茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
今日は新学期の授業予習として,2通(暫定)レポートを書いたよ。
私のクラスは,前期の必修が刑事系で,この授業は,
毎週1通,レポートを提出することが義務づけられているの。
事例問題集を渡されてて,それについての解答を提出するってわけ。
工夫次第で,受験対策にも大いに活かせる感じ。

書きたいことはたくさんあるけど,短くまとめるのが難しい(A4で2枚以内)。
もっとも,先生は週末に1クラス50人弱のレポートを全部読んで下さるわけで,
顔を知っている先生なだけに,「読んでもらえるように」という配慮をする。

たぶん,これがすごくいい練習になると思われる。
試験委員の先生は,長い答案を何十通と読むわけで,読んでもらえなければ
そこで終わりでしょ。いかに読んでもらえる文章を書くか,ということで。

今日は息子が,お友達とディズニーシーに行ってるの。
朝7時前に送り出し,以後ずっと一人で家にいる私。

もともと,一人になる時間は必要だと思っているほうだし,
「孤独」には強いほうだと思ってきた(子供の頃から)。

で,今日は,あちこち片付けたりの家事をしつつ,答案を書き,
時間割を決め,手書きの日記も書いたり,CD聴いたり。

雨が降ってきたから,傘を持たせなかった息子を思って
「傘かレインコートを買って,なるべく濡れないようにね」などと
メールしてみたり(苦笑)


まだ新年度は始まっていないはずだけれども,
早くも新3年生は,新年度のクラスミーティングがあったよ。
あ,履修ガイダンスと,大抽選会!もね。

3年次最初のクラスミーティングっていうのは,要するに
「いよいよ3年生,みんながんばろう!」「おーっっ」って,
こぶしを振り上げる会。

いや,まじでこぶしを振り上げるの<クラスアドバイザーの先生だけ(笑)

・・・・先生,妙なキャラに描いてごめんなさいっ
フレンドリーな我がローのイメージをあまねく広めたくて?つい。



大抽選会は,今回は模擬裁判(刑事系)にエントリー。
枠が大きいから,抽選なし。よかった~。

けどほんと,3年次の時間割作成は,案外面倒だわ。
もう少し早くわかってるとよかったのになあ。
テーマ演習などの履修希望理由書を書いたりもしないといけないし,
いきなりバタバタと時間に追われる感じになってきた。

ここらでやっぱり,気合い入れ直しは必要だわね
今日は息子と,刑事裁判を傍聴してきたよ。

私が日頃から色々話すから,「見てみたいな」って
前から言っていて,今日はたまたま息子の部活動がお休みだったから。

新件(第1回の公判)ならストーリーもわかるし,と思って,
覚醒剤のと,窃盗のを傍聴した。
息子も,ストーリーを把握して,それなりに思うところもあったみたい。

「裁判官と,検察官と,弁護人がいたけど,
あの中でやるとしたら,どれをやってみたい?」って訊いてみたら,
「検察官」だって。ふうん。

もっとも,息子の今の将来の夢は,全く違う方向だけどね。
・・・・・あ,成績じゃないよ。

あのね,3年次のある科目(事実上の必修科目)が,
前期後期で4クラス開講されて,どれを取るかは抽選なのね。

仕組みがよくわからないままに,「どれか引いて下さい」って
言われて,何も考えないで引いたわけ。
329って書いてあったけど,単純な番号割り振りかと思って,
特段何も思わず,ゼミ仲間のところへ戻った。

何番だったかと訊かれ,「329番♪」って答えたところ,
一気に「かわいそうに・・・・」の空気じゃないですか!

・・・・何でも,これは「優先順位」なんだそうな。
希望が通りやすいかどうかのね。

えっと,確かウチの学年,300人程度じゃなかった?
な,なんで329番よ。
余分にくじを作ってたとしたら,文字通り,最後の1人かもね。

はあっっ・・・。どっちにしても,この科目について,私の希望は,
全く通らないと思って間違いないってことね。
まだ春休みは終わってない(っていうか,息子は今日からだし)。
けど,ローでは新学期の資料の配付が始まり,
土曜日には,クラスミーティングが予定されている。

で,春休みの勉強を振り返るに,夏休みよりはやったと思う。
まず,答案を書いた。
2時間ものないし90分ものを1通と数えるとして,都合2日に1通程度は
書いた計算になる。(大したことない,という突っ込みはダメです)

