茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
内藤選手のほうだけ見たよ~。
かっこよかったねえ。

8Rでも判定で負けていたので,ヤバイんじゃないかと思ったけど
(今朝,「朝ずば」でも本人,そう言っていた・・・)
それをわかった上で,KO勝ちだもんね。

ヤバイかも!!って感じた後に,巻き返せる強さを,
私も持ちたいと思ったわ。

【2008/07/31 09:22】 | 雑談
トラックバック(0) |


お水さん
お~い
はよう「ヤバイかも?」っと思わんかい!


mico
お水さん,あはっ。言われちゃったか。
今のところ,こまめに(目の前の課題等に関して)
「やばっ!」と思っているところよ。
本格的に「やばいかも」って思ったときには,
・・・・そうだなあ。でも普通にしてるな,きっと。

コメントを閉じる▲
今日は午前中に租税法2時間,午後に刑事系3時間の試験があったよ。
どちらも時間いっぱいいっぱいって感じだったけど,新司っぽい,
いい問題だったと思う<おこがましい言い方~出来たかどうかは,もちろん別^^;

・・・新司っぽいってことはつまり,
租税法は3時間,刑事系は4時間欲しかったってことでもある。
書くのが遅い私は,無理して急いで,最後は本当に,右手がしびれてきたし。
ま,落とすことはないと思われるから,いいけどね・・・。

これで私の前期試験は,あと1科目よ!
思わず「疲れた~。でもこれで,あと1科目!」って終了後に言ったら,
隣の席のクラスメイトは,あと5科目だとか・・・・。え?

その後,何人かに訊いてみたけれど,まだ4科目とか5科目残っているのが
むしろ多数派だった・・・・。
3年生は,必修が1科目だけだし,試験の負担や終了時期は人それぞれなんだよね。

早くに解放(もちろん一時的だけど)されてごめんなさい,って気分だわ(笑)
もっとも私もまだ,レポートも1つ残ってるし,頑張らないと。



【2008/07/29 20:58】 | 法科大学院
トラックバック(0) |
19歳―一家四人惨殺犯の告白 (角川文庫)19歳―一家四人惨殺犯の告白 (角川文庫)
(2004/08)
永瀬 隼介

商品詳細を見る


机の片付けをしたくなったり,
新しい本を読みたくなったりというのはよくある話で(^^;)

印象的だったのは,この犯人(今は死刑囚。もしかして執行されてるかも?)が
書いた手紙の中の,検察官が死刑を求刑したときの描写。

「その検事は一度も僕を取り調べたこともないのに,まるでたった今,
この場で殺人事件が起こって,それをすべて間近で見てきたかのような口ぶりで,
誇張を加えて話しました。」
「その担当検事は,ひとしきり勢いよくまくしたて終えると,着席する前に
両隣の検事達と目をあわせ,満足そうに薄ら笑いを浮かべたのが見てとれました。」
「お前ひとりの命ぐらい俺達の力でどうにでもできるんだよ,ざまあみろ,
とでもいうかのように得意満面の表情で僕を見ました」

この犯人のしたことは,一人の人間として素朴に考えれば,死刑に値すると思う。
だから,ここだけ取り出すと,
「自分のこと棚に上げて,何言ってんの,こいつ??」って思える。

でも,おそらく,公判担当検事が,この犯人を本当に憎いと思い,
死刑を求刑するにあたって高揚した雰囲気で論告を終え,その後で
何か達成感なり充実感のようなものを覚えたのは事実なんだろうなと思った。
薄ら笑いや,得意満面だったかどうかはともかくとして。

前にも書いたかもしれないけど,検察庁の見学に行ったときに,ある検事が,
1度(迷いながらも)死刑を求刑したが判決を聞く前に異動になり,判決が出たとき
検察事務官から「おめでとうございます,検事!あの事件,死刑になりましたよ!」と
連絡を受け,それ以来,1度も死刑を求刑したことはないと話しておられた。
死刑,つまり,人一人殺すのに,「おめでとう」なのか,ということ。

検察官は,有罪の立証責任を負っているから・・・それが仕事だから,
証拠関係からうまく論理立てて立証ができて,有罪という結論を出し,
量刑についてもいろんな事情を考慮して,死刑相当だ,これに一点の迷いもない,
って思ったら,公判はその仕上げの場になるわけだよね。
そしたら,その公判を無事に終えたときには,
(通常,人が何かをやりとげたときと同様に)達成感があるのだと思う。

でも,やっぱり,被告人も,「人」なんだよね。
私は,何度も書いていると思うけど,罪を犯した人間は,それと同じ限度で,
自分の人権も放棄したものとみなしていいと思っている。

ただ,それを裁くことができるのは,本当は,神だけであって,人がそれを
仕事として行うとき,そこにあるべき「畏れ」を忘れてはいけないと思う。




追記を閉じる▲

【2008/07/27 22:12】 | 雑談
トラックバック(0) |
またしても,私の試験期間に合わせるかのように,
母が入院しちゃったよ~。

ローに入学してからの期末試験期間が,今回を含めて3回。
3回全部,母の入院と重なってる・・・。

去年の今の時期(2年前期)は,肺癌で入院。
2年後期は,原因不明の難病の,原因究明検査のための入院
(結局,未だにその原因は,わからないままだけれど)。

先週,通院に付き添って,今回は大丈夫そうだな~,と思ったのも束の間,
一昨日の朝,起きがけに足をすべらせて転び,大腿骨骨折・・・・。
(昨日は書かなかったけど,手術だったの。無事に済んで,今日から早くも
リハビリが始まってた。驚き!!)

いやいや。本人も好きで入院するわけはなし,仕方ないとはいえ,
どうしてこうも重なるものか^^;

ま,授業期間中だったら,今よりもっと付き添えないし,
試験期間中でよかったとも言えるけどね。

【2008/07/25 23:33】 | 雑談
トラックバック(0) |


クズキリ
お疲れ様。
お母様,大変だねえ。が,もうリハビリ始まってるなんてすごい!
早く回復しますように。
ではでは,来週からしばし頑張りましょう~!


mico
クズキリちゃん,ありがとう。
母は思ったより落ち込んでなかったから,
きっと回復も早いと思うわ^^
お互い,再来週の月曜日まで頑張ろうね!


