茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
昨日のことなんだけど、
息子の中学で三者面談があったんだ。
(自分の試験が終わった帰りに出席)

三者面談なんて、久しぶりだ~!
しかも今回は親のほうだよ。

姿勢悪くいすに腰掛ける息子に、小声で
「ちゃんとすわんなさい」とか言ったりして
ちょっといい母ぶっちゃった(^^;)

笑ったのは、先生から息子への
「この機会にお母さんに何か言っておきたいこととか
注文とか、ある?何でもいいよ。」という質問。

息子は「いや、別にないです」って。
だってねえ・・・あればそんなの、直接
私に言うもん、今のところ。
中学の先生ってそんなところにも気を遣うんだね。
今日は
「比較法文化論」(選択必修科目の一つ)の
試験があったよ。

えっと・・・・これは何を書いてもOK系?
ちゃんと授業を聞いていました、というのを
アピールできれば大丈夫っぽい・・・かな。

あとは「家事紛争と法」「法社会学」の2つ。
前者は中間レポートが4問あって、それの評価は
良かったので(先生の言いっぷりでは、みんな、
いいみたいだけど・・・)普通に頑張れば大丈夫かな。

後者は・・・・明日クラスで受講した人たちと
勉強会をするので、そこで何とか理解が進めば・・・。
昨日の「刑事訴訟実務の基礎」で
必修科目の試験は全て終了。

行政法がダメダメだったのと、
民訴もいまいちなのがちょっと・・・(泣)
あとの3科目、
つまり刑法と会社法と刑実は大丈夫だと思う。

あ、大丈夫って、あくまで単位は落とさないだろう、
というレベルね・・・。

来週は、月、水、金に1科目ずつ。
なんかちょっと間延びする感じでいやだな~。
早く終わってほしいっ。


法学既修者試験を受けるみんな、頑張ってね!
今日は足立の花火大会。
ウチ(マンションの12階)のバルコニーから
ばっちりよく見えるんだよね。

で、一昨年までは、色々人を招いたりご近所さんと
お出かけして見たりしてたけど、去年はロー入試前で
息子は友達と見に行っちゃったし、1人で見たんだよね。
(ってなことを、去年ブログに書いた)

今年も結局、1人淋しく?ちょっとだけ見たよ。
一応、試験期間だもんねえ・・・。
ということは、来年もきっと1人だなあ・・・。
(再来年は絶対、複数で見るぞっ)

息子は今年、部活の先輩に誘われて行った。
(今、コンクール直前で毎日お弁当持ちで練習中なの)
男の先輩に誘われたらしいんだけど、どうやら行ってみたら
約2名、女子先輩もいたらしい・・・・しかも
屋台でのちょっとした食べ物とか、全部おごってもらったとか。

いよいよ来たか、我が子の青春っ!
ここで茶化したり叱ったりしちゃダメなんだよね。
あくまで平常心で対応。やっぱり、隠されたくないもん。


私はかなり隠してきたけどね・・・(笑)
高校3年の1学期、
数学の期末テストの答案を白紙で出した。
→教官室に呼ばれ、さんざん(嫌味も込めて)叱られたが
たくさんの課題を出され、それを提出することで単位を取得。

大学1年の前期、
必修科目だった演劇演習Ⅰの発表をテキトーにごまかし、
「文語体で、カタカナばかりで読みこなせませんでした・・・」
などといいわけをした。
→教授からクラスメイト全員の面前で「大体大学生にもなって
カタカナが難しいなんて恥ずかしくないのか」などと罵倒され、
(それ自体は、もっともだと思うが)
結局単位をもらえなかった。4年生になってから再受講、
そのときはマジメに準備して発表し、Aをもらった。


・・・・ということを、今日の公法総合Ⅰ(行政法)の
試験時間中に思い出していたよ。

再試験、ほぼ間違いなし。
「再試験かも・・・」というレベルじゃない。
だって、私が先生だとしても、これじゃあさすがに合格点は
つけられない、って思うもん(笑・・・いや、笑い事じゃない)

原因は、明らかに勉強不足。
まさかこのトシになって、同じ轍を踏むとは思わなかったよ。

ま、私らしくていいか。
夏休み、再試験に向けて、マジメに勉強しよう。
の試験が終わったよ。
A4の紙に2枚半の問題文で、
答案用紙は旧司のと同じ形式のを2枚配られた。
時間は120分。

失敗点を言い出したらキリがないけど、
まあ、落とすことはないと思われる。

それより驚いたのは、座席指定の方式。
未修からの進学組と、既修入学者とを分けてるんだよ。
私は、いっしょに勉強しているクラスメイトとして、
未修も既修も関係ないと思っているから、
(普段の授業で意識することもないし)驚いた。
単なる事務処理上の都合なのか、何か意味があるのか・・・。

この前の会社法の論文小テストでも、
未修と既修とで別々に平均点を出していたし
(ちなみに25点満点のテストで
既修のほうが0.7点だけよかった)
当局から別々にデータを取るように指示でもあるのかな?

