茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
ローの授業、前期がちょうど半分終わった。
早かったなあ・・・・。
この前、ゴールデンウィークだと思ったら
もう6月になるんだもんね。

毎日授業を受けて、予習して、また授業、
レポートがあればそれを仕上げ・・・・の
繰り返しだよ、法科大学院の生活は。
前にも書いたけど、ほんと、勉強ばっかり。

なので、この分野の勉強が好きでなければ、
きっとかなりキツイと思う。
予習してないと授業もつまらなくなるから、
(私のような怠け者でも)一通りのことはするしね。

でもやっぱり、なんだかんだ言っても楽しいよ。
だって今までなかったことだもん、勉強してて
疑問に思ったことをすぐに誰かと話せるって。

それに複数の科目を並行してやっているから
(一人で勉強しているときは、論文直前期以外は
せいぜい並行しても2科目だったからね・・・)
あちこちで意外な発見があったりもして、
そういう気づきも楽しいんだよね。

あと、(先生にはご迷惑かもしれないけど)
つまらないことでもすぐに先生に質問できるのも嬉しい。
予備校講師以外の先生とは話したことがなかったし^^;
(予備校の先生とも数回しか話したことないけど)

で、これが司法試験合格に結びつけば言うことなし。

・・・・どう結び付けるかは、やっぱり自己責任だよね。



【2007/05/31 22:28】 | 法科大学院
トラックバック(0) |


77
やはり、ローの授業を
どう生かすかで悩むんですね。

そんな話をよく僕も聞きます。

けっこう難しいものですね。

そういえば、micoさんって
判例六法を使われてるんですよね?

いかがですか?
もしよかったらご感想をいただきたいです。


mico
77さん、そうなんですよ・・・。
ボーっとしてたら、単に授業をこなすだけで
2年間が過ぎてしまうと思うので、常にその辺は
自分に警鐘を鳴らしています。

判例六法、私は三省堂のを使っています。
といっても、学校のロッカーに置きっぱなしです。
つまり、学校使い専用です。

確か判例があったな、判例の文言は何だっけ?と
思ったときにすぐ確認できる点では便利です。
択一対策として、判例知識のインプット教材として
使う方もいらっしゃるようですが、私はオススメしません。
(司法試験的に)重要なものも、それほどでもないものも
同じ比重で出ているような気がするからです。
網羅性という意味ではいいのですが。

もっとも、プロ的には「これに出ているくらいの判例知識は
常識だ!」と言われてしまうのかもしれませんが・・・(泣)


コメントを閉じる▲
前にも書いたかと思うけど、
弁護士の先生が依頼者役をやって下さって、
学生が順番に弁護士役をやるという授業。

今日は私が弁護士役の番だった。
学生3人でいっしょにやったの。

予想していたことではあるけれど、
やっぱりうまくはできなかったわ~。

まあ今は、「思い通りには進まない」ってことを
実感することが大事かなと思っているので、
うまくいかなかったことはそれでいい・・・よね?
すごくいい勉強になったと思うし・・・。

法律知識以外の部分でも(法律知識もまだまだだけど)
経験やら知識やら、積み重ねが必要な部分は大きいね。

専門用語を使わないようにしようと思うあまり、
単なるお悩み相談回答者みたいになっちゃったり、
沈黙の時間を作ってはいけないと思って逆に
一方的にしゃべっちゃったり・・・・。

うん。でも楽しかった。
きっと、
本物の弁護士になったときに懐かしく思い出すだろう^^;

【2007/05/29 22:39】 | 法科大学院
トラックバック(0) |
今日、ローから帰宅し、
自宅マンションのエレベーターでいっしょだった人が
持っていた号外の見出しが見えて知った。
現職大臣の自殺

亡くなった人を責めることはできない。
まずはご冥福をお祈りする、人として。


だけど、
どんな内心事情があったのかはわからないけど、私は、
死をもって正当化されることは何一つないと思っている。
何の説明にもならないし。

政治家等が自殺で何かカタをつけようとした(と思われる)
事件は今までもいくつもあったと思うのだけど、
そういうのがニュースになるたび、いつも思う。

冷たいようだけど・・・・・ずるいよな、って。


子どものころ、父がよく言っていたんだ。
「自殺は愚か者の結論である」って。
父の母親(私の祖母だけど私が生まれたときには既に他界してて
会ったことはない)が、言っていたらしいのだけど。

私はそこまで断言できないけれども、
死んでお詫びするとか、命をもって責任を取るとか、
特に政治の場面ではそんなの、誰も期待してないと思う。

一国民として、死なないでちゃんと説明してよ!!
って、思う。

生き恥さらすよりは、ってことなの?
都知事は「侍だった」とか言ってたけど、ちょっと違うと思う。
侍なら、もっと筋が通っていたような気がする。

やっぱり、死なないでほしかった。


ZARDの坂井さんが亡くなったことも、すっごいショック。
たくさん、勇気をもらったもん。あの歌声に。
「負けないで」の頃が、ちょうど離婚の頃だったし。
ほぼ同い年だしさ、私なんか。この年で死ぬなんて。






追記を閉じる▲

【2007/05/28 22:22】 | 雑談
トラックバック(0) |


77
そういうのありますよね。

「責任を取るためにやめる」とか。
やめる前にすることあるだろうって。

けど、本人も責任を取ることが
辛過ぎたとかあるんですかね。

責任の重い仕事につくってのは
たいへんなものなんだなと
つくづく思いました。

まさか自殺をするとは・・・・・
DAKARA
 松岡議員は、初当選の時から知って(聞いて)おります。(地元選出の衆議員議員ですから)
 自殺とは、全く無縁な感じの人だと思っていたので、大変驚きました。
 余程追い詰められていたのだと思いますが・・

 でも、死んで全て責任をとることになることは無いと思いますから。
 大臣を辞めても、国会議員を辞めても生きて居て欲しかったですね。
 所謂、古いタイプの政治家で、地元にはかなり公共事業を誘致して来たりされては居ましたが、今はその手法は通じなくなって来たということだと思います。
 


mico
77さん、そうですよね・・・
何も死ななくても、と思うのですが、
本人にとっては、死んだほうがマシだったのかな。
こんな責任の重い立場になったことがないから想像ですが、
死ぬくらいなら、何でもできるんじゃないかと思ったり。
そういうのは、価値観の違いなんですかね・・・。
それにしても、自分は死んで、後はよろしく頼みますでは
・・・残された人はたまらないかも。
仕事上の人たちも、ご家族も。


