茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
添削つきコースで受けたんだけどさ、
添削された答案が戻ってくるの、本試験の数日前なんだね。

去年はもう少し余裕があったような気がするけど・・・
そんなことないかな。

けど数日前にヘンな点数とか、厳しいコメントが
返ってきたら、それなりにつらいものがあるな。

けど、21点とかだったら、添削者だって
「せいぜいがんばってね」って書きたくなるだろうね。

模試のことはどうでもいいけどさ。

あと2週間、がんばろう!

【2006/06/30 16:14】 | お勉強
トラックバック(0) |


ronron
模試お疲れ様でした。
6通X2を書き切っただけでもいい訓練になったんじゃないですか。
私は今年模試を受けませんが、あと2週間お互い悔いの残らないようにがんばりましょう。ファイトぉ!


mico
ronronさん、ありがとうございます。
模試で、疲れ具合を思い出しました^^;
17日の夕方には、充実感を伴った疲れであるように、頑張りましょうね!
あ、お互い体調にも気をつけましょう。トシ相応にね・・・^^

コメントを閉じる▲
今日の模試。辰巳の大学教授出題編。

難しかったなあ・・・。
難しくないのもあったけど、
「これだけのはずはない」と深読みした結果、
外した感が・・・・。あ~あ。

まあ、あくまで目標は、7月16、17日。
とりあえず明日も頑張ってくるよ。

【2006/06/28 20:24】 | お勉強
トラックバック(0) |
明日から2日間、辰巳の模試。

どの資料を見返しても、どこを見ても
「うわ~ここヤバイかも!」
という気持ちなる・・・・。

まあ、本試験の前日も、同じような気持ちに
なるだろうし、これも練習のうちだよね。

【2006/06/27 21:32】 | お勉強
トラックバック(0) |
今日、受けてきたよ。

感想。マークでかっっ!
鉛筆で塗りつぶす、いわゆるマークシートのマークね。
あれの面積が広かった・・・。

私がこれまでの人生で見たマークとしては最大。
塗りつぶすだけで、けっこうな時間がかかるよ、これ。
(私の場合、はみ出さずに塗りたいとか思うので特に)


あとは、第1部は30分近く時間が余って困った。
この前の日弁連で時間が足りなかったので、最初から
気合入れすぎたんだよな・・・・。
第2部は、時間ちょうどくらいだった。

ともあれ、無事に終わった。

毎日、論文過去問の答案構成(と答案書き、百選読み)を
地道に、地味に、コツコツと!こなしているので・・・・
と言えば聞こえはいいけれど、実際は飽きてきたり
だらけたりしているので、今日の適性はいい気分転換になった。

明日からはまた、コツコツ、コツコツ、頑張るぞ。


【2006/06/25 22:34】 | お勉強
トラックバック(0) |


たかし
お疲れさまでした。
micoさん。出来も良さそうなので、大丈夫そうですね。

 今日の適性試験は事情があり受けに行けませんでした。


 今日の試験が論文試験までの良い気分転換になったら良いですね。

 頑張ってください。






mico
たかしさん、ありがとうございます。
適性の出来については自分でもよくわからないですが、
終わってよかった、という感じです。
論文試験に向けて、頑張ります!


hide
micoさんこんばんは^^

伊藤真の『夢をかなえる勉強法』を読んだのですが、受検時代にマークシート塗りつぶす練習もしたそうです。で、慣れてたら、最初より3分塗りつぶす時間を短縮できたそうです。この3分で1問解けるようになったそうで・・1問の出来不出来で
合否が分かれる試験では大きいことだと書いてありました。
そんなこと、私も考えたことがなかったので、目から鱗でした^^;
論文頑張ってください。^^


mico
hideさん、ありがとうございます。
伊藤真先生のそのお話、私も講義で聞きました。
ばかばかしいと思わないでやってみること、と言っていたような気がします。
できうる限りの手を尽くすということが、受験には大切なんですよね。
勉強以外の面でも。
頑張ります!

りぃちゃんは、ネ
BlogPetのりぃちゃん
りぃちゃんは、ネットで


あとやいいけれど
鉛筆とかを転換しなかったの?




コメントを閉じる▲
今日は息子の学校で、文化祭みたいな行事だった。
クラスごとに、色々な出し物を企画して、
保護者や、地域の人たちに公開するという日。

息子のクラスは、教室を小劇場に見立てて、
全員が何かしらに出る、という企画だった。
歌だったり、短い劇だったり。

で、息子がやったのは「お笑い」・・・・。
友達とコンビを組んで、ネタも自分たちで考えて。
(もともとそのお友達とは仲がよくて、
遊びでコントとかをやっていたらしい)

リハーサルの前までは「すべったらどうしよう」と
そりゃあ毎日不安そうだった。夢にまで見たらしい。
誰も笑ってくれない夢。(つらいな、その夢・・・)