DAKARA
 家族の体調・健康は切実ですよね。

 でも、お母さんは何時も良くなられているから良いですよね。家族の絆は大切ですから。
たった一人の母親ですから。


mico
DAKARAさん,ありがとうございます。
そうですね。家族が健康でいることは,本当に大切だと思います。

コメントを閉じる▲
今日は,東京の足立の花火大会だったよ。
ウチのベランダから見えるの。

去年も書いたけど,私は試験期間中だし,どうせ息子は
友達と見に行くんだろうし,一人でちらちら見ればいいやって思ってたんだ。

ところが。

今年はたまたま,私の誕生日と重なっていたのね。
(そうよん。今日,誕生日なの私)

そしたら,息子ちん,お友達から誘われていたのに断ってんの。
「誕生日なのに,みいみ一人になったらかわいそうじゃん」って。

うぅ・・・・やさしいのう。

「いいよ別に,みいみもお友達がお祝いしてくれてるし!」って
言ったんだけど,いっしょにベランダから花火観賞してくれた。
あれこれおしゃべりしつつ。楽しかったわ。

こういうときはやっぱり,思うんだよね。
生まれてきてくれてありがとう,って。



【2008/07/24 22:16】 | 息子
トラックバック(0) |


luna
優しいお子さんですね~~!
Micoさんのことが大好きなんですね。
お誕生日おめでとうございます!素敵な一年になりますように。


mame
うわ、日付変わっちまってるじゃん。
遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます。

いい話だねー。そんな誕生日、羨ましいな。


mico
lunaさん,どうもありがとう!
最早息子は,疑似恋人みたいな感じかも(汗)
まあ,息子に本当の恋人ができるまでの間だろうけど。
今日はお疲れさまでした~。
たまたま目についた空席があの席で,思いがけず嬉しかった♪


mameち,どうもありがとう!
お互い,いい年の取り方をしたいよね。
年齢に恥じない生き方をしたいなって,改めて思ったわ。
・・・とはいえ,当面は期末試験&レポート!なのが
つらいところ(苦笑)でも頑張ろうね。


コメントを閉じる▲
今日は,「法哲学」の試験だったよ。
相当程度まで範囲は限定されていたし,まあ
落とすことはないでしょう。

深く追及したら,とっても面白そうな分野だと思うけど,
正直言って,ロー生の多くは,それどころじゃないよなあ・・・。

それでも,目次程度のことだけど,触れることができて,
有意義だったとは思う。

【2008/07/23 23:56】 | 法科大学院
トラックバック(0) |
ちょっと前に,テレビのニュースで見て気になっているんだけどね。
(つまり,実際にあった事件で,おそらくまだ一審も終わってないと思う
・・・・っていうか,どういう裁判になっているのかも知らない^^;)

細かい点は違うと思うけど,
深夜,あるカップルが,車の中で別れ話になって,男が
「別れるくらいなら殺してやる!」みたいにもつれてしまったとして。

男は,助手席から,車通りもほとんどない路上に女を引きずり下ろす。
その路上で,殺意を持って,女に馬乗りになって首を締めていたところ,
折悪しく通りかかったトレーラーが,二人をはねてしまった。
(深夜の路上だし,二人に気がつかなかったものと思われる)

結果として,男は重傷を負ったものの命に別状はなく,女は死亡した。

この場合,男の行為と,女の死亡結果に刑法上の因果関係は認められるか?
私は,認められるというか,認めるべきだと思うけど,理論的説明は案外難しいよね。

この男は,殺人罪で起訴されたのか,殺人未遂での起訴なのか,
裁判がどうなっているのか,知りたいものだわ。
(ご存知の方,ぜひぜひ,教えて下さい)

私が検察官だったら,殺人罪で起訴するし,弁護人だったら,因果関係を争うだろう。
・・・・などと考えてみたりして,試験勉強からの逃避を図った今日でした~。



【2008/07/22 21:42】 | 法科大学院
トラックバック(0) |


ハゲタカ
micoさんは厳しいですねぇ~
私は傷害致死ぐらいで良いのではないかと思っちゃいますがねぇ~
首を絞めるという男の行為の危険性が現実化したとは言えないように思えますし、そもそも本当に殺意があったかどうかも微妙なのではないかと…
まあ、難しいですね。



mico
ハゲタカさん,コメントありがとうございます。
そうですね。男の殺意が,どこまで確定的なものだったのかも問題ですよね。
私がニュースを見て思ったのは(その報道自体も最早中立ではないですが),
仮にトレーラーが通らなければ,男はそのまま首を絞め続け,彼女を
絞め殺していただろうな,ということでした。


秘密コメントいただいた方,貴重な情報,ありがとうございます。
今後の裁判の行方に注目したいと思います。


あらお
今年の旧試の1問目で悩んだところずばりそのまんまです。
因果関係の当てはめって相場はありそうなんだけど、理屈で説明するのが難しいですよね。
僕も因果関係認めます。ただそのトレーラー基礎事情には入れにくいですよね。死因も違うし、頑張りどころがたくさんありそう。

それから、本日はおめでとうございます!


mico
あらおさん,ありがとうございます。
へえ。今年の旧司は,因果関係だったのですね。
去年,最高裁の見学に行ったのですが,そこで扱われた事例も
因果関係がらみで,私は不遜にも「これまでの判例が学説から色々と
批判されていても,因果関係について明確な基準を示さないのは,
やはり相当因果関係説では説明しきれないケースがあるからでしょうか」
などと質問しました。それに対するお答えは「おっしゃる通り」とのこと。
刑事系の判事がおっしゃったことは,
結論の妥当性(国民が納得する結論)をまず考える,とのことでした。
因果関係については,ほんと,学説を徹底すると,
どうしても結論が市民感情に添わないケースが出てしまいますよね。


あらお
興味深いレスありがとうございます。

国民が納得する結論をまず考えるというのは、何のための司法か分かんなくなるんで刑事訴訟の本来の理念からはあってはならないことのようですが現実的には大切なんですね。
(ここでいう「国民が納得する結論」というのはちょうど落としどころの結論という意味で、何も多数者の賛同を得られる結論という意味ではないのでしょうけど。)