DAKARAさん、そうですよね、地元ですね。
今回のことで、初当選のときの映像が何度となく
テレビで流れていますが、ほんと、こんな形で
政治家としても、人としても終わるとは思えない感じでした。
最初はこんな志を持った人だったのに、こんなふうに
なってしまうとは・・・。
地方出身の議員は、昔は(最近まで?)
公共工事を持って帰る、そのためには・・・というのが
暗黙の了解みたいなところがありましたが、
やはり時代が変わったということでしょうか・・・。
それにしても何度も言うようですが、死なないでほしかったです。



コメントを閉じる▲
家事といってもウチは息子と二人きりだし、
育児といっても息子はもう中学生。大したことはない。

それでも週末には微妙に洗濯物がたまってたり、
部屋の片隅に物が無造作に散らかってたり・・・。
中学校からは親宛のお手紙やら、ちょっとした処理が
必要な用事もあったりする(>_<)

ああ忙しいな~、もうちょい余裕がほしい、と思いつつ、
そんな状況が、ちょっと嬉しくもあるんだよね。
好きなことをしている、という実感があるから。

息子が1歳の頃、私は離婚してフルタイムで働いていた。
その頃は、直接的に頼れる身内もなく、本当に大変だった。
家事も育児も、今の数倍、大変だった。
今、その頃の自分を思い出すだけでも(ヒトゴトとして
あまりにもかわいそうで)泣けるくらい、大変だった。
今では自慢話にしちゃうくらい(笑)、大変だった。

だけど今は、あの頃の経験があるから今があるって、
本当にそう思う。
離婚してなかったら、私が弁護士を目指すことは
一生なかったはずだし。


本当は離婚なんか、しないほうがよかったのかもしれない。
っていうか、一般論として、できることならしないほうがいいよね。


・・・なんていうことを改めて思うのは、
ローヤリングの授業で扱う事案が離婚関係で、
私の班はその妻側の弁護士役をやるからなのよ~。

イヤでも思い出すわ。
ま、これを武器にロー入試も突破したようなものだし、いいけどね。
ヘンな感情移入をしないようにしないといけないよね。


追記を閉じる▲

【2007/05/27 22:25】 | 雑談
トラックバック(0) |


77
こんにちは。

micoさんの記事を読むと
勉強になりますね。

実は僕の両親は
僕が20歳の頃に
離婚しております。

僕の実家が自営業であることが原因で
昔から僕の両親は仲が悪かったです。

なので、子供がいなければ
すぐに離婚してたのではないかなと
僕は思ってます。

僕自身、そんな環境で育ったせいか
学校行事に両親のどちらも来ないとか
そういうことはなかった点で
周りの目とかは気にはならなかったけど
家に帰って親がけんかしてたりすると
けっこう凹んだりしてましたYo!

こう思い出すと
micoさんのお子さんは
たぶん幸せだと思いますよ!

僕自身、離婚前より離婚後に
両親と仲良くなりました。

そして、僕自身
母の背中を見て育ってるので
母には感謝してるし、尊敬もしてます。

やっぱり環境に愚痴一つ言わずに
母が僕を育ててくれたからかなと。

だから、
micoさんも頑張って下さいませ。

お子さんに思いっきり
背中を見せつけてくださいませ。

僭越ながら
ちょっと応援してみました♪



mico
77さん、ありがとうございます。
私の両親も(ウチも自営業でした)すごく仲が悪く、
それを毎日見る生活は苦しかったです。
家に帰りたくないと思うことが多かったですし。

自分がそういう環境で育ったので、息子の前で
元夫とケンカをすることだけはしたくないと思いました。
(実際、息子の前で言い合ったりしたことは、
たぶんあったとしても1度だけです。
そういう点では元夫も人間的に最悪、という人では
ないのでよかったです。もっともそこまでの人なら
そもそも結婚しなかったと思いますが^^;)

そうですか~。ご両親が離婚されてから、
親子仲がよいというのはいいですね。
私は「愚痴一つ言わず」とまではいかないですが、
ビールでも飲んでうまく自己統制しながら頑張ります。
応援本当にありがとうございます。
嬉しかったです。




ハイビスカス
おはようございます。
micoさんは大変な時期をたくさん乗り越えて、今があるのですね。ホントに尊敬します。私自身は離婚経験もないのですが、実は、私の夫はバツいちでして、私とは再婚なんです(告白)。夫は、離婚訴訟も経験していまして、その時の代理人は女性弁護士だったそうです。弁護士さん曰く、「結婚はただでもできるけど、離婚はただではできない」だそうです。合格後は必ず経験するんでしょうね、離婚訴訟。



mico
ハイビスカスさん、ありがとうございます。
ダンナさん、大変な思いをされたのですね。
離婚絡みの訴訟は、(裁判になれば公開の法廷ですし)
精神的にもつらいだろうなあと思います。
私は協議離婚だったのでそういうことはなかったですが、
今ローで色々な裁判例を読んでいると、
一つ一つの事案の重さや当事者の思いが浮かんできて
泣けてくることがあります^^;

コメントを閉じる▲
なんと懐かしい響き。

「席替え」なんて、高校生以来だよなあ。
まあ、息子からはよく「今日席替えしたんだよ」って
聞いていたけど、この年になってまた体験するとはね。

(そういえば子どもの頃の席替えはドキドキだったよね。
好きな男の子の近くかどうかとかねw)

受講環境の公平を期すために、半期に1度は席替えが
あるらしいんだよね。たぶん、事務局で事務的に
(何らかの法則に従って?)動かすものだと思われる。

で、1週間前に、座席図が配られるわけ。
コンタクトにしたから板書が見えないこともないし、
どこでもいいんだけどね。

今度の席は、いちばん後ろの列の端っこのほう。
お客さんになってしまわないように気をつけなければ。
(せっかく予習していっても寝てしまいそうだよ・・・)


【2007/05/26 23:13】 | 法科大学院
トラックバック(0) |


mame
未修の人に聞いたら、なんとなく法則が解った。
ウソかホントか知らないけど、
その法則によると、○回目は私ってば…なの~!?
とかいう感じです。


未修です
未修クラスでも一昨日、席替えのお知らせが配られました。
最後列だったのが今度は一気に最前列。。。。
どんな法則があるんですか?


mame
真偽は定かではないのですが…。

自分の新しい席に前座っていた人が、
今回ドコに移動したか?
どうやら、それがヒントになるそうです。
ま、クラスの人数によって、微妙に違うかも。


mico
mameさん、未修ですさん、コメントありがとうございます。
mameさんが書いてくださった法則、私も未修から来たクラスメイトに聞きました。
今度の自分の席に今までいた人が、今回移動した先へ、
自分は次に移動する、ということのようです。
もちろん多少の誤差はあるのでしょうが。


コメントを閉じる▲
今夜の朝まで生テレビは憲法がテーマ。

伊藤塾の伊藤真先生も出るらしいよ。
楽しみだなあ。

もっとも私は起きていられそうもないので、録画するよ^^;
番組のHPから、意見投稿できるから、ぜひみんなも
何か意見を投稿してみては?