クラスでリハーサルをしたとき、思いのほか、みんな
笑ってくれたらしい。それですっかり気を良くし、
「もうこれで卒業まで不安なこととかないなあ!」
とか言ってた・・・。

そして本番の今日。

いやいや。面白かったよ。
確かに息子は、家でもかなり面白いんだけどね。
外?でもこうやって、笑わせることができるのか、と
ちょっと感心した。

私も小学生の頃は、友達を笑わせるのが好きだったんだけど、
改まって「出し物」的に笑わせるみたいなことは、
恥ずかしくてできなかったような気がするので・・・。

【2006/06/24 21:40】 | 息子
トラックバック(0) |


お水さん
俺も人を笑わせる快感は学校の劇で覚えたと思う。今でも好きだしよくやるよ!しかしそのころ「すべったら・・」とかまでは考えなかったね。アホやったからそこまで考えなかったかもね。


ぽんすけ
お久しぶりですm(__)m
無事に択一突破されたみたいですね☆
今年こそ最終合格!!!


mico
「お水さん」さんも笑わせ系?ですか!何か嬉しいなあ・・・。
「すべったらどうしよう」というのは、単に小心者なだけだと思われます^^


ぽんすけさん、お久しぶりです!コメントありがとうございます。
ぽんすけさんも激動の1年弱だったのですよね。
でも前向きの「激動」ですから、気合入れて頑張ってくださいね!

コメントを閉じる▲
私は直前答練を受けていないので、
毎日1~2通、過去問(平成11年以降)を書いている。
(直前答練を受けながら過去問も書いている方も
いらっしゃるでしょうが・・・)

どれをやったかわかるように、一覧表にチェックしながら。
・・・なんか空欄多いなあ。全部書けるのかな。

はっ!そ、そうか。元々択一後から論文まで60日、
平成11年以降の過去問は2×6×7=84通・・・・。

択一後からさぼらず毎日1通書いたとしても、
間に合わないのだった。気づくの遅すぎ(泣)。

【2006/06/23 11:21】 | お勉強
トラックバック(0) |


ためのみ
答案構成だけでいい問題もあると思うよ。
去年だってAB来てる科目もあるんだから、全部を書かなきゃいけないっていうことも無いと思う。
苦手な問題により多くの時間を使うという対策の方がいいと思う。


mico
ためのみさん、お忙しい中、ありがとうございます。
ランダムに書いているので、ついついチラ見して書けなそうな問題を後回しにしてる自分・・・。
今後はそっちを優先することにします。

コメントを閉じる▲
あります。30代後半の私には・・・。

ある日、いつものように息子とお買い物中のこと。
私は低い棚にある物を見るためにしゃがんでいた。

息子がふと
「髪の毛にゴミついてるよ。取ってあげる」

取ろうとして近づいた息子。
「あ!!・・・・」

私「何?どうしたの?取ってよ」

息子「違かった。なんでもなかったよ」


そうか。近づいてみたら白髪だったんだね(T_T)

それを「あ!白髪だよ、お母さん!」とか言わない君は
本当に優しい心遣いのできる少年だよ。ありがとね。

【2006/06/21 21:47】 | 息子
トラックバック(0) |


こんにちは
本当に優しいお子さんですね。
お母さんを見て育ったからでしょうね。

僕が同じくらいの年の頃は、
もっとデリカシーの無い憎たらしい子供だったと思います。
もっとそういう優しさがあればなぁ



もじもじ
なんて優しい息子さんなんでしょう!!
micoさん親子はお互いを尊重(というと大袈裟ですが)していますよね。家族に対して優しい人って、本当に優しい人だと思います。きっと素敵な大人になっていくでしょうね。うちの息子の家庭教師しませんか?(笑)


お水さん
う~ん、やっぱり「母親には悪いなぁ」っと思ったことは言えないよな。息子君。


ronron
思い起こせば、子供の頃今の自分と同じくらいの年齢の母親の白髪を一本10円で抜いてお小遣いを稼いでいた記憶が・・・
お互い白髪も気になる年齢ですよね。私は内緒の話お鼻の中に発見した時は驚愕の域を超えて絶望しそうになりました(><)


ebony
micoさんはじめまして。
女性に気配りのできる優しい息子さんですね。将来が楽しみです☆

自分も白髪が気になる年齢です。
勉強は髪によくないのかなとか考えたり。
睡眠不足がよくないという噂なので気をつけてはいるのですが。。。

清原選手より少し若い世代なのですが、彼のひげが白いのを見る度に自分も年をとってるんだなぁと感じてしまいます。

お互い黒髪を保てるようがんばりましょう!



