茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です

今年もあとちょっとだね。

なんといっても今年は,ローに入学したことで,
生活環境がだいぶ変わったし,人間関係も広がった。

全体の印象としては,タイトルどおり。
ローでは,勉強せざるをえないから,勉強もした。
それに,授業中や,それ以外でも,笑う機会が増えた。
1人で家で勉強しているときには,こんなに笑うことはなかったもん。

ちゃんと毎日通えるのだろうか,と心配だったけれど,
(幸い体が丈夫なこともあってw)息子関係で3回休んだ以外は
全ての授業に出席した。

クラスの人と馴染めるだろうか,というのも心配したけれど,
おかげさまで,すっかり馴染んだ(つもり)。
勉強のことを色々相談できる仲間もできたし(クラス外でも),
予想外に,女子飲み仲間までできた。

来年は,早くも3年生。
今までよりもさらに本試験を意識して勉強していこうと思う。
2007.12.30 / Top↑
以前,私のロー入試のステメンと再現答案を
このブログを通してお送りしたことがあった。

お送りした方,みなさん,当時お礼のメールを下さったけれども,
それだけではなく,最近までに,その中の多くの方から,
その後の結果等について,ご報告頂いている。

こういうのって,すごく嬉しい。
もちろん,残念な結果のご報告もあるし,所詮私の自己満足であることは
重々,承知している。それでも,ちょっとでもお役に立てたのかも,と
思えることで,私はとっても救われるような気持ちになる。

ブログをやっててよかったな。
今,これを(否定的な気持ちであってもいいよ^^)読んで下さった方,
みんな,どうもありがとう。
2007.12.28 / Top↑
ここのマンションで暮らし始めて,かれこれ13年弱。
息子と同い年の子がいる数世帯で,今日,マンションの
集会室で忘年会を開催したよ(主催は子供たち)。

子供が3人いるお宅もあるから,それなりの人数。
ご夫婦で参加される家,多数。

こういうとき,私はいわゆる奥さん仲間の会話にも合わせられるし,
ダンナたちの話(こっちのほうがむしろ感覚的に近い)もわかる。

逆に言うと,どっちとも,それなりの距離感を感じるわけで。
ああ,ここで,仲の良いダンナでもいたら,違うのだろうな,とか(^^;)

だけど,ママ友たちからは,(みんな,ダンナも来てるからコソコソ声で)
「離婚のときはタダで相談させてよね」って言われたり,ダンナ連中からは
「友達の弁護士事務所に,給料安くてよければ紹介するよ!」などと
言っていただいたりして,なんだかありがたい。

常に足下を見て,しっかり生きていかなければ。

2007.12.27 / Top↑
今年もあとわずかになったね。
まだ年賀状,作ってないな~。

私のこだわり。

①写真は,子供の写真だけでなく,自分も入れる(小さくw)。
 自分の友人・知人に送るのだから,受け取る方から見れば
 「micoの子供」にすぎない。子供の顔だけ出ているより,
 「友人であるmico」との比較のほうが面白いと思うから。

②必ず一言は,その人を思い浮かべてメッセージを書く。
 年に1度のご挨拶になる方もいるので。

③宛名は,必ず手書きで書く。
 ②と共通するけど,相手方を思う時間として。

・・・もっとも私は,
広く浅くより,狭く深い人間関係を築くほうなので,
出すのは,せいぜい30枚程度。

どちらかというと,年賀状は,
ふだん会えない人たちとの交流という意味合いが大事だと思う。
(年とったのかな~)


2007.12.25 / Top↑
今日はクリスマスイブかつ世間は3連休最終日。
なんだけど,ウチのローではフツウに授業があった。
(しかも民法の先生からは10分強延長のプレゼントつきw)

授業後に予定があってさっさと帰る人,
残念ながら?自習室で夜まで過ごす人,色々だったみたい。

なにはともあれ,

メリークリスマス
2007.12.24 / Top↑

P252iS0019922995x1.jpg


ディズニーランドのほうのクリスマスイベントは
(自分がバイトしていた頃からも含めると)
何十回と見たことがあるのだけれど,
ディズニーシーのクリスマスは,初めて。

楽しかったわ~。
あ,もちろんまた,息子とデートなわけだけど(笑)

私のイチオシは,ブロードウェイ・ミュージックシアターの
ビッグバンドビート~クリスマス・スペシャル~。
これは見る価値,大いにあり。
元々,ミッキーのドラムさばきがかっこよくて,大好きなショーなんだけど,
今回はクリスマスバージョンで,クリスマス気分を存分に味わえる。
「観てよかったね」って満足気な声をいくつも聞いたよ。

ちなみに,12:15,13:45の回は激混み。
12:15の回の,45分前に行ったら既に締め切られてて,
早くも13:45の回に並んでいる人が・・・・。
それ以降は,そこまでではない。私は16:00の回を見た。

それからね・・・・以下は例によって親ばか炸裂よ!