さて、明日は民事法総合Ⅱ(会社法)。頑張ろう。
単位取得しないといけないわけで、
ふざけている場合じゃないけれど。

司法試験との関係で思うと、
いい答案練習の機会なんだよね。

答案を書くこと自体は、けっこう好きな私。
久しぶりの答練だと思って、楽しみながら頑張るよ。

あ、ほら、答練は本試験のように、というのが
定説?だから、もちろん本気でね。


全然関係ないけど、
TBSのドラマ「パパとムスメの7日間」面白いね。
昔の映画で高校生男女が入れ替わる「転校生」ってのが
あったじゃない・・・って知らないかな。
(原作は山中恒「おれがあいつであいつがおれで」)
あれを、父娘にアレンジしたわけだけど。
思ったより、面白くて、つい毎週見てる・・・。
参加された方、お疲れ様でした。
今年はキャンパスツアーはなかったのかな?

私も去年、これに参加したわけだけど、
正直、ここに通うことになるとは、思っていなかった。
色んな意味で。

旧司に合格してるはず!と思いたかったし(笑)
ローに通うお金なんて、工面できっこない、とも思ったし、
トイレも汚くて(不潔感は全くないのだけれど、古すぎ)。

でも、今、通っているんだよね。


だってさあ・・・月曜日から期末試験だからね。

ほら、中学高校の頃、あったでしょ?
試験前になると、妙に机を片付けたくなる、とか。
(ふだんは机に向かわないから気にならないw)

今日は久しぶりに、丸一日家にいて、当然、
朝からずっと勉強するぞ!と思っていたものの・・・。

息子がね、2学期にある合唱コンクールで、
ピアノの伴奏をすることになったんだ。
何度も書いてるけど、かつて結婚披露宴でエレクトーンを
演奏する仕事をしていた私としては、放っておけないわけで。

息子も
「夏休み中に形にしてって先生に言われたんだけどさ・・・
教えてよ」なんて言うもんだから、ついね・・・。
教えるというより、自分が弾いて喜んだりして。

やれやれ・・・
あ、でも勉強もしたよ。
今日は行政法の、授業で扱った判例を読んだ(百選で^^;)。
あと、会社法のノートも見直した。
自分のノートが頼れるのは、会社法だけかも・・・。

今日で前期の授業は全部終わったよ。
あとは来週と再来週の試験を乗り越えればOK!
(あくまで、乗り越えれば、ね・・・・)

前期の授業最後だもん、ここは乾杯でしょ!!

・・・・・なんて思ってる人はいないよね、
来週は試験なんだしさ。


と思ってたんだけどさ、いたんだよ、これが。
隣の席のAさん(女性)。
お互い飲むらしいとわかり、ちょっと前から、
飲みに行こうねとは言っていて、いっそ今日、みたいな。

うーん。嬉しかった。
今日は午前中、母が入院している病院へ行った。
先日、担当の医師から
「お話ししたいことがありますので」って呼ばれて。

「ご本人ぬきでお話ししたい」
と言われたらねえ・・・いい話なわけないよね。
行きがかり上、結局母本人も同席したため、
オブラートにくるまれた表現になっていたけれど、
さすがに私にはわかったよ・・・。
(後からこっそり耳打ちもしてくれたし^^;)

ま、ありがちな話だけれど、手術をきっかけに、
別の悪いところがたまたま見つかり、ちょっと深刻かも、
みたいなこと。

ということで、ローの期末試験週間に合わせて(泣)
母の診察付き添いが続きそうだよ。

・・・ってこれじゃ、試験ダメダメの事前いいわけだね。
単位落とすのは絶対にイヤなので
(1つだけ、やむを得ないと思っている科目もあるけどw)
何とか頑張ろうっと。

昨日まで受験されたみんな、お疲れ様でした。

昨日私は、受験した数人を囲んでの打ち上げに
参加させてもらってきた。
高田馬場駅前で待ち合わせたんだけど、まず思ったのは
去年までと比べて、いかにも論文受けてきた!っていう
集団が減ったこと・・・・。

ああ、やっぱり論文受ける人自体、すごく減ったんだね。
1500人合格時代と比べると、その差は歴然だよね。

問題文もちらりと見せてもらったけど
(飲んでたから詳しくは見てない・・・)
憲法の人権が数行の問題だったのには驚いた。
ここ数年、長めの事例だったのにね。

何はともあれ、今年の論文を受験したみんなって、
それだけで、ものすごい実力者なんだと思う。
ここを見てくれた受験生が、全員、合格しますように。
旧司法試験の論文を受験された方
(15日の夜にここを見ているとも思えないけど^^;)
一日目、お疲れさまでした。

