茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
P252iS0011731329.jpg

ベランダで育てている夏みかんの木に、
今年もアゲハが来てたまごを産んでいった。

5匹の幼虫を発見したんだけど、
ネットをかける時点で確認できたのが2匹。

さなぎになったときには、1匹だけになった。
(さなぎになる前、幼虫は激しく動き回るので、
そのときにネットの隙間から脱走?したと思われる)

その1匹が、昨日の朝、見事に成虫に!
(写真、あんまりきれいに撮れてないけど・・・)
ここ数年、毎年のことなんだけど、やっぱり感動~。

もちろん、すぐに開放したよ。
来年もまた来てくれるかな。
今度の土曜日は、明治ローの入試。
旧試の対策だけで十分なのかなーと思いきや、
過去問を見たら、やっぱりそうではなかった・・・。

当たり前といえば当たり前だけど、
ロースクールの入試問題って、学校ごとに色々違うね。
出題形式とか、書かせたいこととか。

去年の明治の問題は、まず憲法、刑法は各1問、計2時間。
こっちは旧試の対策で大丈夫そう。

民法は2問(さらに小問が2つずつ)、商法は小問が7つ、
民法と商法合わせて2時間。
辰巳の二宮先生も言っていたけど、「オニ」だわ・・・。

旧試論文の要領で、まともに書こうと思ったら、
民法だけで2時間使っちゃう。
そこまできっちり書くことは、要求されてないんだろうね。
(フツウの受験生は書ききれないだろうし)

商法は、定義とか基本事項をきちんと暗記していないとダメ。
いちばん恐怖だな・・・。

あと3日、がんばろう。
終わったよー。受験された方、お疲れさま。
色んな意味で、面白かったよ、中央ローの入試は。

今日は午前中、憲法と刑法の論文(各1問で計2時間)
午後、民法と商法(やはり1問ずつ、計2時間)。

昨日の択一よりは、たぶんできていると思う<商法以外。
商法の問題はけっこう特殊な感じだった。

「それが裁判所で認められる可能性がどの程度高いと考えるか」
って訊かれた。「どの程度」って言われてもねぇ・・・。
フィフティーフィフティー♪とか書いちゃう?
ありえねーーっっ!とか書いてみる?
まずまちがいなくオッケー、とか??

・・・・って、一人でバカなこと考えちゃったよ。


試験が始まるとき、いつもチャイムが鳴ったんだけどね、
今日の午後の開始時間ちょうどくらいに、いつもとは違う音が。
それを聞いて一部の受験生が始めようとしたところ、
試験官が「今のは違うと思います」って。

数秒後に、本来のチャイムが鳴って、「始めてください」。
けど、さっきの違う音はずっと鳴ってる。

そう。非常ベル。結果的に3分半ほど、鳴り続けた。
受験生はもちろん、試験官もフツウに試験を始めてたけどさ、
(誤作動っていう前提かよ!)本当に災害だったら
どうするのかな・・・・。


それからもう1つ、試験官が面白いこと言った。
注意事項の説明で、「机の上に置いていいのは、黒の
ボールペン、シャープペンシル・・・それと時計。
時計は、時計機能がついているものに限ります」って。

その機能がついてなかったら、時計じゃないじゃん。
会場、遠すぎ。
まあ、2時間はかからない程度だから、
文句言ってはいけませんね・・・。

出来は・・・・正直、かなりヤバい気が。
特に行政法。下手したら30点中、3点だ。
自信を持って答えられたのが10問中、1問だけ(T_T)

1科目でも極端に悪い点だと、ダメなんだよね。
出願手続きの書類にそう書いてある。

はあっっ・・・。でも諦めないのだ。
35000円も払ったのに、途中放棄してたまるか。

頑張るぞっ!
いよいよ明日(と明後日)中央ローの入試。
入学試験なんて受けるの、何(十)年ぶりだろう。
司法試験とはまた違った緊張感が。

勝手がわからない分、余計に不安だけど、
最後まで諦めないで頑張る、という点では
どんな試験でも同じだよね。

精一杯、頑張ってくるね。
更新期限が今日までだったので、
ロー入試直前ながら昨日、更新に行ってきた。

旧試の論文が終わってからゆっくり行こう!
と思っていたはずが、そもそもゆっくりする暇なんか
ないのだった・・・・。

もう何年もペーパードライバーだから、優良講習。
20分のビデオを見て、少しお話を聴くだけ。
あのビデオって、何年おきに作り変えるんだろうね。
一応、(交通)社会情勢に合った内容になってるよね。