知らない間に決まっちゃった、では済まされないからね。
近年、知らない間に、けっこう
すごい法案が成立しちゃってるじゃない。

これを憲法でやられたんじゃ、ほんと、たまんない。


【2007/05/25 22:43】 | 雑談
トラックバック(0) |
今日はお昼休みに、
先生が2期生をお二人呼んで下さってて、
先日終わった新司法試験の受験体験などの話を
聞くことが出来たよ。

お二人が口を揃えて言うのは、やっぱり日程のきつさ。
そりゃそうだよね・・・間に1日休みが入るとはいえ、
(それも含めて)5日間の拘束だもんね。


ローでの勉強も慣れてきたものの、私は
復習にまでは手が回っていない。
で、そのヘンを質問してみた。

そうしたら、お二人とも、復習はしていなかったとのこと。
予習をきっちりやって、授業でそれを確認、
疑問が残れば先生に質問する、という感じだったとか。
言ってみれば、授業が「復習」。

私も最近、考えていたんだ。
予習をちゃんとやって、授業時間が「復習」というような
位置づけでやっていこうかなあ、って。
予習でわからなかった部分を確認するのが授業、というか。

少なくとも基本六法は、旧司対策で一通り以上のことを
してきたんだから、言ってみれば今やっている全てが、
ある意味「復習」でもあるんだよね。
少し広げて深めるという部分はあるにせよ。

あ、でも行政法はそれだけでは無理だな。
あと会社法も、先生の方針が「復習重視」だから、
それに従うべきだろうな。
(そういう方針で、予習の負担も軽めにして下さっているから)

もうすぐ前期も半分終わる。
ロー生活の8分の1が終わるんだよね。
そう思うと毎日が貴重。無理しすぎない範囲で頑張る。


追記を閉じる▲

【2007/05/24 21:53】 | 法科大学院
トラックバック(0) |

納得!
たぬきねこ
私も、日々の「予習」という自転車操業に追われて、部屋の片隅に放置されている終わった課題に気を病んでいました。なーんだ、ちょっと、気が楽になりました。
ほんとにもう1/8が終わってしまったのですね。早い、早すぎる。健康に留意しつつ、日々確実に積み上げていけば、合格に手が届くのかなぁ。最後まで、一緒に駆けぬけましょうね!

これは君らの分野かな?「憲法なんたらかんたら」
お水さん
朝まで生テレビ(5月25日金曜25:20~)

パネリスト: 平沢 勝栄(自民党・衆議院議員)
高木 陽介(公明党・衆議院議員)
細野 豪志(民主党・衆議院議員)
仁比 聡平(日本共産党・参議院議員)
辻元 清美(社民党・衆議院議員)

伊藤 真(伊藤塾塾長)
今井 一(ジャーナリスト)
潮匡人(帝京大学准教授)
香山 リカ(精神科医)
姜 尚中(東京大学教授)
小林 節(慶応大学教授)
竹花 光範(駒澤大学教授)
田村 重信(慶応大学講師)

まあ、昔たまに見たから、気が向いたら見てみよっかな!
(でも、いつも言いっぱなしで消化不良なんだよね)





mico
たぬきねこさん、ほんと、私も「それでいいんだよね!」
って、ちょっと安心しました~。
ま、その分予習をしっかりやらないと!ではありますが。
あ、他にも色々聞いたので、またお話しますね!
やっぱり体験者の話は「新鮮」でした~。


お水さん、知りたかった情報、ありがとー!!
「朝まで~」で憲法の話をやるらしいってことは
聞いていたんだけど、
今夜だとは知らなくて。お水さんもぜひ見てくださいね。
ま、番組自体は別にどうでもいいといえば
どうでもいいんだけどさ・・・・
多くの人の会話に上ることが大事だと思うので。
私も大昔(大学生のころ)はときどき見てたよ、朝生。
最近は全然見たことないけど、今もあの調子なのかな。




コメントを閉じる▲
ローの生活を一言で言うと、そういうことだと思う。
実際、そういう生活をしているロー生は多い(だろう)。

ある先生は「毎日朝から晩まで勉強ばかりしてたら
気が狂っちゃうからさ、たまには酒を飲むとか
ほかの好きなことをするとかして乗り切るように」
という趣旨のことをおっしゃっていた。

そうだよねえ~。
だけど入学前は、毎日ビールを○本飲んでいた私でさえ、
飲まずに勉強する日がある。
(基本的には飲んでるけど・・・)

自分が新司法試験に合格するために必要なことは何なのか、
こういう毎日の中でも、常に意識していこうと思う。


【2007/05/22 22:47】 | 法科大学院
トラックバック(0) |

毎日飲んでるだぁ?
お水さん
おいおい上等じゃねえか~
こっちは節制しなきゃならんような人生を送ってもいないのにドクターストップがかかってるんだよ~
まぁ、もともとビールは最初の一杯しか飲まなかったんだけどね


goukaku555
こんばんは。ロー生も増えてきて、徐々にロー制度というものがどういうものか一致した意見の人が増えてきてうれしいです。ほんまに、忙しいですよね。なにかすごく充実した気分。それでいて、何をするのが効果的なのか、選別もしなきゃならなさそうで、押しつぶされそうになったりとか。実々している様子が伝わってきますね。
ただですね。僕はお酒飲んだら予習できなくなるんで、やめてましたよ~。