試験的にはその現実を踏まえた結論を前提にしつつ、本来の理念を乗り越えてしまわないように理屈を付けないといけないから、受験生が一番難しい立場にいるようにも思えました。


mico
あらおさん,ありがとうございます。
そうなんですよね~。私は他学部卒ですから,予備校で基礎を学んだのですが,
民事系は結論先にありきということもあるけれど,刑事系は論理を詰める,
(適正手続きの面からも)ということをたたき込まれましたので,
(もちろん,そこに私の浅学ゆえの誤解もあったとは思いますが)
最高裁の判事が,刑事に関して「結論の妥当性」とおっしゃったときには,
「やっぱりそうだったの!!!」と,かなりの衝撃を受けました。
今まで,学説を杓子定規にあてはめれば,こういう結論になる,
でも素朴に,自分が被害者の家族だったとして,納得できるの?と思ったとき,
どうしても消化できないものが残っていました。
もっとも,答案上は,こんな結論では遺族は納得できないから,元行為者に
帰責するっ!!などと書くわけにいきませんし,難しいですよね^^;

コメントを閉じる▲
今日は一歩も家から外出せず,レポートを書いたりしていたよ。
(息子も夏休みで,今日は部活もなくて家にいたから,
ときどき何だかんだとふざけたり,遊んだりしながらね^^;)

「組織・企業の不正活動と法」と「エンタテインメント/スポーツと法」の
レポートを(一応)完成させて提出した。まだ修正するかもしれないけど。
・・・・まあ,修正したからって,良い物になるとも思えないから,もういいか。

これで,レポートはあと1つだけだわ。
試験は,水曜日の法哲学が最初。頑張らなくてはね。


旧司の論文を受験された方,お疲れ様でした!!
良い結果が出るように,心からお祈りします。

【2008/07/21 21:50】 | 法科大学院
トラックバック(0) |


77
法哲学は面白いですか?
以前、興味もって本読んだことありましたが
よく覚えてないですね
micoさんは好奇心が衰えなくて素敵ですね。
だからmicoさんはお若いのでしょう!
私もそうでありたいです。

管理人のみ閲覧できます
-



mico
77くん,ありがとう。
法哲学は,面白かったよ。話したことあるかもしれないけど,
私も哲学関係は好きだからね。
ただ,なんていうか,ムダに難しくしようとしている感がある。
わかる人だけ,わかればいいよ,みたいな驕りというか。
哲学関係の訳書は,どれもそんな感じかもしれないけど・・・。

コメントを閉じる▲
たまたま見つけたので,中央大学高等学校の
説明会に行ってみたよ(もちろん,息子の母親として,息子と一緒にね^^;)
ローの入学式や,健康診断(もっと言えば,旧司択一・・・)などで
馴染みのある場所だし,ちょうど母の通院に付き添った後の時間だったので。

校長先生が,憲法学者の植野妙実子先生であることに,びっくり。
(今年から就任されたらしい)

お話の中で,大学院(中央には,いわゆる専門職大学院として,
ロースクール,アカウンティングスクール,ビジネススクールがある)まで
見据えて・・・みたいなことがあった。

ニュアンスとして,なるほど,これからは,法科大学院を出たからといって
必ずしも法曹ではなく,別のステージも考えるべき時代になっていくのかな,
って思った。あ,ウチの息子世代が,大学を卒業する後くらいの話だけど。

ここの卒業生は,ほぼ100%に近い学生が,中央大学に進学する。
ということで,学部のパンフレットも置いてあったりする中に,
ローのパンフレットもあって,妙な気持ちになったわ。

ああ,フツウは,これを,子どもの進路の参考資料として持ち帰るのか。
そういうところに,今,通っている私は何なんだろう,みたいな。
こうやって,いちいち「うん。でもいいんだよね,私はこれで」って
自己弁護しなければならない自信のなさが,胃痛の原因なのかもね~(苦笑)




【2008/07/19 22:46】 | 息子
トラックバック(0) |
正確には来週まで,授業期間だけど,
この前書いたように,最終週は,試験や質問タイムなので,
授業本体は今日でおしまい。

なんか,ものすごく,あっというまだったなあ。

あんまり「勉強」っていう感じがしない科目が多かったし,
ほんと,面白かったわ。

・・・・「受験生」であることを忘れそうなくらいに。

この夏休みからは,ちゃんと「受験生」に戻らなくては。


【2008/07/18 22:55】 | 法科大学院
トラックバック(0) |

脳細胞が萎縮したママゴン桜です。
ママゴン桜
春先に、年配の方で大学に入った人の話題がのぼります。
自分がその年代になって改めて「記憶力が落ちて来てもチャレンジして合格する人は本当にすごい!」と心から尊敬します。
私なんて、脳細胞の萎縮が激しくて、、。
銀行CDで一円単位で預金下ろすのに、暗証番号を入れているうちに「あれ、いくら下ろすんだっけ?」と言う位情けない記憶力の低いママゴン桜と申します。
大学生の子どもの仕送りなんですが、、。

息子も法律関係に進むのかと思いきや、経済にも興味があるようです。進学振り分け?で変更できるようですが。

「金をかけずに東大へ!」と頑張っていた息子との二人暮らしを卒業しました。
受験時を綴ったブログ「あらら、うちの子東大生になっちゃった!」で、及ばずながら地方の受験生を応援したいとポツポツ綴っています。
受験勉強の合間に御覧頂いて、色々教えて頂ければ嬉しいです。
あ、そうそう私も「嬉し話」や「頑張った話」をする人の顔を見るのに、興味あります。
たいがいの人は、押さえてるつもりでも、口元がゆるみ、頬が上がりますね♥

No title
mico
ママゴン桜さん,コメントありがとうございます。
息子さんが東大に通われているのですね。
法律関係に進むのでしたら,法科大学院に進学することが前提になりますね。
その場合は,また受験がありますし,
(私は中央大学の法科大学院生ですが,周囲には東大出身の方もいます)
その後の司法試験もありますから,
「ママゴン桜」さんとしては気が抜けないかも!?
私も,母としての姿勢を,見習わせていただきます。

コメントを閉じる▲
最近の息子の悩み。
「しゃべり出したら,止まらないんだよね」

・・・・・。
私は,少なくとも家(自分が生まれ育った家)では,無口だった。
10代以降,家族の誰とも,ほとんど何も,話さないで過ごしていたと思う。
そして大学を出て早々に,実家を出たし。

そういう意味では,中学2年になった今も,私(母親)と,たくさん
おしゃべりする息子は,ちょっと不思議な存在だわ。

でも,そんな息子も,
「だけど2人で話すときは,シャイだから」

とのこと・・・・。へえ~。「シャイ」ですか。
「2人」って,そういう場合の相手は,やっぱり女の子だよねえ?

