茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
というのは,やっぱり例の24時間テレビなわけだけど^^;
少々のうさんくささを感じつつも,結局見ちゃうのよね~。

エド・はるみ,かっこよかったなあ。感動したわ。

芸人になるという夢を,40過ぎて叶えた点もそうだけど
(そのために交際していた男性とも別れたとか・・・?),
このマラソンのこと,6年?前から,勝手に夢に描いていて,
今日,それを実現したというエピソードもよかった。尊敬。

やっぱり人間,いくつになっても,いつからでも,変われるし,
(と彼女が走る前に言っていた)
諦めない限り,夢は夢で終わらないんだよね。

スポンサーサイト
今日もこの前書いた,
合格(予定)者が指導してくれる租税法のゼミだったよ。

ゼミ生3人にたいして,指導員2人!贅沢すぎる・・・。
検討する問題に関して以外にも,貴重な話をたくさん聞けるし。

すごく優秀な方たちなので,もちろん全部マネはできないけど,
見習って,自分なりに努力を続けようと思った。頑張るわ。

ロー受験中のみんなも,頑張ってね!


ちょっとわかりにくいと思うけど,
真ん中に,雛鳥が写ってるのね。この子,ハトの雛なの。
場所は,ウチのマンションの同じ階の,あるお宅の玄関扉脇。

右側に,段ボールをメンディングテープで貼り付けてあるの,わかる?
ここは,メーターボックスの下の隙間。

つまり,ハトが,マンション12階のある部屋の,
メーターボックス下の隙間に巣を作り,卵を産み,雛がかえったってわけ。

春先から,今年は妙にハトが来るなあ,って思ってた。
それが,初夏になって,ピーピー鳴いてる声がする。
通路には,かわいい(?)フンの跡もある・・・。

この写真をとったときは,まだ,このお宅の玄関先付近を
ちょろちょろするのが精一杯だった雛。
それが,2週間もしたら,私んちの玄関前まで(10メートル程度),
しっかりフンの跡を残すまでに活動範囲を広げていた。

この子が,一昨日の夕方,巣立ったらしい。
管理人さんから,ウチの階の住人宛に,個別にお手紙が入ってたの。
無事に巣立ちました,見守っていただいてありがとうございました,
みたいな。

管理人さんも,温かく見守っていたんだねえ。
そういえば,フンの跡も,毎日水をまきながらお掃除してくれてた。

それにしても,親鳥は,毎朝どこからかエサを運んできていたのだけれど,
よくみつけてくるよねえ。(ちなみに,人工の餌付けは全くしてない)

私は,実家が小鳥屋だったから,雛鳥がエサを要求するときの鳴き声が,
なんだか懐かしかったわ。
子どもの頃,よく(店で売っていた)インコや文鳥の雛にエサをやったよなあ。
スプーン(forインコ)や,スポイトみたいなやつ(for文鳥)で。


今日は,今年の新司を受験し,
まもなく「合格者」になるであろう方による租税法ゼミに参加したよ。
申し込みの段階では,単に「修了生」ということで,正直言うと
ちょっと不安も(全く接点のない先輩だったので)あった。

けど今日,お話を聞いていて,まず間違いなく合格しているだろうな,
って思った(何て言うか,既にオーラが!)。
それに,ついこの間まで受験生だったということで,話の全てが,
すごく参考になるんだよね。

租税法の会場が五反田TOCだったことも聞けたし,
答案用紙が(辰巳の体感講座同様)綴じられていることも聞けたし(笑)
そういう,わざわざ調べる手間をかけるほどのことではないけど,
ちょっと気になる,みたいなことも色々教えてもらえて,嬉しいわ。

あとは,いかに自分が勉強不足かも痛感できるし・・・。
これからもっと頑張らないと。
3年前期は,必修が刑事系1つだけだったため
再試験の心配もなく(必修以外は,不合格の場合それっきりで,
再試験で救済ということもないからね・・・)
昨日「確か明日あたりだったような・・・」と講義要項を確認したりして(^^;

成績は,ほぼ,狙い通りだったので,よかったと思うことにしよう。
・・・これでも,「狙い」とかあるのよ,一応。大した狙いじゃないけど(笑)。
もちろん,反省すべき点も色々あるから,講評を熟読して復習しなくちゃ。

