茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
という言葉を,誰かに言う人がいるよね(昔の自分かも)。
それはつまり,誰かにわかってほしいってことなんだよね。

本当に,本心から,誰にもわかってもらわなくてもよいのなら,
誰にもわかってもらわなくてもいい,などと誰かに言う必要はないのだから。

今日は朝から,母の通院に付き添い。大学病院で
2つの科にかかっているから,午前中いっぱいかかった。

午後1時近くに帰宅して,お昼ご飯を用意し,息子と食べる。
その後,あれこれの家事をしながら,昨日出た,
「民事執行・保全法」の課題に取り組んだよ。

仮差押えとか仮処分の申立書を起案する課題。
ストーリーは自由に設定して良いとのこと。
私は,所有権移転登記請求権を保全するための,
不動産仮処分命令申立を選んで,お話を創ってみたよ。

これは例えば,せっかく家を買ったのに,
なぜか売り主が所有権移転登記をしてくれなくて,
もしかして他の人にも二重に売っちゃったりする!?みたいなときに,
「私が先に買ったんだから,あくまで私の名義に登記してもらうわ」
という手続き。

具体的に色々考えると,面白いねえ。架空の話だしさ。

この前の刑事模擬裁判もそうだけど,ローでは,これまで
全く無味乾燥に机上で考えていたことが,立体感を持つんだよね。
何となく覚えていた判例の規範が,ああ,こういうところで意味を持つのか,
みたいなことがリアルに想像できたりする。

音だけ聴いてたときにはわからなかったことが,
ライブ会場では体でわかるようなもんよ。・・・・そうか?
前期が半分終わって,イレギュラーな課題が増える時期。
2年のときと違って,人それぞれ,抱えている課題が違うから,
しっかり自己管理しないと忘れちゃうわ<おいおい。

ようやく,3年前期の自分の時間割が頭に入ったわ。
たぶん,ウチのロー(に限らないか)の3年生全員そうだと思うけど,
・・・・忙しい。

この「忙し感」は何だろう。
来年の司法試験受験が気になるのに,いわゆる「受験勉強」の
時間を確保できない焦りみたいなものだろうか。

かといって,ローでは受験指導をしてはいけないことになってるし。
でも,ローでやっていること,何1つ,ムダなことはないと思うし。

ま,自分なりにバランスとって,やっていくしかないやね。
今日の授業は,模擬裁(午後6時~)のみ。
息子が中間テスト前ということで部活がなく,4時くらいに帰宅するので,
帰ったのを見届け,夕飯の指示(これをこうして食べてね,みたいな)をして
5時くらいに登校・・・世間一般ではそろそろ帰路につく人が出る時間だね。

今日の模擬裁は,第2回公判期日で,被害者に対する証人尋問。
私は弁護人役なので,検察官役の主尋問に対する反対尋問をしたよ。

当たり前だけど,やったことはないわけで,記録(教材)をちゃんと読んで,
過去見たことのある(ドラマや映画含む)反対尋問を思い起こし,
「ま,できなくて当然でしょ」という前提で。

・・・・難しいねえ,色々。たぶん,難しさすら,まだわかってない。
けど,担当の先生や,被害者役をして下さった弁護士の先生に褒めて頂いた。
(あくまで初めてにしては,ってことだけど)「ホンモノみたいだったね」みたいな。
昔,劇団で芝居やってたことが,思いの外,活かされてるかも(笑)
(人生,ムダな経験はないもんだねえ)

ずっと前にね,(前にも書いたことがあるけど)
「日経WOMAN」っていう雑誌(そういえば今はもうないのか?)に,
女性の司法試験合格者3人のインタビュー記事が載っていて,
当時は私は全く司法試験なんか考えもしないところで生きていたのだけど,
その中の一人が,芝居やってた人で,「法廷は舞台だと思いました」って
発言していたのね。なるほど,ある意味,そうかもしれないと思った。

裁判員制度が始まれば,ますますその要素は大きくなるのかも。
良し悪しは別として・・・・。
詳しくは知らないけど,
過去によそのローに不適合評価(っていうんだっけ?)が出たことが
新聞とかでも話題になっているよね。

その,認証評価っていうのが,今年はウチのローにも入る。
これは,第三者機関が,法科大学院の教育等の実態を調査した上で,
その評価を行い,公表するというもの,らしい。

それに先立って,全学生に,評価機関からアンケートが配られたよ。
ちょっと前に,自習席に無造作に置かれてた。

けっこうシビアに書かせる感じ。
必修科目については担当の先生の名前まで特定されるし!

