茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来てるよ~!
今週,月曜から水曜まで,ほぼ全ての授業にチェック?が入るらしい。

ま,だからって,いつもと変わらないんだけどね,授業も学内の様子も。
けど,ちょっとした緊張感みたいなものはあるわね。

小学生が,授業参観で親に見られるときみたいな感じかな。

スポンサーサイト
自分の周りで,色んなことがあるのよねえ,この数ヶ月。
ロー関係も,それ以外でも。正直,ちょっと疲弊している。

先週の元特捜M先生が,授業で,ご自身が若い頃から
日記をつけていらしたというエピソードを話して下さったのだけど,
その動機などに,大いに共感したわ。

私も,小学生のころから,ずっと日記を書いてる。
(って,たぶん,前にも書いてると思うけど)

不安になるんだよね。どんどん忘れていくことに。
人は,おそらく,自分に都合の悪いことは忘れられるようにできてるし,
耐えられないような記憶は,無意識裡に書き換えるようになってると思う。

だから,自分の記憶なんてアテにならなくて,そこに恐怖を感じる。
その当時,どう思っていたか,事実関係はどうだったのか。
まあ,個人的な経験なんか,大抵の場合はどっちでもいいようなことだけどさ。

日記を書かないでいると,自分の存在を確認できないような気持ちになるの。
本当に生きていたんだろうか,自分!みたいな(笑)
それで,色んなことが立て続けに起きて,
日記を書く時間すら取れない日が続くと,疲弊するわけ,私は。

ま,それでも飲みながらブログを書いてるから,いいんだけどね^^

一昨日ね,都営地下鉄の乗車券を落としちゃったの。
乗り換えの駅で,再度定期入れを出したときに,
滑り落ちたんだろうと思われる。

それは,ひとり親家庭の親か子に支給される,都営地下鉄と
都営バスに乗れる無料パスで,名前と住所が書いてあるけど,
自動改札を通れるから,拾った人が使おうと思えば,使えるもの。

どこで落としたか,自分でほぼ特定できたから,翌日駅員さんに
聞いてみたんだけど,「届いてないみたいです」とのこと。

私,忘れ物とか,落とし物とか,めったにしないのにな・・・
ま,最近忙しかったし,こういうこともあるか。
来週にでも再申請しよう,と思ってたら。

今日,「東京メトロお忘れ物総合取扱所」というとこからハガキが来た!
「6月25日の拾い物の中に
あなたの住所,氏名等が記入されたものがありました」

嬉しいなあ。
拾って届けて下さった人が,いたってことだもんね。
気持ちが届くことを信じて,ここに書いておきたい。

ありがとうございます。

やれやれ,やっと終わったよぅ。
(・・・あ,正確には終わってない。次回が判決だから)
1単位科目なんだけど,4単位分くらいの負担だったわ(笑)

でも,すごくいい勉強になった。
手続き法,つまり刑事訴訟法と刑事訴訟規則の色んな条文が,
現場でどのように運用されているのか,少しだけどイメージできた。

あと,刑事訴訟実務の現場について,法廷傍聴ではわからない
裏事情的なことも,ほんの少しだけ,納得できた。

それから,同じ証拠も,立場によってここまで違う見方ができるんだな,
ってことを,徹底して一方当事者になってみて初めて実感できた。

何より,この仕事の難しさと面白さを,ちょっとだけ体感できた!

で,ふと我に返れば,やっぱりローに入ってよかったな,と,
原点を確認するわけよ。明日からもまた,がんばろう。


この前書いた,自販機トラブルね。

私以外にも,貧乏くじ(いや,当たりかな)を引いた人がいたのか,
その自販機に,返金するから連絡してください,
みたいな貼り紙がしてあった!

それによると,どうも,5本,入れ間違いがあったらしい。
・・・・なぜ,5本と特定できたんだろうか。

それはさておき,「返金」というのは,どういうことだろうか。
私は,出てきたコーヒーを飲んでしまったわけだけれど,
それでも,120円返しますよ,っていうことかな。

もしそうだとすると,その法的根拠は?

