FC2ブログ

弁護士小室光子の記録です

今日は息子の学校で「親子交流会」。
毎年やるんだけどね、6年生は、
ケナフで卒業証書用の紙を作るの。

種から育てたケナフを収穫して、紙すき。
ケナフは環境に優しい植物で、最近では
プラスチックに代わる原料として、
携帯電話機にも使われたりしているらしい。

なんでも、ケナフで作った紙は1000年もつとか。
1000年と言われてもなあ・・・・。
(私が子供のころ、某カメラフィルムが100年プリント、
とかいって100年色あせないという広告をしてたけど、
私が持ってるものはもう色あせてるなあ・・・・)


息子と、1000年じゃ、もしかして地球ももう
ないかもしれないね、でも僕の孫の孫の孫の・・・・
ずっとあとの子孫が見るかもしれないよ、などと話した。

1000年後なんて考えると、今生きている人は
(たぶん)まちがいなく、誰も生きていないわけで。
そう思うと、大抵のことは、何とかなると思えてくるね。
2006.12.15 / Top↑