去年のことを、色々思い出していたよ。

私は、私が今いる環境で、頑張らなくちゃね。
今日は「刑事訴訟実務の基礎」の最後の授業。
もうロー生活の4分の1が終わるんだなあ・・・。

担当の裁判官の先生が最後におっしゃったのは、
法律概念を、日常の平易な言葉で説明できるように、
ということ。
本当に理解していればそれができるはずだと。

もうすぐ裁判員制度が本当に始まるんだもんね。
フツウに生きてきた人にとって、法律の専門用語が
どれだけ分かりにくいものなのか、私は知っている。
(30歳過ぎてから勉強を始めたわけだからね^^;)
社会一般に使われる言葉が、
全く違う意味合いで使われることさえあるしね。

そういう意味では、常日頃、息子からの質問に、
子どもにもわかる言葉で言い換える、という訓練を
積んでいる(?)のはいいことかもしれない・・・・。


ところで
旧司法試験の論文を受ける方の健闘をお祈りしています。
受かるべき人が、受かるべくして、受かりますように。
今日は息子の学校で保護者会があったよ。
今までローの授業があって出られなかったから、
今回が、息子が中学生になってから初めての出席。

公立中学としては、なんか、いい感じなのかも。
少なくとも、私が中学生だった頃みたいに、
窓ガラスがないとか、廊下や階段の壁が落書きだらけとか
そういうことは全くないし、多くの子供たちが
(全く面識はないのに)「こんにちは!」って挨拶する。

ただ
今の時代ならではの問題もあるみたいだね、やっぱり。
携帯やネットでのイジメみたいなこととか。
携帯はほとんどの子が持っているらしいし。
(ウチの息子も持ってる)

最近自分の勉強のことや母の手術のことで頭が一杯だったけど
毎日明るく楽しそうに学校に通う息子にも、感謝しなくちゃね。
(吹奏楽部で、女子先輩にかわいがられてるらしく、
嬉しそうだったりもする・・・・・微笑ましすぎ)


追伸:再現答案のご希望、たくさん頂きました。
   ありがとうございます。もし届いていない!とか
   不備がある、ということがありましたら、遠慮なく
   ご連絡ください。
   また、ステメンを読んでほしいというお声も頂きました。
   私でよければ、読んで感想くらいはお返事します。
   (もちろん、コトの性質上、添削は無理ですよw)
   それからロー入試や、中央ローでの生活についても、
   私でわかることであれば何でもお答えしますので、
   どうぞご遠慮なくメール下さい。
というのが、今日あったよ。
40分で15問の択一試験。15点満点。
私の出来は・・・ま、こんなもんでしょう。
(平均点は取れてることを祈ろう)

けど、新司法試験の択一試験対策も
早くから手をつけたほうがいいなあ、って
今回改めて実感できたよ。
(先生方の本意もそこ??)

上三法は、旧司の択一の経験から、自分の中で
「こうすれば大丈夫なはず」というのが固まってるから
3年になってからでいい、と思える。

逆に言えば、それが分かるだけに、
他の4法について「こうすれば大丈夫」と言えるレベルに
持って行くために、どのくらいの時間と労力が必要かも、
大体わかるわけで・・・・・。
夏休みにまずは一回ししよう(有言実行!)。


ところで、全然話は違うけれど、
一昨日、初めて
クラスの人から「ブログやってます?」って言われたよ。
何度か書いてきた、「ローヤリング」という
実務科目が今日で終了。
ほんと、毎回、楽しい授業だった。

弁護士の先生が、依頼者役をやって下さり、
学生が弁護士役になって、実際の法律相談や
和解条項作成をシュミレーションするという授業。

司法試験に受かってもいないのに、
こういう実務科目が必要なのか?という議論があることも
承知しているけれども、やってみて、すごくよかったと思う。

実務のイメージが持てるというのもそうだし、
日頃、机上で議論していることが、どういうふうに
現実の事件で問題になってくるのかが体感できる。

当事者にあれこれ想定外のことを言われた場合に、
弁護士としてどういうことを知っていなければならないか、
それ以前に、人間として、「人」にどう向き合うべきか、
色々考えさせられたよ。

