茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
2006年もあとわずか。

昨日は大学時代の友人たちと忘年会をしたよ。
下北沢のふぐ料理やさんで。下北沢なんて久しぶり。

学生時代の友人も、私くらいの年になると
世間でいうところの「出世」している人もけっこういる。

でもどんなに「偉く」なってても、集まると
学生の頃の雰囲気になって面白いんだよね。
共有している思い出があるという安心感もあるし。

過去の人間関係も、今の人間関係も、
これからできる人間関係も、大切にしていきたい。


今年、私のブログを読んでくださったみなさん、
本当にありがとうございました。

【2006/12/31 16:05】 | 雑談
トラックバック(0) |


なおちけ
学生時代の友人と集まると、何年経っていても即座にタイムスリップですよね。
学校の先生になっている友人などは、
「あんたにだけは、教わりたくな~~~い」
なんて、からかったりして。

それが許されるという関係は、学生時代を共に過ごしたからそこ・・って感じます。

今年も、あと3時間足らずとなってしまいました。
あっという間の12月でした・・(^_^;)
来年はmicoさんの新しい出発の年ですね。
ワタシも次のステージに進めるように、一生懸命頑張ります。
お知恵を拝借させていただくことが多々あると思いますが、
来年もよろしくお願いしますね~~。

ではでは、良いお年を!


mico
なおちけさん、そうなんですよね~。
まさにこの忘年会では高校の教師をしている人が来ていて、
教え子にマメにメールで相談に乗ったりしている様子を見て、「先生」なんだなあ・・・
と、不思議な感じでした。

今年もお互い、一歩一歩前へ進めるよう、
足元を見て頑張っていきましょうね。
私でお役に立てることであれば、何でもお答えしますので、いつでもご連絡くださいね!

コメントを閉じる▲
今年のクリスマスに、
息子がサンタさんにお願いしたの。
で、我が家にもついに?i-podが。

いいねえ・・・。
こんなちっちゃいのに、たくさんの音楽を
持ち運べてさあ、音もいいし。
それにネットで手軽に自分の欲しい曲をDLできるし。
(手軽さゆえの買いすぎが心配だけどね)

思えば音楽を持ち運ぶ、という発想の始まりは
ソニーのウォークマンだったよね。
私もちょうど息子くらいのとき、欲しがったよなあ。

あの頃は毎週FMラジオ(FMは音がいいとか言ってw)の
番組からカセットテープに録音したものだった。
シングルレコード(懐かしい)が700円くらいしてさ、
子どもが買うには高かったからねえ~。

その後CDウォークマンとかもあったけど、
でかくて重かったんだよね。
もっとちっちゃくて軽くてたくさん曲が入るやつ、
出ないのかな~ってよく思ってたよ。

私があまりに感激するので、
息子は取られるのではないかと警戒中・・・。


【2006/12/29 10:50】 | 息子
トラックバック(0) |


Y
micoさん,こんにちわ。
ブログではお久しぶりです。

私も最近遂にmp3プレイヤーを手に入れました。
それまでCDウォークマンを使ってましたが,あれ,重かったですよねえ。
一昨年ぐらいまでカセットウォークマン使ってましたし…。

うちの母はよく私から化粧品を巻き上げます。
あら,それかわいいわねぇとか言って。
子供は母には逆らえないものです…。


ひでぽん
知らぬ間に、母親の好みの曲ばかりに
なってしまったり・・・(笑えん)。

i-pod便利ですが、私のは4Gなので、
あっという間に、メモリーが埋まり
ます(泣)。

音源の整理が大変なので、
いずれ30gのi-podと
大量メモリーのあるPCを
買うつもりです!!
いつのことやら・・・。

あと、私のi-podはミクシィと
連動していますので、
私のホームから直近のプレイリスト
が見られますよ~。
お暇な時にでもどうぞ。


mico
Yさん、コメントありがとうございます~♪
最近まで使ってたのですね・・・CDタイプ。
むしろカセットテープバージョンのほうが軽かったですよね。
化粧品か~。Yさん、良さそうなのをたくさん持っているからですよ!
私は息子から、文房具を巻き上げます^^;



ひでぽんさん、そうなんです。
今のところ、8割以上、私の好みの曲ですね・・・。
とはいえ、黒いやつなので、まだ容量はたっぷりです。
4Gがすぐに埋まるって・・・さすがひでぽんさん。
ミクシィのプレイリスト、拝見しました。
こういう使い方があるとは知りませんでした。
(何でもすぐに使いこなせてすごいなあ~!)

コメントを閉じる▲
今までは修習で初めてやってたけどローでやるとか、
旧司でもそれを意識した出題になっているとか、
そういう話を聞いてずっと気になっていた要件事実論。

ということで、とりあえず法曹会から出ている
「問題研究 要件事実」を買ってみた。
いちばん基本的な内容らしいので。

おおっ。確かに基本的って感じだ。面白い。
XさんとYさんそれぞれの言い分が書いてあって、
(内容は売買契約に基づく代金請求とか、それこそ
すごく基本的なものばかり)それを要件事実論的に
組み立てるとこうなる、っていうのが詳しく説明されてる。

今まで見慣れてきた事例を、別の視点から見られる感じ。
必要最小限のことだけを書いているらしく、薄いし。
要件事実論のイメージくらいはつかめる・・・かな?