77
ほんとロー生は忙しそうですね。
外から見てて、すごいなーと思います。

やはり、ローの課題がとんでもなく
多いからですかねー。

出身大学のローを見て来ました
DAKARA
 昨日22日に福岡に行き、出身大学のロースクールを見て来ました。

 それは、大変豪華で、設備が整っていました。

地元国立大学のローとはえらい違いでした。

 皆真剣に、自分の将来を賭けて、勉強していましたね。

 私が、今年くらいに大学を卒業する年齢なら、今頃は此処に行っていたのに・・・・と考えておりました。

 人生は、一度きりですから、思い残すことが無いようにしなければ・・・とは思いますが、自身が置かれた状況で、最大限頑張るしかないんですよね。
 何ともツライです。


ハイビスカス
micoさん、先日はありがとうございました。とりあえず、6月7日までは、一応論文対策をしようと思います。行政法は択一落ちが確定してからにでもしようかな(汗)。適性は少しずつやっているのですが、どうも体質にあわないようです(笑)。これからもよろしくお願いします。


mico
お水さん、す、すみません(汗)。
ドクターストップって肝臓?大事にしてね。
私は最近はもっぱらビールしか飲みません。
本当は日本酒(辛口のやつ)を冷で飲むのが一番好きなんだけど、
そういうのをゆっくり飲んでる余裕はさすがにないので・・・。


goukaku555さん、そうですね。ほんと、忙しい。
予習して授業に出ること自体は、すごく楽しくて充実した気持ちにもなるのだけれど、
「こんな勉強でいいのかな?」という不安は常にあって。
私も飲んだら勉強はしません。予習が終わってから、飲みます。
というか、何とか頑張って飲む時間を確保しよう、という感じかも・・・。
(そうまでして飲みたいか!!って感じですね)


77さん、確かにローは忙しいです。
2年ないし3年という期間が限られている上に、
やるべき量も決まっているから、普通に割り振ると
そういうことになってしまうのかもしれません。
それでもみんな、どうにかこなしてくるので
自分もやらないわけにはいかない、という感じです。


DAKARAさん、そうなんですか。
ローは豪華な設備を整えているところも多いのですね。
中央は・・・・かなり地味。
トイレなんて駅のトイレ並ですよ。
きれいにお掃除して頂いているのが救いですが。
ローで若い学生を見ていると、自分がその年齢の頃に
何をしていたのかに思いが至ることがあります。
そして、しっかりと目標を持って、
着実に勉強をしている彼ら彼女らに尊敬の気持ちがわいてきます。
自分ももちろん、一生懸命生きてきたつもりですが・・・
ほんと、自分は今ある自分で、今ある立場で頑張るしかないですね!


ハイビスカスさん、そうですね。
旧司の論文対策は、ロー入試の論文対策にもなりますから、
今はそこに専念するのが得策だと思います。
適性もありますし、忙しいと思いますが、頑張ってくださいね!

コメントを閉じる▲
中央ローでは、年間4回、学生アンケートがある。
授業ごとに「よりよくするための提案」みたいなことを
匿名で、自由に書けるようになってるの。
(すべてネット上のやりとりだから、筆跡もわからない)

詳しくは知らないけど、直接その先生に
渡されるらしく、「~とアンケートに書かれましたので」
と(冗談めかして)授業中に言う先生もいる。

なので、私も建設的意見は、書いて出そうと思う。
何が建設的意見かは人それぞれ基準が違うかもしれないけど、私は
(このアンケートに限らず、ネット上の書き込み全般について)
「自分が書いたと、本人に知られてもいいか」というのを
基準にしてるんだ。

匿名だと思うと、つい言葉がきつくなったりしがちでしょ。
どうせわからないからいいや、とか会わない人だからいいや、
っていう感じで。それがプラスイメージのことなら、まあ
許されるのかもしれないけど。

でも、マイナス影響の場合は、匿名で受け取る側は、
書いた側が思っている以上のダメージを受けると思うんだよね。
それを思ったら、自分が書いたと知られたくないようなことは
書くべきではない、と私は思うわけ。

なので、今回もそれを基準に、いくつか回答してみようと思う。

【2007/05/21 22:32】 | 法科大学院
トラックバック(0) |


ハイビスカス
こんにちは。
択一も終わり、心がくじけそうになりながらも論文と、(少しだけ)適性をやってます。ところで、以前は全く考えていなかったのですが、最近中央ローもうけてみようかなぁ、という気持ちが出てきました。確かに遠いんですが、絶対に無理というほどでもないようです。中央を受験するに当たって何かアドバイスをお願いします。


mico
ハイビスカスさん、中央はいいと思いますよ。
・・・って抽象的な言い方ですが、
私は今のところ中央に来てよかったと思っています。
(ま、よそに行ってても、同じ事を言っているでしょうが^^;)
遠くから通っている人もけっこういます。1時間以上かかるという人はザラにいます。
(前に記事に書きましたが、2時間以上かけて特急を使って通っている人もいますよ)
既修受験対策としては、旧司にはない下三法+行政法の択一対策を
きちんとしておくことをオススメします。
日弁連の法学既習者試験の成績も任意ですが提出できますので、
7科目の択一を得点源にできるようにしておくといいのではないでしょうか。
論文は、旧司の論文対策でおつりが来ると思います。
何か具体的に知りたいことがあれば、またお気軽にコメントでもメールでもくださいね^^


mame
アンケート、去年の分読んだけど、面白かったです。
非建設的な意見に対する先生のコメントも(苦笑)。
まあ、色々な受け取り方があるってことか。

かなり気に入ってる授業や、レジメが素晴らしい先生とかは、応援コメントしたくなりますね。



mico
mameさん、自習室の前に置いてあるやつ、
読んだのですね。そうか。面白いのか。
私も読んでみます。
そうそう。私は「先生ありがとう!」的なコメントも
書いて出しましたよ。


コメントを閉じる▲
昨日は息子の中学校で運動会があったよ。
みんな楽しそうに、そこそこ盛り上がってたけど
(特に男子の組体操、リレー)
私のイメージよりはおとなしい感じがした。

私が中学生の頃は、息子の中学校の2倍以上の
人数がいたし、「竹の子族」全盛期で、応援団は
サテンのはっぴを着たりして、大盛り上がりだったの。

あと昔と違うのは、見に来る親たちの数が多いこと。
さすがに小学校までに比べたら減ったけど、
昔はこんなに親は見に来なかったよなあ・・・。

息子は組体操や学年別競技のほかに、最後にやる
「男女混合リレー」にも出たよ。
人数が少ないからあっという間に終わっちゃったけど。

それでも息子は、この学校なりの
「伝統」みたいなものを感じて嬉しかったみたい。


【2007/05/20 21:48】 | 息子
トラックバック(0) |


めぐみ
息子さんが楽しんでいたみたいで何よりです☆私は女子校出身なのですが、かなり激しい体育祭でしたよ(^^;)女の闘いみたいな感じで(笑)でもすごくたのしかったですし、感動と涙の嵐でした☆


mico
めぐみさん、そうですか~。いい思い出ですよね。
女子校は独特の楽しさがありそうですし。
異性の目も気にしなくていいですし(?)
息子は3年生の先輩が、組体操前に
「女にいいとこ見せるぞ~!」「おーーっ!!」
ってやってたのがすごく印象的だったようです。


