茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
今日は,刑法の先生主催(どうも学部のゼミのイベントらしい)の
刑務所見学に参加してきた。横須賀刑務支所と久里浜少年院。
総勢40人で,ロー生は5人?程度の参加だった(抽選に当たったの)。
集合場所に行ったら,クラスの友達が1人いたので心強かったわ(笑)

最初に刑務所のほうを見学。
ここでは,受刑者の生活の様子も見ることができた。

横須賀は,元々,米軍人の受刑者を収容する刑務所として始まったのだけど,
今は,昨今の刑務所不足ゆえ(受刑者総数8万人程度らしい),
日本人の受刑者を収容するようになり,
数としては日本人のほうが多いんだって。

横須賀に入る日本人は,男性,初犯,短期(8年未満)の受刑者。
作業中の人と,運動中の人を見たけれど,高齢者が目立った。
(ここにいる日本人受刑者の平均年齢は43歳とのこと)
運動時間ながら,グラウンドの外にレジャーシートを広げ,将棋を指す姿も。

次に,同じ敷地内(というか,地続きみたいなイメージ)にある
久里浜少年院を見た。
ここにいる少年は,6割以上が,少年院は2度目,3度目という人たち。
「あしたのジョー」で描かれていたのも,ここだよね?

P252iS0022282258.jpg


玄関口(門と塀の中)は,こんな感じで,いかりのオブジェもあり(写真左),
海が間近で,海鳥の声が響き,広大な敷地は南国リゾートのよう。

今日は成績発表だったよ。

再試験もなく,無事に全ての単位を取得しました~。
よかったよかった。ちゃんと3年生になれるわっ。
今日は息子も,期末試験が終わったので,乾杯♪
(ちなみに息子は,「牛乳」よw)

けどね。
まだ,よくは見ていないのだけど,行政法の講評をちらりと見て,
ちょっと凍った・・・・・。私,けっこう外してるっぽい。

今回は「人並みに」書けたつもりだったんだが。
(試験内容について,友人と話さなくてよかった・・・・話してたら
今日の成績発表までの間に寿命が3日くらい縮んだよ,きっと)

うーーん。憲法とセットだったから助かっただけか?
やばいよぅ。しっかり復習して,とりあえず法職の講座をがんばろうっと。
法職の講座,とっといてよかったわ。
最近,お勉強ネタばっかだったな~と思い,
(今日もゼミだったのだけど)違うことを書くか,と。

私が子供の頃(たぶん4歳か5歳),実家近くの河川敷で,
父が「野焼き」をしたことがあったの。
ほら,きれいな草原を作るためにやる,あれ。

「こうやって焼いておくと,春にきれいな新芽が出るんだ」
って,やや得意そうに父が言ったのを覚えてた。

今までの人生において,
(めったになかったけど)「野焼き」が話題になるたび,
「知ってるよ,焼いておくと,きれいな新芽が出るんだよね。
ウチの父がやってるの見たことある!」って
同じく,やや得意げに話してきたよ,私は。

今日は,
午前中,租税法のゼミ,午後は租税法の春期特別講座という,
租税法三昧の日でした~。

租税法,面白いわ。
憲法,行政法,民法,会社法あたりも絡んできて,変幻自在な感じが。

とはいえ,他の科目以上に,試験との関係では未知な部分が
大きいから,これから(なるべく春休み期間中に)目処をつけなくては。

がんばろうっ!
今日は4時間問題(刑事系)を書いたよ。
要するに,4時間の制限時間で,
刑法と刑事訴訟法の問題を書く,という練習。

4時間って微妙だよね~。
まず集中力が続かない。そのくせ,最後のほうになると
「やばい!時間足りない!」とあせってたりする(苦笑)

新司法試験は,この4時間問題が3系統あるわけだから,
しっかり慣れておく必要があると思う。

今のところ,4時間問題を4時間通しで書いたのって,
5回もないくらいかな・・・・。(2時間×2回で書いたりしてたから)
やっぱり,やってみると,慣れが必要だな,って思うから,
今後1年間で,なるべく多くこういう機会を作って慣れなくては。

答案を書く,みたいな。

今日は,一日,母にお付き合いだったの。
私が手を引けば何とか街を歩くこともできるので,
実家最寄り駅付近でのお買い物とか,父のいる特老に行ったりとか。

色々と,いつもと違う気も遣うので,疲れた・・・。
でも今日,これでゼロ勉強の日になったら,
きっとこの先の春休み,だらだら終わる,と思って答案を書いた。
(1問45分設定の軽い行政法だけど^^;)

我ながら(怠け者の私にしては)エライわ。

今日はこの裁判を傍聴してきたよ。
2004年の埼玉の放火事件。
一審で無期懲役判決が下り,その控訴審の1回目。
弁護人の先生が,リークリでお世話になった先生なので。