もっとも反省すべき点は,
研究特論(2万字程度の論文を書く)を仕上げられなかったこと。
元々,制度上,後期に出しても良い,ということになっていることと,
指導して下さる先生の優しいお言葉に甘えてしまったことが原因だけど。
夏休み中に,どうにか目処はつけたいところ。

ということで,取り組んでいるわけだけど。
やっぱり自分の興味が赴くままに調べたり考えたりすることは,面白い。
択一問題を解いていて,「もうこんな時間!」なんて思ったことはないのに,
あっという間に時間が過ぎるわ。
最終日の昨日,行ってきたよ~♪



私と息子の席はアリーナAブロックの右の方だった。
一番前のブロックなわけだけど,なんせ7万人も入る会場だからねえ。
ステージもそれを見越して作っているから,前過ぎて逆に見えない部分も(^^;
楽器の影になってしまったりとか,あと,全体像は見えないというか。

それでもやっぱり,楽しかったわ~。
桑田さんは(サブステージのとき以外)ずっと見えてたし。
もう,入学してすぐくらいのときからずっと,
「択一やんなきゃヤバイよねえ。」と思い続けて,
結局今になってしまったわけだけれど。

これまでの勉強の中では,会社法の中間テストで
択一問題があったため,そのときに少しやったほかは,
全く択一対策というのをしてきていない・・・。

それでも,(この前の体感講座を受けた感触としては)
足切りにかかることは,ないだろうと(一応)思えるのだけど,
おそらく年々,足切りラインは上がるであろうことを思うと,
絶対に,楽観はできない。

ということで,少しでもいいから,日課としてやることにしようと思う。


択一といえば,今日は中央ロー入試の初日だったよね。
新司と同じ,7科目の択一試験。
特に行政法で「オワタ」と思って,2日め,行くだけムダか!?
と思いつつ,高い受験料払ったのに投げてたまるか,と
どうにか受けに行ったことも,すでに懐かしく思えるわ。

受験中のみなさんが最善を尽くされますよう,祈っています。
昨日は,久しぶりに(調べ物があったため)ローに行った後,
他ロー生と情報交換がてら,軽く飲んだよ。

ローは,さすがに閑散としてたわ。
自習室にもあまり人がいなかったし。
あ,やたら重かった入り口扉が,自動ドアに改装工事中だった。
仕上がりが楽しみ♪

他ロー生の話は,何かと参考になるし面白かった。
既に成績発表があったところもあるようで。
どこも,単位認定が厳しくなる傾向はいっしょみたいだねえ。

まあ,単位取得のための勉強が,そのまま司法試験合格に
直結する勉強になっていると考えれば,いい傾向だと思うけど。
やっぱり,ロー生の短期的目標は,司法試験合格だから。

私のクラスは,後期の必修が民事系だから,
この夏休みには,要件事実論も復習しておかなくてはね。

今年の新司の民法の問題も,モロに要件事実論っぽかったし。
ローの授業でやったことが,そのまま活きるような(?)

最近,思うのだけど,ローの授業を「きちんと」こなしてると,
新司に合格できるだけの力が自然につくんじゃないかな。
何人かの先生は,自信を持って,そのように断言されるし。

・・・・幻想かね。
午前中は,基本書と百選を(家事と同時進行で)読んで,
午後は,法職のゼミに合わせて答案を書いたよ。
夏休みの宿題を片付ける息子と,たびたびふざけ合いながら(笑)

例えば,
息子「ねえ。チョコみたいなものない?」
私「ないっ」(きっぱり<答案書いてるし)
息子「何か食べたいな~♪」(私の机に寄ってくる)
私「ないってば」(実は机の上に,通学途中で買って
食べ残してるものとかがあり,息子もそれを知っている)

息子,私の机上を探す。
「あるじゃ~ん。おやつタイムにしよう!」
→二人でダイニングテーブルで飲み物も出しておしゃべり,みたいな。
やれやれ・・・・。

のんびり羽を伸ばしてきたので,
気持ちの上では,夏休み終わった~って感じ。

けど,考えてみたら,ほんの1週間前まで,
期末試験~本試験体感講座,と試験続きだったんだわ。
もうちょっと休もうかな(笑)

