも、
必ず海に行き着くことができる、行き着いてみせる。
(抜粋ここまで)

あの坂を上れば、合格が見えるよねっ。
ま、あと3回も4回も受験するつもりはありませんが。

というか、旧試験を受けるのは、正真正銘、今年が最後。

ブログをやっててよかったと思うとき

今までも何度もあった。
ブログやっててよかったな~と思ったこと。

何度となく、救われた気がする。

大げさな言い方かもしれないけど、
こうして書いている駄文を、読んでくださる人がいる、
それだけで安心する面がある。癒されるというか。

来てくださるみんな、本当にありがとう。
今日はなんだか、ありがとう、って連発したい気分なんだ。
ありがとう。ありがとう。

でも本当の「ありがとう」は、合格したときだよね。


今日は60期修習が始まった日だね。
昨年まで、身近に話をできる合格者がいなかったので、
修習もどこかよその世界のことのように思っていた。

今年は、知っている修習生が複数いるので、
ああ、あの人も今頃は・・・などと考えることができて、
修習も身近に感じる。(これもブログのメリットだな)

修習生のみなさん、がんばってください。

頑張ることに疲れたら

受験生は、頑張っていて当たり前。
子育て中のお母さんは、頑張っていて当たり前。

結果が欲しかったら、頑張っていて当たり前。

生きていることは、それだけで十分、頑張っている。
頑張ることは、当たり前のこと。

頑張らない生き方って、どうすればいいんだろう。
いや、もはや私は、全然頑張っていないのかもしれない。


息子が小学1年生の終わり頃、担任の教師に
「あなたは全然がんばっていませんよ」と言われた、
と言って、家に帰ってから泣いていたことがあった。

あとから教師に聞いた話では、
息子は、頑張ればもっともっとできるはずなのに、
やろうとしていない、だから励ます意味で言ったとのこと。


頑張っているのかどうかなんて、自分でもわからないからね。

頑張っているつもりなのに、頑張ってないじゃん!って
言われたらつらいし、頑張ってないなあ・・・・と思ってるとき
「頑張ってるね」なんて言われても、妙な気分。


頑張ってるんだかなんだかわからないけど、習慣のように
頑張ろう!って自分にも言い聞かせるし、ブログにも書いちゃうし、
他の方のブログのコメント欄にも書いちゃったりする。

頑張る頑張るって、そう言うことにすら疲れたら?

やっぱり私は、それでも頑張る、と言うしかない。

取立て

消費者金融の悪質取立てが話題になってるでしょ。
で、思い出した。
私が受けた(私が借りたわけではない)こわい取立て。

インタフォンを何度も鳴らす。ドアをガンガンたたかれる。
「いるんでしょ~?出てきてくださいよ~」と叫ばれる。

あるとき、お風呂に入っていても聞こえてきた。
お風呂に入ってたから、当然、無視。

お風呂から出ても、まだドアを叩いたり蹴ったりしつつ、
何か口汚く叫んでいる。

ご近所にも迷惑なので、インタフォンに出てみる。

「○○さんですよねえ。出てくださいよ~」
「違います。○○ではありません。私は××です」
「はあっっ?じゃ、なんでさっき出ねぇんだよ」
「お風呂に入ってましたので」

いくつかの会話と、私が無視を続けた結果、お兄さんは帰った。

翌朝。
その日は、当時1歳の息子が、やっと認可保育園に入れて、
(それまでは無認可の保育園だった)初登園の日だった。

それなりにはりきって(当時の私は、職訓に通っていた)
出かけようとしたとき。・・・あれ?鍵が入らない。

ドアの鍵穴に、爪楊枝のようなものが詰め込んであった。
どう頑張っても、取り出すことができない。

つまり、鍵がかけられない。

屋外にある水道の元栓を締められたこともあった。

言っておくけど、私は借りてないんだよ。
借りた人は、もう住んでいない家なんだよ。

それでもこういうセコイいやがらせを何度も受けた。
今回業務停止命令が出たとことは違うけど、ほぼ同じくらいに
みんなが知っている、明るいイメージのテレビCMをしてる、
そういうところの取立てのお話。11年ほど、昔だけどね。