被告人は,リンク先の写真とは,似ても似つかない感じ。
面影はあるけれど,まだ50歳なのに,髪はほぼ真っ白に近いし。

72歳になる母親が,証人として法廷に立った。
被告人とは対照的に,はきはきと話し,
気丈に振る舞うその姿は,痛々しくすら見えたよ。

弁護人が,途中で(娘のことを「被告人」と呼ぶことに気を遣い)
「ごめんなさいね。被告人と呼ばせてもらいます」と言ったとき,
大きくうなずいて「はい!いいですよ!なんとでも呼んで下さい,
なんとでも言って下さい!!」と答えたのが印象的だった。
弁護人に対する答えというより,世間に対して言っているようで。

世界中の全てを敵に回しても,最後の1人になっても,
「娘はやっていない」と信じています,って。母親ならそうかもね。
最後に,娘である被告人に対して,「がんばんなさい!」と
声をかけてた。

傍聴席には,この事件で亡くなった方のご遺族もいらした。
もちろん,一言も言葉を発する機会はなく,一連のやりとりを
どんな気持ちで聴いていらしたのかな・・・と思うと。

色々と,切ない法廷だったよ。
ゼミ。
というか,別館でやっている法職の講座だけど。

「実務起案演習(中級)」の行政法を取ったの。
中級っていうのは,未修入学者を想定しているらしい。

行政法については,私は純粋未修状態で入学したわけだから,
未修で入学した同級生より,むしろ1年(彼らは1年次にも
授業があったわけだから)遅れているとも言えるんだよね。

ということで,この講座を取ってみたわけ。
考えてみれば,行政法は期末試験とゼミで検討した問題以外,
ほとんど答案を書いたことがないんだからね~。
このまま本試験を迎えるわけにはいかないでしょう。

で,この講座。すごくいい(私にとって)。
問題も,新司法試験よりは簡単なんだけど,
新司法試験に対応してる(と思う)。
このレベルの問題を,たくさん書きたいと思ってたんだ。

しかも,補充問題もついていて,私が申し込んだクラスの先生は,
いくらでも答案を読んで下さるとのこと!
「自分と関わったみなさんは,合格するまで,いつでもどの問題でも
答案を見ます」って。なんとありがたいことでしょう!

ちなみに,独立開業されている弁護士の先生。
あ,誤解のないように言っておくけど,ローの授業ではないし,
ローとは完全に別組織の,別館の法職講座だからね(笑)
この先生も,もちろんローとは全く関係ないよ。

いい講座,いい先生にめぐり会えてよかった^^
やっぱり勉強仲間ってありがたいわ~。
昨日といい,今日といい,ほんと,いい勉強になった。

それに,ゼミがある,と思えば,答案書くしね・・・。
都合,2日に1度くらいは書いているわけで,これは
1人だったら,絶対(断言できる)やってないと思う。

前にも書いたけど,この春休みの課題は,
租税法と,とにかく答案を書くことと,下4科目の択一。
あ・・・・択一対策のほうは,あんまり(ほとんど)進んでないや(泣)

頑張らないと。
ま,でも,ちゃんと毎晩飲んでるから,大丈夫<何が。
今日は(租税法)ゼミのため,久しぶりに学校に行ったよ。
・・・って言っても1週間ぶり程度か。

なんか,授業期間中は,当たり前に学校に行って,
当たり前に授業があり,当たり前にクラスなどの友人達と
話したりするでしょ。それが生活の全てみたいな。

けど,休みになると,それがこないだまでの
日常であったことが,信じられないような気持ちになる。

そもそも,ローに入学し,学生という立場になることは,
私の人生の流れの中で,ものすごい非日常だったわけだから,
当然なのかもしれないけど。

あ,話がそれた。
3年生が別館に引っ越し,2年生の半分くらい?がエクスタに
行っているせいか,先週よりいっそう,閑散とした雰囲気を感じたよ。


20080217170335
土日で、京都に来てみました~
もちろん、息子とね♪
昨日なんだけど,他大ロー生2人と会って情報交換した。
(3人とも同期の既修入学,別のロー)

学校によって色々だねえ,当たり前だけど。
24時間自習室があいていたり,未修・既修別クラス編成だったり。

けど,やはり1クラスの人数が少ないところでは,
授業中に議論が白熱したりして,面白いらしい。
それはちょっと羨ましいかも。

ウチみたいに,50人近くもいて,マイクで発言するんじゃ,
言いたいことがあっても,「まあいいや。あとで質問しよう」って
通過しちゃうからね。

一方で,大規模ローでは,ゼミを組む仲間に困らないことは
大きなメリットだと思った。

まあ,でも,どこも一長一短あるし,私はやっぱり,
ここに入ってよかったと思ってる。

あ,それは新司に受かってから言うべきか^^;