仮に売買契約は成立していたとして,
債務不履行(不完全履行)→解除で原状回復,だとすると,
私が「お金返して」って言えば,それが解除の意思表示になって,
・・・でもそうしたら,私は,缶コーヒーを飲んでしまったから,
原状回復は不可能,金銭賠償ってことになって,相殺で終わりだよなあ。

っていうか,私が「超ガッカリだし!」とか友達にグチりながらも,
缶コーヒーを受け入れた段階で,売買契約に基づく引渡債務も
ちゃんと履行されたことになって,あちらに債務不履行責任はないとも言えるか。

そうすると,自販機に間違って缶コーヒーを入れてしまった過失による
不法行為責任か(大げさだなあ・・・)

いずれにしても,社会通念としては,きっと私がその紙に書いてあった
電話番号に電話すると,120円,返してもらえるのだろうと思う。
(法的性質をしいて言えば,いわゆる慰謝料?)

しかし,私としては,ちゃんと120円分の缶コーヒーくんをいただいているし,
電話する気にもならないわけで・・・。

なのに,「5本」と特定されている以上,5人に返金が済むまで,
あの貼り紙が外されなかったらどうしよう,とか,悩みはつきない(笑)
今日は,ちらりとローに行ったあと,お通夜に参列したよ。
故人は,出身は九州で,そちらの身内の方とはほとんど付き合いがなく,
私の実家関係の人たちだけの,こぢんまりとした集まりだった。

義姉(故人の娘)が,寂しそうだった。
早くに母親を亡くし,弟も亡くしてて,今回父親も亡くなって,
もう,生まれた家の家族は,誰もいないから・・・。


兄と,久しぶりに会った。
義姉とは,割とよく会うのだけど,兄とは,えっと・・・
まともに話したのは,1年ぶりくらいになるな。
(昨日も書いたように,あんまりいない人だから・・・)

通夜ふるまいで,お醤油を注いでたとき,
「おにいちゃん,お醤油(注ぐから小皿ちょうだい)」って言ったとき,
自分でも,はっとしたわ。

ああ,私には「おにいちゃん」がいたんだ。
おにいちゃんのことを,おにいちゃん,って呼んだのは,すごく久しぶりだ。


今日,兄の奥さんの父親が亡くなったの。

70年以上生きていれば,何の事情もない人のほうが珍しいだろうけど,
その人も,色々と事情のある人で,ここ数年は,私の実家の建物の3階
(って言っても,断じて豪邸ではない。狭小とも言える土地の3階建て)で
生活していたの。

だから,私にとっても,実家に行けば,そこにいた人で,
(もっとも,実家にはあまり行かないから,滅多に会わなかったが)
それほど親しくしていたわけではないけれど,何の縁もない人でもない。
息子もお年玉をもらったこともあったし・・・。

そんな人が亡くなったらねえ,最後のお別れくらい言いたいじゃない。
つらつらと書いているように,私は今,ローのこと(など)で何かと忙しい。
でも,亡くなる人は,そんなのおかまいなしか~,などと思ってみたり。

だけどね。

その人,ここ数日は,もうほとんど意識がないような状態だったのに,
昨日は,見舞いに来た孫(私の甥っ子にあたる)たちに,
「ばいばい」って言って,手を振ったのだとか。

しかも,たまたま,この週末は,兄が家にいた。
(兄は商売やってて,月の半分くらいは日本にいない。日本にいる週末は,
地方に遊びなどに出かけてて,家にいない)

やっぱり,いちばんいいタイミングを見計らって逝ったのかもしれないな・・・。


今日は模擬裁判の,被告人質問の尋問事項をまとめたよ。
ある意味,台本を作るようなところがあって,それなりに面白かった。

実際の裁判と違って,ある程度,「ここはこう答えて下さい」って
お願いできる部分もあるから,まさに創作劇っぽいかも(笑)

あとは,最終弁論の弁論要旨をまとめればおしまい・・・のはず。
けど,けっこう時間かかるわ~。

今はあくまで「模擬」だけどさ,
職業としてやるようになれば,こういうのを同時にいくつもいくつも抱えて,
全てに真剣勝負で取り組まないといけないわけだし,大変だろうねえ。

今日は,被告人役をやって下さる先生と
打ち合わせをすることになっていたので,どうにか
尋問事項をメモ程度にまとめて,出かけたよ。

その先生は,いわゆる企業内弁護士。
某総合商社の法務部で働いておられるので,その会社へ。

大きな会社の受付やら,パーテーションで区切られた
スペースの雰囲気やら,ああ,この空気は相当久しぶりだわ。

独特の空気があるんだよね,民間の大きな会社って。
もちろん,会社によって違うに決まってるけど,入り口部分では,
ちょっとした共通項があると思う。

一応,スーツで来てよかった~,みたいな(笑)
今日は朝からフル回転。
7時半から刑事法のレポート書いてたし。

朝食を食べ終え,片付けしつつ,息子とおしゃべりしつつ,
登校する息子を見送りつつ,洗濯しつつ・・・なわけだから,
「レポート書いてた」などと偉そうに言える時間ではないが。