・・・・いや,ふだんからこまめに休んでるから,
気持ちくらいは切り替えないとね。
なんとなく、スポーツの世界は、
男女差別がないような気がしてたけど
(男女別に競技をすることは別にして)。

宮崎出身の選手が、メダルをとって、
そのコーチが女性だったじゃない。
で、テレビでインタビューに答えて
女だからこその苦労があったと言っていた…

そうだったんだねぇ。
どこの業界でも、道を切り開いてきた女性たちに感謝&尊敬。
かの蜷川幸雄氏による演出の「ガラスの仮面」をやるということで,
即,チケットを取り(思い立ったらすぐネットで取れて,いい時代よねえ)
今日,観に行ってきたよ。

演劇にも漫画にも興味のない方には,全くどうでもよい話ですが・・・・

ま,終わったのは昨日のことだけれど。
今回受けて,本当によかったと思う。

初日の夜には飲み会があったり,
2日目の午後は,息子関係で抜けたりとかあったので,
完全なシミュレーションにはならなかったわけだけど,
相当,具体的なイメージは持てた。

体力的には,もっとへとへとになるのかと思っていたけど,
そこまでではなかった。
精神面は,本試験ではない以上,比較しようがない。
たぶん,精神面の疲労が,本番では体力面に影響すると思われる。

ただ,やっぱり右手(利き手)は痛くなるわねえ~。
これはペンの持ち方その他で,個人差は大きいだろうけど,
私は今日,今現在でも右手の中指が痛い・・・。
(今日,宅急便の伝票を書く機会があったのだけど,あれって
転写用紙だから,筆圧が必要でしょ。重労働に感じられたわ・・・)

あとは,ほんと,制度が転換したんだってことも実感した。
というのは,こういう予備校の企画に参加して,知り合いに会ったことって,
旧司のときは,数えるほどしかないわけ,私のような(他学部,社会人経由,
しかも予備校の講座も通信という)場合。
それが,当たり前のように知り合い(っていうか,ローの友達)に会ったり,
他ローの友人にも会ったり,久しぶりに会う受験仲間もいたり。

こういうのって,きっと職場(実務)の雰囲気にも影響するんだろうね。
もともと,法曹界は狭い世界だと言われているけれど,人数増えても,ますます
狭い世界になったりして・・・?
今日は,本試験体感講座の3日め。

お昼をはさんで,合計6時間の論文試験。
しかも全部,民事系(民法,商法,民事訴訟法)なわけで。

民事系があまり好きではない(苦手,とは言わないことにしてるの。
言うと,きっとどんどん苦手意識が大きくなるから)私には,つらい一日だわ。

考えてみると,司法試験の勉強をしようかな?って思って,
入門講座を聴き始めた頃から,どうしても民事系(特に民法)がなんとなく,
鬼門というか,択一でも中々点が取れるようにならなかったというか・・・。

あ,唯一,自慢しちゃおうかという意味で書けば,旧司の論文本試験では
民法もA評価を取ったことがあるんだった。
しかし,それも自分ではなぜAだったのかがわからない・・・・・。
(全然,できたと思ってなかった。他の科目は,大体主観と評価が一致したのに)

たぶん過去にも書いているけど,伊藤塾の伊藤先生が
「民法苦手ってことは,さぼってます,ってことだからね」って言っていたの。
民法は量が多いし,昔から「民法を制する者は司法試験を制す」とか
言われていたということもあってね・・・。

でもさすがに,今更,超基本まで理解できていないってこともないだろうし
(と思いたいし)あとはやっぱり,地道な努力か,足りないのは。
知識や理解も,使わなければゼロに近づいていくものだしね。
(過去に勉強した,他分野の専門知識について考えればすぐわかるわ・・・)

ほんと,頑張らないとヤバイ,って実感した。


ご存じの方も多いでしょうが,
サザンオールスターズが30周年,かつ,解散を宣言してるのよね。

私は,サザンがデビューした当時(小学生だった)からのファンなの。
「レコード」もCDもたくさん持ってる。全部ではないけど,かなり。
カセットテープや,最近のDLものを合わせれば,ほぼ全部あるかな。

だけど,ライブには1度も行ったことがなかったのね。
いつか行きたいと,ずっと思いながらも・・・。

で。今回こそは,行くしかないよねえ,と思って,
そのため(チケットを取りやすくするため)にファンクラブに入会した^^;
無事に先行販売で取ることができて,今日,チケットが届いたの。

わーい!アリーナ席,しかもたぶん前の方だわっ!!