バレンタインデーだね。

息子が中学1年だけどさ,私が中学1年のときの話。
クラスの女の子(以下Aちゃん)が,
ある男の子(Bくん)にチョコを渡すことにしてたの。

AちゃんがBくんを好きらしい,ということは,クラス内では
そこそこ知られた話で,Bくんも,まんざらでもない様子。
当日,私たち女子仲間はコソコソ声で「がんばってね」みたいな。

放課後,私たちがBくんを廊下に呼び止め,
Aちゃんがチョコを持って教室から出てくるという段取り。

で。Aちゃんがチョコを持って教室から出てきたとき・・・
担任の先生(当時20代の独身男)が放課後の見回り?に来た。

なんと,先生はAちゃんが手にしていたチョコを指さし,
「そんなもの学校に持って来ちゃダメだろ!」
などと言い,取り上げて説教を始めた。ありえない・・・・・!

Aちゃんは泣き,私たちは職員室まで押しかけて大ブーイング。

今思い出しても,女の子の気持ちを全くわかってない,
ずいぶん野暮な先生だったな,って思う。


昨日は,テーマ演習(ゼミ形式の授業)の飲み会だったよ。
3年生で租税法選択の方も,複数参加して下さって,面白かった。
先生も,面白かった・・・・・。

租税法で受験する人はやっぱり少数派なので,ちょっとした
連帯感みたいなものがある・・・かな?
先生にも直接,こういう授業してください!って言えるのもいいし。

またしても終電ぎりぎりで帰った私。
理解のある息子を持って(そう育てたのか),幸せだわ。
法職の行政法ゼミに備えて,答案を書いたよ。

前にも書いたと思うけど,私は答案を書くことが好き。
っていうか,答案を書いている「とき」が楽しい。
そこに集中できるから。書く前は,億劫だったりもするけど。
(もちろん,いい答案が書けるかどうかは全く別問題w)

ほかの勉強(例えば判例を読んだりとか)しているときは,
すぐに関係のないことに気が散るんだよね・・・。

今は,完璧に家で勉強しているから,洗濯物とか,
以前の授業関係の資料(そのうち読もうと思って放置してる物)とか。

明日は,検査入院中の母の診察結果がわかる(はず)。
そんな心配事あれこれも考えちゃったりとかね。
考えても仕方ない(自分にはどうにもできない)ことを,考えちゃったりする。
まあ,誰でも,そういうことは,あるよね。


今日は,生まれて初めて租税法の答案を書いたよ~。
いやいや,新鮮だわ。

税理士事務所で働いていた経験から,例えば所得税なら,
この設定で確定申告するならこうするでしょ,っていうのは大体わかる。
ただ,その法的根拠はよく知らない→答案にどう書くのかわからない(T_T)

実務上の常識としてやっていたことが,本当に法的にも
正しかったのかどうか,怪しい部分もあるかもしれないし・・・。
(もちろん,最終的には税理士の先生が全部チェックしていたし,
合法的だったとは思うけれど,限界事例となるとね・・・。)

でも,後期に授業を取っていたし,その,知らなかった部分が
ああ,なるほど法的にはこういう話だったのか,ってわかることは楽しい。

それに,今回の答案も,同じクラスの租税法選択者とゼミをするので
書いたわけで,これがなければ,まだ書いてない気がするんだよね。
(なんてったって私は怠け者だからさ)
ほんと,いい仲間に恵まれて幸せだと,つくづく思う。
つい最近知ったのだけど,
ローでも卒業アルバムなんて,作るんだねえ。
集合写真のみならず,個々人の顔写真に名前入りのページも。
(中学,高校までの卒業アルバムと同じ形式よ)

しかも,なぜか事務室に置いてあって,
在学生(というか,事務室に訪れる人)は自由に閲覧できる!

・・・・うーん。これってどうなんだろう。
恥ずかしい感じもするし,若干,プライバシー的にもねえ。



昨日は恒例のクラスコンパ♪
今回も驚異の出席率だったよ,ウチのクラス(笑)
ほんと,このクラスでよかったわ~。
(委員長はじめ,みんなありがとう)

先生方も4人出席して下さった。
お馴染みOすぎ先生,憧れの女裁判官先生,
春に検察に戻られるJ先生,代わりに春からいらっしゃるI先生。
先生方ともたくさんお話させて頂いて,有意義かつ楽しかった。

それにしても・・・ローって飲む機会多いね。
酒好きの私には嬉しい限りだけど。
この春休みのイチオシ課題は,選択科目の見通しをつけること。
ということで,今日は租税法メインで。