模擬裁の準備やら,ベンチャーの中間テスト対策やら,
今日は授業も6時間あったし,バタバタしながら気がついたら
もう11時じゃん!さっさと寝なくちゃ。
これで2回目だもん

今日ね,1号館6階エレベーターホールの自販機(と特定してみる)で,
ストレートティーのボタンを押したのに,缶コーヒーが出てきた!
(缶コーヒーからは離れたボタンだし,押し間違いではないと思う)

私,缶コーヒーってあんまり好きじゃないんだよね~っっ!!
コーヒー自体は好きで,毎朝必ず飲むんだけど,缶コーヒーは
ヘンに甘いから,あんまり好きじゃない(勿体ないから飲んだけどw)

1回目は,2年生のときで,2号館3階の自販機。
ボタンを押して,出てきた音がしたのに,取り出し口にない!!
覗いてみたけど見えない。手を突っ込んだけど,触れない・・・。
出口付近につかえてて,出てこなかったものと思われる。

思いっきり蹴り飛ばしたりしたら,出てくるのかもしれなかったけど,
さすがにそんなお下品?なことはねえ・・・・。

もう,信用しないんだからっ,ローの自販機!
労働法関係で,「ジェンダー」が問題になった判例を勉強したよ。
自分が,新卒で入った某音楽関係の財団のケースを思い出した。

私が新卒で入ったのは,平成2年。均等法ができてからまだ数年の頃。
色んなごまかしがあったなあ~。すごく入りたいとこだったから,
「ん?」と思っても,良いところだけを見て,「ま,いいか」って思ったっけ。

入ってみたら,男女差別の著しいこと,限りなし,だったよ。
男女差別っていうか,男尊女卑,そのものだったよ。
制度上はもちろん,何より,男たちの意識がね。

例えば,私が忙しくファンクラブ関係の処理(私は,あるアーティストの
ファンクラブ関係を任されていた)をしているところに,会議室から大声で
「micoさーーん!!ちょっと,ちょっっと!!」と手招きされ,
何かと思って行ってみたら,打ち合わせ終了後の会議室を指さし
「ここ片付けといて」って言われたりね(苦笑)

もっとも,私のいた部署には,(男女差ではなく)能力で人を見る上司が
数人いたので,私が
「なんでこんな使えない奴が,男だってだけで優遇されてるんだろう」
と思っていることも察してくれて,(さすがに口には出せなかったよ!)
こっそり励ましてくれたりしたけどね。

それでも,長く勤める気にはなれなかったわ。
学生時代から付き合っていた元夫と,結婚する話も出ていたしね。
それで結婚に逃げたようなところがあるわけで,そこは私の甘さだけどね。

息子の学校からのプリント。
(中学)2年生の学年通信の,今回のタイトルがこれだった。
タイトルは一見,清潔な響き,しかし,裏腹に,
むしろいやらしさを感じるんだよねえ,たぶん,この世代には。

一応,親向けの通信だけれど,子どもが持ち帰るわけで,
中身を読む子もいるでしょう。そこに書かれた内容は・・・

「中学2年生は,ちょうど,男の子の思春期と,女の子の
思春期がドッキングする時期なのです」
・・・うわっ。何?ドッキングって・・・・。

「この時期男の子は,ガールフレンドを欲しいと,多かれ少なかれ
思っています。しかし,男の子からは,なかなかアプローチができない。
そんな時,女の子から何らかのアプローチがあると,すぐペアができてしまう」
・・・ペア,の部分に二重線によるアンダーラインがついてるよ。

「この時期の女の子は,やや崩れ気味(ルーズ)の男の子に惹かれるため,
崩れた感じの男の子のほうが,いち早くガールフレンドを手に入れてしまうことになる
傾向があります」
・・・なんじゃ?「手に入れてしまう」って・・・・それにそもそも,「やや崩れ気味」の
男の子ってどんなん?仮に一定のそのタイプの男の子がいるとして,
なんで杓子定規に,女の子達がみんな,そのタイプに惹かれると思うかね?

「2年生の中にも,先輩や同級生と付き合っているといった情報は,先生方にも
入ってきています。しかし,我が子を守れるのは保護者なのです」
・・・ぷっ。何,そこまで言っといて,最後は親の責任だからね,って?