昔(20年くらい前・・・・・)と違って,最近は電話かけまくりとか,
しなくていいのよねえ。席は抽選だから,運次第だけど,手続的にはラク。

今日のMステがサザンスペシャルだったので,書いてみました~♪

新司の択一対策になっているのかも。

っていうのはね。
昨日解いた今年の本試験択一問題を,ざっと答え合わせしたの。

(・・・・・あ,「よくできてた!!」って話じゃないので悪しからず)

の後,テーマ演習でお世話になった元特捜検事のM先生を囲んでの
飲み会に参加したよ。(ちゃんと1次会だけで帰ってきた!)

択一は,旧司に比べたら,素直な肢ばかりで,
努力すればそれがきちんと反映するんだろうなって感じた。
ただ,7科目だから,今後量をこなしていくのが大変そうだわ・・・。

明日は7時間の論文!
・・・なんだけど,息子のプレコンサート(コンクールのリハーサル)が
午後にあるから,午前中だけで帰る予定。ちょっと残念。

辰巳で,本試験体験講座っていうのを受けるよ。
前にも書いたけど,
今年の新司法試験の問題を,同じ日程で受けられるという企画。

明日は初日,7科目(3系統)の択一試験。
・・・・・択一なんて,久しぶりだなあ。

今回は,今年の問題を全部見るのが目標ということで,頑張るわ。
今日(月曜)で,ウチのローの前期試験は全て終了したよ。
ということで,今日はクラスコンパ。

他クラスも,今日,開催というところが多かったみたいだね~。
ウチのクラスには4人の先生がいらして下さったんだけど,
かけもち(笑)で来て下さった先生もいたよ。

これでロー生活も,もうあと7ヶ月程度かと思うと,
思いっきり飲むような気分でもないけど(って十分飲んでるが),
やっぱり,一人で勉強していたときよりも,精神的にはラクだと思う。

何かの縁で出逢った先生方や,仲間たちとの関係を大切にして,
私個人としても,もっと頑張らなくては,と思ったよ。

と明文で書かれていると,前に授業で聞いて驚いた。
事実上,黙秘権がないに等しいとかではなく,はっきり書かれている。

「被疑者が捜査員の質問に対して,ありのままに答えなければならない」
(中国の刑事訴訟法第93条)

レポートを書くために,ちょっと調べてみたところ,中国ではいまだに
職権主義的訴訟構造が色濃く残っていること,無罪推定
(いわゆる「疑わしきは被告人の利益に」という,確実な証拠に基づいて
有罪であると立証されない限り,無罪であるとみなされるという原則)も
ないことなど,やっぱりというべきか,驚いたというべきか,
へえ~!っていうことが色々あった・・・・。

もっとも,日本でも,未だに志布志の踏み字事件のような捜査が
(レアケースとはいえ)現実に行われていることを思えば,推して知るべしかな・・・。

もうすぐ北京オリンピック開幕。
ここを見て下さる方の中で,現地に行かれる方はあまりいないだろうけど,
取り締まり厳しい折,妙に誤解される行動をとって,逮捕されるような
事態だけは,避けた方がいいかも・・・日本の常識で考える以上に,
大変なことになってしまうかもしれないから。
月曜日の試験に備えて,民事執行・保全法の復習をしたよ。
とっても評判のよい授業でね,噂に聞いていたとおり,
理解しやすい,とてもよい授業だった。

何がすごいって,予習の負担はほとんどなかったにも拘わらず,
多くの学生が初めて学ぶ,民事執行・保全法について,
(少なくともその場において)「わかった!」と思える内容だったこと。

・・・ここだけの話,日頃の復習は,1授業あたり15分くらいしか
していなかったので(復習はきちんとやるように言われていたのに・・・),
相当,不安があったのだけれど。
でも,今日,全体を見返してみたら,バラバラだった理解がつながって,
何度も「なるほど!」って思ったよ。

授業自体は,一応ちゃんと聴いていたから,メモが残ってて
(その意味を解読するのに時間がかかったのは,やはり日頃の復習不足ゆえ)
それを頼りに条文読んだりして,久しぶりに何かを「わかった」感じがした(笑)

試験もがんばろうっと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。