租税法と行政法メイン,というのもそのまんまだったし。
租税法は,なんとなく本試験の要求するところと今後の課題がわかったし,
行政法は科目自体の理解はまだまだだけど,書き慣れてきた感じがする。

あとは,見学とかのイベントに参加して,見識が広がった。
色々と,考えることができたし,人との出逢い,ふれあいもあった。

残りの春休みは,息子も一緒の春休み。



で,今日は,午前中は答案書き,午後から息子と買い物に出かけた。
UFOキャッチャーでゲットした子↓

P252iS0022937848-tokotoko.jpg


かわいいでしょ~!歩くのよ。
この写真は,息子が撮ったの。歩く感じが出てるでしょ。


ちなみに,凡才な私が撮るとこうなる。

P252iS0022872311-b.jpg

袴田事件の再審請求が棄却されたね。
1年ちょっと前,1審の合議に加わっていた裁判官が,
自分は無実だと思った,と告白したんだよね。
(2007.2.27,私もブログにちょっと書いたけど)

この事件が冤罪なのか,あるいは袴田さんが真犯人なのか,私にはわからない。
(個人的感情に近いレベルでは,冤罪なのだろうと思っているけれど)

だけど,袴田さんご自身は,誰よりもよく,それを知っているわけだよね。

で,もし,万が一,自分がやっていたとしたら,人を殺したのだとしたら,
それにもかかわらず「やってません」と40年以上も言い続けることができるものだろうか。

私なら,無理だろうと思う。
ちょとした秘密を持ってしまって,それを誰にも言わずに一生終える,
その程度のことなら,できると思う。

でも,人様の命を奪い,世間にも騒がれ,自分を信じて応援してくれている人が
身近な人から,全く見ず知らずの人まで,たくさんいる,そういう中で,
やったのにやってないって言い続けること,できるだろうか。

それに,これが冤罪だとしたら,真犯人は?
いつも思うことだけど,冤罪事件のもう1つの罪は,真犯人を処罰する機会を
永遠に失ってしまうこと。被害者にとっても,悲劇この上ない。
今日は息子の保護者会に出席したよ。
今年度最後の保護者会だしね。

ええっと・・・・私を含めて6人しか保護者がいないのですが。
(息子のクラスの生徒数は32人)

担任の先生のお話では,「いいクラスになってきている」ので
「もう1年このクラスを担任したいと思うくらい」らしいが,
「1年生3クラス合わせて3人の不登校生」がいて,
そのうちの2人が,息子のクラスの子なんだよね・・・・・。

「イジメのようなこともほとんどなく」
「子供たちは素直で,廊下を走ったりしていても注意すれば
すぐに言うことを聞いて収まる」んだそうです。

ふうん・・・・。息子から聞いている話とちょっと違うわ。
息子も,全部をそのまま話しているとはもちろん思ってないけど,
とりあえずおしゃべりなんで,情報量は多い・・・・ときどきうるさいけど^^;

今日は息子とデート♪
写真は,コスモクロックがついている観覧車から撮ったランドマークタワー。

P252iS0022806774-y.jpg


息子が,パンプキンケーキを食べて,私が横から
フォークを刺してクリームがたくさんついているところを取ったら
「ええっ!なんで」と抗議されたので,息子の口に運んでやったよ。

そしたら息子,(大人げない?と思ったのか)
「いや,彼女だったら(クリームがたくさんついてるところを取られても)
いいんだろうけどさ」だって・・・・・。

ふう~ん。まだ彼女もいないのに,そんなこと,考えるもんなんだねえ。
今までは,学校に着いたら正面入り口から入って,
階段で3階の図書室付近にある自分のロッカーへ行く,
というのが,習慣だった。

六法を置いているから,授業だろうが,ゼミだろうが,
個人的な調べ物などの勉強だろうが,必ずそこに寄るわけ。

自習席&ロッカーの(一応の?)引っ越しが済んで,
3階のロッカーに立ち寄らなくなり,ああ,もう違うんだ,って思った。

ま,感慨にふけるほどのことはないけどね,今のところ。

今日,ゼミで学校に行って,6階に向かったとき,
もう(本試験まで)あと1年ちょっとか,って,身の引き締まる思いがしたよ。
嬉しいだろうね。
「歌うたいのバラッド」

けどま,やっぱり,言えなかった言葉は,
言わなかったことと同じであって,
言わなければ伝わらないんだよね・・・。

昨日は,J先生ご指導の検察庁見学会に参加したよ。
一部,夏に行ったときと重複する内容だったけど,
今回は,15階の公判部の部屋を見せていただいたり,
模擬弁解録取(検察官が被疑者の弁解を聞く取調べ)を見たり,
何人もの現職検察官を囲んでの懇親会もあった。