今回、居眠り運転の危険のところで、
「睡眠時無呼吸症候群」に触れていて、
この診断を受けた場合、治療を受けるのはもちろん、
「公安委員会に申し出てください」だって。

へ?「私、睡眠時無呼吸症候群です」って届けるの?
申し出たらどうなるわけ?
何か不利益(なんて言ったらいけないか)ありそう・・・。

ビデオが終わったら質問しようと思ったんだけど、
担当の教官は「時間がありませんので」と一気に話し、
「はい、では免許証をお配りしますね」ってすぐに
終わっちゃったから、訊きそびれた。気になる・・・。
昨日、ひとり親家庭対象の福祉事業、
「親子レク」ということで、
国営ひたち海浜公園に連れて行ってもらった。

ここ、面白かったよ。
なんといっても敷地が広大で、自然がたくさんあるの。
敷地の一部に遊園地(ジェットコースターとかの乗り物がある)も
あるし、小さい子は水遊びができるところもある。

バーベキュー広場もあるし、アスレチックもあるし、
パターゴルフもあるし、貸し自転車で散策するだけでも
いい気分転換になる感じ。

ご近所の方、ぜひどうぞ。子どもと行くにはかなりオススメ。


さて、これで我が家の夏休みは終わった感じ。
ロースクール入試に向けて、ラストスパートですな。
頑張らなくては!
TBSの2時間番組、つい見ちゃった・・・。

数年前から大ブレイクしている細木数子氏の占い。
私は25年くらい前からファンだった。
(中学生で、ちょうど占いとか興味持つお年頃ゆえ)
あの文庫サイズの占い本、そんな昔からあったのだよ。

当時から、いつかブレイクすると思ってたんだ。

・・・・ってさすがにそれは嘘だけど、
なんとなく、性格診断とか、運気の流れみたいなのが
当たっている感じがして、好きだった。
今もつい買っちゃう。あの本。

私は火星人(-)、しかも霊合星人という
「もっともとらえにくい」タイプだそうな。
息子が3歳くらいで、
私は司法試験について調べ始めた頃、
近所に全国チェーンの大きなスーパーができた。

そのスーパーが、来週、閉店する。
けっこう気に入っていて、週に2回程度は通った。

ウチの近所はスーパー激戦区?で、徒歩圏に
都市型スーパーが7店舗もあるから、
競争に負けた、ということなのかな。

閉店することがわかり、息子はかなりがっかりしている。
「ここにも色んな思い出があるのにな。」
そう言って、オマケつき菓子をさんざん欲しがったこと、
コロコロコミックを発売日に必ず買おうとしたこと、
私が何か怒っていて、八つ当たりされたこと(ごめん・・・)
などなど、後から後から思い出を語った。

そこにあるのが当たり前のものが、ある日突然なくなることは
ちょっと悲しく、切ないことだもんね。

もっとも、同じ建物で、別のスーパーが営業するらしいから、
また楽しみが増えるよ、きっと。
息子とゲームセンターで遊んでて、
コンピュータ手相占いってのをやってみた。

占った項目は「手相が語る隠された才能」という、
適職なんかを占ってくれるやつにした。

「いずれにせよ、何らかの形で他人の役に立つ仕事が
向いている。例えば政治家、弁護士、社会運動家、
宗教活動のリーダーなんかがいいのでは」だって!

おおっ。弁護士が入っているではないか。すばらしい。
人間、仲良くしたいと思っている人との間にも、
それぞれ色々な問題があるものだよね。

それは、当たり前のことで、それでも仲良くしようと思ったら
お互いに妥協し合ったり、許し合ったりして理解していくわけで。

でも色々ある問題の一つについて、
どうしても譲れない、これだけはやめてほしい、
そういうことってあるよね。

他のことはまあ、許せるけれども、
これだけはどうしても納得できない。
やめてくれないのなら、親しくつき合うことは無理。

そういうことってあるじゃない。


総理大臣が靖国に参拝することが、
親しくしたいと思う近隣の国にとって、
「どうしても納得できないこと」に相当するのなら、
やめればいいじゃないか、と私は思う。

色々な問題がある中でのたった1つのことなのに
首脳会談を拒否するというのはおかしい、
それが今日参拝した、今の総理大臣の意見だよね。

けど、それをやめてくれない限り、付き合いたくない、
相手にとってそういうレベルの問題なのだとしたら、
「友好関係を築きたい」と思っている以上、
そこは譲るべきではないのかな。
その昔、好きだったインディーズバンドの一つに
LAUGHIN’NOSE(ラフィン・ノーズ)っていうのがある。

昨日、たまたまカセットテープを手にし、何年ぶりかに聴いたので、
ふと検索かけてみたら・・・・まさに昨日、日比谷野音で
ライブをやったらしい!