そういうことは,突っ込まれたくないだろうから,
「ふぅ~ん」って聞いておいたけど(^^;


そんな些細な会話を交わしつつ,
やはり,昨日のバスジャック事件は,注目せざるをえない。
息子と同い年の男の子だもんね。

報道によれば,少年が「つきまとっていた」女の子の話とか,
それに関係して,友人からお金を借りたとか,問題行動があって,
それについて親と口論になり,親が「死んでしまえ」とか
「児童相談所へ行け」とか,言ったとか・・・・・?

たぶん,この子も,そのご両親も,ごく「フツウ」だったんだと思う。

私は,「ウチの子はこんなことは絶対しない」みたいには思わない。
そういうふうに,この子や,ご両親を,社会から排除する気持ちにはなれない。

ただ,これはあくまで感情論だけど,今回の,その女の子の問題とか,
お金がどうとかで教育委員会の人とかから何か言われたときに,
親はこの子を抱きしめてあげた?ってきいてみたい。

私が出産した助産院の助産婦(助産師)さんが言っていたんだ。
生まれた後,叱りたくなるようなことがあったら,
妊娠中の,お腹の中にいる,今のことを思い出して,
もう1度この子をお腹に収めて考えてごらん,って。

この少年が,親に「死んでしまえ」と言われたというのが,
本当なのかどうかはわからない。

でも,それはどっちでもいいんだよね。
そう言われたに等しいくらい,親から疎外されたという気持ちを持った。
それは事実だろうから。

中学2年にもなる子を,抱きしめるなんて・・・って,
笑われるかもしれないけど,私は,毎日1度は必ず,抱きしめてるよ。
(すみません,1度どころじゃないです・・・うざいかも)

何があっても,絶対,私は君を守る,それだけは伝えたいから。
私自身は,親から疎外されたと思って大人になり,未だにその傷は癒えないから。



追記を閉じる▲

【2008/07/17 23:20】 | 息子
トラックバック(0) |

No title
DAKARA
 私も両親とは、中学生くらいからあまり話さなくなったと思います。

 そんな何でも話せる親子は素晴らしいですね。というか、微笑ましいです。



No title
mico
DAKARAさん,ありがとうございます。
いやいや,たくさん話してはいますが,
案外,大事なことは話していないのかもしれません(汗)

コメントを閉じる▲
9限の授業は,午後7時50分に終わる。
4月以来,何度も書いてると思うけど,3年前期は
9限まで授業のある日が,毎週2回,隔週で3回だったの。

で,飲み会とかが入ったりすると,月曜から金曜まで,
毎日,帰宅時間が夜9時すぎ,というときもあったりして,
(飲み会入れるな,とか言っちゃだめよ)
2年のときとは別の忙し感があったんだ。

でもそれも,今日でおしまい。

夜まで授業があるとなると,息子の帰宅後のケア(夕飯とかね)を
考えながらの登校になるので,それなりに神経を使うのよ,母親ってのは。

ま,もう中学2年だから,鍵さえ持たせておけば,あとは
どうとでもするだろう,という信頼はあるにせよ,あれこれ心配もしたわ(^^;

息子は,何一つ文句を言わず,(おしゃべり君なので,私が帰ると
機関銃のごとく学校であったこととかをしゃべりまくる,みたいなことは
あったけど・・・)自分のやることをこなしていたようなので,よかったよ。
頼もしくなったもんだな~。

後期は,なるべく夜の授業は取らないようにしたいな・・・
まあ,もう必要単位数も多くはないし,大丈夫だと思うけど,
取りたい授業が夜に設定されてるとねえ・・・・。


【2008/07/16 23:26】 | 法科大学院
トラックバック(0) |
何かの占い本じゃないけどね,
毎年,6月から8月上旬くらいは,気持ちが落ち込みやすいのよ。

ちまちました嬉しくない出来事が続いたり,
周りからも負のパワーが迫ってくることが多いし。
(もちろん,いつものように嬉しいことや楽しいこともあるけれど,
割合的に,マイナスのことが他の時期より多いの)

もう,長年の経験でわかっているから,この時期はなるべく
おとなしく過ごすことに決めているからいいんだけどね。

それにしても今年もやっぱり,負のパワーが色々来たなあ,って思う。
今日は別に,何があったってわけじゃないけど,何となく気持ちが
沈んでいて,なるべく人と話さないように心がけちゃったわ。

で,それが逆に,親しい友人とかに心配させてしまったかも・・・って
今また,落ち込んでみたりしてね(苦笑)



【2008/07/15 21:18】 | 雑談
トラックバック(0) |
今日は,刑事法総合Ⅲの最後の授業だった。
後期には,刑事系の必修はないから,ロー生活最後の刑事系必修。

この授業は,何度か書いているとおり,毎回,事案を検討して
レポートを提出し,それを前提とした授業が行われるの。

時間がなくて,やっつけ仕事みたいに出したときもあれば,
必要以上に時間をかけてしまったこともある。
でも,本当にいい勉強になったわ。
判例もあんまりないところなんかも課題になっていたし。

あとは,(これは昨日のエンタメ法の先生もおっしゃっていたことだけど)
実務についたら,依頼者が「明日までにお願いします」って言ってきたら
徹夜してでもやるんだから,締め切りにジタバタするもんじゃないってことも,
毎週強制だったってことで,学べたと思う。

【2008/07/15 20:56】 | 法科大学院
トラックバック(0) |
授業期間は15週で,来週までなのだけど,
来週は,試験か,質問タイムなので,授業本体は,今週一杯。

で,今日は「ジェンダーと法」「スポーツ・エンタティンメントと法」が
最後の授業だったよ。どちらも,最後にはどこからともなく拍手が。
去年は必修科目が大半だったし,こういうことはなかったような気がするけど?