【2006/12/27 20:47】 | お勉強
トラックバック(0) |


はに
それにしても、書籍購入ってお金がかかってしかたないですね。
本棚もぎゅうぎゅうになってきました(;_;)
入らない本はどこに置こうか悩み中です。


mico
はにさん、同感です・・・。
先日ゼミでC-book(会社法)を持っていた人がいたのですが、1900円もするのに一同思わず「安い!」と反応・・・。一般書籍に比べて、ほんと高いですよね。
基本書の類は、日常使わなくても何か調べるのに使うかもしれない、と思うと処分できませんし、置き場所にも困りますね。

コメントを閉じる▲
今日は新司法試験問題を検討するゼミ。
やっぱりゼミ形式で検討するのはいいよね。

自分一人で解説等を読んでいるだけでは
気がつかない視点に気がついたりする。
(同じ解説を読んでも、人それぞれ、
解釈が違ったりもするしね^^;)

それに、この機会がなかったら、今の時期に
新司法試験の問題を検討しているかどうかも
かなり疑問だし・・・・。



私みたいに、他学部卒、社会人経由、子持ち、
しかも30歳過ぎくらいから初めて法曹を
目指したような場合、ゼミの機会って中々ないんだよね。

でも、私も何とかそういう機会を得られるようになって
(ほんと、たくさんの方の厚意に支えられて)
すごく幸せだなあって思うんだ。

最初は、かな~り気後れしたけど、
(そもそも相手にされないんじゃないかとか、
みんなの足を引っ張るばかりで迷惑なんじゃないかとか)
参加してみたら、恥をかくこともあるにせよ、
得るもののほうがはるかに大きかった。

前にも書いた気がするけど、ある合格者は
「ゼミは恥をかく場だと思っていた」と言っていた。
私も合格するまで、そういうつもりで多くの方から
色んなことを学ばせてもらいたいと思う。

それに、勉強の場で「できなかった」ことを晒すのは
恥でも何でもないとも思うし。
実務についてから、引き受けたくせに
「できませんでした」っていうのは恥だと思うけど。


追記を閉じる▲

【2006/12/25 21:26】 | お勉強
トラックバック(0) |


s-k
micoさんと解釈が違ったのは自分のような気がしましたが^^;それはさておき(笑)、おつかれさまでした♪
micoさんに参加していただけて、いろいろツッコミを入れてもらえてありがたいことです。tokkoさんに参加していただけているのもmicoさんが誘ってくださったからですし。
今後ともどうぞよろしくお願いします^^。


mico
s-kさん、いつも大変お世話になっております。ありがとうございます。
違った読み方や解釈を知ることができるというのは、ゼミの大きな利点だと思います。一人で勉強していると、自分の考えが正しいはずだとか、逆に絶対自分がおかしいとか思い込んで(私は実は、こっちが圧倒的に多いのですが・・・)偏っていきますから^^;
これからもお互い遠慮せず(笑)自分はこう思った!!というのを言い合っていきましょう。よろしくお願いします。


SUN
お久しぶりです。
私も社会人経由の28スタートです。
かれこれ時間がたちました(;-;)

ようやく過去問が終わります。正答率が怖いです。

暗算トレにはまってしまいました。

今年もお世話になりました。
ハル
micoさんはすでに新司対策も始められているんですね!
いつもここに来るとハッとさせられます。
ありがとうございます~



mico
SUNさん、コメントありがとうございます。
社会人になってからだと特に、あっというまに時間がたっていきますよね・・・。
過去問、年内に回されたというのはいいペースですね!!
正答率はこれからまた上がっていきますよ^^
暗算トレ、私もまだはまっています・・・。


ハルさん、やはり入学すると、課題に追われる、という話をあちこちから聞きますので、とりあえず今年の問題くらいは見ておかれるといいと思います。
・・・なーんて、私もまだ一部しか見ていないのですが^^;


tokko
コメント遅すぎますが、ゼミ楽しいです!
本当に有難うございます。
私も皆さんのような答案を書きたいなぁ。

恥をかく場…なるほど、確かに自分のしょうもない答案を、皆さんによんでいただいているときの恥ずかしさったらないです。毎週毎週。
しかし、なぜか皆さんの突込みは恥ずかしさよりも、うれしいです!
「もっと言って!」みたいな。私変人?

とりあえず、頑張ります!



mico
tokkoさん、こちらこそいつもありがとうございます。
tokkoさんの答案や鋭い突っ込み、いつも大変勉強になります。
そうか・・・tokkoさんにはそっちの気があるのね^^・・・^^
来年もまたよろしくお願いします。
私も頑張らなくては!

コメントを閉じる▲
有馬記念、見逃した方はここをクリック。
映像が見られます。

・・・って私も見逃したので
これを見つけ、つい嬉しくて書きました。

ついでと言ってはなんですが
メリークリスマス

【2006/12/24 21:07】 | 雑談
トラックバック(0) |


その
メリークリスマスですねv-259
今朝はいつも寝坊助の息子も早起きでした(笑)
枕元に置いておいたドラゴンボールのおもちゃ(カメハメ波をテレビに向かって打つゲームです)で早速遊んでいました。完全にサンタさんを信じていますv-388
馬券も買ったことのない競馬に全く縁のない私ですがディープインパクトの怒涛の追い上げの映像を見てちょっと感動しました・・・
だからこれだけ騒がれるんでしょうね♪


mico
そのさん、私も馬券を買ったことはないのですが昔からときどき見ます。
ディープインパクトの、あの「スタートは遅れても最後はぶっちぎる」走りがかっこいいですよね~。
ウチの息子も完全にサンタを信じています。信じたまま終わるために(キリがないし、いきなり「今年は来なかったんだね」というのもかわいそうなので)、今年はサンタから別れのメッセージを・・・。
今朝はプレゼントに喜び、別れのメッセージに涙し、今夜はお礼のお手紙を書いていました。

コメントを閉じる▲
とりあえず、書いてみた。

会社法やばすぎ。
・・・ロー入試の頃も書いた気がするけど。

思えば「会社法」になってから、
ちゃんと体系的に勉強してないもんな。

年内に神田先生の本をちゃんと読んでおこう。
できれば百選の指示されたところも。

あと、できれば短答問題も解いておきたい。
あと・・・・・欲張ってもダメか。

【2006/12/24 13:48】 | お勉強
トラックバック(0) |
今日は辰巳で開催された
「リーガルフォーラム」に参加してきた。

来春から法科大学院に通う人を対象に、
後藤所長からのお話と、ロー在学中に旧司に
合格したお二人の方のお話、その後懇親会。

後藤所長のお話は初めて聞いた。
(少しだけ直接お話もさせていただいた)
印象の良い方だったよ。

新司法試験の厳しさは、わかっているつもりだけど
色々データを見せながら説明したもらったので、
具体的なイメージが持ててよかった。
入学までの期間がいかに貴重かもよくわかったし。

懇親会ではビールも飲めたし(ここ重要)
おみやげに本ももらえちゃったし(予想外!)
若~いロー入学予定者の方々とお話もできた。

よし。がんばるぞ!