彼らにとってこの場所は、(マイナスの)特別な意味を持つ。

今もまだ、バンド活動をしていることにも驚いたのだけれど、
野音でやったということにも驚き、尊敬の念がわいてきた。

何を言われようと、信念だったり、そんな大げさなことではなくても
何かを「やり通す」ということは、半端なことではない。
年を重ねてそれが少しわかるだけに、そういう生き様には
心底感動するし、尊敬する。

私は一人暮らしをしたことがない。
けどここ数日、擬似一人暮らし、かつ擬似専業受験生。

本当に一人暮らしで専業受験生をしている人って偉すぎ。
精神的に相当強くないと、無理だろうなあ・・・って思う。

まず、フツウに「朝起きて夜寝る」ということ自体が難しい。
私ならどんどん、あっというまに超夜型になっちゃう。

それに食事を作る気が起きない。
料理は嫌いじゃないけど、それは喜んで食べてくれる人が
いることが大前提なんだよね。自分が食べるだけなら、
なんでもいいや・・・・って感じ。

で、独り言が増える。
テレビに突っ込み入れたり、ぬいぐるみやカブトムシ
(息子が飼ってる)に話しかけたりする・・・。

さらに悪いのは酒が増えること。
依存症になりかねないな、これが1ヶ月とか続いたら。
今まで書いていなかったけど、
私は中央と明治を受けるつもりなんだ。

子どもと二人暮らしの身としては、
家から近いというのは、かなり優先順位の高い条件。
それから奨学金制度が充実していることもね。

そういう現実的な問題から入るというのも
ちょっと・・・とは思うけど、仕方ない。

けど、そういうのを抜きにしても
この2校は私にとって優劣つけがたいくらい、
どっちも「通いたい!」と思える要素がある。
ガイドブック(と2チャン・・・)くらいの情報による判断だけどね。

ぜひとも合格したいと思う。

もちろん、今年の旧試験論文に合格していることを
心底祈っているけれど、もう終わっちゃったことだし、
今はロースクールに合格することを第一に考える。
今日、息子は一人で飛行機に乗って出かけた。
一人で飛行機に乗るのは、これで2回目。

1回目は、6歳になったばかりのとき。
そのときは、航空会社のサービスを利用して、
搭乗口まで私もいっしょに行ったんだけどね。
(それにしても今思うと、まだ保育園児だったのに
よく行く気になったな・・・行かせた私も私だが)

今回は、手荷物検査のところでお別れ。
前回利用したサービスは、原則として6~7歳の子どもを
対象としていて、例外でも11歳までってことなの。

息子は先月12歳になったし、本人も
「大丈夫だよ!僕もう6年生なんだよ!」と言うし思い切って。
けど羽田って搭乗口まで遠かったり、しかも息子の乗る便は
搭乗口からバスだったし、ほんとに大丈夫かな~と心配したよ。

しかも手荷物検査で、何かひっかかってるし・・・。
持っていたバッグを、再度金属探知にかけられてる。
お姉さんに詳しく中味をチェックされ、何か取り上げられたの。

おいおい。何持ってったんだよ~。
いつの間にそんな危険人物になったんだ?
今回阻止されたテロの名簿には17歳の少年もいたっていうしな。

ま、まさか・・・・・。

後で訊いたら、チョロQ(ミニカー)を分解・組立しようと思って、
ドライバーをいっしょに持っていて、それを取られたんだとか。

そうか!チョロQか!
思いがけない「子どもらしさ」が、何か嬉しかったよ。

論文試験を受けた以上は、どんなに主観的に
ダメだと思っても口述対策をするべき!だよね。

私は今年、ロースクールの入試があるから、
かろうじて勉強している。

これは思いがけない副次的効果かもしれない。
(去年は今頃、ゼロ勉強で遊びまくりだったし)

ロースクール対策が、口述対策にもなると思えば、
やる気も増すというもの。
って今やってるのは会社法。口述に商法、ないんだよね・・・。

あ、そうそう、「アーティクル」8月号に
口述体験記と再現の特集があったんだけど、これ
けっこう参考になったよ。
特別養護老人ホームでの性的暴言事件。
ひどい・・・。悲しくなってくる。
どうしてこんなことができるんだろう。

処分された二人もそうだけど、施設長の会見での
発言も信じられない。

そんな性的暴言が、コミュニケーションの手段とは!
中々理解してもらえないでしょうが、って・・・。
あなたのお母さんが、同じことを言われても、
「コミュニケーションですからね」って納得するの?