なんだかねえ。これを書いた先生は,本気で,そう思っているのだろうか。
これを書いたのが,男性なのか女性なのかはわからないけれど,どっちにしても,
自分が中学生だったときのことは,覚えていないのだろうか。
それとも,そういうステレオタイプなとらえ方に納得して生きてきたのだろうか。

中学生が「男女交際」をすることはいけないこと,という前提があるのは,
間違いなさそうだね。「~しまう」という表現が多いから。

ま,別に私も,積極的に,息子に,女の子と付き合いなさいよ!とは思わないよ。
だけど,純粋に,自然な気持ちとして,好きな女の子がいたりしたら,
それはとても素敵なことだと思うんだよね。そういう気持ちを,大切にしてほしいし。

誰だって,あるでしょ?中学生くらいのとき,好きだった異性の想い出。
別に「交際」じゃなくてもさ,部活でいっしょだったとか,席が近かったとか,
ほんと,ささいな日常の学校生活の中で。

それを,なんか,こんな学年通信みたいな半ば「公式」な見解みたいな形で,
頭ごなしに押さえるような言い方をされたら,私だったら反発するなあ~。

・・・・と思って読んでいたら,その次の記事が
「マナー教室を終えて~生徒感想文」ってやつで,
息子が(よそ行き顔で)書いたものが載ってた(笑)
今日は,夕飯時,息子が読んでる本の話になった。
書いたことがあるかもしれないけど,息子は,想定外の本好きに育った・・・。

確かに,本好きになるといいな,って思って,幼い頃は毎晩いろんな本を
読んでやったよ。しかし,ここまで本好きになるとは,思ってなかった・・・
小学校低学年くらいのころは(私はその頃から,既に本好きだったけど)
息子は,あんまり本は読まなかったからね。

それがねえ・・・今はヒマさえあれば本読んでる,みたいな。
起きてきてすぐ,パンが焼けるまでの時間に読む,身支度ができて,
いっしょに登校する友達が来るまでの数分にも読む,帰宅すればまた・・・。

部活も忙しいし,相変わらず,ピアノも空手も続けてるし,
いつ勉強するのかな~?と,一応,親としては思う。

でもね,読んだ本の内容や,気に入っている作家の話をするときの
息子は,本当に楽しそうだし,聞いていると,その成長ぶりがわかるんだよね。
ああ,この子は,ちゃんとバランスよく育ってるわ,って安心するの。

それから,これも前に書いたけど,先生方が得意分野の業績について
お話されるときの少年っぽい表情ね,それと同じなんだよね。
次から次へと,作品や作家の話をする息子を見てて,しみじみ幸せだと思った。

もう,対等だからね,話は。ふと,ああ,私はこの人の母親なのか,って
気がついて,愕然とする部分があるわ。
と,一瞬だけ開放感があるのが,金曜日の夕方,授業が終わったとき。
(次の瞬間には土日のどっちかで刑総のレポートを書こう,
とか,研究特論関係の資料を読もうとか考えるわけだけど・・・・)

今週は,明日も授業があるんだよね~。気が抜けないわ。

なんて,やっぱり,受かるまでは,本当にすっきりと気が晴れることは,
ないんだろうな。
でも,受験が終われば(発表前でも)少しは開放感あるかな?

新司の場合は,ローに入ったときから「2年(も)後」の受験を意識してるし,
(だからってずっと勉強ばかりしてるわけではないんだけどね,
気持ちの上の話よ)その間,受験だけを考えていればいいわけじゃないし,
体力面はもちろん,精神面でもタフさが要求されるわね。

さ,明日もまた,がんばろう!
いや,期末試験は,私は必修の刑事系と,法哲学と,
租税法と,ベンチャーと,執行・保全だけなので・・・

・・・・あれ?イメージしてたより,重いぞ。おかしいな(苦笑)

で,レポート提出が,4科目。まだ正式には発表になってないけど,
大体,どの科目も,A4で5枚程度らしい。

他にはまだテーマ演習の発表もあるし,模擬裁判もそれなりの負担。

あれ??研究特論も取ってなかったっけ,私(T_T)

3年前期,今,その渦中にいるから思うだけかもしれないけど,
(あとは,後期は受験勉強をしたいから,前期になるべくたくさん
単位を取っておきたい,という受験生心理もあると思う)
一番大変なような気がする・・・。

周りもすごく忙しそうにしてるもん。テーマ演習の準備とかで。
授業も1日に6時間ある日があるしね。
(人によっては,それが週に何日もあったりする・・・・)