【2006/12/22 23:01】 | 法科大学院
トラックバック(0) |

Next one.
たぬきねこ
私も以前、後藤所長さんのお話を聞いたことがあります。チャップリンの「Next one.」には目頭が熱くなりました。このお話はされましたか?過去の失敗を教訓に前向きに行こー!と思うのですが、なかなか実行は難しいです。うーん、私も行きたかったです…。チャップリンの「人生に必要なものは愛と勇気とほんのちょっとのお金だ」という言葉も最近、真実のような気がしています。


mico
たぬきねこさん、そのお話はなかったと思います。
へえ・・・後藤先生はチャップリンがお好きなのでしょうか。
チャップリンに今までの最高傑作を尋ねたところ、その答がそれだったという話は(私は大学での専攻が演劇で、チャップリンの作品はかなりの数を見ています^^;)聞いたことがあります。
それになぞらえてのお話だったのでしょうか。うーん。聞いてみたい。
チャップリンの作品は色々示唆に富んでいますよね。学生時代にはよくわからなかったことが、この年になって作品を見直すと「なるほど」と自分なりの納得をすることがあります。


たぬきねこ
micoさんは、演劇のご専攻だったんですか?すごい!私は観劇好きなので、それだけで尊敬です。実は金曜日も観劇に行っていました…。
私は、お恥ずかしながら、あまりチャップリンは見たことがありません(なのに’いかにも’って感じで書いてしまって恥ずかしいです(>人<))。
詳しい文言は忘れましたが、後藤先生は、今までのことに拘らずに前をむいて新たな気持ちで頑張りなさいと言う趣旨で、micoさんの書かれたチャップリンの最高傑作のお話をされました。
そうですよね、私も映画とか音楽とか小説とか、学生時代には気づかなかったことに気づくことがあります。


mico
たぬきねこさん、そうなんです。高校2年生の終わりに劇団に入ったため、大学に行くとしたら(最初は受験しないつもりだった)演劇関係と決めていました。
演劇専攻は、はっきり言って、楽しかったです・・・。課題を仕上げるために観劇、ってこともありましたし、授業時間で映画を見ることもありました。
大学を卒業してからは演劇関係とは離れていますので、最近の作品とかは全然わかりません。でも興味は相変わらずありますので、色々教えてくださいね!

コメントを閉じる▲
出そうかどうか迷うのは、
年賀状だけのやりとりが長く続いている人。

今どうしているのかとか、何の情報もなくなってて、
去年(今年か)の年賀状にも印刷文字があるだけ、
だったりする場合・・・・迷うよなあ。

もう出さなくていいか、と思ったら
向こうからは来たり、去年来たからなあ、
と思って出すと来なかったりね。

ま、出しておけばいいか。
少なくともお互いの消息は確認できるということで。

【2006/12/20 16:41】 | 雑談
トラックバック(0) |


ronron
私も毎年すごく悩みます。でも、年賀状のやりとりだけでもずっと続いているってスゴイ!ことだと最近思い始めました。それも1つの大切な縁!ですもん。そう思いませんか?


ハイビスカス
おはようございます。私も、とりあえず出しています。だって、その人のこと「元気かなぁ。」とか、「久しぶりに会いたいなぁ。」とか考えるのって、そのときぐらいですもん(笑)。この齢(私はさるどし)になると、人の縁って不思議だな、って思うこと、あるんですよね。


mico
ronronさん、そうですよね。
同じレベルで親しかった(同じところに所属していた)人たちの中でも、年賀状が続いている人と、そうでない人がいるわけで、やはり「縁」ってありますね。たかがハガキ1枚をケチって大事な縁を失うほうが大きな損失ですね^^;


ハイビスカスさん、確かに。ハガキを書こうと名前を見るときには、その人のことを思いますからね。
そういう「思い」が大切なのかもしれません。きっと先方も、私のことを一瞬でも思い出して書いてくれるわけですし。
ただ、お互い思い出すのがかなり昔の姿という難点が・・・・(汗)

管理人のみ閲覧できます
-



mico
秘密コメント下さった方、
メールさせていただきました^^


ぜん
年賀状のやりとりが続いているのは貴重だと思いますよ。私も十数年会っていない方々とやりとりしていますが、年賀状が来ると、元気にやっているんだなとうれしくなります。・・・そう思って毎年250枚以上書いているのですが、今年はまだ1枚も書いていないので、これから書かなきゃ・・・。その前にレポートを仕上げないといけないのですが・・・。


mico
ぜんさん、そうですよね。私もみなさんの意見を聞いているうちに、改めて貴重だよなあ、と思えてきました。
あ、この人も元気で頑張ってるんだ、ってわかると嬉しいですしね。
そ、それにしても250枚以上というのは多いですね・・・・。
レポートも頑張ってくださいね!