「ジェンダーと法」では,最後に
学生一人あたり,1分~1分半の持ち時間を与えられて,
感想を述べることになったの(この授業では恒例らしいよ)。
授業も毎回,すごく良かったのだけど,今日のみんなの話もよかったわ。

特に,ジェンダー(社会的・文化的意味における性差)という言葉自体,
あまり馴染みがなかった,という男子学生(複数)の意識変革ぶりには,
感動すら覚えたわ。
やはりこれも,担当してくださったお二人の先生のパワーなんだよなあ。

これからの世の中(っていう言い方はあまり好きじゃないけど)
どういう職業につくにしても,「ジェンダー」の問題は,無視できないと思う。
ローでも,「法曹倫理」って科目が必修だけれど,その一環としてでもいいから,
ジェンダーについて,全ロー生が学ぶ機会があればいいのにな。





【2008/07/14 22:27】 | 法科大学院
トラックバック(0) |

No title
mame
私も、当然のこととして全員が学ぶというスタイルに賛成です。
深く掘り下げたい人がさらにやるのは別としても。
ジェンダーという名前を付けて別枠で授業をとるのは、
やはり一般男子学生にとって敷居が高いみたいだし。
(興味はあるんだけどなーって声を結構聞きました)
私も、学問として必要だというのは理解していながら、
個人差ではなく性差として捉えることにどこか抵抗感があります。
今回は受講しなかったので、別の機会に触れてみようと思います。

No title
DAKARA
 ジェンダー自体、私はよく知りません。

 問題となって浮上して来たのが此所数年ではないかと思います。

 勤務先の研修でも男女平等やパワハラ・セクハラとかはあってもジェンダーとはについて、ハッキリと説明出来る人は少ないでしょう。
 一度ジェンダーについて話を聞いてみたいです。

 あと、micoさんは、テレビを見ることはあるのですか。
 多分、殆ど見る時間は無いと思いますけど。
 見る場合は、どのような番組を視聴されるのでしょうか。ニュースとか、ドラマとか。


No title
mico
mameち,そうそう。
男子学生は,ちょっと抵抗があったという人が多い気がする。
授業時間の都合とかなのか,それでも半分くらいは男性だったけど。
厳然としてある「性差」による色んな問題は,私たちは体感してきた世代だよね~。
若い女子学生が
「幸い,私自身は女性だということで差別を受けたという経験はないのですが」
というように話すのを聞いて,ああ,これも先生方を初め,
先人達の苦労があったからこそだな~,って,感動したわ。


DAKARAさん,ジェンダーという言葉自体は,おそらく平成5年くらいから,
日本でもフツウに使われるようになりました。
男女共同参画社会のスローガンと同じ時期だと思います。
「ジェンダー」という言葉はなくても,それ以前から(ご存じのとおり)問題自体はありました。
テレビは,毎日見ますよ。
ニュース番組も,お笑い系も,ドラマも,歌番組も見ます。

コメントを閉じる▲
今日は,数ヶ月ぶりに,息子と浅草へ行ったよ。
浅草までは,ウチのすぐそばのバス停からバスで1本。
時間にして30分くらいかな。あ,自転車でもなんとか行ける。

それと,実家の父が若い頃,遊んでいた所だし,
その影響で,私も子どものころからよく連れて行かれたし,
それで大好きになって,2年弱,ビューホテルの隣に
住んでいたこともある。

・・・といういきさつで,定期的に,別に用はなくても,
行きたくなるのよねぇ。

昔ながらの変わらない部分と,大きく変わった部分が混在してる。
もっとも,私の記憶にある範囲で考えても,「変わっちゃったなあ」
って感じる部分のほうが多いな・・・。

ビューホテルが,昔,国際劇場だったことは知っている。
すし屋通りが,昔は,文字通り,すし屋ばかりだったことも知っている。
そこから続く道に,映画館がたくさんあったことも知っている。
ROXの由来が,「六区」であることも知っている。
六区あたりに,スマートボールのお店がたくさんあったのも知っている。
仁丹塔のことも,知っている。

そういう外形的事実にまつわる,いろんなストーリーも,知っている。

・・・・でも,どれが自分の記憶で,どれが父から聞いたものなのか,
今となっては,はっきりしない部分も多いわ(汗)
さすがに,昔の風景に関しては,大部分,父から聞いたものだと思うけど。

そういえば,父はもう,10年以上,浅草に来てないよなあ。
(車いす生活がもう10年になるので)
今来てみたら,昔の面影がないって,驚くかな。



【2008/07/13 21:20】 | 雑談
トラックバック(0) |

No title
ピポパ
『外形的事実』…
職業病ですね。

No title
mico
ピポパさん,まだ,たかがロー生なので,
「職業病」にすら至ってませんよ(苦笑)

No title
ピポパ
お互い『職業病』になれるように頑張りますか。

No title
mico
ピポパさんもロー生ですか?
「こんな言葉遣い,職業病だね」って笑えるようになれれば本望です(笑)

コメントを閉じる▲
今日は,ウチのローの説明会があったよ。
中継教室も使われて,盛況だったみたい。

友人が参加したので,少しだけ学内を案内した。
私が説明会に参加したときは,キャンパスツアーっていうのがあって
(当時も,去年も書いたと思うけど)修了生だか在校生だかが,
学内を案内してくれたんだよね。

それで,けっこう雰囲気もわかってよかったのに,
今はやらないんだよね~。手間がかかるからかね?

今日,来ていた人たちが入学する頃には,私たちは卒業してるんだね。
2年間なんて,ほんと,あっというまだね<月並みな結論^^;

【2008/07/12 23:00】 | 法科大学院
トラックバック(0) |

No title
mame
そうそう、2年あっという間すぎ(涙)。
説明会・入試・入学してしばらくって、学校に来るのにメチャクチャ緊張したもの。
もう学生ってトシじゃないから(笑)。
それが今では堂々と…。慣れってすごいわ。


No title
gsd
はじめまして! このブログで説明会のこと知って、行ってきました。
まだ学部2年で、???って感じのこともあったけど ローの雰囲気が少しでもわかってよかったです。

これからもいろいろイベント(?)に参加して、自分に合うところを見つけたいですね。

No title
mico
mameち,ほんと,そうだよね~。
トシとりすぎてて,浮くんじゃないかと心配したのが嘘みたい^^;
あ,友人を案内してたとき,学食で談笑(ゼミ?)するmameちを遠目に見たわよ(笑)


gsdさん,はじめまして。
ここをきっかけに参加されたとのこと,案内を書いてよかったです。
学部2年生の今でしたら,気持ちの余裕もあると思いますので,
今のうちから色々見学されるといいと思います^^





No title
-
こんにちは
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/lic/1194851119/l50