しずく
こんにちは。
また息子さんに泣かされてしまいました(T-T)
うちの娘だったら、速攻抜くでしょうね。
うちの家系はどちらかというと薄毛系なので、これから少しずつ薄くなるのかと思うと・・・これまた涙です。


mico
「こんにちは」さん、ありがとうございます。
いやいや、私はよく母に「お前は冷たい」と言われていましたので、
息子が優しいのは私が反面教師でもあるのかも・・・。


もじもじさん、ありがとうございます。
息子は学校や近所でも評判?の優しい明るい子どもです。
このまままっすぐな大人になってくれるといいですが。
家庭教師代は高いですよ^^


「お水さん」さん、もしかしたら本心は「言ったらぶっとばされるしな・・・」だったかも(苦笑)。


ronronさん、1本10円って効率いいバイトかも!!
最近、髪を洗う前についつい白髪を探してしまう自分がいます・・・。
それにしてもお鼻に・・・・確かに卒倒しちゃうかも。


ebonyさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
勉強(というより試験)はストレスになるものですから、
そういう意味では髪にも悪そうですね・・・。
何年か前の択一直前期、いきなり白髪が増えたことがあります。
(択一が終わったら大丈夫でしたが・・・)


しずくさん、ありがとうございます。
薄毛系も気が重いですね・・・。
家は、父は白髪系、母はなんと白髪にも薄毛にもならないという羨ましい体質。
どうも髪質は父に似たようです。








コメントを閉じる▲
今日、いわゆる「山口母子殺人事件」の
最高裁の判断が出たね。

どんな理由があるにせよ、
他者の人権を奪った人は、その同じ限度で、
自分の人権も放棄したものとみなすべき。

私は基本的に、そう考えている。

ただ刑罰を科すのは、その人権を奪われた当人ではなく、
ある意味「無関係な」「人間」であるというのが、
最大の問題なんだよね・・・。

誰も、他者の人権を奪う権利はないのだから。

【2006/06/20 21:52】 | 雑談
トラックバック(0) |


hide
私も同感です。
事件の当事者になれば、『目には目を歯には歯を』じゃないけれど、自分の家族の命が奪われたら?おそらく、犯人を殺してやりたいって気持ちになるのが普通だと思う。
あだ討ちのようなものがない現代では、やはり裁判を通して刑罰を下すしかないのだろうけど。。
今の刑法が被告人の人権を守ることに重きを置いてるから、往々にして
下された判決が被害者感情からズレた判決になってしまってるような気がします。
やはり、事件の片方の当事者である被害者の気持ちももう少し!組み入れて欲しいものだと感じますね^^;



もじもじ
私はこの事案を読むたびにいつも涙が出てきてしまいます。あんな幼子まで床にたたきつけて...。
この被告は死刑になってもあまりこたえなさそうですよね。
個人的には先に他人の人権を奪った人間(加害者)の人権より、奪われた人(被害者)の人権の方を重んじたいですね。同等じゃない気がするんですよね。特にこういう残酷な手口の犯行については。なので「何度死刑にしても足りない!生き地獄を味あわせてやりたい!」と感情的になってしまうのですが、これでは法曹を目指す人間としては失格なのかもしれませんね。
うーん、合格は遠いなぁ。。




SASA
犯人は2人の命だけでなく、夫の人生を破壊してますもんね。
あんな事件があったら、過去にとらわれて生活せざるを得ない・・・


ただ、なまじ学問としての法律をかじっている自分は、変なとこに意識がいっちゃいます。

裁判官は法律にのみ拘束されるんですよね。だとしたら、個々の事件においてプレッシャーかけられて被害者感情・国民感情が過大に考慮されると、多数派に流された判決になってしまいそう・・少数派の最後の砦なのに!

被害者の遺族はともかく、報道機関等は、司法に対してプレッシャーをかけるのでなく、政治部門に対して訴えてほしいなぁ。 裁判官がもう少し重罰を科しやすくなる法律の制定とか。具体的にどうすればいいのかは分かんないけど(^_^;)


あ~。学者的発想してるし・・・合格が遠ざかる?!笑


mico
hideさん、そうですよね。本村さんがかつて1審判決後に、
「いますぐ僕の手の届くところに放り出して欲しい。いますぐ自分の手で殺す」
と記者会見で言っていましたが、まさに偽らざる、普通の気持ちだと思います。
被害者の方が法廷でもう少し「当事者」として話せるようになるといいのですが。


もじもじさん、たぶん、現職の法曹も、事件を前に感情的になることがあると思いますよ。
感情的になりながらも、冷静な判断をしなければならない、のかもしれませんね。
それにしても、感情的に思うのは、(この事件に限らないですが)人を殺しておいて自分は死刑はいやだなんて、ずうずうしいにもほどがある・・・。


SASAさん、今回の判決文、私は遺族への配慮というより、マスコミ報道に気を使っているような印象を受けました。
被害者遺族の方があれだけ先頭に立って頑張っているのを目の当たりにしたら、誰でも「頑張れ!!」って
肩入れしたくなりますよね。
その結果、マスコミが過熱して、それで判決に影響があるとしたら(ないというのが建前でしょうが)、
色んな意味で問題だと思います。
被害者や遺族の中には、声を上げられない人もたくさんいますしね・・・。





コメントを閉じる▲
届いたよ~。

去年の教訓?を活かし、裏側からぺりっとはがす。
そうすると、「注意事項」ではなくて、
択一の成績と、合格通知兼受験票が出てくる!