コメントを閉じる▲
昨日、どうにか無事に入学手続きを済ませたよ。
(ご心配頂いた方、ありがとうございました)

学費については一部、区から「女性福祉資金」
というのを借りたの。
一筋縄ではいかなかったけれど
(色々大変だったんだよ・・・・)
なんとか、無事に借りることができた。

「女性福祉資金」なんて、知らない人が多いでしょ?
自治体によって多少違うところはあるけれど、
寡婦とか母子家庭のお母さんとか、結婚経験がない
40歳以上の女性とか、そういう(行政でいうところの)
「社会的に弱い立場に置かれた女性」が借りられる資金なの。

借り入れ目的によって色々だけど、
私が借りたのは「就学支度金」で、無利子。

窓口では、明らかに「できれば貸したくない」対応を
されることが多いのだけど、対象になる女性たちが
もっと積極的に利用したらいいと思う。

そして、そうやって社会にお世話になったことを自覚し、
自分がちゃんと自立して(そういう目的の資金だから)、
色々な形で社会に返していけばいい。

私もちゃんと弁護士になって、お金を返すのは当たり前だけど
それ以上に、還元していきたいと思う。

【2006/12/19 21:52】 | 法科大学院
トラックバック(0) |


DAKARA
福祉事務所に勤務して居たときに、その資金の回収を担当したことがありました。

 頑張って合格して、返してくださいね。

 辛いけど、micoさんなら、必ず合格出来ます。


mico
DAKARAさん、そうだったのですか。
やはり返済が滞りがちになるケースが多いのでしょうね。
私は、必ず合格して、必ず返しますよ!
宣言しておきます(笑)

管理人のみ閲覧できます
-



ちえ
こんにちは!
福祉資金の借り入れ、大変だったと思います。
本当にmicoさんの言うとおり、社会に還元していけば本来の目的を達していると思うので、お金も喜ぶのではないかと思います。
頑張ってください!


mico
ちえさん、ありがとうございます。
そのように言っていただけると、とても嬉しいです。
きちんと責任を自覚して、お金を返すのはもちろん、別の形でも社会に貢献していきたいです。
頑張ります!


mico
秘密コメントくださった方、ありがとうございます。
大変な思いをされたのですね・・・。
「社会的弱者」の立場の人にも、やはり心ない人もいるものですね。
私はそういうことにならないよう、気をつけます。

管理人のみ閲覧できます
-



mico
21日に秘密コメント下さった方、ありがとうございます。
合格おめでとうございます♪
新司法試験、お互い1回めで合格しましょうね。
これからもよろしくお願いします。

コメントを閉じる▲
昨日、公法系第1問(憲法)を書いてみた。

まずは現状を認識しようと思って、
出題趣旨とか解説本とか再現とかを見ないで。

現状がよーーくわかった(T_T)

内容的な難易度は(当たり前かもしれないけど)
旧司と変わらないのだろうと思う。

でも、書き方がかなり違う気がする。
まあ今は「違う気がする」くらいでもいいかな?
2年間、法科大学院できっちりやるということで・・・・。

けど、ローで「答案の書き方」は教わらないよね、やっぱ。
ううーーん。まずいかも。
内容的な部分の力もまだまだなんだし。

何はともあれ、険しい道を再認識したよ。
頑張らなくちゃ。

【2006/12/17 19:55】 | お勉強
トラックバック(0) |

私はまだです。
たぬきねこ
micoさんでも、難しいのですね。
わたしは、今年の択一試験、1点差で落ちたのにも拘らず、既に論予を申込んでいたため、虚しく全日程を受けた後、何となく、論文を書くのが億劫になってしまいました。こんなんじゃ、駄目ですよね。
過去に、受験生同士で予備校答練の他に週一位で、自主答錬会をして、読み合いました。今考えると、結構、力が付いた気がします。論文は書かなきゃ書けるようにならないと思うので、学校が始まり、落ち着いたら、自主答錬会をしませんか?
入学後、リアルmicoさんにお会いできるのを楽しみにしています。


ハイビスカス
micoさんおはようございます。新司にむけて勉強を開始されたのですね。勉強って不思議なもので、今までできたものでも、ちょっと油断するとあっという間に忘れてしまいますよね。だから、とにかく反復継続です。私は、来年旧司を受けつつ、ロ-入試をうけますが、今は唯一の授権仲
間と過去問の答錬会(といっても二人ですが)をしています。お互いに得意な分野が異なっていて、知識を補完しあえて、本当に勉強になります。「何だってあきらめたらそれでおしまい」と自分に言い聞かせて、頑張っている次第です。強靭な精神力を維持して、おたがいにがんばりましょうね。


mico
たぬきねこさん、私も答案を書いたのはロー入試以来でしたので、手をつけるまで億劫でした・・・。
毎日1通以上書いていた時期も(超短期間)あったのですが、やはり1度離れると億劫になりますね^^;
特に新司の答案は分量が多いですから尚更です。
入学後、ゼミのようなことができたらいいですね!授業の予習をゼミでしているという話も聞いたことがあります。
どういうゼミがいいのかは、入学するまでわからない面はありますが、ぜひよろしくお願いします。
私もたぬきねこさんにお会いできるのを楽しみにしています。
(よろしければ、左にあるメールフォームまたは秘密コメントでメルアドを教えていただけませんか?直接ご連絡させていただければ嬉しいです。)


ハイビスカスさん、ほんと、そうですよね。
少し離れてしまうと、当たり前に書いていたことも「あれ?」とペンが止まったりします。
択一の知識(私の場合は特に民法・・・)もあっというまに怪しくなります。覚えるのは時間がかかっても、忘れるのは一瞬です・・・(涙)。やはり飽きずに反復継続するに限りますね。
得意分野が異なる相手とのゼミはいいですよね。
ロー入試の法律科目については、旧司対策がそのまま役に立つと思います。頑張ってくださいね!私も頑張らなくては!!

コメントを閉じる▲
今日は息子の学校で「親子交流会」。
毎年やるんだけどね、6年生は、
ケナフで卒業証書用の紙を作るの。

種から育てたケナフを収穫して、紙すき。
ケナフは環境に優しい植物で、最近では
プラスチックに代わる原料として、
携帯電話機にも使われたりしているらしい。

なんでも、ケナフで作った紙は1000年もつとか。
1000年と言われてもなあ・・・・。
(私が子供のころ、某カメラフィルムが100年プリント、
とかいって100年色あせないという広告をしてたけど、
私が持ってるものはもう色あせてるなあ・・・・)


息子と、1000年じゃ、もしかして地球ももう
ないかもしれないね、でも僕の孫の孫の孫の・・・・
ずっとあとの子孫が見るかもしれないよ、などと話した。

1000年後なんて考えると、今生きている人は
(たぶん)まちがいなく、誰も生きていないわけで。
そう思うと、大抵のことは、何とかなると思えてくるね。

【2006/12/15 22:47】 | 息子
トラックバック(0) |
風に吹かれて豆腐屋ジョニー―実録男前豆腐店ストーリー 風に吹かれて豆腐屋ジョニー―実録男前豆腐店ストーリー
伊藤 信吾 (2006/08)
講談社
この商品の詳細を見る