No title
mame
学食…。
ゼミではなく、友人のお誕生日の茶話会です。
ロールケーキの食べ比べをしていました。
お恥ずかしい。

No title
mico
2chを貼って下さった方,エロサイトではないし,
意図がわからないので,削除はしませんが・・・・。


mameち,そうだったの!
なんだ,そんな楽しいことなら,近づいて覗けばよかったわ(笑)

コメントを閉じる▲
今日は,刑事模擬裁判の授業の最終日で,
(模擬)判決言い渡しの後,打ち上げがあったよ。

色々と大変なこともあったけど,ほんと,いい勉強になった。
担当して下さった先生は,ほんの数ヶ月前までは
検察官として現場におられた先生で,扱うテーマは共通点があっても,
やることはまったく違う,法科大学院教授という立場になられたばかりの先生。

学生時代は,いわゆる学生運動華やかなりし頃だったそうな。
私は,もともと,その時代にはとても興味があるので,
先生の体験談を伺うことは,本当に面白かったわ。

その体験が下敷きになった上での,検事としてのエピソードも,
思わず頭の中でフォークソングが流れてくるくらい(笑)リアルだった。

自分が知らない世界の話を聞くことは,ほんと,面白いね。



【2008/07/10 23:32】 | 法科大学院
トラックバック(1) |
今度の土曜日,ウチのローの説明会があるよ。

今日現在,会場が「未定」ってのもどうかと思うが・・・
ま,市ヶ谷キャンパスであることは間違いないから,大丈夫だと思うけど。
(市ヶ谷キャンパスは,建物は2棟だけど,入り口は基本的に1箇所だから,
キャンパスにたどりつけば,迷う余地はないよ^^)

私も2年前に,説明会に参加したなあ。
2年前は,旧司論文試験の直後だったよなあ,確か。
旧司の論文前に開催するっていうのは,もう主流なのかな。

旧司併願組は最早少数派なのかね?
私たちの期は,既修入学者の多くは(9割以上??)旧司受験経験者だけどね・・・。

受験予定の方で,行ける範囲に住んでいる方は,参加されることをオススメします。
別に,参加したからって,受験に何か有利になるとか,そういうことは全くないけど,
雰囲気が少しでもわかるしね。

あ,スーツで行くべきか?というご質問を何人かから頂いたのだけど,
そんな必要はないよ。普段着で全く問題ないです。

【2008/07/09 23:26】 | 法科大学院
トラックバック(0) |
今日は息子の,14歳のお誕生日。

焼き肉して,ケーキ食べて,みたいな。
あくまで,日常の夕食プラスαにすぎないけどね,ちょっとお祝い。

さりげなく息子が喜びそうな物をリサーチしていた私。
・・・といっても,息子はおしゃべりくんだから,普段の会話から,
何を欲しがってるかとか,見え見えだけどね^^;
(でも,それを,買ってよとか,ほしいなあ,とかは言わないの)

でね,大体,喜びそうな物を,あげるわけじゃない,母としては。
そうするとね,喜ぶのよ,息子は。

・・・・当たり前じゃん,って思うかもしれないけど,これって,実は
すごく大事なことだと思うわけ。

嬉しいという気持ちを,ちゃんと表現するってこと。
さすがに息子も,もう14歳だから,テレとかもあるはずでしょ?
それでも,ちゃんと,「ありがとう」って言葉にするし,顔にも出る。

それが,私には,とっても嬉しくて,
むしろ私のほうこそ,ありがとうって思うんだ。

私は,基本的に,人が人に何かを「してあげる」というのは,
自己満足だと思ってるの。
もちろん,例えば困っている人を見て,そうせずにはいられなくて,
思わず行動に出ている場合もあるのだけれど,それだって,結局は
その人のためというよりも,自分のためだから。

だから,些細なことでも,人に何かをしてあげる形になる行動を取るときは,
自問自答する。

この手間をかけることについて,感謝されたいとか,思ってないか?
後から,あのとき私はこうしてあげたのに,とか思わないか?

それでちょっとでも,何か見返りみたいなものを期待しているような感情に
気がついたら,その行動をとることを,やめることにしてる。
それは,相手が家族だろうと,友達だろうと,通りすがりの人だろうと同じこと。

で,今日の息子を見ていて思うのは,喜び上手でトクだね,ってこと。
だって,こんなふうに喜んでくれるんだったら,何でもしてあげたくなるもんね。




【2008/07/07 22:48】 | 息子
トラックバック(0) |

No title
DAKARA
 確かにそうですね。押しつけや打算の行動は、決して真の喜びをお互いにもたらしませんね。

 でも、親の子供に対する無償の愛情は、本物だと思います。


No title
luna
息子さんのお誕生日おめでとう^^素敵な息子さんですね。子どもの喜ぶ様子を見ると本当~にうれしいよね。子どもの笑顔にどんなに助けられることか。生まれてきてくれてありがとうっ!!て、つい思っちゃいます。

No title
77
素敵ですね。

他人のためにすることは
自分のためであるってのが
非常に素敵でした。

ここを勘違いして
善人面して名誉欲を
追求して威張り
腐ってる人が
そちらの業界には
たくさんいると思うので
micoさんがとっても
素敵に思えました。

息子さんの人生において
こういった日は
必ずいい思い出になると
思いますよ。

僕も母に
誕生日のお祝いを
してもらったことを
よく覚えています。

ほんとにいい思い出です。

ただ、僕は
父親より母親に
育てられた部分が
かなりあるので
思春期の時など
マザコン臭くて
一時期、母を敬遠してた
時期とかあるんですよね。

マザコンとか
言われたくないなとか。

ま、それもいい思い出です
(笑)



No title
クズキリ
息子ちん,おめでとう!!!
いいなあ,14歳,ピチピチね(笑)
素敵な一年になりますように♪



みなさん,ありがとう
mico
DAKARAさん,ありがとうございます。
そうなんですよね。何か計算が働いたとたん,
色あせることって多いですよね。


Lunaさん,ありがとう。そうなんだよね!
私ももう,数え切れないくらい,息子に
「生まれてきてくれてありがとう」って言ってる気がする。
息子には,うざいくらいかも(笑)でも,きっとそれも,
こちらの気持ちは,ちゃんと伝わってるよね。


77くん,ありがとう。
へえ・・・・お母さんを敬遠した時期があるんだね。
ウチの息子もそういう時が来るかなあ。ちょっと心配・・・。
そうそう,善人面した悪人は,私も
最も嫌悪するタイプのひとつです。
そういう人たちは,40にもなれば
顔に出る(表情ではなく,顔,そのもの)から,わかるけどね^^;