最初に「注意事項」見るより、ちょっと嬉しいでしょ?
それだけのことなんだけどさ・・・・。

今年の論文を受けるみんな、
択一で涙を飲んだ同志のためにも、
頑張って、きっちり結果を出そうね!!

【2006/06/19 21:47】 | 司法試験
トラックバック(0) |

お久しぶりです^^
hide
いよいよ論文の受験票来たんですね^^頑張ってください!!


mico
hideさん、ありがとうございます。
受験票を見ると、いよいよだな~と、気が引き締まります。
頑張ります!


さすらい人
多忙ゆえ、あまり援助できませんが、頑張ってください!!


mico
さすらい人さん、お忙しい中いつもありがとうございます。
後悔のないように、精一杯がんばります!

コメントを閉じる▲
なんていうか、鬼門とでもいうのかな。
殺界とか天中殺とか、占いではそういうような
言い方があると思うんだけど(よく知らないけど)、
私にとって6月は、そういう時期なの。

そういうの、ない?
何か、気持ちが沈みがちになることが多かったり、
いつもと同じなのに、マイナス思考がちになったり、
何となくうまくいかないような気持ちになる時期。

これは経験的に感じていることなんだけど、
物心ついたときから、なんとなく6月は、
思い通りに事が運ばないことが多いんだ。

最初に気がついたのは、高校1年くらいの頃だと
思うけど。

ま、でもそういうことを意識して、何でも
「やっぱ6月だからなあ・・・・」とか思うのは
よくないよね。

6月にだって、いい思い出だってあるわけだし、
楽しい事だって日常的にあるんだから。

【2006/06/18 20:24】 | 雑談
トラックバック(0) |
ここ3日ほど、息子が帰ってこない。
・・・って、もちろん家出などではなく、
「合宿通学」のため。

近所の町内会館に寝泊りして、学校に通う、
という3年前から始まったイベントでね。
4年生以上の男女、各10名づつ参加。
(当然のことながら、男女別の宿泊だけど)

年を追うごとに人気が出て、今年は2倍くらいの
倍率だったんだけど、息子はくじ運が強いので。

息子がいないと、家って広い・・・。寂しい。

家はいわゆるファミリータイプのマンションだし、
そもそも一人で暮らすとしたら、広すぎる・・・。

お隣なんかは夫婦と子ども3人とで住んでるからね。
窓を開け放すこの季節、お隣の談笑を漏れ聞くのも
それなりに寂しいものがあるぞ。

今騒がれている事件の「嫉妬のような気持ち」というのは
こういう感じなんじゃないかな、と想像するよ。
もちろん彼女に、同情するつもりは毛頭ないけどね。

【2006/06/16 22:05】 | 雑談
トラックバック(0) |


もじもじ
micoさん、こんばんは。
息子さん、また一回り大きくなって帰ってくるでしょうね。
合宿ではなく、日常生活で親元から離れるというのは、なかなか興味深い試みの自治体(かな?)ですね。
広いおうちもお隣さんから見れば羨ましいことなのかも。人って他人の芝生は青く見えますからね。
息子さんの帰り、楽しみですね!



mico
もじもじさん、ありがとうございます。
さきほど息子を迎えに行ってきました。
ボランティアでいっしょに寝泊りしてくれた大学生とともに、昨夜は徹夜で遊んだそうで、くたくたでした・・・。
そうそう、同じような広さに二人暮しなので、その点はお隣のママに羨ましがられます^^


黒ひょう
この文章を読んだら、兄貴が修学旅行で家にいない時のなんともいえない淋しい気持ちを思い出しました。
ファミコンもテレビのチャンネルも独り占めできるんですが、なぜかどれもつまらなく感じられてしまって…。
帰ってきたときはすごく嬉しかったのを覚えています(すぐにケンカしましたけど(^^;)。

やっぱり家族っていいですよね。


mico
黒ひょうさん、ありがとうございます。
息子の友人で、兄弟がいるお宅ではみんなそういう感じだったようです。
(お母さんたちは、一人いないだけでものすごく静かだったと言っていました・・・)
ほんと、家族ってありがたいものだと思います。

コメントを閉じる▲
甲は、妻乙の所有する未登記の建物を、
丙女との妾(めかけ)関係を維持するために、
自分の所有だと称して、乙に無断で丙に贈与し、
そこに丙を住まわせた。

・・・・昭和48年の民法の問題の一部。

ふざけんな!甲!
自分の妻所有の建物を、愛人との関係を維持するために
勝手に愛人にあげちゃうって、どういうことよ。

さらにひどいことに、この問題、妻乙はその後
精神病になるんだよ・・・・。

かわいそうな乙さん・・・。

ま、乙さん、ものすごい悪妻だったのかもしれないし、
即、感情的に肩入れしてはいけませんね。

それにしても「めかけ」なんて、最早、死語?



