茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
あと数時間で2008年が終わるということで,
ふと振り返ってみると,去年の今頃もロー生だったわけで,
今年は丸々,ロー生として過ごしたんだわ。

うん。けっこう色んなことがあったな。

ローとは関係ないけど,今年は息子といっしょに
バンプのライブと,サザンのライブに行ったことが印象的。

これまでも,いっしょにあちこち出かけたりしてきたけど,
なんていうか,また一段階成長した息子,みたいな実感かな。

そういう意味で,次の楽しみはやっぱり,
いっしょに飲みに行くことだね!


今年も,私のブログに遊びに来てくださって,ありがとうございました。
ずいぶん,助けられたり,励まされたり,心の支えになりました
そろそろ見直すタイミングかと思い,
ここ数日は選択科目(租税法よ)を見直してる。
もっとも,年末は何かと一般社会人としての忙しさもあり,
細切れ時間のはぎ合わせだけど・・・・。

選択科目は,ほかの科目と違って(あ,行政法は
同じようなもんだけど)何度も回したって感じがないから,
定着度はかなり低いんだよな~。

ま,みんな条件は同じだ(ろう)し,悲観しないで頑張ろう♪

っていうのがあってね,息子は金管五重奏(ホルン)で出場。
都内の中学校の吹奏楽部が集まってのコンテスト。
息子たちは銅賞をもらったよ♪(たいしたことないです,はい。)

なんか,ほんと感動するわ~。
息子は吹奏楽部でコンマス(日常の練習とかを仕切ったりする)
をやってるってこともあり,今回の五重奏では,
息子の合図で演奏を始めることになってたの。

ステージに出てきた瞬間から,内心,
立ち上がって手を振りながら,名前を叫びたい心境よ(笑)

だけど,さすがにそんなことする母ちゃんってどうよ,と思うから
静かに鑑賞し,静かに(一人にやにやしながら)帰ったわ。

ちなみに会場は,東府中にある,
府中の森なんとかってところ(アバウトだな)。
来年2月に,府中刑務所の見学に行くことになってて,
府中とかどんだけ遠いんだろう・・・って不安に思ってたんだけど,
案外スムーズに行けることがわかって(時間はかかるが)よかったわ。
昨日は,ローのクラスで,忘年会だったよ♪
2年間しか通わないわけだから,忘年会は2回しかないわけで。
(飲み会自体は,えっと・・・すぐには思い出せないくらいの回数だな)

1次会では,これまであまり話したことのなかった先生とも
たくさんお話させていただいて,有意義だった。
ほんと,訊きたいと思っていたことを訊けたし!

2次会では,近くに座った学友と,あんなこと!や,こんなこと?を話した。
そのあとは,男子学友の彼女たちに会ったりもして。楽しかったわ~(笑)

何度も書いていると思うけど,私は,中央ローに入って,
このクラスで過ごすことができて,本当によかったと思う。
もちろん,他のロー,他のクラスに所属したことはないわけだから,
よそとの比較で言うわけではないけれど,
ああ,ここに来て,ここにいられて,よかったなあ,ってしみじみ思う。

そういう風に思えるということを,とっても幸せだと思うし,
それを可能にしてくれたいろんな人や物事に感謝している。

ありがとう。
この前の火曜日で終わってる。
私は火曜日,授業を取ってないので,月曜で。

複数の学友(この言葉,最近好き)が,同じことを言っていた。
3年後期はほんと,早かった,という趣旨のこと。

年明け,まだ数回の授業があり,期末試験もあるけれど,
なんか,ほんと,「え?もうあと数回なんだ」って感じ。

ウチのローは,2月末に「お引越し」があるからね~,
追い出される感は,否めないね(笑)
もちろん,代々そうだし,これはこれで,いい思い出になるというか,
伝統の一部というか(プラスにしようと必死だな)。

私は,もともと自宅勉強派だから,市ヶ谷別館の席は借りない。

あ,ウチのロー(・・・って最早ぼかす意味もないか。ってことで),
中央ローは,校舎が狭いので,修了生は受験までの数ヶ月,
市ヶ谷に借りてある別館で過ごすの。
希望により,個人席を借りることができる仕組。5月までは無料。
既に席が足りないらしく,恒常的に使わない方はご遠慮ください,
みたいな雰囲気になってる。

みんなに会えなくなるのは,正直,淋しい。
特に何かしゃべったりとかしなくても,気配を感じるだけでも,
「いっしょにがんばってる感」があったからなぁ。

受験は最後は一人でするもんだし,何を今更,って感じだけどね。

おうちでパーティーが主流?という読みで
デパート商戦を戦う,みたいなニュースを見たけれど。

ほんと,そんな感じなんだね。
模試を終えて帰るとき,電車にはデパートの紙袋を持つ人,多数。
お子さん向けのプレゼントと思われる物とか。

自宅最寄り駅前にはコージーコーナーがあるんだけど,
そこには普段ではありえない行列が!
オリジン弁当でもいつもは売ってないフライドチキンがあったり,
セブンイレブンでは店前でサンタ服の店員がケーキを売ってたり。