でもま,好きで選んだ道だし,好きで入った学校だから。
何とか,頑張って乗り切ろう!
ほんっとうにいいものですね,
で有名な水野晴郎氏が亡くなったんだね。
つい先日,TSUTAYAで
「シベリア超特急」を借りて観たところだっただけに,驚いた。

これは,水野氏が自ら監督をし,出演もしてて,
映画の冒頭には,BC級戦犯として死刑になった
山下奉文大将の貴重な映像も収録されている映画。

山下大将の映像が見たくて,借りたんだけど,思いの外,
映画自体も面白かったよ。

ウチにある,テレビから録画したテープのいくつかには,
水野氏の「いやあ,映画って・・・」が入っている。
もう,観るに耐えないほど,古くなったテープだったりするわけだけど,
それはそれでまた,いいんだよね。

DVDで録画したのでは,そういう,時間の経過を思わせる変化,
(いわゆるレトロ感ってところ・・・)は出ないよね。
今日は,いつもなら刑事系の必修がある日。
なのだけど,現役裁判官の先生が担当して下さる回なので,
土曜日に振り替えなの。

で,午前中の授業を終えた後,いつもは授業がある時間に,
ゼミに備えて答案を書くつもりだったんだけど,自習席で
寝ちゃったよ・・・。(あ,ずっとではないよ,念のため)

今の自習席は,大きな窓(壁全体が,窓ガラスって感じ)が近い席でね,
防衛省の中庭(っていうのかな?)が見えるわけ。
お昼休みには,そこでバレーボールなどをしている職員の明るい声が
聞こえてきたり,ランニングをする人がいたり。

こちらは6階なのに,庁舎の敷地は地形の関係からか,
どう見ても2階にいる気分なのよ。反対側は,大通りに面してて,
いかにも都会のせかせかした雰囲気なのに,こちら側はのどかですらある。

窓外を眺めつつ,この席,居心地がよいわ,いいお天気だねえ,
などと思っていたら,なんか,がつがつ答案を書く気が失せてしまって。

やっぱり私は,基本的に自宅勉強派なんだわ,って再認識したよ。
って,息子に言われた・・・・・。
「DVDは録画できないし,パソコンもなんか遅いし,
大体,みいの携帯とか,ありえないでしょ」って・・・・。

ええ~っ?そうかねえ。
と,ふと家の家電を見回してみれば・・・・確かにねえ。
かろうじてテレビは液晶のやつだが。

電話は12年くらい使ってて,「ハンドスキャナ」とかついてるけど
(わかる?一応,スキャナなんだよ!)壊れてて,ただの電話機だし。

洗濯機も,もう10年くらい使ってるか。
一応全自動のやつ。これの前は,二層式を使ってたよ!!

DVDねえ・・・録画はビデオでできるし,と思って,再生専用のを
買ったんだったなあ。もう5年以上はたつか。

いやいや。でも,エアコンは,去年(10年以上使ってたのが動かなくなり)
お掃除ロボ入りのやつを買ったし,炊飯器や冷蔵庫は,まだ5年たってない。
食洗機だって,(買ったときに喜びをブログに書いた記憶があるから)
そんなに前じゃないぞっ。

しかし・・・さすがに携帯くらい,そろそろ替えようか。
でもなんかねえ。愛着あって,手放せないのよ(始まった・・・)

「僕の彼女はサイボーグ」(リンク先は音が出ます)を観たよ。
面白かったわ~。ちょっとSFっぽい感じもよかった。

しいて1つ難点?を言うとすれば,
主人公は2008年11月に21歳なのだけど,その幼少期の映像が
どう見ても昭和30~40年代だったこと・・・・・。

今21歳の人の幼少期って,1990年代,もう平成でしょ!?
いくら田舎の村ったってねえ。宝物としてブリキのおもちゃやメンコって・・・。
ま,最近,昭和レトロは流行りだし,
私も「おおっ!懐かしい」とか思って見ちゃったわけだけど,
そもそも私が「懐かしい」と思ってる時点で,21歳の人の幼少期としては
不自然なわけよ・・・と気がついて,苦笑したわ。

でも,映画としては,思いの外,よかったのでオススメしとく。


適性試験を受験されたみんな,お疲れ様!
次は22日だよね。
いよいよ,ロー入試もシーズン突入だね。
長丁場だから,無理しないで,うまく乗り切ってください。
この週末,私の住む地域でお祭りがある。
詳しい由来とかはよく知らないのだけれど,とにかく毎年,
6月の第1週の週末に,近辺あちこちの町内会から神輿と山車が出るの。
4年に1度は「本祭」ということで,ちょっと豪華に稚児行列とか。
(今年は,その「本祭」にあたるみたい)