くずきりちゃん,ありがとう!
そうよ。14歳といえば,ピチピチよ。
・・・・あ,生きるオーラという意味ね。

コメントを閉じる▲
を,今日書いたよ。
早いねえ,これでローの刑事系(必修の)は最後だもんね。

模擬裁判や,リーガルクリニックの刑事弁護の授業などのおかげか,
ロー入学前よりも刑訴のイメージが浮かぶようになった(気がする)。
検察官はどうするべきか,とか,裁判所はどう判断すべきか,
みたいな設問に対してね。
・・・もちろん,それが正しいかどうかは別だけど。

もっとも,実際の刑事訴訟実務で判例になっていることなども,
それが絶対的に正しいかどうかはわからないわけだけれどね。
(最高裁の判例でさえ,変更されることがあるのだし)


【2008/07/06 22:26】 | 法科大学院
トラックバック(0) |

No title
こうちゃん
ローでは刑事系や公法の時間数がとても少ないので、自習でかなり埋めないといけませんが刑事の実務科目は手続を理解するのにとても役に立ちました。僕がローを評価する数少ないポイントでありますが…笑

択一用に条文を細かく押さえる事をお勧めします。やはり、実務でよく使われる手続規定は受験知識としても必須ですね。

No title
mico
こうちゃん,そうですね。
実務系の授業が,案外択一対策にも役に立つと思いました。
模擬裁判の準備では,「これってどうやるんだろう?」という必要に迫られた疑問から,
今まで見たこともなかった規則の条文を精読しましたからね(笑)
読みながら,ふと思いました。あ,これって,択一対策にもなってるかも,って。
なるほど,直結するのですね。これからまた,地道に押さえていきたいです。

コメントを閉じる▲
数日前だけど,期末試験の日程が発表になったよ。

私は最初の試験が7月23日(たぶん)で,最後が8月4日・・・。
間は何日もあいてるときがある。全部で5科目だからね。

あとは,レポート4つ。まだ1つも仕上がってない。
頭の中で(移動中とかに)構想を練ってはいるんだけど。
まだ課題が発表になっていないものもあるし・・・。

向こう1ヶ月,落ち着かないわ~。でも頑張らないと!

【2008/07/05 21:17】 | 法科大学院
トラックバック(0) |
息子の中学には,「勤労留学」というイベントがあるの。
中学2年の今の時期に,4~5日程度,地域の企業や商店で
働かせてもらう,という企画。

息子は,ウチの近所のある企業に今日から出勤?したよ。
「働く」ということは,初めての経験なわけで,相当疲れたみたい。

私が初めて「働いた」のは,高校2年生のときだったなあ。
地元の喫茶店(バンド仲間の溜まり場になっていたお店)で
アルバイトしたのが最初。
あ,同時期に,従妹とかに家庭教師もしていたなあ・・・。

「仕事」について考えるとき,いつも思い出すのは,
中卒でタクシードライバーやトラック運転手,後に自営業(小鳥屋)をして
生きてきた父の,「職業に貴賎なし」という言葉。

法曹になっている人の中には,自分が何かすごく「偉く」なったと
勘違いしている人がいるように思う。(法曹に限らないか)

どんな仕事も,社会で必要だから,成り立っている。
私が思うのは,どこでどんな仕事をしていようと,自分の意志で,
その仕事を選んで携わっている以上,誇りを持って欲しいということ。
もちろん自分も,そうありたいということ。


【2008/07/03 22:06】 | 息子
トラックバック(0) |


DAKARA
 私の父親も同じく「職業に貴賎なし」と言っていましたね。私が希望の大学に合格出来ずに、(結局、卒業した母校)希望外の大学に行くのを嫌がった時に言われました。
 今は、どんなに親が大変かを理解しております。

貧しくて高校へも行けずに、中学卒で家業を継いだんです。どんなに苦労したかと思うのです。

 叔父で一人高校へ行ったのが居たくらいです。
今は、東京の世田谷に住んでいますけど。叔父も離婚していて(20歳近く年下の女性と再婚した)。今は良くその気持ちも解ります。




77
おっしゃる通りですね。

受験生ですら
変な妄想をもたれてる方を
たまに拝見されます。

やはり、仕事って
生活の基盤ですよね。

そそ。息子さんの
「働く」経験はかなり後々
役に立つと思われますよ!

なんたって、
そんな経験がなく、
夢を上から押し付けられた
我々、キレる世代は
本当にこの年になって
まともな仕事についてない人が多い。

ニートの人なんて
普通にいますよ。

なんだかんだで、
エスカレーターのように
従順に生きてきた人が
一番まともな気がします。

けれど、そういう人は
遠回りをしたことがないから
けっこう息が詰まるのかもしれませんね


DAKARA
 無用な事を書きすぎました。すみません。


mico
DAKARAさん,いえいえ,お気になさらずに。
我々の親の世代は,兄弟も多いですし,
義務教育のみで社会に出た人も多くいますよね。
職業は,所詮,その人の属性の1つにすぎないと思います。


77くん,ああ,そうか。
きみは,最近では秋葉原の事件で話題になった世代だわね。
私は,大学時代はバブルだったし,「フリーター」でも
十分食べていけるよね!!みたいな時代だったなあ。
当時のフリーターと,今のニートと,結局,在り方は同じだと思うのだけれど,
社会状況が違うから,世間の評価も違ってしまうのよね。
でも,時代が違っても,変わらないものもあると思う。
遠回りでもいいから,「自分」を生きていこうね。



DAKARA
 今日、朝には、造船所での1万トンケミカルタンカーの進水式を見学に行き、ついでに造船所へ岸壁使用料の請求。

 夕方、仕事で住民の人に電話をかけて、滞納料金の督促をしたのです。
 日雇いで仕事をされているくらいですから決して裕福ではないです。

 まあ、金額は自動車税の金額ほどなので、大した金額ではないのですが、相手の方は使わないから払わないの一転貼りです。

 使用を申請されたから、使用料金を支払う事を承諾された筈です。だから、今更必要ないから支払わないのは通用しませんよ。と言っても理解してくれません。
 理解したくないのかな。