コメントを閉じる▲
平成21年からスタートする「裁判員制度」。
これの広報ビデオ「評議」をローの授業で見たよ。
(リンク先で見られるので、興味のある方はぜひどうぞ)

いやあ・・・・豪華キャストで驚いた。
小林稔侍だったり藤田弓子だったり。
この手のものにありがちな退屈さとか説教臭さみたいなのが
あまり前面に出ることもなく、それなりに面白かったよ。

扱っている事件も、結婚を前提に同棲中のカップルの女性が
男性の同級生と1度だけ関係を持ってしまい・・・みたいな
ほどよいドロドロ感(不謹慎な言い方だけど)だったし。

裁判員になったらこんなことをするのか、っていうのが
よくわかるし、客観的事実から殺意を認定していくプロセスも
わかりやすく描かれていたと思う。

誰もが選ばれる可能性のある「裁判員」。
そして選ばれたら、原則として「辞退」はできない。
だから誰にとってもヒトゴトでは済まされないんだよね。
大変なことだ・・・・ほんと。


で、ここに「評議」を見たとか書いたら、
私の在籍クラスは特定されるわけだけれど・・・・

私はこのブログのことを、自分からローで
誰かに話したことはまだないし、たぶんこれからも
自分からは誰にも言わないと思う。

けど現にここをきっかけに知り合った何人かと
ローでお会いしているし(お世話になっております)、
ブログ書いてること、隠すつもりもない。

なので、もし万が一?同じクラスの方などで
気がついた方がいらっしゃれば、気軽に声かけてくださいね^^


追記を閉じる▲

【2007/05/18 22:54】 | 法科大学院
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



77
これって
以前、テレビでちょっとだけ
見たことがあります。
(もしかしたら、違ってるかもしれません)

これから裁判員制度が始まりますね。

刑事系の先生方はよく思ってないみたいですね。

政治犯では隣町戦争が始まるかもしれないと
ある刑事系の先生がおっしゃってました。

どうなんでしょうね。


mico
77さん、
テレビでもやったことがあるのですね。
知りませんでした。

裁判員制度、たぶん「自分には関係ない」と
思っている人が多いのでしょうね。

実際、自分の周りにいる司法試験とか法律とか
関係なく生きている人たちが、望みもしないのに
呼び出されて・・・と思うと、きっとみんな
いやがるだろうなあ、と想像しています。
仕事を休んだりするのだって大変でしょうし。

その刑事系の先生のお話も聞いてみたいです。



mico
秘密コメントくださった方、メールさせて頂きました^^

コメントを閉じる▲
予想以上に多かったみたいだね、
今年の新司法試験の受け控え

今日授業があった教授の話だと、
単純計算で合格率は43%くらいになりそうだとか。

で、この調子だと、今後も受け控えは毎年
それなりの数がいるかもしれず、
昨年来の予想よりも、合格率の低下はゆっくりになるかも、
とのこと。

とはいえ私たち4期既修が受ける再来年は
やはり、2割かねえ・・・・。
受け控えた人たちは、来年以降受けるわけだし。

ま、数字は気にしても仕方ないんだけどね。

【2007/05/17 21:29】 | 司法試験
トラックバック(0) |


Luna
こんばんは!今年はどんな問題が出たのでしょう・・・。とっても気になります^^

最近はしかが流行っているようで、(新・旧司法試験にとって)大切なこの時期にみなさんが体調を維持して乗り切られることを祈っています。
私自身は、もっと体力をつけるのが課題です。食欲はあるのですが・・。スタミナが欲しい今日この頃です。
Micoさんも勉強も家のこともでお忙しいと思いますが、お体に気をつけてくださいね^^では!


77
1500人時代に
一回受験なさった方などいたりして
三振の恐怖心からですかね。

やはり、三振は怖いですね。

micoさんは一発で
上位合格なさる気がします。

これから中央は合格者数も
不合格者数も増えるので
サンプルが多くて勉強になりそうですね。

micoさんが最終合格なさったら
皆でお祝いしましょうね♪


mico
LUNAさん、ほんと気になりますね。
問題の公開が楽しみです。
確かに体力は重要ですよね~。
勉強だけをしていればよい、という若い学生に比べたら
(そういう人がどのくらいいるかは不明ですが)
明らかに時間的にも体力的にも不利ですからね。
なんとか別のところでカバーしたいところですが、
カバーできる要素が見当たらないのがつらいです^^;


77さん、やはり三振の恐怖からなのでしょうね。
3年前に純粋未修で入られた方の中には、
準備が不十分という方も多くいるでしょうし・・・。
確かに中央はサンプルは多くていいかもしれません。
私もいいサンプルになれるよう(笑)がんばります。
2年半後のお祝いが楽しみです~♪





ドラゴン
受け控え、びっくりしました。
未修でもちゃんと辰巳の答練とか受けてたら(私は当然受けるべきだと考えていますが)ちゃんと対策できたでしょうにと思いました。


mico
ドラゴンさん、そうですよね。
私もここまで多いとは、驚きました。
色々な立場の人がいるのでしょうが、初めて受けるはずだった方は、
「自分は向こう3年以内には合格できない」という前提ですからね・・・。
ちょっと切ないような気持ちです。


コメントを閉じる▲
旧司法試験に関して、
今年はすっかり部外者なわけだけど、
受験された方の感想を聞いたり読んだりしているうちに
思い出したことが。

・・・って前にも書いたことがあると思うけど。

私は2年前に択一に初めて合格したのだけれど、
その前の年、つまり受かるつもりで落ちた年。
択一直後、論文の直前模試を申し込んだんだ。

たしかこの年は、自己採点もしなかった。
で、結果的には択一に落ちていたんだよね。

だけど、私は申し込んでおいた論文直前模試を受けた。
周りにいるみんなは、今年論文を受けるんだな、
私くらいだろうな、択一に落ちたのにここで
論文模試を受けてるバカは・・・・と思いつつ。

それから、伊藤塾でやってる、無料の
「論文に向けてエンジン全開講座」(タイトル違うかも)も
私は択一を受けたことがないときから、参加していた。
そのときも、ここにいるみんなは択一受けたんだな、
私はまだ受験のスタートラインにすらついていないんだ、
と思ったりした。

要するに、気持ちだけが先走ってる、無能な人ってところか。
だけど、私個人的には、こういう一つ一つが、
今日現在の、過去のいつかの時点で憧れた?こともあった、
法科大学院生活につながってきたのだと思う。

そして
今の色んな思いも、きっと未来のいつかにつながっている。





【2007/05/16 00:17】 | 司法試験
トラックバック(0) |


77
僕も似たようなものですYo!