【2006/06/15 22:34】 | お勉強
トラックバック(0) |


お水さん
「甲代理人micoさん、他に主張したいことは何かありますか?」
ってなるかもしれないのがこの世の中の面白いところ・・・
「めかけ」と言う言葉、実際、直接または間接的にその種の女性の方と接すると「めかけ」と言う言葉はたとへそうならざるをえなかった理由がいろいろあろうとも差別的に聞こえてしまいますなぁ(現実差別用語でしょう)
抽象的事実の奥には深い川が流れているもんです



mico
甲の代理人だったら・・・・やっぱり乙の不貞とか家事放棄とかその辺の事情を探すことになるのでしょうね。
そうですよね。「めかけ」は「愛人」に言い換えられましたよね。
その種?の女性は私の身近にもいます。結果的に「本妻」になった人も。
(いずれも私にとっては、大切な友人)
人生いろいろ、ですね^^;


コメントを閉じる▲
この頃(というか前から薄々・・・)思うんだけど、
知識があっても、使いこなせていないんだよな、私。

例えば、手形行為独立の原則、とかいって、
定義は言えるし、趣旨も使う場面も知っている。

けど、具体的な事例の中で、使えていない。
(使い方を間違えている)

ずっと自分は知識がないからダメ、と思っていたけど
実はそうでもないような気がする。

少なくとも、択一は受かっているわけだし、
下三法だって、過去に何度もインプットしているはず。

それなのに「知識がない」とか言ってる場合じゃない。
知識はある(ことにしよう)。
それを使えないことが問題なんだ(と思う)。

最近はそこを意識して、事案分析に力を入れてるところ。
事案を見て、自分の頭で考える。思い出そうとしない。
今の私には、そういう練習が大事。きっと。


【2006/06/13 13:46】 | お勉強
トラックバック(0) |
結局、去年の問題をざっと見た他は無対策のまま、
今日、受けてきたよ。

感想。時間が足りない。

まあ、あれで時間たっぷりだったら、かなりの数の
受験生が9割とかできると思うので、仕方ないのかな。

それにしても40分×4はめんどくさいよ。
試験時間は合計で2時間40分なのに、
集合時間ぎりぎりに行ったとしても、4時間40分も
拘束されるんだからね。待ち時間で疲れちゃう。

40分といえば。
択一だったら、やっと集中できてペースをつかむ頃、
もしくは「あと40分!」って焦り始める時間・・・。

それを一単位で区切られると、集中する暇もなく
終わっちゃってる感じ、私の場合。

要するにこの適性試験は、瞬発力とスピードが
求められているらしい、ということがわかった。

それから、第4部の作文(意見書)は、何なんだろう?
点数に換算するのか、コピーするって書いてあったから、
あのまま法科大学院に出すのか・・・?


私が受けた会場では、英検と、漢検もやっていた。
開始時間も近かったらしく、漢検を受ける親子連れの姿も。

そういえば息子の漢検に付き添ったこともあったな・・・。


【2006/06/11 20:33】 | お勉強
トラックバック(0) |


のん
お疲れ様でした~。
ブログ初のコメントです。この名前分かるかなぁ?
いやあ、頭が回ってきたら終わりって感じでしたね。
論文とかけもち大変ですががんばってくださいね。
私も2週間後の失敗は許されないのでがんばります。


たかし
お疲れ様です。
micoさんは、適性試験については、時間が足りなかったと言われながら、良く出来ていそうなニュアンスですね。

 私も、体験だけでもと今日受けてきました。これも、何か悲惨な結果のようです。
 どうしても法科大学院へは行けないので、ただ、体験なだけですが・・・

 micoさん。論文に合格出来ると良いですね。


お疲れ様でした~。
もじもじ
micoさん、お疲れ様でした。
適性試験はそうとう手ごわそうですね。論文試験のウォーミングアップにはなりませんでしたか?
しかし、英検や漢検も一緒に試験しているなんて、すごいですね。
今日うちの近くの大学では簿記の試験をしていたみたい。各予備校がパンフをいろいろ配っていました。どんな資格でも受かるにはそれ相応の努力は必要ですよね。
論文、頑張ってくださいね。

お疲れ様でした。
黒ひょう
micoさん、適性試験お疲れ様でした。
僕も去年受けたので、あのスケジュールのめんどくささ、よく分かります(^^;

4部の表現力ですが、去年は自分の答案がコピーされた紙の入った封筒が何通か送られてきて
「4部の解答を要求する法科大学院についてはこれを出してください」
みたいなことが書かれていたのを覚えています。
でも結局使わなかったですけど。
だから本当は4部受けずに帰りたかったんですよね。
全部受けないと採点しないというのでイヤイヤ受けましたけど。
日弁連にはなんとかしてほしいものですね。


mico
のんさん、勇気を出してのコメント(笑)、ありがとうございます。
(もちろんわかりますよ~)
DNCのほうは90分×2なので、少しはじっくり取り組めますかね?
体調に気をつけて頑張ってくださいね!