私にとって今、「ジョニー」と言えばこれ。

あ、本じゃなくて、お豆腐のほうね。
(この本は、このお豆腐を作った人が書いたらしく、
某駅中書店で見た。それで初めて、このお豆腐が
既に世間でひそかなブームであることを知った・・・)

このお豆腐、うまいよ。とにかく、うまい。
そのままスプーンですくって食べるだけで、うまい。

でね、いつも行くのとは違うスーパーに行ったときも
思わず無心で探した。「ジョニーはどこ?私のジョニー!」

そこにも「ジョニー」はいた。
けど、「豆腐屋ジョニー」ではなくて、「波乗りジョニー」。

え・・・・?コピー商品ですか?
あまりに似すぎなんですが。

商標権とか、トラブルにならないのかなあ~と思いつつ、
とりあえず「ま、ジョニーだからいいか」(いいのか?)
って感じで購入。

こっちも味もほとんど同じで、うまかった。

何だろう?ニセモノにしては・・・と思ったら、
こういうことだった。
(興味のある方はリンク先で「経緯」のところを読んでください)





【2006/12/14 22:16】 | 雑談
トラックバック(0) |

私も好きです
もじもじ
お久しぶりです。
しばらく忙しくてパソコンを家で開く環境になかったのですが、かわいいクリスマスバージョンになっていて「わ~、かわいい」と声をあげてしまいました。
ところで、私もこの豆腐、好きです。2歳の娘も好きです。私はおかかやしょうゆもかけずにそのままスプーンで食べます。
この豆腐店、聞いた話だと、ここで働いている人はいい年したおじさんでも黒いTシャツを着ていて、背中にそれぞれ横文字のニックネームがついているらしいですよ。
でも最近寒くなってからあまり食べていなかったので、また食べたくなりました。

管理人のみ閲覧できます
-


見たよ
お水さん
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/bn/060925.html

食ったことはないけど、この人物の特集は毎週見るTV東京の村上龍の番組で見たよ
結構記憶に残ったなぁ
その宣伝戦略も興味深かった
面白い人で、会社でも社員をキャロルとか、ジョニーとか名前をつけて呼んでるらしい
実際食ってみたいもんだ


mico
もじもじさん、そうなんですよね~。
何もかけずに、そのままで十分おいしいんですよね。
なんと、黒蜜とかをかけてデザート風に食べるのもOLたち?に人気らしいですよ。
さすがに黒蜜は・・・・・でも意外と合うかも。
クリスマスバージョン、かわいいでしょう!
もっとも、よそ様が作ったものを拝借(もちろん合法的に)しているだけですが(汗)


秘密コメントくださった方、ありがとうございます。
メールさせていただきました^^


お水さん、情報ありがとうございます!
おおっ、こんな顔だったのかあ、ジョニーは(この社長さんの愛称なんですよね、確か)。しかもほぼ同い年だ・・・。
1度食べてみるべきですよ、これ。最近、関東でも間違いなく広まっていると思います。
(知りうる限りでも、この半年くらいで置き始めたスーパーがいくつもありますから)
通販でも買えるらしいし!・・・ってそこまでしないか。


ナオ
私もジョニー食べたことありますよ。
色んなところで話題になってたんでどんなものかなーと思って買ってみました。
豆腐なのに豆腐じゃないような、柔らかい高級プリンのような舌触りで…。
でも私には合いませんでした。「こんなん豆腐ちゃう!」って感じがして。
貧乏人には安売り豆腐が合ってるようですw


mico
ナオさん、アンチジョニー派ですね(笑)
確かに昔ながらの「豆腐」って感じではないですね。
同じシリーズの「男前豆腐」っていうのは「豆腐」かもしれませんよ!
(いや、食べたことないんですが、イメージ的に・・・)

コメントを閉じる▲
もうすぐ入学手続きの締切日。

提出書類に「学生原簿」っていうのがあって、
「自己評価」っていう7行ほどの欄があるんだよ。

(自分の性格について具体的に記入してください)
って書いてあるんだけど・・・どう書けばいいんだろう。

あんまりヘンな奴と思われないようにとか
ステメンに書いた内容と矛盾しないようにとか・・・?

まあ、公開されるわけじゃないし、
そんなに気を使うこともないかとも思うけどさ、
7行も書くのは難しいよなあ。



【2006/12/12 12:13】 | 法科大学院
トラックバック(0) |

私も悩みました
たぬきねこ
この年になって、性格分析は悩みますよねぇ。私は、当たり障りのないことを箇条書きで何個か書いて送っちゃいました。全部埋まらなかったけど、受領証来ましたよ。
昨日、ついに抜歯しました。あっという間の出来事で歯医者って職人だなぁと思いました。弁護士もある意味職人(プロ)ですよね。精進あるのみですかね!


mico
たぬきねこさん、もう手続き完了されたのですね!
そうか、無難に箇条書きで書いておけばいいか・・・。ありがとうございます。気が楽になりました。
抜歯・・・・痛くなかったですか(恐)?
私は幼児期に大学病院の歯科で研修生の見学材料?にされたことがあり、トラウマになっています・・・。今でも思い出しますよ、狭い部屋に、一つだけ診察椅子があって周りを10人くらいの研修生に囲まれて見られながら治療を受ける5歳くらいの私。(もちろん、それが研修という場であることは、大人になってからわかったことで、当時は、ただただ、怖かった)
そういう意味では、私たちもいずれ研修させていただく身ですね^^;事の重みをしっかり受け留めて頑張っていきましょうね!