このアンケートを,さっき書いたよ。
で,色々思い返すに,
特に人的環境においては,ウチはすごく恵まれてると思う。

まあ,ローの学生は,ここに来るまでの経歴も,今の事情も,人それぞれ
ものすごく幅広いし,先生との関係は,相性とかもあるから,あくまで私の
個人的感想にすぎないけどね。

で,嫌なことはさっさと忘れる性質だし,
(事実は覚えているが,当時の感情は忘れる。自己防衛のため)
去年の授業に対する評価とか訊かれても,いいことしか書く気持ちにならないから,
妙に愛校心あふれる回答になっちゃったよ(苦笑)
辰巳でね,今年の本試験の問題を使って,4日間を体験できるという
「本試験体感講座」っていうのがあるの。8月6日から。
シミュレーションとして,最適じゃない?本試験の問題だし。

詳しくはパンフレットなり,辰巳のHPを見てもらえばいいけど,
資料代として3000円かかる。「本試験分析会配布レジュメ」がもらえる。
採点は「あり」だけど,論文の添削を希望する場合は,別料金とのこと。

去年こういうのがあったよ,って,他ローの受験仲間から聞いてて,
私は去年,知らなかったのだけど,すごくいい企画だと思うので書いてみた。
ローの仲間と集まって書けば,それでもいいだろうけど,周りに知らない人が
たくさんいて,いつもと違う雰囲気の中で書くのは,また一味違うもんね。

定員制とのことなので,さっそく今日,申し込んだよ。
今日の段階では,受付を開始したばかりだそうで,まだまだ余裕があるとのこと。

ただ・・・これって,時期的に,ローの期末試験終了直後くらいだよね?
ま,3年次は期末試験の負担は2年のときより軽め(勘違いかも)だから,
問題ないか。

・大したことではないのに自慢するみたいで品がない。
・入試の合格発表時,私たちの期は正規合格者のかなりの人が
 全免or半免を取ったらしく(2chに当時,書いてあった気がする)
 下位合格だったことがバレてちょっと恥ずかしい。

という理由で,書くのはやめようと思った。が,

・今年入った方や,今後受験する方の参考になるかもしれない。
・実際,嬉しい(特に学生機構からたんまりと借りている身ゆえ,なおのこと)。
・司法試験とは関係のない友人,知人でここを見てくれている人もいるわけで,
 いつも応援し,見守って下さるその人たちに報告したい。

ということで<前置き長すぎ。
現職裁判官の先生が担当して下さる回だったので(刑事法総合Ⅲ),
ふだんは火曜日にある授業が,土曜日になってたの。

この先生の授業は,2年の前期後半にあって,ほぼ1年ぶり。

ああ,そうだったわ。去年の夏近く,刑事訴訟実務の基礎という授業で
ご指導いただいてから,もう1年ちかくか。

1年でめざましい成長を遂げたみなさん!とのご期待には
残念ながら添えていなかったようだけど(笑)
ブログなんか書いてないで,さっさと寝ればいいじゃん。

・・・と言われてしまえば,返す言葉はないのですが(笑)

今日は眠かったわ。
今日は,隔週で授業がない木曜日なので,一日家にいた。

家にいればいたで,色々やることがあるのよね。勉強以外で。
勉強面でもやりたいことがたくさんあって,でも結局,
最低限これだけはやろう,と思っていたことしかできなかった・・・。

例えば,

眠いっ!でも答案書かなくちゃ!!

と思って,エスタロンモカを飲むわけ・・・・効かないのよね,最早。
もともとコーヒーやお茶系が好きで,カフェインに耐性があるからか?
(数年前にはけっこう効果的だった気がするが)

1時間半ほど,お昼寝しちゃったわ(^^;)

あれ?
何度か書いてるけど,やっぱり忙しいぞ,3年前期!