ただ、エンジン全開は
参加して本当によかったなと思ってます。

やっぱり、受験生はいいなと。



mico
77さん、お察しのとおり「エンジン全開講座」に出席された、
ということから思い出したことでした^^;
得るものも多くて、いい機会ですよね。
77さんは、私が受けてもないのにそういうのに出ていた頃とは、
全然違いますよ。ちゃんとやるべきこともやってるし。
だからこそ、私は断言できるんです。


コメントを閉じる▲
創価大学が休校になった頃は
ヒトゴトだと思っていたけれど、
ウチのローでも注意喚起のメールが配信されたよ。

なんでも多摩と後楽園のキャンパスではすでに
発症者がいる模様。
近所の上智や日大も休校だそうだし・・・・。

予防接種しようかなあ・・・痛いからやだなあ。

【2007/05/15 22:19】 | 雑談
トラックバック(0) |
第2回新司法試験が始まるね。

受験する先輩方、頑張ってください。

私も2年後の合格を目指して頑張りますっ。

【2007/05/14 19:44】 | 司法試験
トラックバック(0) |
択一を受験された方、
お疲れさまでした。

色々な思いがあることと思いますが、
今夜くらいは少し休んでくださいね^^


ローを併願される方は試験が続きますから
気持ちの切り替えを!

既修狙いの方は、基本的に旧司の
論文試験を受けるつもりで勉強すれば、
それがそのままロー入試対策にもなると思います。

中央を受ける方は、行政法対策にも早めに
手をつけられることをオススメします。

たぶん、行政法の試験は難しいと思います。
教授の話では去年、意識的に難しくしたそうですが
それでもまだご不満?のようですし・・・。

それに何とかごまかしても、入学後、大変です・・・。


追記を閉じる▲

【2007/05/13 18:00】 | 司法試験
トラックバック(0) |


ハイビスカス
こんばんは。
択一受けてきました。結果は、現時点の自己採点では47点。一体他の人がどれくらいできているのかも不明でありなんともいえません。憲法、民法は去年よりも難しかったような気がします。ともかく、明日からは気持ちを論文&ロー入試に切り替えていきたいと思います。きもちをすぐに切り替えることはなかなか難しいことですが、立ち止まっていても何にもなりませんからね。がんばります。


mico
ハイビスカスさん、お疲れさまでした。
点数、取れていますね!
合格点がどうなるかは考えても仕方ないので
(それでも考えちゃいますが^^;)
うまく自分をコントロールしていってください。
頑張ってくださいね!


ハイビスカス
ありがとうございます。試験の前に「三時間半かよ~つらいなぁ」、と一瞬気弱になったりしたのですが、まだ一度もお会いしたことのないmicoさんのことが頭をよぎり、頑張ろうという気持ちになれました。


mico
ハイビスカスさん、
嬉しいお言葉ありがとうございます。
これからもお互い励まし合っていきましょうね!

コメントを閉じる▲
頑張ってください。

あ・・・イトマコからの手紙みたいになっちゃうか。

でも、「本気で」受験するあなたには、
本当に頑張ってほしいと思います。
悔いの残らない闘いができますよう、そして
結果もついてくるように、心から祈っています。


一般論ではなくて、私は具体的な受験生を思っている。
実際に顔を知っている何人かの本気受験生と、
ネット上でやりとりをさせていただいた本気受験生、
それから、何かのご縁でここを見てくださっているあなた。

最後の一瞬まで、諦めないで、
そこにある問題に取り組んでくださいね!!

【2007/05/12 21:07】 | 司法試験
トラックバック(0) |
法科大学院に入ってから、授業中の教授の発言で
気になっていることがある。

特定の教授の口からというのではなくて、
何人もの教授から、もう何度も耳にした。

「みなさんは優秀だから・・・」とか
「君らは頭がいいから~」とか
「まあ、ここにいるみなさんは勝ち組でしょうから」
といった類の、要するにここにいる学生たちに
ある種の特権意識とでもいうか、ちょっとした勘違いを
招きそうな発言。

ふとした話(ちゃんとした講義)の合間に、
なんだろ、枕言葉的にこの手の言葉が
はさまれることが多いんだよ。

先生たちも本当にそう思っていらっしゃるわけではなく、
いわゆるリップサービスという面もあるとは思うけど。
っていうか、ほんと、何の意味もない
「この点」「思うに」くらいの言葉かもしれないけどw
(それだけに刷り込み効果も大きいかもとか思ったり)

なんていうか・・・・そういう言葉には
違和感というか、居心地の悪さを感じるよ。

あ、もちろん、いると思うよ、本当に「優秀」で、将来
今の世間で言うところの「勝ち組」に入る人。


そういう人と同じ環境で勉強できることに感謝しとくか。

【2007/05/11 22:48】 | 法科大学院
トラックバック(0) |


77
中央に入られたのだから
普通にすごいなーと思いましたYo!

僕としては東大ローより
中央ローの方がはるかに
ロー生のレベルが高いのではと
思ってます。

やはり、率より数の上での
No,1の方が勉強上有利だなと
思ってるので。

ところで、学部から直接
入ってくる22歳くらいの
若手はいかがですか?

レベル高かったりします?

僕は法学部で学部試験受けてて
思うのはローが主流になったから
皆、頭いいのに勉強してないんだろうな
といった感じです。




mame
うちの組はそこまで言われてない気がするけど、
まあ「難関を突破して」とかは言いますね。
確かに、ちょっと違和感。こちょばゆい(笑)。
教員の自画自賛だと思ってますけど。

中大は、人数がメチャクチャ多いから、
確かにトップは優秀でも、
ボトムとの間に相当の開きがあるのでは?