現場にいた二人の若い人も、施設長も、あまりにも
想像力が欠如してると思う。

ちょっと考えればわかりそうなものだけど・・・。
自分の言っていることがどんなにひどいことか。
そんなことを言ったらどんな結果になるか、
周りにどういう影響を及ぼすか。

言っちゃったり、しちゃったことは、取り返しがつかない。
あとから言わなかったこと、しなかったことにはできない。

私も不用意な言動・行動で失敗したことがないとは言わない。
けどほんと、気をつけて生きていこうと思う。

息子は牛乳が大好き。

私は子供の頃、背が低くて(中学入学時に142cm、
155cmで成長は止まった・・・)イヤだったんだよね。

それで息子にはやたらと牛乳を飲ませた。
幸い、息子は牛乳嫌いではなかったので、
毎日1リットル以上の牛乳を飲む子どもになった。
(ちなみに小学校入学時には前から3番目だった息子、
6年生の今では7~8番目)

そんな息子が最近「コーヒー飲んでみる」と言い出した。
私はコーヒー好きなので、その影響かな、と思ったら
そうではなかった。

「なんで?おいしそうに見える?」ときくと
「うん、まあ」

「何か理由があるの?」
「だってさ、将来サラリーマンとかになって、みんなで
ご飯食べたりするとき、僕だけコーヒー飲めなかったら
やじゃない?一人で牛乳頼むんだよ。かっこわるいよ」

確かに・・・。
それは、
生きていることが当たり前なはずの日常が、
突然に奪われること。

戦争になれば(今もどこかで起きているように)
いつも真っ先に犠牲になるのは一般市民。

日本でも、昭和にあった戦争は、まだ終わっていない

東京都では昔から小学6年生のときに
日生劇場での観劇に連れて行ってもらえるんだ。
(ニッセイのご招待ってことかな?よくわからないけど)

私も6年生のときに「人間になりたがった猫」を見た。
すごく感動して、テーマ曲は今でも歌える。

で、今年、息子が6年生で、観たのが
「ジョン万次郎の夢」(劇団四季)。

その全国ツアーが近所のホールであったので、行ってきた。
息子がぜひもう1度観たい、お母さんも見たほうがいいよ、
と薦めるもんだから・・・。

久しぶりだったなあ、舞台を観るのは。
大学生の頃は、演劇科だったし、自分もそんなことやってたから
大きな舞台から小劇場まで、色々観たんだけどね。

けど、やっぱりいいもんだね。
息子ももう、舞台とかもゆっくり楽しめる年になったことだし
これからはときどきいっしょに観に行ったりしようかな。

「ジョン万次郎の夢」は、ファミリーミュージカルということで
子どもにもわかりやすい、それでいてスケールは大きいお話。
大人も自分の夢とか、思い返すきっかけになる、いい話だったよ。
昨日はMLを通じて知り合った受験仲間の飲み会。
修習生、ロースクール生、旧司受験生、ロー受験生で
割と年齢層は高めだったかな。
(司法試験中途参加組、就職後再開組が多いので)

ロースクールの受験を控えている私としては
ロー生の生の声を聞けたのもとても参考になった。

ロースクールでの勉強と、新司法試験の対策と、
やっぱりとっても大変そう。

来年の旧司法試験も、もちろん大変そうだし。
いずれにしても道は険しいってことだよね。

ま、今年の旧試験に合格すればいちばんいいんだけど^^;
昨日は、
ためのみさん、さすらい人さんを囲んでの飲み会。
(お疲れのところありがとうございました)

お二人ともとっても活き活きとされていて、
修習生活の充実ぶりが伝わってきました。

早く自分も合格したいなと改めて思ったよ。

受験生のみんな、頑張ろう!

法学既習者試験の商法、衝撃的な点をとったよ。
40点満点中、16点。ワラタ。
今年から配点が変わって、1点×20問+4点×5問。
で、4点配点の問題、全部間違えてやんの。

付け焼刃の行政法(藤田先生の入門書を半分読み、
セミナーの問題集の問題を80問程度解いただけ)でさえ
23点だったのに、一体何事!

二日酔いだって、さすがにこれはヤバイだろ・・・(T_T)
シケタイで勉強し直そう・・・。