朝6時に起きて,息子を起こす前の数十分から勉強開始(することにした)。
午前中は家事をしながら勉強,午後1時から夜8時まで授業(途中空きあり),
9時すぎに帰宅してお風呂に入った後,息子とちょっと話し込んだら,
もう11時すぎだしっ。

と書くと,すごく勉強しているように見えるけど,実際は通学時間や
支度する時間とかもあるから,大した勉強はできてないし・・・。
はあっ・・・。

けど,息子と話す時間は大切。中学2年の息子は,今だけだから。
中学2年といえば,いわゆる「思春期」だとか「反抗期」だとかの時期。
本人もそれを自覚してるし,学校での話を聞いたりしながら,私も
中学時代を思い出して,
私「なんかムダにむかついたりするんだよね」
息子「そうそう!!」みたいに,あれこれ話すわけ(笑)

そんなとき,
時代や流行りは変わっても,この年頃に抱える思いは変わらないんだな,
って思うし,私は,自分がこの年頃だったころのこともよく覚えてるし,
息子が当たり前に成長していることを,とっても嬉しく幸せに思うの。

私も頑張らなくちゃっ!
今日は「組織・企業の不正活動と法」という授業がある日。
複数の先生が交替でお話しして下さる形式で,今日は
警察庁から来て下さっている先生による授業。
(警察庁の先生による授業があるローは珍しいらしい)

今日の内容は,いわゆる暴力団関係のお話。
暴力団の歴史(?)として,博徒系と的屋(テキヤ)系の流れがあるとか,
現在の全国の勢力分布みたいな話とか,
暴力団対策基本法制定に至る背景とか,興味深かったわ。

この法律ができた直後,浅草に住んでいた頃のことを思い出した。
浅草ビューホテル近くのマンションに住んでいたのだけど,
お隣が,「○×企画」みたいな看板の出ている事務所で,
出入りするお兄さんやおじさまが,どうもそっち系な雰囲気だったの。

ちょうど暴対法ができたために,大っぴらに看板を出せなくなり,
表向きは会社名だったりするようになった時期だわ(笑)

でもね。
そのお兄さんやおじさまたちは,当時は若い姉ちゃんだった私(苦笑)が
エレベーターでいっしょになって挨拶すると,フツウに挨拶を返してくれて,
笑顔こそなかったものの,恐くも,感じ悪くもなかったのを覚えてる。
あくまで,その場面限りの話だけれど。
第3回新司法試験が終わったねえ。
受験されたみなさま,お疲れ様でした!

今年のサプライズは,(受験した友人から聞いた話だけど)
民事系の第1問が(これまで会社法だったのに)民法だったこと。

確かに,あくまで「民事系」の試験であり,「会社法」の試験じゃないから,
民法からの出題でも文句は言えないけれど・・・。
去年まで,午前中は会社法だったわけだし,当然会社法だと思うよねぇ。

ま,何があっても動揺してはいけないのが本試験ってとこか。
今日(17日)は,息子とさいたまスーパーアリーナに行ったよ。
BUMP OF CHICKEN のライブ。

息子は生まれて初めてのライブだったので,相当インパクトはあったみたい。
私は,少なくとも息子を産んだ後はライブに行ったことがないと思うので,
13年以上ぶりってことになる。

いやあ・・・やっぱりライブはいいねぇ。

昔(と言うにふさわしいくらいの年月が過ぎていることにやや愕然とするが)
バンドをやっていた頃は,よく仲間と色んなライブに行ったんだ。
時が流れても,ライブの興奮感や,楽しさは同じなんだって感じた。

まさか自分の子どもと,ライブに行く日が来ようとは,思ってもみなかった。
幸せだな~って思ったよ。

意外なことに,親子連れらしき人もちらほら見かけた。
私の割と近くの席にも,父娘がいて,どう見てもお父さんの方がノリノリだった(笑)
家族4人で来ている人もいたし。

あ,もう1点,意外だったのは,昔は例外なく会場近辺で見かけた,
いわゆる「ダフ屋」さんがいなかったこと。
今はオークションでやりとりされるし,あれも古き良き(?)時代の話なのかな。


昨日は元特捜検事のテーマ演習クラスの飲み会だったよ。

はじめに事務所を見学させていただいたんだけど,
ご自慢の事務所とおっしゃるだけあって,本当に素敵だった。
一般にイメージされるような雑然とした,無機質な感じは全くなし。

デスク,ソファー,ティッシュカバーに至るまで,センス良くまとまってた。
しかも,すべて先生ご自身で選ばれたというから驚き!
(秘書の女性も,元モデルさんというだけあって,超美人だったし)