2007.12.23 / Top↑
ウチのローは,防衛省の隣。
防衛省って,毎週月曜から金曜まで,午前午後各1回,
ツアーを行ってるんだよ~。あんまり知られてないよね。
(私もローに入る直前まで知らなかった)

ということで,クラスの友人数人で,行ってきた。
色んな意味で,面白かったよ。

P252iS0019333162k.jpg


ここは,市ヶ谷記念館という建物の大講堂。
あの東京裁判で,実際に使われた場所。
一点なんとか法(すまん)という技術を使っているため,
実際の距離よりもステージは遠くに見える。

三島由紀夫が切腹したのは,この建物のバルコニー。
移設されているから,場所的には違うけれども。

で,ちょうどこの建物,ウチのローの5階ラウンジから見えるのよ。
そのバルコニーと,ローのラウンジが向かい合う感じ。

逆側からローの建物を見たら,正直,しょぼすぎだった・・・・・。
2007.12.21 / Top↑
民実のレポートも無事完成して,やれやれ・・・と
学校からのお知らせ等が出るサイトにアクセスしたら・・・

ひ~~っ!期末試験の日程が発表になってる。
全く,息つかせないというか・・・。
冬休み前のご発表,ありがとうございます,みたいな。

後期の期末試験なんて,当分先のことと思ってたのに,
もう1か月程度だよ。早いなあ~。

そろそろ法曹倫理のレポートも書かなくちゃ。
これは,実名入りでロー内で公開されるから,
あんまり変なことも書けないよなあ<きっと書くだろうけど。
2007.12.20 / Top↑
リーガルクリニック(刑事弁護)という授業の一環で,
担当の先生が弁護人を務めている事件の公判を傍聴したよ。

いやあ・・・なんか感動した。

法廷傍聴は,過去にも何度かしているけれど,今までは
事件について何の前知識もなく,いわばお客さん的な傍聴だった。

今回は,授業の一環ということもあり,
控訴趣意書(今回の公判は控訴審の第一回)作成過程にも
触れてきたし,どんな事件で,何を争点にしようとしているのか,
前知識があった上での傍聴。

そうするとやっぱり,だいぶ違うんだよね。
今まで机上で勉強してきたことが,現場ではこういうことか,
っていうのも肌で感じることができるし。

身近にお話しさせていただいている先生の勇姿?を見て,
今,ローのクラスにいるみんなも,何年か後には,こんなふうに
法廷で仕事しているんだな,などと想像してみた。
2007.12.19 / Top↑
福岡の,飲酒運転で幼い子供3人が亡くなった事件,
今日の報道によれば結審後に訴因変更命令が出たんだってね。

要するに,危険運転致死罪での十分な立証ができなかったということか。
検察側がどういう対応をするのか興味深いね。


それは,お勉強的興味だけれど,
被害者のご両親の気持ちは,察するに余りある・・・。

訴因変更とか,そんなこと,ご両親にすれば二の次なんだよね。
そんなことよりも,
「なぜ被告人はあのとき子供たちを助けてくれなかったのか」
本当のことを知りたい,ただそれだけなんだろうなあと想像する。
2007.12.18 / Top↑
入学以来,いちばん時間がかかってるよ,今回のレポート(泣)
訴状から答弁書,準備書面や証拠資料がつづられたもの(架空の)を
読んで,請求原因等の当事者の主張をまとめて,
なぜそのように整理したかを説明したり,判決主文を書いたり。

あまりに進まないので,思わず
「えーん!レポート終わんないよぅ~」
と(半ば独り言として)弱音をはいてみたところ,息子が
「じゃ,ごはん遅くてもいいよ♪」と言ってくれた。優しいのう。

んで,頭を使った後は,笑うに限る。
ということでここ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=_hBeRAhAnsI&NR=1
http://jp.youtube.com/watch?v=Z--siVJjgWs
クラスの友人から教えてもらったのだけれど・・・・面白すぎる。
1度見ただけでも,ものすごく笑ったのだけど,繰り返して見てると
新たな発見もあったりして・・・。

注:リンク先は音が出ます。ご覧頂く場合,
  声を出して笑っても大丈夫なところで見ることをオススメします。
2007.12.17 / Top↑
昨日の忘年会に来て下さった,
クラスアドバイザーの先生のブログをリンクに追加しました♪
(リンク欄の一番上,弁護士ドットコムのバナーの下です)

前期に何度か書いている通り,
とても授業運びが上手な先生で,
この先生の授業のおかげで,会社法が大好き?になった。


入学予定のみなさん,中央には
このようなすばらしい先生が複数いらっしゃいます。
お楽しみに。

2007.12.16 / Top↑
今日は,ローのクラスで忘年会があったよ。

クラスアドバイザー(担任みたいなもの)の先生から
「確かにクラスは仲良く,みたいなことをお話ししましたが
ここまで仲良くなるとは思っていませんでした」
というお言葉を頂くほど,仲良しな?我がクラス。