個人的には、若手で特に差がある気がしますよ。


mico
77さん、ありがとうございます。
でも私は本当に、中央に入ったことを
「すごい」とは思ってないです。
新司に受からなければ意味ないですしね^^;
学部から直で来られた方が私のクラスにも
数人いるようですが(あと飛び級で昨年未修に
入って進級した方も1人?います)、やはり
優秀だと思います。
答案を読んだりしたわけではないのでよくわかりませんが
なんていうか、きちんと勉強しているという印象です。
勉強歴が浅い分、知識が不足している面はあるかもしれませんが、
正しい方向で利益考量ができたりして、しっかりと
考える力を持っているという印象を受けますよ。
知識なんて所詮覚えればいいだけですので、
「ああこういう人たちが伸びていくんだなあ、
まっすぐ伸びていってほしいなあ」と
我が子の成長を見守るような気持ちになります(汗)
私も頑張らなくては。


mameさん、いやいや、別にウチのクラスが特に
言われているというわけではないですよ^^;
選択科目の先生もおっしゃいますし・・・。
でも確かに人数多いですから、レベルが一律、
というわけはないでしょうね。
入試時点と、1年2年と過ぎた時点ではまた
差が広がったり入れ替わったりするでしょうし。
mameさんは今年度でローから去ってくださいね(笑)
心から応援しています。




コメントを閉じる▲
今度の日曜日は旧司の択一ということで、
私のクラスでも欠席している人が何人かいる。

去年まで、ローに在籍しながら旧司合格!という話を
完全に他人事かつ、身近にも存在しない話として
聞いていた(読んでいた)。

たとえてみれば(たとえなくてもいいけど)
よその国ではそういうこともあるんだねえ、くらいに。

でも今年は、同じ教室で(まだ1ヵ月程度だけど)
いっしょに勉強している人の中から、そういう人も
出てくるんだね。なんか、それだけでも感動だよ。

受ける人は、ぜひとも合格してほしいと思う。

【2007/05/09 21:08】 | 法科大学院
トラックバック(0) |


ハイビスカス
こんばんは。
「旧」の択一が目前に迫ってきました。あせってもしょうがない、と自分に言い聞かせてはみるものの、やはり落ち着かないですね(泣)。あと、適性試験の願書なども提出致しました。これからが大変なのに、ふと弱気になる私に、micoさん、どうか喝を入れてください。お願いします。



mico
ハイビスカスさん、喝っっ!!(^^)
今の時期にあせるな、と言っても無理ですよ。私もそうでしたが、
多くの受験生はあれもやってない、これもやってない、
って、やってないことばかりに目が行っていることと思います。
そんな中で「あ、今、私あせってる」って意識できるのであれば
大丈夫だと思いますよ。
択一後が終わればすぐに適性ですし、
これから約半年(ロー入試のスケジュール次第ですが)は
試験続きになりますね。
ずっと強気で行くことなんて普通はできないので、
時には弱気になりながら、乗り越えてください^^
私でよければ、グチ?のはけ口になりますよ(笑)

コメントを閉じる▲
連休中に予習をほぼ終えたので、
ちょっと気が楽・・・・って
授業をこなして満足している場合ではないけど。

そろそろ司法試験に結びつけるような勉強方法を
自分なりに確立しなくては。

なんだかんだ言って、授業の予習にも、
今まで使ってきた資料が役に立っている。
予備校のテキストだったり、旧司の論文過去問だったり、
ゼミで検討した資料だったり。
(行政法以外の基本法のみの話だけど・・・)

なるべく今まで使ってきたものに
フィードバックするようにしようと思う。
新たにファイルを作るようなことはしない。
(あ、授業で使ったレジュメはファイルしておくけどね)

それで大丈夫なはず。


行政法以外・・・・・。

行政法の判例って面白いんだけどなあ。
試験との関係では、ローの授業をきっちりやってれば
大丈夫、とは、残念ながら今のところ思えない・・・。

もちろん、私自身に基礎がないことが原因だけど。
どうにかしなければ。


追記を閉じる▲

【2007/05/08 21:23】 | 法科大学院
トラックバック(0) |
帰宅後、夕飯の支度をするまで私はローの予習。
息子は今週、中間テスト週なので部活もなく、
一応、試験勉強をしているらしい。

ウチでは、私の机と息子の机が、えっと、
はす向かいの感じで、背中合わせになってるんだ。
だから何かあると「ねえねえ」ってすぐに話せる。

さっき息子が、例によって「ねえねえ」って。
「あのさ、ダイエットしてて失敗した人がいるとするじゃん?」

え・・・?なんでいきなりダイエットの話?
講義レジュメから目をはなさないまま、あいまいに「うん」

「5キロ減らそうと思って頑張ってたのに、リバウンドとかして
5キロ増えちゃった場合。そういう人のこと慰める言葉思いついたよ」

「ふうん。何?」

「マイナス5キロ減ったんだからよかったじゃん、
って言えばいいんだよ。減った、って言われたら一瞬
そうか、減ったんだからいいや、って思うじゃん」

・・・・あ、そういうことか。
-5キロが減ったって要するに、マイナスとマイナスでプラスね。

そう。息子は中学1年生。
中1の数学で最初の習うのが「正負の数」。
数学の勉強してて思いついたのか・・・まったく
何を考えて勉強しているんだか。

【2007/05/07 21:16】 | 息子
トラックバック(0) |
例の話題作ね。

終わった直後、息子は
「結局何が言いたいのかわからなかった」
って不満そうだった。

そうだねえ・・・・期待はずれだったな。

たぶん、難しいことを言おうとしているのだろうけど
(または全然そういうのではなくすごく個人的なことか)。

うーん。ほら、自称映画マニアみたいな人が
「ああ、あれはね、10回くらい観ないとわかんないんだよ」
とか
「素人にはわからないかもね」とか言う場合があるじゃない。
たぶん日本のどこかで、そういうことを言っている人が
いるだろうな、というのが私の感想。

あんまり、好きじゃない映画だった。
(あくまで私の好みの話なのであしからず)
解釈の余地は色々ある。

だけどね、なんていうか、
「わかる人だけわかってもらえばいい」
みたいな、傲慢さみたいなものを感じたんだよ。

私は大学のとき、演劇科だったんだけれども、
そういう人が周りに(教授も含め)何人もいて
うんざりしたことを思い出したの。

映画とか演劇とか、それは芸術だと思うけど、
見る側は必ずしも「芸術」を求めていない。
「娯楽」を求めている場合の方が多いと思う。

伝えたいことがあるなら、シンプルに、
「一般大衆」にもわかるように描けばいいと思う。

難しいことを難しく語ることは簡単で、
これも私の価値観にすぎないけど、本当のプロは
難しいことを、わかりやすく語ることができるものだと思う。

映画とは関係なく、
たとえば法律の講座の入門だってそうだしね。

そういう意味で、特にテレビドラマなんかで、
あくまで「娯楽」として見せていながら、もしかして
気がつかない人もいるかもしれないけれども、
何かメッセージ性を残しているものに感動する。

そのメッセージ性に気がつかないとしても、
「娯楽」として十分成り立っている。
で、気がついた場合にはさらに心に灯がともるような。
やっぱりそういうのがいちばん好きだな。