飲み会も,とっても楽しかったよ。
テーマ演習は,少人数ながら,色んなクラスの人が集まる貴重な機会。
今回のテーマ演習クラスも,飲み会に全員参加するタイプ(笑)のクラスで
よかったわ~。
前にも書いたことがあるけれど,ウチのローには
「オフィスアワー」という制度があり,授業後以外の時間帯でも
先生にじっくりと質問をすることができる。

今日はこの制度を利用して,行政法の先生に色々質問させて頂いたよ。
事前に質問しようと思っていた事項のみならず,色々と(私にとって)
根本的かつ基本的な疑問点などを質問させて頂いて,すごく勉強になった。

例えばある疑問点について,一人で調べていたら何時間もかかって,
しかも結局「本当にこれでいいんだろうか・・・」という不安が残る部分も,
数分のうちに氷解する。

授業の後だと,質問の列ができていたりするから,ピンポイントの質問しか
できないでしょ。それを思うと,オフィスアワーってほんと,贅沢な時間。
ちょっと言葉は悪いけど,こういう機会を有効活用しなければ!と思う。
今日から,第3回の新司法試験が実施されている。
私が受けるときまで,もうあと1年ないってことなんだよね。

まあ,旧司を受けていたときには,「来年(も)受ける」と
わかってから(つまり不合格がわかってから)次の受験までは
7ヶ月程度だったわけだから,まだあと1年,準備ができる,
とも言えるか。

旧司を受けていたときには,日常は一人で家で勉強していて,
せいぜいメールやブログ等で受験仲間の頑張りを知ったり,
みんな頑張ってるんだなあ,って想像したりという程度だったけど,
今は違う。

頑張っている人たちの姿を毎日見て,その雰囲気をいわば肌で感じる。
必然的に,自分も頑張らなくては,と思うことになる。

と同時に,「もうあと1年なんだよねえ」というような会話をして,
(その割に受験勉強ができてないわ,みたいな)不安も話せる。

ほんと,いい環境,いい仲間に恵まれたと思う。頑張らなくては!
何度か書いている通り,ウチのローでは,お昼休みの時間を利用して
先生がお話し,学生は昼食を食べながら聴いて,質疑応答もできる,
という企画がある。

今日はときどきマスコミなどにも登場する,会社法のN先生のお話。
ちょっとやることがあったので,途中で退出したのだけど(なので
中継教室で聴いたよ。ちなみに中継教室もかなりの盛況だった!)
面白かったわ。

地球温暖化対策にからんで,いわゆる排出量取引の話。
これについては,ニュースで見た(読んだ)ときに,「え?」って
思ってたの。そんなものまで取引の対象にしちゃうとはねえ,って。

けど,今日の話で出てきた,クリーン開発メカニズムというのは,
(これは初耳だった)合理的だな,って思った。

簡単に言うと,排出量削減目標値を達成でき難い先進国が,
技術面が劣っているために二酸化炭素等を出しまくってる途上国に
技術を提供し,削減できた分を自分とこの削減量に充当できるというシステム。
(不正確だと思うので,興味のある方はググったりしてください^^;)

しかし・・・やっぱり,地球温暖化の問題は,まさに地球規模の話で,
まあ,たぶん,今生きているほとんどの人間は,あまり影響を受けずに
生涯過ごすのだろうけど,もう少し,危機感を持つべきじゃないかな~。

今日の話は,ちょっと違った角度からの話だったけれど,改めて
そんなことを思ったよ。


明日から,いよいよ第3回新司法試験。
友人や,ローで交流させて頂いた先輩,ネットつながりの方,ここを見て下さった方
思いつく限りのみなさんが,力の全てを発揮されますよう,祈っています。
朝,刑事法総合Ⅲのレポートを書き(未完),
昼食と夕食の準備をしてから(息子は振り替え休日ゆえお昼も)ローへ。

仲間との答案検討ゼミのあと,「ジェンダーと法」の授業。
軽いレポート課題が出たので,次の授業までの間に書いた<エライ!
で,「スポーツ・エンタテイメントと法」の授業に出て,8時ちょいすぎに
ローを出て帰宅。

最寄り駅で降りたあと,スーパーで買い物をして帰る。
息子とおしゃべりして,ちょっと洗濯して,お風呂に入って,今に至る。
自分の夕飯は,夜の授業の前にちょっと食べて,あとは今,ビール飲みながら
適当につまんでいる感じ・・・。

やっぱり,夜まで授業があると,忙し感が増すわね。
ま,忙しいのは嫌いじゃないし,よしとしよう。
今日は旧司法試験の択一試験だったね。
受験された方,お疲れ様でした。