今日も色々,面白かった。
やっぱり,2年以上,ともに学ぶ仲間だし(もう半分近くは
過ぎてしまっているけれど),仲良しにこしたことはないよね。
2007.12.16 / Top↑
現職裁判官の,女性の先生(40代半ば?)なんだけどね。
かわいいのよ~,同性から見ても。

授業が終わった後,割と遅めまで残っている私たち数人にも
気さくに話しかけてくださって。
授業中の話しぶりとかも,かわいらしくて,ちょっと憧れる。
いくつになっても,かわいい人はかわいいんだなあ,みたいな。

しかも,今,授業を担当されているクラスの人全員について,
ほぼ顔と名前を覚えて下さっているのだとか・・・(全部で100人弱)
すごすぎる。
2007.12.15 / Top↑
お母さんしてきました~♪

「お母さん,何かありますか」と訊かれたので
「クラスの雰囲気はどうですか?」と訊いてみた。

先生のお答えは,「男子はとにかく幼い!!」
何でも,(中年の男先生なのだけど)前代未聞くらいに
幼いんだとか・・・・。

ほら,男の子って中学生くらいだとまだ,
廊下を走り回って,友達同士でじゃれ合ったりするじゃない?
しかもエネルギー余ってるのに,今ひとつ力加減がわかってなくて,
ふざけすぎてけっこうなケガをする,というケースが多いらしくて。

そこで息子が一言(やや,ふざけ気味に),
「いや,でも,先生もそういう時代があったんじゃないですか?」

先生は間髪入れず,「ないっ!!」と即答。

おいおい・・・先生,そういう時代,なかったんかい(苦笑)
そのやりとりが面白くて,大笑いだったよ^^;
2007.12.13 / Top↑
○○アワーって,なんか大昔のテレビ番組みたいじゃない?

それはともかく・・・

ウチのローには「オフィスアワー」っていう制度があって,
それは要するに,先生の研究室に学生が訪問していい時間のこと。

先生によっては(もちろん,試験委員をしている先生は無理だけど)
答案を書いて持って行くと,読んで下さったりする!
なんか,信じられないくらい恵まれているよね~。

今日は,憲法のA先生のところに行ってみた。
「予約なんかしないでいつでも来ていい」と公言されているだけあって,
複数の学生が集まってたよ。

ほんと,ローに入ってよかった。
学部も法学部じゃないしさ,ローに入らなかったら,こうやってこの方面の
先生方と話す機会は,生涯なかったかもしれないもん。
2007.12.12 / Top↑
今日の法曹倫理の授業は,刑事弁護関係。
それの課題に,ずっと否認してきた被告人が,
「実は自分がやったのだけれども,証拠もあまりないし,否認で通したい」
と告白してきた場合,弁護人としてはどうするか,っていう話があった。

今日の先生は,前期のクラスコンパに来て下さった。
で,書いたかもしれないけど,私,まさにこの話を,
そのコンパの席で先生にぶつけたんだよね。
先生が何かの雑誌に,
「当然,無罪の弁護で通すべきである」という趣旨のことを
書かれていたのを読んだので。

本当は,私はそんなことは(人として)できない,と思っているけれど,
もし,万が一,そういうケースに出逢ったら,職業として割り切るしかない,
ということは,一応今は,納得している。

ま,あくまで超レアケースで,刑事弁護をしている弁護士でも
一生のうちに出逢うことはほとんどないのだろうとは思うけど・・・。


2007.12.11 / Top↑
後期の月曜日は,午前と午後一に必修が入っているのね。
そのため,教室でお昼ご飯を食べる人も多い。

その雰囲気は,まさに高校生活。
大学のときともまた違う,高校に近い感じなんだな~(笑)

なんだか,とっても楽しいよ。
最近ではすっかり当たり前になっているものの,
やっぱり,毎日誰かと法律の話ができることは貴重だし,
それ以外の話をして笑い転げることも,また貴重。
2007.12.10 / Top↑
P252iS0019136551.jpg


久しぶりに,息子とお台場デート
写真は,ヴィーナスフォートのイルミネーション。
雪が降ってくるのよ~。(写真には写ってないけど・・・)

離れたところから見ると,雪に見えるのだけれど,
近くに寄って,手を広げると,実は泡だったりするわけで。
でもほんと,ロマンチックな雰囲気でいいかも。

たくさん集まった人(多くはカップル・・・)が無邪気に
手を広げて雪(もどき)をつかもうとするのを見て,息子は
「何,この平和な雰囲気♪」って嬉しそうにしてた。

・・・私といっしょに来てくれるのも,もうあとわずかだろうね。
そう思うと,すごく貴重なときに思えて,今のうちにあちこち,
二人で出かけたいなどと思う,どーしよーもない親ばかぶり^^;