たかしさん、ありがとうございます。
私もたぶん、悲惨な結果だと思われますよ・・・。
逃げ道を断たれるかのような。(もともと逃げ道になっていないという話もありますが)
論文に合格できるように、頑張ります。


もじもじさん、ありがとうございます。
論文のウォーミングアップには、全くなりませんでした~。
昨日は雨で、みんな傘もさしていたので、正門付近は大混雑になっていました。
漢検を受けると思われる小学生に、Lの人がパンフレットを渡していたのには笑いました。
(その子のお母さんも笑っていました・・・)


黒ひょうさん、ありがとうございます。
なるほど、4部の答案はそういうふうに使うのですね。
4部まで受けないと採点しない、としきりに強調しているのは
そういうわけだったのか・・・。
確かに、その提出を義務付けているという話は聞いたことがないですし、
だったら4部は受けたくない、と思うのが普通ですよね・・・。





英でペースとかを
BlogPetのりぃちゃん
英でペースとかを試験したいはずだったの。




コメントを閉じる▲
あまり興味もないけど。

世界各国の人たちが、一つの場所で
楽しそうにしているのはいいよね。平和な感じで。

私たちのお祭りは7月16、17日。
論文試験の2日間。
楽しみだわ~。(と強がってみる)

【2006/06/10 19:14】 | 雑談
トラックバック(0) |


ronron
私は自他共に認めるミーハーで完全ににわかサポーターですよぉ!
時間的にも見れない時間じゃないんでたぶん見ると思いますぅ。
前回の日韓大会のとき、択一落ちちゃったんでPV行って、うさを晴らし!?サポーターグッズ買いに行ったら知り合いの一発最終合格者(修習中)をみかけて・・・逃げるように隠れたのを思い出しました(笑)
早いものですねぇ。。。あれから4年。彼はもうとっくにイッチョマエの弁護士で、私はまだ・・・次の大会の時には絶対ヒマワリバッチつけてましょうね。


mico
ひぇ~!ronronさん、にわかサポーターですかっ!
(そ、そういえば冬のオリンピックのときもにわか・・・だったような・・・)
私はワールドカップよりはダービーのほうが面白いと思うクチです。
(ワールドカップのほうがましか?)
それにしても前回はイヤな立場(当時の己の立場から見て、という意味で)にいる方と出くわしたものですね。
次回は4年後ですからね~。もちろん私たちは、弁護士さっ。

コメントを閉じる▲
択一、合格していました。
応援頂いた方、気にかけて下さった方、
どうもありがとうございました。感謝しています。


ところで今日の私は、法務省のHPで番号を確認、
→辰巳で加藤晋介先生のお話(無料ガイダンス)を聴く、
というつもりだったんだ。

論公の申込と、買いたい本もあるから、5時ちょい過ぎには
家を出たいなあ、と思いつつ、HPに何度もアクセス。

・・・・結局、5時前には、
番号が出ているのを見ることはできなかった。
(2チャンで番号確認した。貼ってくれた人に感謝!)

で、生カトシンのお話!面白かった~。
私、カトシンの話って、けっこう好きなのよ。
(けど、生カトは今日はじめて)

I先生の話を聞いたあとより、正直いって
「合格してやるっ」という気になれた。
I先生の話も、やる気出るんだけど、宣伝トークが入ると
そこで一気に冷めちゃうんだよね。

今日のカトシンのお話には、講座の宣伝ゼロだから。
カトシンは嫌い、という人にはあえて薦めないけど、
私は、聞いてよかったなあ~と思ってる。おすすめ。

あ、その後、辰巳に張り出している紙でも番号を確認し、
さきほどやっと、HPでも確認したよ~。

驚き2つ。
合格者数が文字通り、半減したこと。
合格者の最高年齢が76歳ということ。
私の父より年上だわ・・・。尊敬。




【2006/06/08 22:43】 | 司法試験
トラックバック(0) |


takehiro
おめでとうございます

micoさんは受かっていると思っていましたので^^

共にがんばっていきましょう


ronron
おめでとうございます。
ともに海の日を戦いましょう。
とりあえず、口述最終日に待ち合わせをするという約束が続いたのでホっとしています。
76歳!には私もビックリし、尊敬しました。
それと同時にブログめぐりを中断している間に、なくなってしまったブログもあり、この試験の厳しさを痛感しました。
とにかく頑張りましょう。


time
おめでとうございます!
あと一月頑張ってくださいね!
絶対合格すると信じています。
季節の変わり目なので体調だけにには気をつけてくださいね!
本当におめでとうございます。


mico
takehiroさん、ありがとうございます。
秋にまた、「おめでとう」を言い合えるよう、がんばりましょう。


ronronさん、ともに海の日を同じ気持ちで迎えられること、とても嬉しく思います。
この数週間でいくつかのブログが見つけられなくなり、私も残念に思っていました。
口述最終日♪幻に終わらないように、私もほんとに、頑張ります。


timeさん、ありがとうございます。
お忙しいところをお気にかけていただいて、恐縮&光栄です。
秋にもいい報告ができるように、がんばります。





鉄美
うわ~~よかったですねv-221
おめでとうございます。まだ、先はありますが・・・
なんだか、本当にとっても嬉しくて^^明日tanyに報告します。

そして、76歳のかたのことも話したいです。
希望が持てる話ですものね!!