今夜もまだ,(ウチはマンションの12階だから,あちこちから
音が聞こえるわけ)威勢のいい掛け声が聞こえてきている。

息子が小さいときは,山車引きにいっしょに出かけた。
要所要所で,お菓子が配られるのをアテにして。

私が生まれ育った町には,お祭りなんかなかったから,
ここで暮らすようになって,思いがけずお祭りがあることを,嬉しく思った。

生まれ育った町も,ここも,東京の下町と言える地域なのだけど,
たぶん,ここのほうが,昔から「町」として発達していたのだと思う。
生まれ育ったところは,たぶん,戦時中にはあまり人が住んでいなかったような
ある意味,「新しい町」なのかもしれない,って思ったりして。

ここは,東京大空襲のときに,標的となった軍需工場のすぐ近くなの。
そういう歴史も,引っ越してきてから初めて知ったのだけどね。

ほんと,別段の思いもなく,たまたま選んだこの町のこの部屋で,
息子はもちろん,私も,人生で最長の期間を過ごしている。
それなりに,愛着も湧くってもんだね。

まずは旧司の択一を突破された方,おめでとうございます!
せっかくのチャンスを,どうか活かして下さい。

新司の足切りクリアを確認された方,おめでとうございます。
こちらは本人への通知はまだ先だから,はっきりしない方も
いらっしゃると思うので,微妙ですが・・・。

法務省の発表を見ると,
ウチのローからは352人受けて,312人が通過した模様。
率にして,88.63%が,無事に択一を通過したということになる。

ちなみに,全体で見ると,択一を通過した受験者は74.33%。
なんとなく聞いている,ウチのローは択一に(は)強いらしいというのは
本当なのかも?入試に択一試験があるのも影響してるのかな。
当たり前だけど,授業はもちろん,法職でも択一対策はないからね。

私も足下を見て,着実にやるべきことをこなしていかなければ。
例えば,
結婚していないフィリピン人女性と日本人男性との間に
生まれた子がいて,生まれた後に認知されたとしても,
その子は,今の国籍法では,日本国籍を取得することができない。

その国籍法について,今日,違憲判決が出たね!
当事者の女の子たち(なぜか女の子ばっかりだったような?)は,
これまでのニュース映像とは違って,思いっきり笑顔だったね。

まだ少々,時間はかかるようだけど,国籍法も改正される見通しらしい。
(法が明らかに現状と乖離してきてて,自治体ごとにその場しのぎの
対応をしてきた事実があるのだから,もっと早く,司法が判断する前に,
何とかできなかったものか,とも思うけど,まあ,よかったよね)


帰宅後,色々情報を確認したのだけれど,第一報は意外な形で聞いた。
ある先生とローのエレベーターホールで立ち話をしてたら,
別の先生が意気揚々として来られて,私が話していた先生に
「先生!違憲ですよ。判決出ました,今日!10対5ですよ!」みたいな(笑)

何度か書いている,
オフィスアワー(先生の研究室で,直接質問や相談をさせてもらえる)。
今日は憲法の先生のところへ行ったよ。

私は今,公法系は全く授業がないし,たまには触れておかないと,
どんどん忘却の彼方へ飛んでいくからね~。

「この日は○○先生のところへ行くんだ」と思えば,そこに合わせて,
多少はその科目に触れるじゃない?
私みたいな怠け者には,そういう強制の機会が必要なの。
今日も色々,有意義なお話をさせていただいたよ。



なんだか,あっという間に日々が過ぎていくわ。

今週は,新旧司法試験の択一合格発表
(新のほうは足切り点発表だけど)があるんだよね。

で,今度の日曜日は,ロー入試に必要な適性試験。
受験するみんな,がんばってね!!応援しているからね。


ローも前期が後半に入るということで,去年の今頃は
何を思っていたんだっけ?と思って過去ログを見たら・・・
席替えをしたことと,まだクラスの人の中に名前がわからない人がいる,
とか書いてある(苦笑)<もちろん,今は全員わかりますっ!!

私,人の名前覚えるの,苦手なんだよね~。
っていうか,なぜか,名前を覚えようとしない・・・。
印象とか,話したこととかは,けっこう意識的に覚えるんだけど。

でも,次に会ったときに名前が出てこないって,失礼だよね。
ちゃんと覚えるようにしよう,って,最近は思ってる。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。