自宅マンションでは,上の階の方といっしょになった。
ケーキとお寿司(ここだけの話,小僧寿しだったところが景気を
反映してるとか思ってしまった・・・・w)を持っていた。

なんか,いいよね。
ああ,みんな待ってる人がいるんだね,みたいなのが。



ボクシング。見た?いい試合だったねえ~。
M-1も面白かったけど,今日のボクシングも面白かったわ。

特にどっちを応援ってこともなく見ていたんだけど,
挑戦者も強くてかっこよかったよね。11Rまで倒れなかったもんね。
しかも,最後まで,ずっと手を出して,闘おう,倒そうとしてた。

チャンピオンのほうも,途中からもう勝つことがわかってたのに,
最後まで手を抜かないで闘う姿勢だったし。

なんか,すごく感動したよ。


・・・と,テレビばっか見てるみたいだけど,勉強もしてるわよ(^^;
明日はTKC(択一模試)だし。がんばろう。
まだ通ってます。歯医者さん。

なんせ,20年近くぶりだし,この機会に一気に治療しておきたい,
という気持ちもあるから,あちこち治してもらってるわけだけど。

「とりあえず今日はセメントかぶせておきますね」
ってことが,治療途中ではあるじゃない?
日常生活で「セメント」って言ったらさ,建築に使うものを連想するよね。
だから最初,「セ,セメントですか!」って思ったんだけど,
それにはもう慣れた。うん。セメントでカバーしとくんだよね,って。

けどさ・・・セ○ダインも使ってない?歯科治療。
ほら,黄色いチューブに入ってる,あの接着剤よ。
どう考えても,あれの臭いが・・・・・。
シンナーとも違う,独特の臭いがするじゃない,あれって。

うーん・・・まあ,別に身体に害はない範囲で使っているのだろうし,
いいのだけど,訊けないもんだよねえ,患者の立場って。
「あのう・・・今のはセ○ダインですか?」とか(笑)

昨日はKゼミの忘年会だったよ♪
先日書いた2回試験に,今回合格された方4人が参加してくださった。

2回試験に合格すると,無事に法曹(裁判官,検察官,弁護士)に
なるわけだけど,今回来てくださった4人のうち,2人は裁判官,
もう2人は検察官に任官される方だった・・・・。

これから任官するという方がこれだけ集まる席に,
ご一緒できる機会(一緒に飲める機会)なんて,中々ないよね。
受験生(法科大学院生)時代の話とか,いろいろ貴重な話を伺ったよ。

自分が学んでいる学校で,同じように学んでいた方たちなんだ,
っていう前提もあいまって,有意義だったわ。

頑張ろうっ!


約2年後,私も受けているであろう通称「2回試験」。

司法試験に合格した後は,司法修習に行く。
そして修習の最終段階で,また試験があり,
これに落ちれば,法曹資格を得ることはできない。

新61期の2回試験の合格発表(正確には「不合格発表」らしい。
不合格者のみ,発表されるから)が昨日,あった。

1811人が受けて,101人が不合格だったとか。このほか,
再受験組33人のうち12人が,再び不合格だったとか。
率にすると約6.1%ということで,過去に比べて,
ものすごく悪いってことではないと思われるけど,数が100人を超えると
法曹養成のあり方について云々,って論調が・・・どうしても出るよね。

でも,ほんと,厳しい世界だよね。
手書きで何十枚も答案を書いてさ,ちゃんと指示通りにとじないといけなくて,
その「とじる」作業が終わらなかったために不合格になる人もいるそうだから。

ま,厳しいのは当たり前か。
まずは今現在の課題を,しっかりこなしていこう。


いわゆる「学生運動」全盛の時代の話をね,
直接その現場にいらっしゃった方から聞きたいなあって,
大学生(ルーツ的には高校生かな)の頃から漠然と思ってたんだ。

私の親は,その世代よりちょっと前で,
そもそも全く大学などには縁のない生き方をしていたから
(義務教育しか受けていないし)体験者ではない。

ただ,父は,すでに上京していて,新宿西口で暮らしてたの。
ホームレスではなく,一応,安普請のアパートを借りてたらしいけど(笑)

まだ,学生運動全盛期より前だけど,新宿といえば,当時からワセダの学生が
たむろしていたらしくて,(学のない)父は,ちょっと羨ましく思っていたんだって。

そういう影響があるのかないのか,冒頭書いたような興味を,ずっと持っている。
で。
今,身近にお話させて頂ける方の中に,もしやまさに時代の当事者?
という方がおられることに気がついた。
今日は,息子のピアノの発表会だったよ~!
次の句は大方のみなさんのご想像のとおりなので,
今年はもう書きませんが・・・(^^;