 人は、自分が必要と思う時のお金は惜しくないのに、不必要と思ったら、一円でも惜しくなるものですね。

 銀行預金等の差し押さえをしたくは無いのですけど・・・難しいです。矢張り公務員は無駄遣い(霞ヶ関のタクシーでの横領等のこと)と言われるのかな。


mico
DAKARAさん,おつかれさまです。
色々と難しいですね。
視野が狭くなっている人は,どこまでも自分のことしか
見えなくなってしまいますからね。

コメントを閉じる▲
1コマ,休んでしまった。

昨夜,ブログを書いて,色々片付けとかして,
寝ようと思った頃から,胃が痛み始めたのよ。

15年くらい前にも,たまに,救急車を呼びたいくらいに
耐え難い胃痛に襲われることがあったのね。
しばらくなかったのだけど,ここ数ヶ月,それが復活してるの。

で,昨夜はとりわけひどくて,薬を飲んでもおさまらず,
ほとんど眠れなかった・・・。

よほど一日休んでいようかとも思ったのだけど,
(妙なところに意地をはる・・・)がんばって学校に行ったわ。
・・・・あんまり意味のないがんばりだったけど(笑)
結局,1コマ休んだわけだし。

けど,授業で,近くにいたクラスメイトに
「昨夜,胃が痛くてさ~」とグチってみたところ,なんと
別のクラスメイトも,胃が痛くて帰ると言っているとか。

ロー生は何かと,ストレスフルよね。
・・・って,胃痛=ストレスとは限らないけど^^;

今夜は大丈夫そうだわ。でも早く寝よう。

【2008/07/02 22:39】 | 法科大学院
トラックバック(0) |


DAKARA
  ストレスも多のでしょう。体を労りながら頑張って下さい。
 健康が一番大切です。

 でも、無理をしないと言いながら、やることは、やらねばならないのですよね。
難しいです。


こうちゃん
僕はローに行っている間に過食でかなり太りましたよ。今徐々に運動で痩せてきているところです。

不自然な方法でストレスを解消しようとしても解消する事など不可能です。酒を飲んだり音楽を聞いたり、そのような方法ではとても無理ですね。新司法試験のプレッシャーはそれくらい大きいものですから。

だからこそ、来年で決着を付けてこのストレスから解放されようという勉強の原動力に変えていただきたいです。


クズキリ
大丈夫???
ちょっと,あまりひどいようなら早めに病院に行くのだよ。
ストレスだなんて心配過ぎるっ。
ではでは,復活を楽しみに待っております。
お大事に♪


りん
 みこさん、大丈夫?
そのクラスメイト以外にも最近具合が悪い人続出してるよ。色々疲れが出るよね。私は前に胃痛になった時、温めた牛乳を飲んだら大分痛みが和らいだよ。お試しあれ。お大事にね。



mico
DAKARAさん,ありがとうございます。
そうですね。家のこともありますし,最低限のことはしています。


こうちゃん,そういえばウチのローでも,入学後に太ったと思われる人が散見されます。
そうですね。受験生のストレスは,受からない限りゼロにはならないんでしょうね~。
頑張ります。


クズキリちゃん,ありがとう。もう大丈夫よ。
あんまり,ストレスだとは自覚してないんだけどさ,
この痛みが来るときは,たぶん何かあるときなのよ,
密かに耐えていること(笑)が。


りんこちゃん,ありがとう。ご心配かけました。
3年前期(特にウチのロー?)は授業的にもストレスたまりがちだよね。
温めた牛乳か。なるほど。どうもありがとう!


こうちゃん
勉強のストレスは「気分転換」ではどうにもならないから厄介なんですよね。

本試験直前まで学校で勉強しようと思っていましたが、4月に入った頃からやたらとお腹がはるようになり、自習室に行くのが辛くなって結局自宅で勉強しました。不安はどうせ解消されませんが、直前期の周囲のピリピリ感が自分には辛かったんだろうと思いました。自宅に換えてからは少し楽になりました。


mico
こうちゃん,なるほど。
同じ受験生でも,新司はまた,特有のストレッチャーがあるのですね。
確かに,私の周囲も既に,
2年生のときとは,微妙に空気が違うような気がします。
自分に合った環境で勉強できるようにということも,
考えないといけないですね。


コメントを閉じる▲
いやあ,思いがけないことがあったわ。

昨日書いたように,ウチのローには今,認証評価が入ってるのね。
今日は必修の刑事法総合Ⅲの授業があったのだけれど,
なんと,M田先生が参観に来られた!!

M田先生といえば,刑法をちょっとでも勉強したことがあれば,
知らない人はいない,M田説のM田先生よ。

今日,授業を担当して下さった先生がおっしゃるまで,
気がつかなかったのだけれど(学説は見ても,お姿は見ないので),
気がついたときには,ちょっとした衝撃が(笑)


【2008/07/01 21:57】 | 法科大学院
トラックバック(0) |


ハイビスカス
こんばんは。
え~M田先生ですか~?うらやましい。とは言っても正直M田先生の基本書はほとんど本棚のこやし化してます(笑)私もそのような状況に置かれたら、ゼッタイサインしてもらいますよ。なんかこんなことで盛り上がるなんて、法律をやってない人たちから見ると???なんでしょうね(笑)


mame
昨日の○組のヒアリングも、M田先生だったらしいよね。
でも、刑法の先生も授業やりにくそう~(苦笑)。


mico
ハイビスカスさん,ありがとうございます。
認証評価の公正性を疑われてはいけない!と思い,
記事の後半を削除しました(気を遣いすぎ?
・・・でも,そのくらいでちょうどいいですよね)
けど,実際,ちょっとした騒ぎにはなりました~。
「でもあの中の,何人がM田説で書いてるんだろう」
と,冷静な感想を述べる友人もいましたが(笑)


mameち,そうそう。
その○組で授業をされていたのが,私が刑事模擬裁で
お世話になっている先生で,たまたま昨日,帰り道で会って,
駅までの道をごいっしょしたのね。
「いやあ,緊張したよ」っておっしゃってた(笑)
ウチのクラスで授業をされた先生も,
「M田先生の前で恐縮ですが」みたなことを何度か口にされてたし。
M田先生も,逆に気を遣うかも??


77
僕も少しだけ基本書を読みましたよ

有名な学者の先生方に会うと
初めだけ興奮しますよね

僕もそんな経験をしたことがあるので
よくわかります


mico
77くん,そうなのよね。
日頃お会いできない方だけに^^;


コメントを閉じる▲