租税法は,新司の選択科目としてはマイナーな部類に属する。
ということで,予備校の講座も皆無だし
(伊藤塾に1つあったのに,講師の体調不良で中止に!!)
基本書はともかく,演習本の類がほとんどない。

何か情報をお持ちの方,何でもいいので,教えて下さいm(_ _)m

で,とりあえず,友人に教えてもらったこれ↓をやってみてる。

演習ノート租税法演習ノート租税法
(2007/04)
不明

商品詳細を見る


後期のテーマ演習でやった判例がちゃんと入ってるし,取り組みやすい。
気になる部分や疑問点は出てくるけれど,細部にこだわらず,
とりあえず一巡してみようと思ってるところ・・・。

あ。「不明」って書いてあるけど,編者は中村芳昭先生と三木義一先生で,
中身は,100問の問題があって,1問ごとに見開きで完結してる。
21人の先生が分担して書いているから,やや一貫性に欠ける感じはある。
今日は,行政法の択一問題をやった。
ロー入試のために買ったものの,1周すら終わらず
放置していた早稲田セミナーの問題集だけど。
後期に授業があった,行政事件訴訟法の部分をやったの。

・・・・さくさく解けるじゃん!!以前はさっぱり解けなかったのに。

授業をちゃんと聴いていたことは無駄ではなかったのだわ。
ほぼ全ての問題の全ての肢について,何の話かがわかる。
(ああ,あの判例か,まではわかるものの,結論を覚えてない,
という場合はあるけどねw)

ま,今はまだ記憶が新しいからね。すぐ忘れるんだろうけど。
それにしても,やっぱり,前はできなかったものができるというのは,
嬉しいものだよね。
今日の法曹倫理の試験で,全て終了。
今日だけ,いつもの必修とはちがう教室だったの。
きっと間違える人,いるよね~と思ってたら,案の定(笑)

座席の並び順とか,いっしょなんだけど,
部屋がちがうだけで,なんだか教室の雰囲気が違って不思議。
これで期末が終わる,という人が多かったから,
その気分的な明るさもあったのかな。

さ,明日からはしばらく,自分のペースで勉強ができるぞ,と。
法曹倫理のレポート,無事に提出したよ~。
結局,ブログの延長みたいになっちゃった。
でもま,これで一安心だわ。

明日の法曹倫理の試験が終われば,
本当に2年次が終わるってことなんだよね。
(今回は再試験を想定してないからさ)

春休みは,受験選択科目の租税法をある程度,形にして,
行政法中心で答案を書いて,下4科目の択一を一回しする(つもり)。

試験が終わったりして,一息つくとつい,
You Tubeで音楽系のを見るんだよね。

ケツメイシとか,別に全然好きじゃなかったけど,
ローの友達が,これは絶対いいから見ろ,というので見てみた。
「さくら」ね。あ,最初に見たのはずいぶん前だけど。

この映像を見ると,自分の大学時代を思い出して,
色んなことを思い出して,ほんと哀しい気持ちになる(笑)
恋愛とかって結局,哀しい思い出になっちゃうんだよな,みたいな。

結婚に至る恋はそうじゃないと,昔は思ってた。

けど,私の場合は,
結婚に至った恋愛でさえ,哀しい思い出になっちゃったからね。

もうこれ以上は,いいや。






さくっと終わらせるつもりだったんだけどな・・・・。

冬休み前から考えてて,半分は書いてあったものを,
やっぱりやめた。

私さ,(リアル友からは意外がられるかもしれないけど)
けっこうちゃんと,授業のノートを取ってるのよ,実は。
全科目を毎回,とは言わないけど。

もっとも,半分は,独り言を書いてるんだけどね。
「~っていうのは○○先生の個人的見解だってさ」とか(笑)

で,法曹倫理もそんな感じで色々メモってあって,
それ見てたら,何か,気が変わってきた。

はぁ~っっ。
こうしてまた,必要以上に時間をかけてしまうのだわ。
どうせ夜は飲んでるだけだし,いいけどね。

レポート書いてんだか,ブログ書いてんだか,わかんなくなってくるよ。


正確に言うと,来週1科目,法曹倫理が残っているのだけど,
これはレポートもあるし,プレッシャーという意味では少しラク。
(もっとも,まだレポート終わってないから,これからやらなくては)

ほぼ終了した週末ということで,昨日はクラスメイト8人で飲んだよ。
開放感からか,若干,コワレ気味な人もいたりして面白かった・・・。

みんな,飲んでいるときに話したことって,覚えているのかねえ。
私は飲んで記憶をなくしたことはないのだけど,
(もちろん,一言一句覚えているわけではないけどね)
ああ,ばかなこと言っちゃったなあ,とか
くだらないこと話しすぎちゃったなあ・・・・って思うことはある。
まあ,楽しく飲んでたんだし,いいか,ってすぐに思い直すけど(笑)