検察官の部屋というと,「HERO」でも出てくるような,
検察官の机と事務官の机が直角に並べられ,
検察官の机の前にも机があって,その席に被疑者がすわって
取調べを受ける部屋,というイメージだったけど,
公判部の部屋はそうではない(取調べをしないから)。

広いスペースに,検察官個人のスペースが区切られていて,
(ちょっと恵まれたローの自習席はこんな感じ?)
中央には事務官の机が向かい合わせで並べられている。
部屋中,書類の山・・・。

懇親会では,夏(8月30日)に行ったときここに書いた,
21年目の検察官とたくさん話すことができて,超有意義だったわ。
ずっと印象に残っていて,いつかまたお話を聞けたらいいな,と思っていたの。
それが,こんなに早く実現し,しかもビール片手に(笑)ざっくばらんに
色々とお話しさせていただけて,感激した。

勉強がんばろうっと。


一昨日は,ここに書いたように
答案書き(と租税法基本書読み)で終わり,
昨日は午前中,租税法ゼミ,お昼には調べたいことがあったので
図書室にこもり,そのまま(おにぎりをかじりつつ)午後もゼミ。
その後は,別のクラスの友人と飲みつつ語り合う。

で,今日は,この前,本棚も買って片付け始めたことだし,
机(自宅のね)周辺を片付けつつ,3年次の勉強計画を考えたりしてたら,
一日終わってしまった・・・・・・。

片付けながら,ああ,これ,やったよねえ,とか思いつつ
(授業レジュメ)読み返したりしてるから,時間が経っちゃうわけだよ。

ま,春休みだしね。こういう日もあるさ。
今日は午前中に租税法の答案を書き,
午後は刑事系の4時間問題を書いたよ。

日曜日で,息子もいたので,邪魔?されつつ(笑)
(けど,コーヒーをいれてくれたりして,ほんとありがたいわ)

4時間問題は,やっぱり,どこかで気が抜けるんだよねえ。
単発の問題として解けば落とさないような話を落としたり,
拾おうと思っていた事実を,結局書き忘れたり・・・・。

まあ,人間だから,誰でも集中力が途切れる瞬間があるわけで,
みんな同じ条件で書く以上,折り合いをつけるしかないだろうけど。

とはいえ,本試験最終日の最後には,やっぱり精神力の勝負になるだろうね。
ほぼ同じ実力の受験生が2人いて,どちらかが落ちるとしたら,それはもう,
間違いなく,精神力の差でしかないだろうと。

・・・・もっとも,私の場合,それ以前に解決すべき問題も多々あるわ。
やれやれ。

私がブログを書き始めたのは,2005年の3月4日。
(当初は,別のとこで書いてた)

もう3年も経っちゃったよ。
一応,書き始めた当初から,なんとなく,2日以上は間をあけずに
更新しようと思っていたの。元々,手書きで書いている日記の代替手段だし。
(それでもなお,手書きの日記も書いてる私って・・・・)


3年前,何してた?


あの頃,同じ答練を受けていた人の中には,既に法曹になっている人もいるし,
修習生の人もいる。今,同じローに通っている人もいるんだろうね。

あ,そういえば,昔の資料を見ていたら成績(優秀者)欄に私の名前を見つけた,
ってクラスメイトから聞いたこともあったなあ・・・。
(優秀者,ってとこには括弧をつけずにいられないわけだが)

人それぞれだろうけど,司法試験を介して,色んな人と出逢えたことも,私にとって
大きな財産だと思っている。
ウチでは4畳程度の洋間を,物置みたいにして使ってるのね。
タンスと本棚を,全部の壁に沿って配置した部屋,って感じで。

で,この前,本棚を増設することを思い立ち,通販で大きいのを買ったの。
既に2個,本棚を並べてあったので,その中身を全部,別の部屋に
一度移して,配置を替え,狭いスペースで新しい本棚を組み立てた。

いやいや・・・・今回は,思ったより大変だった(本棚が大きかったから)。

私は,組み立て家具とかを作るのも好きで
(そういえば高校のときの実技選択科目は「工芸」だったわ)
「こういうときに男手があれば・・・」などと思ったことは1度もない。
(かわいげないわね~)