択一試験の日に(東京だけど)こんなに寒いなんて,
私が受けたときにはなかった気がするな~。

ローを併願される方は,すぐに適性もあるし,
休むヒマもないと思うけど,気持ちを切り替えて,頑張ってください!
ローを受けない方は,論文試験に向けて,全力投球ですね。
頑張って下さい。応援しています!
今日の東京は,朝から小雨ぱらつき,そのうち本降り。
・・・にもめげず(さすが中学生),運動会が開催されたよ。

なんだかね。泣けちゃうんだよなあ。
ほんと,なんでもない,ただ子どもたちがそろって準備体操をしてる,
そのくらいのことでも(笑)

地元の区立中学だからね,保育園,つまり赤ちゃんのときから
知っている子もたくさんいるわけ。

それがねえ。
女の子はすっかり女らしくなり,男の子も声変わりしちゃったりして,
でもまだ,あどけなさも残ってて。

息子が通っている中学は,線路沿いにあるの。
保育園のとき,この中学の校庭を借りて運動会をしたことがあった。
まだ2歳とか3歳だった息子は,電車が通る度に,そっちを指さして
「でんたー♪でんた~♪」って嬉しそうにしてたっけ。

・・・・・ああ,もう電車が通っても振り向きもしないのだね。

当たり前だけど,(振り向いてたら相当やばいだろ)
そんなことにも感慨を覚えるのよ,母としては。

自席でお友達とふざける様子を遠目に見て,楽しそうだねえ,って安心する。
ブラスバンドの演奏をする真剣な顔を見て,かっこいいねえ,って感心する。
組体操で上に上がるようなときには,うまくいくように,ってハラハラする。
今日は一日冷たい雨だったから,寒いだろうに,って心配する。

そんな感じで,「母親」を満喫してきたよ。幸せだわ。

帰宅後の息子の一言。
「やっぱり,つくづく青春だって思った」

中学時代を,充実した気持ちで過ごせて,本当によかったね,と思う。
息子が,「今」という時間を大切にしていることがよくわかる。
私も同じだもん。いくつになっても「今」という時間が大切。
明日の運動会に備えて,息子ちんが9時過ぎに寝てしまったため
(奴は吹奏楽部ゆえ,開会式のリハーサルとかで早く行くのだよ)
ヘッドフォンでテレビを見ていた私。

ウチのテレビは,SHARPの液晶アクオス(小さめ)なのだけど,
ヘッドホンを使うと,あまりに音が良いので驚き!
特にCMなんか,映画館みたいな臨場感だねぇ。

普通に聞いていると(よほど大型ならわかるのかもしれないが)
あんまり意識できないのだけど,ヘッドホンだとよくわかるよ。
ぜひお試しあれ。

さてと。私も明日はお弁当作りでいつもより早起き。
天気がイマイチっぽいのが残念だわ・・・。
どこのローでもあることだろうけど,
ウチでは3年次の刑事系が毎週レポート提出。

前にも書いたかもしれないけど,A4で2枚限定なの。
短くするのに,けっこうな労力を使うのよね・・・。
いっそ,最初から割り切って,答案構成を出す,くらいの気持ちで
取り組んだ方がいいのかも?とすら思ったりして。

一応,1課題2時間を目安に書くのだけど(パソコンで)
手書きと違って,思いつくままにどんどん書くから,どうしても長くなる。
で,後から短くするのに時間がかかるわけ。

ま,でも今は,時間をかけてもいいかのな。
そんな,5時間とか6時間とか使うわけでもないし^^;
短くする過程で,重要な部分を見極めたり,あれ?って思ったところを
基本書に戻って確認したりすることが,勉強になるのだろうし。

もっとも,パソコンに向かう以前にも,空き時間
(息子が登校準備してるのを見守りつつとか,他の勉強をしてて
飽きてきて,コーヒーを飲んでるときとか)に検討してるから,
それを総合すると,けっこうな時間を使ってるかもな~。

・・・などと試行錯誤してるうちに前期終わりそうだけど(苦笑)
水曜日は,午後1時から授業が始まり,中1時間あくけど,
終わるのが午後8時(正確には7時50分)。
連休中,あんまり頭を使わなかったので,ちょっときつかった(笑)

でもやっぱり,ローは楽しいわ。

これはローに限らず,大学もいっしょだと思うけど,
先生が書いた論文だったり,書物だったりを読むことがあるじゃない。
(場合によってはテキストに指定されていたり^^;)