憲法判例百選

同じ判例が、2箇所に分かれて出ていることがあるでしょ。
徳島市公安条例事件とか、都教組事件などなど。

そういうの、私は続けて読んじゃうんだけど、前後関係が
よくわからない場合があるんだよね。
一部分ずつしか載せられていないから。

で、「全文」をダウンロードしてみた(都教組のやつ)。
おおっ。こういうつながりだったのか。すっきり♪

I塾長も、いくつかは全文を読んでみると勉強になります、
って言っていたけど、確かに。彼の言うところの
「有効な無駄」ってやつか、これが。

もっとも、もう「無駄」をしてる時間もないけどね・・・。

学校給食法

そんな法律があるんだねえ。
息子の学校の「給食だより」に書いてあった。

学校給食法第2条に、学校給食の目標が書いてあって、
その中の一つが
「学校生活を豊かにし、明るい社交性を養うこと」だって。

そうなのか~。時代は変わったねえ。
私が小学生のときは、(先生によっても対応は違ったけど)
給食のときも机を向かい合わせにしたりせず、
授業中と同じように、全員黒板のほうを向いて、黙々と食べた。
食事中におしゃべりをしてはいけない、と教わった気が・・・。

おまけに全部食べるまで(好き嫌い禁止!)昼休みになっても
遊びに出てはいけない、ということになっていて、
嫌いなものをこっそり机に隠す、みたいなことも横行してたな。
(ふ、不衛生・・・・)

私は好き嫌いが多かったので、給食の時間が学校生活で
いちばんの苦痛だったよ。

ちょっとくらいは、焦りましょう!

自分。

短答オープン最終回、13、11、17の41点。
10回受けた中で最も悪い点数で終わりました~。

・・・ふざけている場合ではないですな。


終わってみると、刑法がいちばん得点源になってたみたい。
(いちばん知識いらない科目だもんね・・・泣)

これからの1ヶ月と少しの間、
民法:憲法:刑法=5:3:2くらいの感じでやるつもり。

大丈夫。

私は合格するから。ぎりぎりでも、合格するっ!


気合入れ直しということで、テンプレを替えてみました。
私は7月生まれ。ひまわりが大好きです。

勉強

今日は息子の勉強につきあった。
算数の「割合」のところが定着してないらしかったので。

割合のとこは、算数でつまづくポイントの一つだよね。
けどさ、学校の授業だけだったら(普通の公立の)
つまづいて当然だなあ、と思う。特に今の「ゆとり」態勢じゃ。

一応の理解をしても、それを演習で身につける間がない。
反復練習の時間というのが、学校ではほとんど取れてない。
宿題も、ほとんどないし。

これじゃ、定着するはずないよ。
私が小学生の頃は、もう少し、学校でも計算ドリルとかを
やる時間をとっていたような気がするけどな。

択一の問題だって、繰り返し解くことで定着するんだもんね。
食卓のテーブルに向かい合って、
息子は算数の問題、私は刑法の問題を解く。

端から見たら滑稽な光景かも・・・などと思いつつ、
ちょっと幸せな気持ちになった今日でした。
(私の勉強効率の観点からは、かなり疑問だけどね・・・・)

懺悔

中学1年生のとき。
美術の時間に、校庭で写生する、という機会があった。

ある女の子(たぶん、絵は上手だったと思う)が、
描いている途中の絵をそのままにして席を外していた。

私を含む女子数名が、そこを通りかかり、
別に何の悪意もなく、彼女が描いた絵を見た。

誰が始めたのか最早覚えていないけど、その女子たちで
彼女の絵に、落書きしてしまった。

初めは、ちょっと端っこに水をかけちゃう、くらいだったのが
エスカレートして、結局、彼女の絵をめちゃくちゃにしてしまった。

私を含む女子数名は、間違いなく、面白がっていた。

しばらくして戻ってきた彼女は、その絵を見て、
何も言わずに泣いた。ずいぶん長い時間、泣いていたと思う。

私もひどいことをしたものだ。

彼女は今でも、覚えているだろうか。
私は今でも覚えていて、今でも申し訳なかったと思っている。


苦手撲滅中

昨日と今日は、オープンで間違えた問題をやり直してるの。
憲法と刑法は、明らかに、間違える分野が決まっている。
(ケアレスミスみたいなものは別として)

・・・・・・ここまで書いて、はっと気がついた。
なんか、去年も同じようなことを書いた記憶がある(T_T)

きっとリストアップした苦手分野も同じなんだろうな。
この先は書いても無駄かぁ。

今年こそ撲滅だ!