でも今日は,息子が思いの外,頼りになったので驚いた。
夕方帰ってきて,別に「手伝って」とも言ってないのに,手を貸してくれて。

もともと,私がやっていること(料理とかも)に手を出したがるほうなんだけど,
これまでは,やってくれても可もなく不可もなく(ときにはむしろ邪魔だったり),
っていう感じだったのね。もちろん,やってくれる気持ちは嬉しいのだけど。

それが今日は,「助かった」って感じだった。
もう私より背も高いから,上の方のねじ留めとかを勝手にやってくれたり。
「これ一人でやるとか,ありえないでしょ~!!」などと言いつつ。

お手伝いを邪魔にせず,やらせてきた甲斐があったってもんだわ(笑)
けどほんと,もう立派な「男手」になったんだな,って実感した。

シーズンだよねえ。

ウチのローでは,3年生が別館に引っ越しを終え,
今は次の2,3年生が,自習席とロッカーの引っ越し期間。

ウチのローは,2,3年生は6クラスもある。
だから,自習席を確保するのも大変なんだろうね~。
私のクラスは,クラス内で3階と6階に分かれちゃったんだよ。

ウチのクラスは必修で使う教室も3階だし,6階になった人は
大ブーイング!!かと思いきや・・・そうでもないっぽい?

私は自宅勉強派だから,自習席はどこでもよくて,ただ,
ロッカーが6階だと,面倒だなあ,と思ってたの。
だから,6階の人が「ちゃんと抽選せよ!」と言う場合,味方しようかと。
(私は6階を割り当てられている)

けど,6階の人たちがそれでよいというなら,私は全くそれで構わないわ。
(ロッカーの不便なら,替わってあげる,と言ってくれる優しい友人もいるし)

何にせよ,「無駄な」トラブルはないほうがよい。
・・・ってここに書いたら,ちょっとした誘導になる?(笑)



今日は会社法(去年の新司の問題)を書いたよ。

久しぶりだわ。えっと,最後に会社法の答案を書いたのは・・・・
前期試験??いや,たぶんその後にも1回くらいは書いているはず(怪しい)。

やっぱり忘れるよねえ。
うーん,確かこんな論証だったような・・・覚えてないからその場で作る(汗)
いや,それ以前に,確か条文,この辺にあったはずなのに・・・みたいな。

春休みは,租税法と行政法メインでいいとして,
4月からは全科目,常にまんべんなく目配りしないとダメだって思った。
会社法は特に,訴訟法と比べても条文の定着が甘いし。

がんばろうっ!
タメ口って書いたら「ためろ」って見えるし,
「ため口」もなんか妙なんで,カタカナでタイトルにしてみたよ。
・・・どうでもいいか。要するに,丁寧語を使わないで話す言葉のことね。

昨日は,ちょっと前に書いたリークリの先生が担当している事件の
傍聴反省会(という名の・・・・)だったんだ。
そこで話題になったの。クラスメイトと話すときの言葉遣いについて。

ローのクラスって,ほんと,年代が幅広いんだよね。20代~5,60代。
それでいて,高校までのように,毎日同じ席で顔を合わせたりするから,
必然的に会話する機会も多い。

私の場合,ほとんどのクラスメイトは年下だから,あんまり気にしたことが
なかったけれど,考えてみたら,30歳前後の人は,気になるかもね。
微妙に(外見からは)自分より上か下か,わかんない人ばっかだろうし。

でもさ,私は,ローの同学年って,言ってみれば「同級生」だから,
年齢に関係なく,全員がタメグチでかまわないと思っているんだ。
形式的には,「です」「ます」がついてるけど,内容的には全く
タメな場合も多いしね~。勉強の話はもちろん,その他でも(笑)

結局,年齢より立場だよね。
例えば,教授や講師など,教えて頂く相手だったら,
自分より年下だって,敬語で話すのは当たり前だと思うし。

ってことで,リアル知り合いのみなさん,私にはタメグチでいいです。

・・・あ,「です」だって(苦笑)
答案を書く私。・・・ある意味,中毒状態かも。
少しまとまった時間があると書かずにいられない,みたいな(笑)

春休みには,特に行政法の答案を書く,って決めてたでしょ。
(・・・あ,決めてたのよ。たぶん,ブログに書いてると思うけど)
幸い,法職でいい先生に巡り会い,モチベアップしたし。