文字として読んでいるときは,無味乾燥ですらあったりするけど,
それを,書いたご本人の先生が,自慢気に話されるときの顔が好き。

あ,特定の先生ということではなくて,ご自身がちょっと自慢に思われている(?)
業績のようなものを話されるとき,どの先生も,ちょっと子どもっぽい顔になる。
そういうときの,表情が好き。

小さな子に対して,「すごいね。よくできたね」などと褒めると,
大体どの子も,嬉しそうな顔をするじゃない?あんな感じ。

自慢話を聞くの,私,けっこう好きなのかもしれないな~。
ただの虚栄に満ちた話を聞くのはイヤだけど,
ほんとうにスゴイんだな~,ってことを,つい自慢しちゃう,みたいな話が。

「これ,できたんだよ!」っていう嬉しい気持ちが,伝播してくる気がするから。
やっぱり人間,いくつになっても,褒められたいものだろうしね。


・・・・・・しかし,大学生のときには,こんなことは思わなかった気がする。
トシとったんだな,きっと。ま,それはそれで,悪くないわ。ね?
しばらくローに行かない日が続くと,
それはそれで,それなりに,別な日常が過ぎていくので,
何となく,ローでの生活が,遠いことのように思えたりする。

ああ,でももう,ローでの生活も半分以上が終わったんだよね。

高校の同級生で,医者になった友人が言ってたことがある。
「高校はあくまで通過点だと思ってた」って。
高校生活3年間は,医学部に入るための,単なる通過点。

今,ふとその言葉を思い出した。
ローもまさに,法曹になろうと思う学生にとって,通過点にすぎないのかもね。

でも,やっぱりローでの時間や,ローで出逢った人たちとの関係も,
大切にして生きていきたいな。
いや,これまでも,息子もいっしょにカラオケということはあった。
ご近所関係などでね。

でも,二人だけでカラオケというのは,初めてのこと♪

息子は,若干,テレがあるのか,あまり歌わないため,
ほぼ(息子が入れた曲まで全部・・・)私が歌ってるわけだが。

まあ息子と共有できる歌がたくさんあるのは,いいことだよ,きっと。

ちなみに,バンプだったり,スピッツだったり,サザンだったり,
aikoだったり,中島みゆきだったり,ブルーハーツだったりって感じかな。
他にもいろいろ,最近のやつとか,昔のやつも。

ってな感じで,GWのイベント,終了。
どこか少し,遠出しようかとも思っていたのだけれど,
どうせどこに行っても,混んでいるだけだしね。
実家と,父の特老に行ったほかは,今日のカラオケ程度で。
昨日は,ロー生4人で飲んだんだ。4人とも違うロー。
・・・なんか,ウチは3年次の授業の負担が,
そこにいた3人の各ローに比べて重いような気がした。

単なる印象かもしれないけど,必修こそ少ないものの,
なんだかんだで特に前期は,みんな,授業が多いもんね。

もっとも,私は予習が必要なものはほとんど取ってないから,
この連休も予習を稼いでおこう,という感じではない。

ただ,研究特論を取っているから,そのための資料を集めたり,
集めた物を読んだりということはある。

・・・・受験勉強とは関係ないですな。面白くはあるけれど。

5月に入ると,「いざ択一っ!」だったんだよなあ,2年前まで。
当時の日記(ブログ含む)を読むと,何だろう,「時」を感じる。

今は,
旧司択一を受けていたときのことを思うのとほぼ同じ比重で,
来年は自分も受験する,新司のことが気になる。

いやむしろ,そっちのほうが,気になる。
旧司のことを思うのは,私にとってはもう,「感傷」なわけで。

だけど,私も受けていたときに,一緒に旧司を受けていて,
今年の旧司に臨むみんなのことを,私は心底,応援している。

もちろん,例えば学部生や,勉強を始めたばっかりなので,
試しに(ロー入試だけでなく)旧司も受けてみる,
という方にも,頑張って欲しいとは思うけれど。

ただ,何年か旧司をやってきて,今年も旧司を受けるという方には,
(あと数回しかないことや,合格者数が激減することは厳然とした事実だし)
格別の思いがあるだろうことは,想像に難くないし。

制度の狭間で,私たちはある意味,踊らされているんだよね。

でも,ちゃんと前を向いて,生きていこう。