おめでとう。
ためのみ
でもこれからだからね!
ここからが本当の勝負。
受かった奴は何だかんだ言って必死になってやってくるはず。

この世界,一見スマートな世界に見えるけど,実際は平凡で,味気ない世界だと思います。
そこを勘違いして,地道な積み重ねを怠るのはやっぱりよくない。

何度も強調するけど,必要なことを一つ一つ頭に叩き込んでいく地味な作業を怠らないこと。

頭の中だけで分かったつもりにならず,手を痛めて自分で実際に書いて,よりよいものを書けるようになる努力を惜しまないこと。

あわよくば引っかかろうというようなスケベ心を合格するまで捨て去ること。

すべて実行できれば絶対に合格できます。

おめでとうございます
さすらい人
これからが勝負ですからね!!


mico
鉄美さん、ありがとうございます。
鉄美さんが喜んでくださるお気持ちが、本当に有難く、嬉しいです。
最高齢合格者が76歳というのは、人生、自分で区切らない限り、限界などないのだな、と思い知らされた気がしました。


ためのみさん、ありがとうございます。
法律家の仕事は、すごーく若い方たちにはスマートに見えるのかもしれませんが、私のような者には
最初からむしろ泥臭い世界に見えています。
それをわかった上で、それを一生の仕事にしたいと思って始めた勉強です。
(そういう原点を、忘れかけていましたが)
あと1ヶ月と少し、地道に、努力をします。
お忙しいとは思いますが、見守っていてください。
そして「こいつスケベ心が出てきてるな」とお気づきのときには、忌憚のないアドバイスをお願いします。


さすらい人さん、ありがとうございます。
これからがまさに勝負なのですよね。
やるべきこと(やらなくてはいけないとわかっていること)と、自分の条件との狭間で悩ましいときですが、
悔いの残らないように、毎日を大切に頑張ろうと思います。



おめでとう!!!
hide
択一合格おめでとう!!
最終合格目指して頑張ってください!
あともう一息ですね!!^^


その
おめでとうございます!v-20ぜんぜん心配してませんでした~(笑)
海の日までこの勢いでいっちゃってください♪
最高年齢76歳、私も驚きました。
そうそう、I先生の声を聞くと「佐々木功」(宇宙船艦ヤマト歌ってた人)を想像してしまう私ってヘンでしょうか?

コメントを閉じる▲
Lから配信されるメルマガのタイトル。

「モテリーマンには必須じゃないの!?」
って・・・・・。

うーーん。軽薄な響き・・・。

趣旨は、ストイックにがりがり勉強する時代じゃない、
音楽でも聴くようにさりげなく講義テープを聴き、
資格を取る、そういう時代でしょ?ってことみたい。

ふぅん・・・・そういうもんかねえ。
別に、ストイックに頑張ることを礼賛する気もないけど。

ただ、「モテリーマン」なんて言葉、
見た瞬間、眉間にしわだな、私は。

ま、人それぞれ、いろんな頑張り方があるよね。


【2006/06/07 22:44】 | 雑談
トラックバック(0) |


たかし
今日が択一の発表でしたね。
46点以上が合格。
micoさん。合格おめでとうございます。


mico
たかしさん、ありがとうございます。
今年は発表を見に行かなかったので、
自分で本当に確認するまで時間がかかってしまいました・・・^^;


コメントを閉じる▲
昔はよく自転車でお豆腐を売りに来たじゃない?
昭和30年代~40年代前半くらいかな。

・・・・さすがに私も自分の体験記憶として
言っているわけではないけどさ。

最近、ウチの近所に来るんだよ。
お豆腐売りの自転車。

どう聞いても「と~ふぅ♪」と聞こえるラッパを吹いて。
いやあ、いい響きだねえ。

で、昔ならエプロン姿のお母さんが、サンダルつっかけて
「お豆腐屋さ~ん!木綿1丁ねっ」とか言いながら
勝手口から走り出したりするわけでしょ。
(ちょっとテレビ等のイメージにひきずられすぎか)