2007.12.09 / Top↑
水,木,金曜日,毎日マイクが回ってきたよ。
席が最後列だからか,単に惰性なのか,マイクが来ても
あんまり緊張しない今日この頃(笑)。

いわゆるソクラテスメソッドは,正直いって,
この大人数(1クラス50人弱)では全く機能していないと思う。
そもそも,この人数では無理だから,仕方ないのだけれど。

でも,先生それぞれ,個性があって,
それぞれに工夫して下さっているのがわかる。
大学のときまでの授業では,あんまり感じなかったこと。

法科大学院は,制度自体が新しく,当局の監視も厳しいし,
世間の評価もまだ定まらず,逆にある意味「いいとき」なのかも。

あと30年くらいしてさ,あの頃は学生も先生も,一体になって
制度をうまく定着させようという熱意があった!!みたいに
語る先生(今の学生)がいたりしてね。
2007.12.07 / Top↑
「遠足」といっても,息子じゃないよ。
ローのリーガルクリニックの授業の遠足♪

「遠足」っていうのは,担当の先生の表現で,
気に入ってるんだけど(笑),要は裁判傍聴。

誤解を恐れずに言えば,中々面白い事件だったよ。
失業給付を不正に受け取ったという詐欺事件。
しかもそのハローワークが,私が住んでいる地域の管轄のとこで,
10年ほどの昔,私もそこに通って失業給付を受け取ってた。
(あ,もちろん,適法にね。)

「社会の底辺にいる人間の事件」との声が聞こえたけれど,私は,
自分がその立場にあったし,今も大差ないから,複雑な気持ち^^;

それから,先生のサービス?で,近くの弁護士会館にある
「法テラス霞ヶ関分館」もちらりと覗かせてもらった。
国選弁護事件の抽選を待つ弁護士の待合室みたいなのがあった。
一昔前と違って,今は国選で食べている弁護士もいるとのことで,
取り合いらしい。

山谷や馬場で,日雇いの仕事を取り合う男達や,
運転手組合の事務所で仕事を待つ男達と,あんまり変わらないよね。
報酬とプライドが高い分,厄介かもしれない。


2007.12.05 / Top↑
今日の午後,自習室で2時間程度を過ごしたとき,
六法を枕に(罰当たりな!)ちょっとお昼寝。

昼寝っていいらしいよね。
昼食後の20分とかで,頭がすっきりするとか。
実際,お昼にちょっと寝るとすっきりするしね。

けどさ・・・
なんか今日,自分の声で目覚めた気がするんだよ。
何言ったかは覚えてないけど。自習室で,だよ!

恥ずかしすぎる・・・どうか誰も聞いてませんように。
っていうか,せめて変なこと言ってませんように(笑)

2007.12.04 / Top↑
昔,(アマチュア)芝居やバンドをやっていた頃,
ステージにビニールテープで「立ち位置」を記した。
袖から出てきて,自分はここに立って演じます,という位置。

そのステージでは,その立ち位置に立てば大丈夫,
という安心感みたいなものがあったような。
後は,その場に立った自分が,何とかするだろう,みたいな。


法科大学院に入って,勉強や,クラスメイトとの時間が
当たり前になって,毎日すごく楽しい。
けどそんな中で,ふと自分の「立ち位置」が不安になることがある。
ここにいる自分は,これでいいのかな,みたいな。

まあ,いつでもどこでも,私は私でしかないわけで,
誰にいいわけする必要もないし,何にとらわれることもない。
こうして「在る」ことに,感謝しつつ。

なんてことを思うのは,師走だからさっ。
2007.12.03 / Top↑
何度か書いていると思うけれど,私は
某MLに参加させていただいていて,そのMLから,
今年の旧司法試験に3人が合格した。

昨日は,その合格祝いのオフ会だった。

今回合格された方は,受験歴が長めで,
法科大学院は考えず,旧司だけを念頭に頑張って来られた方々。

特に今回は,そのMLを立ち上げた方が合格されたことが印象的。
ご家庭を持ちながら(既に成人されたお子さんもいらっしゃる),
いわゆる「一流」の会社を退職してまで受験されてきた方なの。
しかもこのご時世(?)に,論文一発合格!

あくまで一般論として言うのだけれど,
やっぱり自分の限界は,自分で決めるものだよね。
司法試験に限らず。

自分で「無理」と思ったら,そこで終わりなわけで。
日常のちょっとしたグチとして「無理っ!」とか言うのはいいけど,
そうじゃなくて,本当に諦めたくないことは,絶対に諦めない。
そんなふうに生きていきたいな。

合格したての面々を間近で見て,そんなことを再確認したよ。

2007.12.02 / Top↑