管理人のみ閲覧できます
-



mico
秘密コメントいただいた方、ありがとうございます。
メールさせて頂きましたので、よろしくお願いします^^

管理人のみ閲覧できます
-



mico
14日に秘密コメントいただいた方、ありがとうございました。
メールさせていただきました^^

抜歯後が最悪です
たぬきねこ
micoさんの幼少時の経験は、五歳児にとっては恐怖以外の何者でもないですね。
抜歯自体は麻酔が効いていてものの3分位で終了したのですが、抜歯後、疼痛が続き、最悪です。流動食ばかりで、力が出ません…。やっぱり、体の一部を無理やりとるのは、ヤクザの指詰め(?)みたいにダメージが大きいらしいです。まぁ、これが入学後でなかったことを‘これ幸い’としなければですかね?
入学手続きは済みましたか?
私は、暇にまかせて、会社法百選の指定判例をノートに図化するのを始めました。


mico
たぬきねこさん、ありがとうございます。ほんと、怖かったですよ(T_T)未だに頭では「どうってことない」とわかっていても、歯科は怖いですから。
そうなんだ・・・・抜歯後がまた大変なんですね。確かに、親知らずも、抜かないで済めばそれでいいらしいですし、そういう意味では指詰めといっしょ・・・・なわけないって^^;
入学手続き、実はくだらない(1日に引き出せる限度額が50万円に変更になったことを知らなかった)事情で、結局月曜になります。ちょっと凹みました。
ああ、あの、番号で指定されたやつですね。ノートに図化ですか!すごいなあ・・・。
私はまだ神田本を読み始めた段階です(涙)

コメントを閉じる▲
ご質問いただいたのをきっかけに
(メール頂いた方、ありがとうございます)
択一対策としての憲法判例のことを書こうと思う。

あくまで、択一に5回も落ちた後、
2回合格しただけの非実力者の話です。
その辺は差し引いて読んでね^^;あ、でも今年の憲法は18点でした


択一憲法は判例百選を読み込んでいれば8割は取れる。
・・・なんてことは言い古されてるわけで、
問題は「百選を読み込むってどういうことよ?」だよね。

勿体つけたみたいで申し訳ないけど、
私の場合は、ただひたすら読んだだけ。
トータルで言ったら10回は読んでる。
(受験期間が長いからなぁ・・・・・)

最初は、よく言われているように、事案と判旨だけを読み、
そのうち解説も読むようになった。

解説には、その判例で問題となった論点について
これまでの判例の流れとか、事案の背景を書いているものも
あるので、そういうのは点数に結びつくと思う。

もちろん全ての解説がそうではないので、1度読んで、
別に点数には結びつかないな、と思ったものは、
その後は読まないことにしたけど。

あと今年とかは、超有名判例のいくつかについては
全文をダウンロードして読んだりもした。
・・・けどこれは択一で点を取るためには別に必要ないと思う。
すごく面白いし、勉強にはなったと思うけど。

そんな感じで何度も読んでいるうちに、択一直前期には、
名前がついているような判例については、大体こんな事案で
こういう結論になった、判旨ではこういうことが書いてあった、
くらいはいつでも人に話せるようになってた(と思う)。

何でもそうだけど、感情が動いたことって記憶に残るじゃない?
だから判例を読むときも、感情移入するといいのかも(笑)
「何こいつ」とか「かわいそう・・・」とか。


いつもながらあんまり参考にならなくてごめん。



追記を閉じる▲

【2006/12/10 13:17】 | お勉強
トラックバック(0) |


さすらい人
憲法判例は,一言一句に多くの意味があることが多いですが,そこまで考えている人は少ないようですね。

あと,憲法判例は,同じカテゴリーの物を比較対照して勉強するのがコツです。
例えば,愛媛玉串と津では同じ規範を使ってどうちがうかとか。


ぜん
今年の憲法18点ですか、すごいですね。私はもともとひどかったうえにマークミスを1問したので、憲法11点などというひどい成績でした。これでも刑法が19点だったから択一は何とかなりましたけど。やっぱり判例を読み込まないといけないな・・・。
ちなみに、ロースクールでは判例を全文読むことが多いです。micoさんはそれに慣れているのであれば、ロースクールはずいぶん楽になると思いますよ。


mico
さすらい人さん、ありがとうございます。
一言一句に意味がある、なるほど・・・そこまで考えたことはありませんでした。
「受験対策」として読むと、どうしても「規範はどうなのか」とか「理由づけは!」とかに目がいきますが、一市民として読むと、とっても別な発見があるとは思っていました。
似たような事例を比較するというのも、あまり意識的にはしてこなかったので、これから注意してみようと思います。


ぜんさん、ありがとうございます。
今年の刑法19点・・・・・すごすぎです。刑法が得意なのですね。
判例の全文を、自分の興味にまかせて読むのはとっても楽しい(事案自体はもちろんどれも深刻ですが)のですが、ローの授業では毎回いくつも読まされる、という話もちらほら聞くのでおびえています・・・・。
時間的にも能力的にも、読みこなせるのか・・・。こなさないと授業も無意味になるとも聞きますし。

コメントを閉じる▲
右下に、暗算ゲームをつけてみたよ。
脳トレにもなるかな~と思って。

同ランクで3回続けて正解すると、
次のランクに進めるようになってる。
よかったらやってみてね♪

こういう単純なのが、はまるんだよねえ・・・。

【2006/12/09 21:28】 | 雑談
トラックバック(0) |

こんにちは
たぬきねこ
脳トレ、はまりました。レベル4までしかいけなかったです。テレビのフラッシュ暗算ですごい桁数の暗算ができる人って、すごすぎる。それに比べて、一桁暗算でパニックになる私って…。micoさん、面白い(?)ゲーム、ごちそうさまです。


mico
たぬきねこさん、楽しんでいただけてよかったです^^
最近のそろばん塾では、あのフラッシュ暗算を教材の一つとして使っているそうですね。
私が子供のころ通っていたそろばん塾では、先生が口角泡飛ばしつつ、早口で叫んでましたが・・・。