といっても、中央と明治しか受けていないので、
この2校の、昨年の入試のものです。

・今年ローを受験される方
・あくまでご自身の受験の参考にして下さる方
・悪用しないと約束して下さる方

という条件つきで、差し上げます。
必要な方はご遠慮なく、メールフォームからご連絡ください。

ちなみに
ステメンは、市民生活密着型の弁護士になりたい、
ということを自分の経験から書いたもので、すごく
個人的事情に基づいていたりして、あまり参考には
ならないような気がします。
手書きのもの(実際にローに提出したもののコピー)を
pdfファイルでお送りします。

答案の再現は、間違いも含めて、そのまんまのものです。
ワードファイルです。
こんな間違い書いてても受かったのか、という参考になるかも。

今日は息子の誕生日。
すなわち、私が13年前、男の子を出産した日。

もう13歳だって~!信じられない気分。
難産で、生まれてすぐには泣き声も上げず、
鼻から管を入れて吸引したりしてやっと弱々しく
泣いた息子。しばらくは片方の目があかなかった息子。

生きているのかどうか不安で、何度も何度も
鼻のそばに指をあてて、呼吸をしていることを確認した私。

そんな息子がもう13歳。中学生。
すっかり一人前の男の子の口をきくようになっている。

生まれてきてくれてありがとう。
今日もやっぱり言っちゃった。
息子も「産んでくれてありがとう」って言ってくれたよ。
この子がきてくれて、本当によかった。

今日は母が、足の動脈硬化の手術をしたんだ。
ちょうど金曜日は今、ローの授業もないし、
朝から付き添って、午前中には無事に終わった。

母の動脈硬化は10年近く前からわかっていて、
以前、1度手術するつもりで入院したのに、
前日になって「やっぱり恐いからやめる」
と言ってやめた、という経緯がある。

ここ数年、まともに歩けなくなってきてて、
ついに母も決心したらしい。
無事に済んでよかったよ・・・。
ウチは父でつらい経験があるからね、母も
「手術」に過剰反応するわけで、娘としてもつらい。

それにしても、父も血管が悪く、母もこれでは、
私も遺伝的に危ないなあ・・・・。
動脈硬化を予防する生活習慣にしなくてはね。
(どうすればいいのやら・・・)
授業を聞いていて、疑問が残ったところは、
なるべく直後に先生に質問することにしている。

当初は、すぐに行列状態(といっても数人だけど)に
なるのを見て躊躇していたんだけど、やっぱり
そのときに質問しておかないと、結局放置しちゃうからね。

同じく質問待ちのクラスメイトと、疑問点について
話したりするのもまた楽しい。

休み時間に席が近い人たちと、勉強以外の雑談をしたり、
授業中にあてられて、ちょっとした助け合い?をしたり、
ローは、勉強することが、楽しいようにできている。
勉強していて、当たり前。

・・・・と思うのは、学生生活が久しぶりだからかな。
私が、22歳で入っていたら、こうは思わないだろうし。
・・・っていうか、22歳の私が、この道を選ぶことは
ありえなかったけどね^^;
今日は「家事紛争と法」という選択授業があって、
前にも書いたことがあるけれど、すごく面白い。

あ、おもしろおかしい、っていう意味ではないよ、
もちろん。扱う事件は身近かつ深刻、
誰でも当事者になりうる事例ばかりだし。

一つ一つは、本当に、滅入るものばかり・・・。
相続争いにしても、
なんでここまでこじれちゃうんだろう、
いっしょに育ってきた兄弟なのに・・・とか、
離婚事件でも、
一度は愛し合って結婚したのにね・・・とか、
判例を読みながら、講義を聴きながら、
つらつらと考えてしまったりする。

言ってみれば、人間のいちばん醜い部分を
毎回毎回見ていく授業なわけで、いちいち感情移入して
当事者の立場にはまりこんだら、つらすぎる。

でも担当の先生は、それを淡々と、だけど変に
割り切るのではなくて、人間味をもって講義してくださる。
尊敬・・・・。

ローに入って、尊敬できる(というか、自然とそういう
気持ちがわいてくる)先生の講義をたくさん受けてきた。


そろそろ各校のロー入試日程も気になる時期、
受験を予定されているみなさん、ローは本当にいいですよ。
一面しか見ていない、と言われちゃうかもしれないけど
(もちろんマイナス面も、認識してます、それなりに)
私はローに入って、本当によかった。今は毎日が楽しい。


最近、学校以外のことが
色々忙しかったりもして、
しかも学校でも期末試験が近いし、
なんだか(気分的に)疲れ気味かも。

この前のつまらない事務的ミスが引き起こした
大失敗もそうだし、ほかにも小さなミスが頻発。
持って行くべき教材を家に忘れてっちゃったりとか。
授業中も、集中していない時間が微妙に増えた気が。

前期もあと1ヶ月で終わり。
ここらで気合いを入れ直してまた頑張るぞっ!