今はねえ・・・。ウチのあたりってマンションばかりだし。
「お豆腐屋さ~ん!」って言いながらエレベーターに乗り、
外に出たころにはもう、見えなくなってますな。

【2006/06/06 15:32】 | 雑談
トラックバック(0) |


ドラゴン
今朝、生まれ育った町の夢を見ました。
ボールをもって豆腐屋にいったおつかいの帰り、ころんで豆腐をダメにしてしまったことを思い出しました。

都内でも風情があっていいですね。
わたしも東京の下町に住んでいました。


mico
ドラゴンさん、それは素敵な?思い出ですね~。
今でも豆腐屋は持参のボールに豆腐を入れてくれるのかな・・・。
下町はいいですよね。
マンションばかりになっても、まだ人情味みたいなものは残っているような気がします。
私はやっぱり、下町が好きです。

コメントを閉じる▲
受験票が届いた。
試験、今度の日曜日か。うぅ・・・忘れてた。

やっぱり、願書出したんだし、一応受けるか。
会場も択一を受けたところといっしょだし。

ネットで去年の問題は出ているみたいだから、
それくらいはやっておこうか・・・。

でもでも、やっぱり、
とにかく今は論文合格を目指す!しかないな。


【2006/06/04 22:07】 | お勉強
トラックバック(0) |


さとー
やる気が出ませんよね…
問題を見ることもなく来週を迎えることになりそう。
どうなることやら。。。
とにかく論文で受かるしかありませんね!!


mico
さとーさん、そうですよねぇ・・・。
経験者の話によると、中学受験等で鍛えられているか、
よほどセンスがいい人以外は訓練しないと点が取れないみたいですし・・・。
やっぱり今年の旧試験に合格するのがいちばんですよね!

コメントを閉じる▲
ゼミでお世話になった昨年の合格者の方が、
最後のほうのゼミでアドバイスくださったこと。

問題演習を多くこなして
①本番で大崩れしないこと
②どんなマイナーな分野でも一応答えられるという
 準備をしておくこと
(そうすれば今年合格できる、と言っていただいた)

で、数をこなそうと思っているのだけど
こなし方に迷っている。

各科目、メインで使っている答案ファイル(過去問中心)を
繰り返すべきか、このファイルは1回にして、
他の手元にある問題を見ていくべきか。

過去に何度も答練を受けているから、手元にある問題だけでも
かなりの数になるんだよね~。

自分の感覚としては、メインのファイルを繰り返すほうが
いいのかなあ、と思っているのだけれど。


ご意見、アドバイスなどいただけたら嬉しいです。


【2006/06/02 21:35】 | お勉強
トラックバック(0) |


さすらい人
①②ができれば受かります



mico
さすらい人さん、そうですよね。
これができれば誰でも合格するわけで・・・。
何とかそのレベルに行けるように、がんばります。


ドラゴン
60期修習中の友人が「現行は過去問だけでいい」とさいきん電話で言ってました。
59期の友人も合格直前におんなじこと言ってました。
合格者の意見がクロスしてるんで、わたしもそれにかけてみたいと思います。Wスタ100とかの新作ていどは見てはいるんですが、こんなん出るんかい?というのもありますよね。


いっき
ドラゴンさんのところに出没していたいっきです。
私は、昨年会社を移ったこともあり新しい知識を仕入れる余裕がありませんでした。
しかし、論文試験で聞かれることは、基本的論点です。新しい判例を知っていることに越した事はありません。でも、判例は知らなくても、結論は判例と違っていても、法的思考がきちんとできているかどうかを見るのが論文試験だと思います。
自信のあるところは、徹底的に攻める、自信がなければ、さりげなく書く、はねる答案がなければ受からないし、ど壺にはまった答案がひとつでもあれば落ちるということではないでしょうか。
私は、昨年は時間的余裕がなかったので、それまでためていた参考答案を論点別にならべ、言い回しを自分なりにアレンジして覚えるようにしていました。
ご参考になれば幸いです。頑張ってください。


mico
ドラゴンさん、ありがとうございます。
何となく、合格した年の直前は結局過去問しかやっていなかった、
という話が複数記憶に残っています。
もっとも、私は過去問で最後の仕上げ、というレベルにないので、苦しいところですが・・・。


いっきさん、はじめまして。とても参考になるアドバイスをありがとうございます。
やはり合格される方は、本質を見抜いていらっしゃるんだなあ・・・と思います。
時には攻めて書くことも必要なのですね。
私はことごとく守ろうとするほうで、後から「書いておけばよかった」と思うことが多いです。
今年は、もう少し、思い切って書けるように準備していこうと思います。

コメントを閉じる▲
もう6月だねぇ。

ふと去年のブログを見てみたら、去年は
今日が択一の合格発表だったんだね。

今年は択一発表から、論文まで1ヶ月と1週間程度。
短いなあ・・・・。

今のところの進度は、商法を全部見て、
もうすぐ刑訴も1周終わるという感じ。
他に民法と刑法も気分転換に見ている。

基本的に毎日1通答案を書き、書いては落ち込む・・・。
なんか全然、満足な答案が書けないんだよな~。

知識が不正確なところもまだまだたくさんあるし。

でも、あせってもいいことはないので、
地道にインプット&アウトプットを続けようと思う。


【2006/06/01 17:23】 | お勉強
トラックバック(0) |