コメントを閉じる▲
今週のAERA
「悪いニュースを伝える極意」っていう記事があって、
そこで紹介されているのが「スパイクス」っていうスキル。

医師が悪いニュースを伝える際の技術として
発表されたものなんだって。

Setting:じっくりと話のできる閉鎖的な空間を作る
Perception:患者自身の病状への認識、治療への理解などを聞く
Invitation:医者が告げる情報に聞く耳を持ってもらう
Knowledge:患者の認識をふまえて病状を説明する
Empathy:重荷を軽減し、希望をもたらすために共感を示す
Strategy&Summary:告知された情報にもとづき的確なアドバイスをする

これって弁護士の仕事にもあてはまるなあと思って。
患者→依頼者、医師→弁護士、病状→現状、治療→法的手段
と読み替えれば、そのまま使えるかと。

【2006/12/08 14:00】 | 雑談
トラックバック(0) |
大好きだったなあ、あのドラマ。

石原真理子が自叙伝として出した本で、
玉置浩二とのことを書いているんだってね。

マスコミで大騒ぎされたのは、20年ほど前。
私は高校生とか大学に入ったばかりとかそんな頃。

その本を読んだわけではないから、あくまで
報道されている範囲から思ったことだけど。

実名で書かれるほうは、たまんないよなあ・・・。
書いてもいいと言った人もいるそうだけど。

玉置浩二のDVについては、私の感覚では明らかに
「社会的評価を下げる」事実の暴露だと思う。
十分、名誉毀損罪になりうるだろうな。

(実際、私の中でも、イメージダウンしたしさ。
「恋の予感」とか「悲しみにさよなら」とか
けっこう好きな曲もあるんだけどなあ。)


それに、書かれた人の周りに今現在いる人、
例えば奥さんだったり、子どもだったり、
そういう人たちにとっては、いい迷惑だと思う。


【2006/12/06 20:17】 | 雑談
トラックバック(0) |

初コメントが・・・
ひでぽん
初コメントが、このネタでスイマセン・・・(汗)。

実は私は昔から石原真理子
が大の苦手です。

周りにいたら、絶対関わり合いに
なりたくないタイプと言いますか・・・。

今回の一件で、その思いを強くしました。
君子危うきに近よらず、ですね。

奇麗だけでは駄目ですね、
やっぱ(しみじみ)。

玉置については、何とも言い難い
ですが・・・。


ronron
micoさん!
石原真理子をネタにする段階で歳が・・・バレます!!もちろん私は「ふぞろいのりんご」も石原真理子も玉置浩二もビンゴ!!なわけですが(笑)
彼女は昔からプッツン(死語?)だったわけですし、また?!ってところもありますが、オンナとしての価値を下げましたよね。別れても男と女の最低限のマナーは守らなきゃ・・・と思う。いや、守りたいと思う(^^;


お水さん
そうかなぁ
彼女に世間はバッシングの嵐みたい?だけど
俺は全く反対意見かも・・・
本にして公表云々は確かに色々意見はあるところだろうけど
そういう女性だろうが男性だろうが二人でいろいろ決心したこと(最後には各自が決めたんだから)なんだから堂々としとけばいいんじゃないかな
まぁ、積極的に本にするっと言われれば多少は引くことになるだろうが、別に悪い事したわけでもなく、男としても事実であるならハイソウデシタしかないんとちゃうかな
そこで何か文句言われれば怒ればいい
俺には今もある日本の女性の弱い立場の典型(一昔の芸能界?枕芸人の世界・・・捨てられ損)の世界が如実に見えてかわいそうとしか思えないんだけど
大体、あんた、殴られ腰の骨を折られて二人のことだからほかっとけ!じゃなく、告白するまでこれだけの歳月がかかる社会の方がおかしいぜ


mico
ひでぽんさん、コメントありがとうございます^^
なるほど、ひでぽんさんはあのタイプが苦手なのですね・・・。
昔から女性には支持されなくて、男性には好まれるタイプかと思っていましたが、必ずしもそうではないか。(当たり前ですね、好みはそれぞれですから・・・)


ronronさん、ぷっつんとか・・・懐かしい響き。
そういえば彼女を「ぷっつん女優」と最初に呼んだ「大物芸人S」とも恋愛沙汰があったんだそうですね。あとはふぞろいで競演していた二人との三角関係とか・・・なんだかんだ言って、そのうちブックオフとかで買っちゃいそうだな。


お水さん、確かに私も彼女は、芸能界で男たちに翻弄された面があると思うので、そこはかわいそうだと思います。
例の骨折だって、芸能界的配慮から、本当のことを言わせてもらえなかったのでしょうし。
そうですねえ・・・恋愛については別に誰が悪いとかいうことはないですからね。
ただ、何も実名で本に書かなくても・・・というのはどうしても残ります(まあ俗市民としてはわかりやすくて面白いとも思うけど^^;)




ついでに教えてよ
お水さん
ついでに教えてもらいたいんだけど
「プッツン」って、どうしてそう呼ばれていたの?
当時全く、TV番組には興味がなかったのでよく分からんのだけど、そこらへんが・・・


mico
お水さん、私も詳しくは知りませんが、当時「プッツン」って言葉、よく使われていましたよね。
ちょっと天然ボケっぽい人のことをそう呼んだり、突飛なことを言ったりした場合に「プッツンきてるよね~」みたいな感じで・・・。(当時の女子高生語だったかもしれないけど)
語源はコード類が切れる音の擬態語だと思いますが(ホントかよ)。
それで、石原真理子のちょっと変わった言動とかを差して、「大物芸人S」が「プッツン女優」と呼んだんだと思います。
全っ然ちがうかもしれません。あしからず。


こんにちは
レック生
今日たかじん委員会で評論家の三宅さんがこいつはあばずれだ!と怒ってましたよ。笑ってしまいました。落ち目女優が必死になって哀れだと。


mico
レック生さん、そうなのですか。三宅氏までそんなコメントを・・・。
テレビで誰か(テリー伊藤氏だったかな)が「杉田かおるが何言っても許されるようなところがあるけど、石原真理子は敵を作りすぎた」みたいなことも言っていました。
なんでここまで嫌われるんだろう?視聴者の知らないところで、他にも「あばずれ」エピソードがあるのかな。


white_bear
アイドルの行為にはすべてプロデュース側の「助言と承認」が必要と解すれば、コメントもアイドルの地位に基づく公的行為と考えるべきです。
彼女の「ぷっつん(今昔問わず)」も、結局そうした方が「売れる」と踏んだプロデューサーの助言と承認があってのことではないかと。