追記を閉じる▲

【2007/05/06 21:02】 | 雑談
トラックバック(0) |


77
本当にそうですよね。
うんざりしますよね、そういう映画は。

だったら、もっと
小さな映画館でやればいいのにと
思いました。

司法試験の世界にも
似たような人がいるかもしれませんね。

そういう人にならないように
気をつけます♪


睡蓮
息子さんと映画に行ける(アニメ以外の)っていいですね~。

私は監督のメッセージに気付かないことが普通で、いつもパンフレット後から見て、「あ~、あれはああいう意味だったのか~」と納得することがしばしばです。
「バベル」は前作の「21グラム」が難解だったことから、今回も難解だろうな~と思ってました。
予告の感じからも想像していました。
もちろん択一前の今はまだ見ていませんが、見たいと思っています(ネットやってる場合でもないですがちょっと用事があって・・・ 笑)。

「21グラム」は、役者、音楽、編集、雰囲気がすごくかっこよかったんですよね。
「バベル」もそうだったとおもうんですが、独特の時間軸で描いていくスタイル、あれは多分作る側も難しいはずで、でもあのスタイルがその監督らしさというか、個性で、またそれのせいで、難しくさせてるんですよね。
でも監督の作品のファンからしたら、そういうこだわり(スタイル)が欠かせないものだったりするんですよね。

映画とかって万人向けとそうじゃないのに分かれると思うんですけど、これは間違いなく後者でしょうね。
だから前の方がおっしゃるように、単館でやればよかったんですよね。
話題があるってだけで、来場者がみこめるから全国ロードショーなんでしょうが。

私の中では娯楽作と芸術系?って自分で勝手に線引きしてみてて、後者の場合はストーリー以外をとくに楽しむようにしています。
でもたまに邦画とかとくに中途半端なのがあって、それは嫌ですね。

人のブログに長々と失礼しました~。


mico
睡蓮さん、そうですよね。
ほんと、これが吉祥寺とかの小さなところで
マニアとか「通」しか見ないことを前提に
やるのであれば、納得です。
司法試験界にも確かに、いそうですね^^;
お互い一般国民の感覚を忘れないように
気をつけましょう!
映画なら許されますが、法律家が
「わからない人はわからなくていい」では
許されませんからね・・・。

77さん、万人向けとそうでないのがある、
というのはまさにそうだと思います。
私もそのヘンは区別して観ます。
(最近後者を観る気力があまりないですが)
そしてバベルは、間違いなく後者なのに、
今回は話題が先行してたため、
「万人向け」と勘違いしてしまったのが問題でした・・・。
(だって見たいと言い出したのは息子ですからね^^)
なるほど、この監督は、いわゆる「通」向けなのですね。
前作のことも何も知りませんでした。
時間軸をいじる手法については面白いと思いましたよ。


コメントを閉じる▲
旧司法試験も、新司法試験も、
本試験まであと少しになったね。

今年は完全な傍観者であるということ、
実は、ちょっと寂しく思えたりもする。
無意味な焦燥感。

受験するみんな、色んな立場の人がいて、
それぞれに色んな思いを抱えていることと思う。

こんなことを言うのは無責任かもしれないけど、
やっぱり私は言いたい。

受験する人たちみんな、頑張れっ!

思いつく限りの立場を想定し、心から応援しています。
頑張ってくださいね。

【2007/05/05 22:24】 | 司法試験
トラックバック(0) |
ふと気がついたら、この1ヵ月、
受信メールがたまり放題。

友人知人からのメールは、もちろんちゃんと読んで
返信したりしているけど、それ以外の色々が
未読のまま、かなりたまっていた。

ロー生活が始まる前は、こまめに削除したり
面白そうなものはチェックしたりしてたのに。

自分の手書きの日記も、全然書いていなかった。

ソファーの上に、たたんだ洗濯物が放置されてる。
一応たたんでいるところがリアルでしょ(笑)

掃除機の紙パックも取り替えようと思ったまま
取り替えないでいて、すっかり吸引力が落ちていた。

息子の学校からの配布物も、目を通してはいるものの
きちんとファイルしたりせず山積みのまま。
(いつもは選別して、冷蔵庫に貼ったり、
クリアファイルにファイルしたりしている)

ああ・・・この1ヵ月、いわゆる
「いっぱいいっぱい」の状態だったんだなあと実感。

これからは振り回されず、主体的にやっていくよ。


【2007/05/03 22:17】 | 雑談
トラックバック(0) |
今日は「刑事訴訟実務の基礎」から出されている
レポート課題を片付けたよ。

A4の紙2枚に事案が書いてあって、弁護士の立場から
何をどう主張すべきか、という課題。

大雑把にいうと覚せい剤の事件で、証言の信用性とか
証拠品の証拠能力について書かせる問題だった。

で、どうもこの事案に覚えがある。
確か近い年度の判例があったはず。

えーーっと。どこで見たんだったかな。

もやもやした時間を過ごした末に思い出した。たしか
去年の論文直前模試(辰巳の、大学教授出題のやつ)だ。

・・・と思ってその資料を漁ってみたところ、やっぱり
そうだった!(レポート作成に大いに参考になった)

こういうことがあるから、捨てられないんだよなあ、
色んな資料・・・・。

【2007/05/01 23:11】 | 法科大学院
トラックバック(0) |

おはよー!
たぬきねこ
私も昨日、刑法の課題を提出しました。
1600字の字数制限があって、削除するのに悩みまくりでした。結局、問題文と大して変わらないA4一枚となりました。
せっかくの、GW、風邪をひいてしまい、喉が超痛いです(涙)。micoさんも風邪ひかないように気をつけてください。時間と体力を浪費している気分になっちゃいます。
私も、資料を沢山持っているので、micoさん、新司合格のアカツキには、景気良く、キャンプファイアーをしましょう!♪燃ーえろよ、燃えろーよ♪って。ごめんなさい、悪乗りしすぎですよね…。

おつかれー
mico
たぬきねこさん、レポート提出、お疲れさまでした^0^
刑事訴訟実務の基礎のレポートは、A4で1枚、という制限です。
丁寧に書こうと思うと、いくらでも長くなってしまうので、やはり削除に四苦八苦・・・。
もっとも字数制限ではないので、最後は行数を増やしたりしてごまかします^^;
キャンプファイヤーいいですねぇ!
でも現実問題としてはバーベキュー程度かな(ってやる気満々)。
体調は大丈夫ですか?連休明けからは長丁場ですから
いまのうちにゆっくり休んで快復しておいてくださいね!
お大事に。

コメントを閉じる▲