行政法は,他の科目(租税法除く)に比べて,
答案を書いた経験が10分の1にも満たない。
だから今,書く必要があるの。

人それぞれ,弱点は違うと思うけど,合格するために,今,
何が自分には必要なのか,何が最優先なのか,常に見極めないとね。

・・・・なーんて,偉そうなこと言っちゃった(^^;
全然,中々,思うようにはいかないのだけれど。
できていないことが,多すぎる。
今日だって,時間にしたら,せいぜい4時間だもんなあ~。やれやれ。

ま,無理をしても仕方ないしね。
見たよ~。
内藤選手の2度目の防衛戦

ボクシングのことはわからない素人目に見て,
互角な感じの試合だね~,って息子と言い合いながら見てた。

けど,やっぱりかっこいいねえ。内藤選手。

・・・っていうか,何でもいいから,本気で頑張っている人を見ると,
単純に「かっこいい」と思う。

そりゃあさ,誰でも,いつもいつも頑張ってばかりはいられない(と思う)よ。

だけど,だからこそ,いつも頑張っている感じを演出して生きていくんだよね。


今日は,mixiで知り合った関西のロー生(女の子)と会ったよ。
なんだか,ありがたいな~,って思った。

ネットがなかったら,知り合うこともなかった人と,私はこの数年で
たくさん知り合うことができて,しかもその全てが,「プラス」の出逢い。

今日のこともそうだし,去年もそういうことがあったし,
それ以前のMLでの出逢い,ローに入る前に,同じローに入ることをネット上で
知り合って会った人,ローに入ってからもブログは一部でネタ(笑)になったし。

私が初めてインターネットなるものに接したのは,1996年だったかな。
初めて自宅用に買ったパソコンはNECのPC98-Cu10(W95)・・・・・。
ふと思うと,たかだか10年余りの間に,信じられない進歩だな,と。

何より,リアルに人と出会っちゃうところがすごいと思う。
一面で,その危険性の認識が,まだまだ低いことも恐いと思うし。
今は中学校でも,ある程度そういう教育もあるけど,追いついてない感じ。




今日は4時間もの(民事系)を書いた後,
続けて行政法を1問書いたよ<エライでしょ~!
(フツウじゃん,とか言わないでね)

けど・・・・手が限界なんだよな~。
前にも書いたことあると思うけど,私は右手の小指が曲がってて
(中学時代,バスケ部でケガして放置したため)
へんなペンの持ち方になって,他の指の骨に当たったり,痛いのよ。

ほんと,できることならワープロ受験を認めてほしいわ(笑)

思考の疲れもさることながら,手(指)の痛み対策も必要・・・。
司法試験は長丁場だもんね。
今日は丸一日,家にいた。
こういう日は,「家事の合間に勉強した」が正しい表現(笑)

答案書きつつ,洗濯機を回し,
百選読んでは,食器を洗ってみたり。
あ,不在配達荷物の連絡もしなくちゃ,みたいな雑用とかも。

で,散らかったあれやこれやも気になるわけで,
今,いちばん片付けたいのが,後期の授業でたまった資料。

え~っと。大きな声では言えませんが。

午前中は租税法仲間とのゼミ。
着々と理解が進んでいる感が心地よい<私に限っては勘違いかも(笑)

帰り際にぱらぱらと数人のクラスメイトに会って,立ち話など。
帰路では,携帯メールで別ゼミの打ち合わせもしたり。

家に帰ってからは,行政法の答案書き。
・・・・・書けん(泣)

前期にやった範囲だったのよ,出題が。
書くべきことは,わかる。ああ,行政裁量の話ね,くらいのレベルだけど。
でも,そもそも規範の部分をどう書けばいいかがわからない。
覚えてないし。

いくら新司があてはめ勝負とはいえ,規範あってのあてはめなわけで,
ここが書けなければお話にならない。
長々と書く必要はないのだろうけど,ここで悩んでいては始まらないっ。

ああ,やばいわ,ほんと。行政法。
でも,要するに,その部分を固めておけばいいわけだから,
(あとは現場勝負だしね)地道にやっていくしかないよね。

昨日は,62期修習予定の方にお誘い頂いて,
自由法曹団のシンポジウム(労働法関係)に参加させてもらった。

たくさんの弁護士と,ユニオン関係の方,国会議員1名,
修習生,修習予定者,法科大学院生(は私を含めて2人かな)他。

いやいや,いい勉強になったわ。
純粋に「世のため人のため」に活動される姿には,感動する。

20名程度で行われた懇親会のほうにも,ちゃっかり参加させてもらった。
若手弁護士や61期修習生の方々とも色々お話できて,有益だったし,
やっぱりこういう機会に,気後れせず参加することは大事だって思ったよ。