で、芸能界に限らず、不法行為責任を追及できない社会的関係は存在します。
一見泣き寝入りに見える構図も、民事訴訟に持ちかけて賠償金を取るよりも、一応尻尾を振っておいた方が「より儲かる」と判断しての沈黙であり、けっして特殊とは思わないです。
この時期にこの出版がなされたということは、石原も、そして男性側もそろそろ「減価償却」が終わっていると判断されてのことではないでしょうか。


mico
white_bearさん、なるほど、減価償却済か・・・。言い得て妙、かもしれませんね。
訴訟起こしてわずかな賠償金を取るよりは・・・という事態が特殊ではないのはわかります。
(私自身、自宅のマンション管理組合理事長として、まさにその選択に関わったことがあります^^;)
単純にお金で解決できればいいことであれば、そうなりますよね。
それが法の精神?にかなうのかどうかは別として。

コメントを閉じる▲
早稲田セミナー某校のラウンジで、
何かの講座(司法試験関係)の
ガイダンスビデオを放映してたの。

見るともなく、見てたんだけどね。
その先生が言ってた基本書を読むペースが
1冊2日程度を目安に、とのことだった。

思わず「ええっ!」と心の中で叫んだよ。
そ、そういうものなのか・・・・・。

長くても4日程度にしないと
あとは読まなくなるから、とも言っていた。
精読するのではなくて、全体像を把握する場合の
読み方、という意味だけどね。

確かにそうかもしれないなぁ・・・。

ローに入学するまでの時間は、
ゆっくり基本書を読む最後のチャンスかなあと思うので、
ローで指定されるものを中心に読もうと思ってるところ。

まずは宇賀先生の行政法を読み始めたよ。
・・・2日どころか20日はかかりそうなスローペースだけど。


【2006/12/05 19:25】 | お勉強
トラックバック(0) |

わたしも始めます。
たぬきねこ
私は、説明会で指定された、会社法判例と行政法判例を潰すため、今日、百選を買って来ました(旧司時代は会社法百選まで手がまわりませんでした(^_^;))。合格発表から半年もあると思っていましたが、あっという間に入学になりそうです。
micoさんは二月の行政法の講座に行きますか?私は、かなりやばいので行かなきゃです。基本書を一冊でいいから一日で回せるようになりたいものです。


mico
たぬきねこさん、私も百選は憲法以外、あまり読んでいません。
特に商訴(もちろん行政法も・・・)は全く読んでいないに等しいです。あ、刑訴は少し読みましたが。
事案と判旨だけでよいとのことですし、入学までに回しておきたいですね。
行政法の講座、今のところ行くつもりでいます。
ほんと、入学まで、あっというまに過ぎてしまいそうですね^^;


コメントを閉じる▲
今日は「昭和のくらし博物館」ってとこに行ってみた。

昭和26年に建てられた普通の民家。
夫婦と4人姉妹で暮らしていたんだとか。

ああ、確かに私が子どもの頃にも、
まだこういう感じの家が近所に残っていたなあ・・・。


P252iS0014221735.jpg

これは都内某所のデパート屋上遊園地にあった観覧車。
屋上観覧車なんて、すごく久しぶりに見た気がする。
(あんまり屋上感が出てないな・・・・)

【2006/12/03 20:37】 | 雑談
トラックバック(0) |

こんばんわ
たぬきねこ
私は、37歳です。お互い、無理がきかない年齢(?)ですが、がんばりましょうね。
micoさんは、休憩中のお時間を使って、今までできなかった、観光などをなさって、英気を養っていらっしゃるのですね。私は、先日から親知らずが疼きだしたため、学校が始まるまでに、直さなきゃです。歯を抜くんだろうな~。恐怖です。


mico
たぬきねこさん、ありがとうございます。ほんと、頑張りましょうね。
最近は「休憩中」ばっかりで、もうすぐ勉強記録よりこっちが多くなってしまいそうです・・・「休憩記録」にタイトル変えるべきかも(苦笑)
歯が痛いのはつらいですよね。とても勉強どころではなくなってしまうでしょうから、覚悟を決めて?治療しておかないといけませんね・・・。fight!

コメントを閉じる▲
生まれも育ちも葛飾柴又・・・といえば寅さん。
「寅さん記念館」がリニューアルというニュースを見て
息子と行ってみたよ。

私の父は、よく渥美清に似てるって言われたんだ。
娘の目で見ても、確かに似てる感じ・・・
(目の小さいところとかね)

それと、柴又には親戚が住んでいて、私も子供の頃、
よくお正月には柴又帝釈天に初詣に行ったの。

けど、もう何年も柴又に降り立つことはなく、
ほんと久しぶりだった。

寅さん記念館は、まあ、大方予想できる通りの内容で、
思ったとおりに、面白かった、って感じ。

それはいいとして、思いがけず立ち寄ったここが面白かった。

昭和レトロとかって、流行といえば流行かもしれないけど。
ここの2階には、まさに懐かしい昭和40年代くらいのものが
色々あったよ。

1階は、昔の駄菓子屋さんなんだけど、なんていうか、
今でもちゃんとその役割?を果たしてるところがよかった。
昨日、つまり平日の夕方に行ったのね。
小学生くらいの子どもたちが、小銭握って駄菓子を買ってて。

しかも、そのお店の子ども(小学校低学年かな?)が
故障中の店のゲーム機(10円のじゃんけんゲーム)を直してた。
・・・直してるのか壊してるのかわからない状態だったけど。
見かねて、お店の、たぶんその子のお母さんが
「もういいから上、行ってなさい!」みたいな。

これぞまさに昭和下町!みたいでよかったよ。

【2006/12/02 21:27】 | 雑談
トラックバック(0) |