ただね,今年が最後かもしれない。
去年もそうだったけど,学校の合唱コンクールの伴奏と
時期が重なるため,練習が中途半端になっちゃうのね。
で,来年は中学3年生で,合唱コンもメインになるし,
「来年は発表会出るのやめる」って・・・。

その次は,もう高校生だしね,さすがにねえ・・・。

昨日は,朝からコポガバの予習として答案(のつづき)を書いて,
コポガバ(コーポレートガバナンスと法,という授業)→Kゼミと
みっちり?勉強した後,女子飲みだったんだ~♪

女子飲みは,けっこう久しぶりだったかな?
飲み会好きな私としては,どういう飲み会だろうと楽しいけど,
女子飲みというのはまた,あんな話やこんな話もしたりして(笑)
格別の楽しさがあるんだよね~。

ま,今の環境だと別に,男子(年は関係ないということで)が
いるから話せない,ということはないに等しいけど(苦笑)。


何度か書いているけど,これは,自分の好きな分野で,
2万字程度のリサーチペーパー(≠論文,だと思う・・・)を
書く,というもの。提出すれば,4単位が認定される(はず)。

私は刑事系で3年前期からぼちぼちやってたわけだけど,
今日ようやく形にして,下書き程度のものを出したよ。

書いていくうち,調べるうち,気になることがどんどん出てきたり,
興味があちこちに広がったりして,収拾がつかなくなりそうになったり・・・。

いわゆる「学者」先生たちもまた,すごいよなあ,って改めて思った。
日常的に,こういうことをしているわけだし。

それにしても,インターネットって便利だよね~。

大学の卒論を書いたときのことを思い出したら,まさに隔世の感。
演劇科だからね,テーマは近松門左衛門「堀川波鼓」っていう姦通物。
(近松といえば,心中物のほうが有名だけど,あえて姦通物を選んだ)

前にも書いたかもしれないけど,
江戸時代の刑法(に相当するもの)をあちこちの図書館で探したりした。

今は,ネットでかなりのものを見つけることができるもんね。
ちょっと丁寧に探せば,読みたいなあと思った学術論文が,
pdfで出てきたりするから驚くわ(もちろん,何でもかんでもではないが)。
国会の議事録だったり,国連の資料だったりも,居ながらにして読めるし。
こんなの,昔だったら探すの大変だったろうな~,みたいな。

で,関係ないものもつい読みふけって,時間ばかりかかる(笑)

私が中学生のときって,3年生のときに1回くらいしか,
三者面談なんかなかったけど(子どもの数も多かったしね)
今は,年に2回くらいはあるんだよね,しかも1年生のときから。

ありがたいと思うべきだろうけど,30分以上,待たされては・・・。

ウチより後の親子が2組も待っていたし,早く終わらせようと,
そればっかり考えちゃうというか。待っていたお母さんに,
「目標5分!」とか言って待合室(隣の教室)を出てきちゃったし(^^;

けど,先生も一生懸命だからこそ,長くもなるんだよね。うん。
息子は,学校生活においても,特に心配するようなこともないようで,
楽しそうに(年齢相応の悩みもそれなりにあるようだけど)過ごしてる。

ああ,そういえば母親だったわ,って実感した一日。

なぜか瑕疵担保ネタが続く日常(笑)。
(法律と関係なく,ここを見て下さってる方へ。
瑕疵担保責任の追及っていうのは,買った商品に,ちょっとフツウでは
気がつかない欠陥があったとき,売り主に金返せとか,
取り替えろとか言えるという,至極常識的な民法の規定です)

今日は,母の病院の付き添いやら,自分の歯医者やらで
何度も行ったり来たりがあり,夕飯一品手抜きしようということで,
スーパーでコロッケを買うことにした。
息子が好きな「かぼちゃコロッケ」。

時間が遅かったから,パックに入ってて,手書きのマジックで
「かぼちゃ」って書いてある。

さて,夕飯時。
他のおかずを用意し,あとはコロッケをチンでおしまい。
息子が「においからして,これはクリームコロッケだね?」
「ちがうよ~。かぼちゃだよ」<やや得意気。
「へえ!僕が好きなやつだ」

・・・・しかし。
主に息子が使っている電子ピアノが故障してたの。
鍵盤の一部が,押したまま戻らないという症状。

で,購入した楽器店に電話し,修理に来てもらった。

ぱかっとフタ?を開けて点検・修理する様子を,
私と息子とで興味津々で眺める。

戻らなくなっていた鍵盤は,見えない部分が割れてしまっていた。
なるほど,そうだったのか~,やっぱり男の子は力も強いしなあ,
などと思ったのだけれど・・・・まだ購入してから7年程度。

「鍵盤自体は,まだ使える状態です。が,実は・・・」
と,修理の方が言う。

候補者に最高裁から封書が届き,
開封もせずに返送する人もいるらしいね。
自分には人を裁く資格などない,という方もおられるとか。

でも,始まっちゃうんだよね。
少なくとも,今更,批判ないしとまどいの声が大きいから,
先送りしましょう,ということにはならないんだよね。

私は今,法科大学院の学生で,興味ある分野だから,
日常生活の中でもその情報には敏感に反応していた。

けど,そうじゃなかったら,例えば,法律の勉強なんかすることは,
一生ありえないと思っていた頃の自分を思い起こすと,
来年,裁判員になるかもしれませんのでよろしく,って通知が来たら,
「は?何それ??」って思ったと思う。

ただ,望んだ覚えはないのに国会で勝手に決まってた,
なんで仕事休んでまで?とか割に合わないじゃないか,というのは・・・。
一応,その国会議員を選んだのは私たち国民なんだし。

とはいえ,(さっきNHKでやってた視聴者参加型番組を見た感じでは)
いちばん問題になるのは,
案外,憲法18条(苦役からの自由)との関係だったりして。
今日の授業は
コポガバ(コーポレートガバナンスと法)と
民事系のテーマ演習(Kゼミ)。

今日は,どちらも会社法の事例を検討する内容だった。
で,予習として答案の形の文書を作成して臨んだわけだけど。

うーーん・・・けっこう外してる<私の答案ちゃん。
いちいち凹んでらんないけど,ちょっと凹むわ。

いつでも必ず安定してそこそこの答案を書く,ってことは,
本当に難しいなあって思う。
普段の勉強でさえ,そうなんだから,本試験では尚更だよね。

よくできた答案である必要はないんだと思う。
大きく外さない答案をそろえれば,上位で合格できる(らしい)し。

がんばろう。
12月9日の消印有効。
周囲はもう出した人が多いみたい。

遅めに出すと,近所(座席の)が空いているかもしれない,と
聞いたので,遅めを見計らったのだけど,そろそろ出そう。

旧司のときは,会場で知っている人に会ったことは
ほとんどなかったけど(そもそも顔を知っている受験生自体,
数えるほどしかいなかったし^^;),今回はきっと,知っている人が
同じ会場にたくさんいて,会ったりもするんだろうな(東京会場だし)。

卒業してからちょっと経っていて,
久しぶりに顔を見た,みたいな感じなのかな。

そんなふうに(既に卒業しているのか,みたいに)考えると,
けっこう未来のことのようなイメージだけど,実はもうすぐなんだよね。
頑張らないと。

「みぃにクイズね」
ということで,息子からいくつか出題されたもののうちの1つ。

ある国に,あらゆる悪事を働く大怪盗がいました。
彼は法に触れることなら何でもやるという,生来のワルです。
とにかくズル賢く,今まで1度も捕まったことがありません。
でも,そんな彼にも,1つだけ,
どうしても犯すことのできない犯罪がありました。それは?


学校を辞めます―51歳・ある教員の選択学校を辞めます―51歳・ある教員の選択
(2008/08)
湯本 雅典

商品詳細を見る


昨日書いた,ミニシアターで見たというのは,
この本を書いた元小学校教員,湯本雅典氏の制作によるもの。
ブログがこちら

この先生は,都内のある区に赴任し,そこで全国に先駆けて
行われていた(NHKなどでも紹介されたことがある)英語教育について,
一教員の立場から客観的な意見を新聞に投書した。
掲載されたその内容は,批判的なものでも何でもないと私は思うけど,
突然,校長から異動を命じられるという処分を受けた。

幸い,それは撤回されたのだけれど,その少し後に,
結局,教壇を去ることになったの。
そのいきさつなどが書かれているのが,この本。

実はこの先生,息子の担任だった。
息子が通っていた小学校に赴任し,息子のクラスを担任したその年,
一連の事件が起きたってわけ。
ちなみにこの先生は,例えば「君が代」斉唱に異議を唱えたりとか,
そういうことは全くない,(ご本人もおっしゃっていたけど)
「フツウの教員」だった。でも,そういう目に遭った。

息子の通っていた小学校が「人権尊重教育推進校」であったことは,
過去に書いたことがあると思うけど,まさにその小学校で,
教員に対する典型的な憲法問題が起きていたことに,驚いたよ。

私の勝手な思いだけど,
この先生は本当に子どもたちと関わることが好きなのだと思う。
今現在も,「じゃがいも塾」という形で,子どもたちとつながっている。