食器洗い乾燥機

わーい!
買っちゃったんだもんね~。憧れの食器洗い乾燥機っ。

去年の択一前くらいから近所のコジ○で実物を見たり、
カタログ集めたり、ネットで色々見たりしてたんだ。

今年は買っちゃった。去年より安くなった気がするし。

コジ○で6万円弱だったものが、ネットのお店で買ったら
4万円以下で買えた。しかも昨日の昼に注文して、
今日の午前中には届いた!!恐るべし、ネットショッピング。

私が買ったのは、工事いらずで自分で設置できるタイプ。
(これが第一条件でもあったの。すぐ使いたいし)
うーん。けっこういいかも。音も思ったより静か。
(三菱の「清潔じまん」とかいうやつだよ。EW-DE1ってやつ)

キッチンが狭いので、調理スペースは狭くなっちゃったけど、
これで家事時間が少しは短縮されるわ~。嬉しい^^

短答オープン⑫

憲法16、民法17、刑法16の49点。

結果的に点は取れていたけど、今日はすごくしんどかった。
解いているときの感触としては、今期最悪。

憲法から解き、なんか難しいなあ・・・と。
きっと刑法はラクなんだろう、と思いきや、これまた
ペースがつかめない解きにくさ。

・・・・こ、これはまずい。
久しぶりに「1問10分」をやっちゃったし。
まずいなあ、ま、答練だからいいけどさあ、と思いつつも
動悸が。(更年期か?)

こういうときは気分を変える!
ということで、刑法を6問くらい解いたところで民法へ。

おっ。民法はラクな感じだ(1問捨てたけど)。

結局、民法1問と刑法4問を残した。ダメっ!!

何がダメって、第一に「1問10分」はダメ。
今日はそれで正解したから救われるけど、そんなとこで
はまってるくらいなら、他に回したほうがよい。

他にも反省点が多数。
ちゃんと勉強しなくちゃ、ダメっっ!!

食べ盛り

先日書いたように、息子が春休みなのと、
突発的事情の介入により、勉強は限りなくゼロに近い。

短答オープンも今日は受けられず、明日も無理なので、
月曜日に。はぁ~っっ。でも!ストレスにしない。
(と言い聞かせている時点で・・・)

学校がお休みだと、お昼ご飯も作る必要があるんだよね。
ふだん、私一人だったら、適当にパンとかその辺にあるのを
かじってればいいのにさ。

さっき朝食の片づけをした、くらいのタイミングで、息子が
「お母さん♪そろそろ昼ごはんの時間だね」とか言ってくる。
(私が勉強しているので、言い方に気を使っているらしい)

ちっ。やっと集中してきたのに・・・・と一瞬?思うけど、
ひとまず置いといて、キッチンに立つ。

けど、最近は私よりもたくさん食べるようになって、嬉しい。
息子は赤ちゃんの頃から幼児期にかけて、極端に少食で、
私はけっこう悩んだからね・・・。母の悩みは色々なのです。


どうぞよろしく

茨城県牛久市の弁護士小室光子です。
(茨城県弁護士会所属)

弁護士法人こむろ法律事務所
〒300-1234
茨城県牛久市中央5-13-19
電話:029-875-8462
FAX:029-875-8463

ご連絡は下記「お問い合わせ」からも受け付けております。

交通事故等の一般民事事件はもちろん,家事事件,外国人の方からのご相談,刑事事件にも力を入れています。

相談料は,1回5,400円です(消費税込。1回30分が目安となりますが,30分を過ぎても追加料金は頂きません)。
資力に不安のある方には,民事法律扶助(一定の資力要件を満たせば,相談料が無料になる等の援助制度です。)をご案内していますのでお申し出ください。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
カテゴリー
これまでの記録
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
カレンダー
03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -