茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
あと数時間で2008年が終わるということで,
ふと振り返ってみると,去年の今頃もロー生だったわけで,
今年は丸々,ロー生として過ごしたんだわ。

うん。けっこう色んなことがあったな。

ローとは関係ないけど,今年は息子といっしょに
バンプのライブと,サザンのライブに行ったことが印象的。

これまでも,いっしょにあちこち出かけたりしてきたけど,
なんていうか,また一段階成長した息子,みたいな実感かな。

そういう意味で,次の楽しみはやっぱり,
いっしょに飲みに行くことだね!


今年も,私のブログに遊びに来てくださって,ありがとうございました。
ずいぶん,助けられたり,励まされたり,心の支えになりました

【2008/12/31 20:33】 | 雑談
トラックバック(0) |

No title
mico
tomoyacchiさん,コメントありがとう!
親子そろって,うまい酒が飲めるよう
(もっとも,息子はまだ5年半ほど早いけど^^;)
今年も頑張るわ。

追伸
本名が書かれていたので,削除させてもらいました。
ごめんね!

コメントを閉じる▲
そろそろ見直すタイミングかと思い,
ここ数日は選択科目(租税法よ)を見直してる。
もっとも,年末は何かと一般社会人としての忙しさもあり,
細切れ時間のはぎ合わせだけど・・・・。

選択科目は,ほかの科目と違って(あ,行政法は
同じようなもんだけど)何度も回したって感じがないから,
定着度はかなり低いんだよな~。

ま,みんな条件は同じだ(ろう)し,悲観しないで頑張ろう♪


【2008/12/30 23:34】 | お勉強
トラックバック(0) |
っていうのがあってね,息子は金管五重奏(ホルン)で出場。
都内の中学校の吹奏楽部が集まってのコンテスト。
息子たちは銅賞をもらったよ♪(たいしたことないです,はい。)

なんか,ほんと感動するわ~。
息子は吹奏楽部でコンマス(日常の練習とかを仕切ったりする)
をやってるってこともあり,今回の五重奏では,
息子の合図で演奏を始めることになってたの。

ステージに出てきた瞬間から,内心,
立ち上がって手を振りながら,名前を叫びたい心境よ(笑)

だけど,さすがにそんなことする母ちゃんってどうよ,と思うから
静かに鑑賞し,静かに(一人にやにやしながら)帰ったわ。

ちなみに会場は,東府中にある,
府中の森なんとかってところ(アバウトだな)。
来年2月に,府中刑務所の見学に行くことになってて,
府中とかどんだけ遠いんだろう・・・って不安に思ってたんだけど,
案外スムーズに行けることがわかって(時間はかかるが)よかったわ。

【2008/12/29 23:03】 | 息子
トラックバック(0) |


クズキリ
もう,親ばか丸出しなんだからっ(笑)
けど息子くん,すごいじゃない~。
府中の森,ね。
昔プラネタリウムに行ったなあ。
ム○ョ見学楽しみだね。



mico
クズキリちゃん,文句ある?ないよね<きっぱり(笑)
ね。ね!すごいよね,息子ちん(いい加減にしなさい)
府中の森なんとかに,プラネタリウムもあるのか~。
なんか町並みも文化的な雰囲気で,息子も
「いい感じの町だったよね」とか言ってた。
2月,ほんと楽しみだね。

コメントを閉じる▲
昨日は,ローのクラスで,忘年会だったよ♪
2年間しか通わないわけだから,忘年会は2回しかないわけで。
(飲み会自体は,えっと・・・すぐには思い出せないくらいの回数だな)

1次会では,これまであまり話したことのなかった先生とも
たくさんお話させていただいて,有意義だった。
ほんと,訊きたいと思っていたことを訊けたし!

2次会では,近くに座った学友と,あんなこと!や,こんなこと?を話した。
そのあとは,男子学友の彼女たちに会ったりもして。楽しかったわ~(笑)

何度も書いていると思うけど,私は,中央ローに入って,
このクラスで過ごすことができて,本当によかったと思う。
もちろん,他のロー,他のクラスに所属したことはないわけだから,
よそとの比較で言うわけではないけれど,
ああ,ここに来て,ここにいられて,よかったなあ,ってしみじみ思う。

そういう風に思えるということを,とっても幸せだと思うし,
それを可能にしてくれたいろんな人や物事に感謝している。

ありがとう。

【2008/12/27 23:07】 | 法科大学院
トラックバック(0) |
この前の火曜日で終わってる。
私は火曜日,授業を取ってないので,月曜で。

複数の学友(この言葉,最近好き)が,同じことを言っていた。
3年後期はほんと,早かった,という趣旨のこと。

年明け,まだ数回の授業があり,期末試験もあるけれど,
なんか,ほんと,「え?もうあと数回なんだ」って感じ。

ウチのローは,2月末に「お引越し」があるからね~,
追い出される感は,否めないね(笑)
もちろん,代々そうだし,これはこれで,いい思い出になるというか,
伝統の一部というか(プラスにしようと必死だな)。

私は,もともと自宅勉強派だから,市ヶ谷別館の席は借りない。

あ,ウチのロー(・・・って最早ぼかす意味もないか。ってことで),
中央ローは,校舎が狭いので,修了生は受験までの数ヶ月,
市ヶ谷に借りてある別館で過ごすの。
希望により,個人席を借りることができる仕組。5月までは無料。
既に席が足りないらしく,恒常的に使わない方はご遠慮ください,
みたいな雰囲気になってる。

みんなに会えなくなるのは,正直,淋しい。
特に何かしゃべったりとかしなくても,気配を感じるだけでも,
「いっしょにがんばってる感」があったからなぁ。

受験は最後は一人でするもんだし,何を今更,って感じだけどね。


【2008/12/25 23:53】 | 法科大学院
トラックバック(0) |


mame
そっか、micoさんは自宅派だったっけね。
元々そんなに遭遇するわけじゃなかったけど、
寂しいわ。
半分~2/3くらいになるみたいだね。

ま、市ヶ谷生活を含めても、この生活ももうちょっとでお終い。
せいぜい満喫しようぜい。



mico
mameち,そうなのよ~。
けど,さびしくなったら別館に意味もなく
出かけたりするかも(笑)
ほんと,残り少し,満喫しようね♪

コメントを閉じる▲
おうちでパーティーが主流?という読みで
デパート商戦を戦う,みたいなニュースを見たけれど。

ほんと,そんな感じなんだね。
模試を終えて帰るとき,電車にはデパートの紙袋を持つ人,多数。
お子さん向けのプレゼントと思われる物とか。

自宅最寄り駅前にはコージーコーナーがあるんだけど,
そこには普段ではありえない行列が!
オリジン弁当でもいつもは売ってないフライドチキンがあったり,
セブンイレブンでは店前でサンタ服の店員がケーキを売ってたり。

自宅マンションでは,上の階の方といっしょになった。
ケーキとお寿司(ここだけの話,小僧寿しだったところが景気を
反映してるとか思ってしまった・・・・w)を持っていた。

なんか,いいよね。
ああ,みんな待ってる人がいるんだね,みたいなのが。




【2008/12/24 23:57】 | 雑談
トラックバック(0) |
ボクシング。見た?いい試合だったねえ~。
M-1も面白かったけど,今日のボクシングも面白かったわ。

特にどっちを応援ってこともなく見ていたんだけど,
挑戦者も強くてかっこよかったよね。11Rまで倒れなかったもんね。
しかも,最後まで,ずっと手を出して,闘おう,倒そうとしてた。

チャンピオンのほうも,途中からもう勝つことがわかってたのに,
最後まで手を抜かないで闘う姿勢だったし。

なんか,すごく感動したよ。


・・・と,テレビばっか見てるみたいだけど,勉強もしてるわよ(^^;
明日はTKC(択一模試)だし。がんばろう。

【2008/12/23 22:50】 | 雑談
トラックバック(0) |


tomoyacchi
内藤はいい選手ですね。

模試の前にボクシング観てテンション上げたんですね。模試頑張って、良いイブにしてください!

というか、明日模試だとは知りませんでした。ごめんなさいm(_ _)m


mico
tomoyacchiさん,ほんと,内藤はかっこよいと思う。
なんか,目標を決めて必死になってる人ってかっこいいよね。
・・・・あ,自分もそうならねば(^^;
模試はそこそこ,がんばりました。
とりえあず,今回の自己課題はクリアできた・・・ことにしよう。

コメントを閉じる▲
まだ通ってます。歯医者さん。

なんせ,20年近くぶりだし,この機会に一気に治療しておきたい,
という気持ちもあるから,あちこち治してもらってるわけだけど。

「とりあえず今日はセメントかぶせておきますね」
ってことが,治療途中ではあるじゃない?
日常生活で「セメント」って言ったらさ,建築に使うものを連想するよね。
だから最初,「セ,セメントですか!」って思ったんだけど,
それにはもう慣れた。うん。セメントでカバーしとくんだよね,って。

けどさ・・・セ○ダインも使ってない?歯科治療。
ほら,黄色いチューブに入ってる,あの接着剤よ。
どう考えても,あれの臭いが・・・・・。
シンナーとも違う,独特の臭いがするじゃない,あれって。

うーん・・・まあ,別に身体に害はない範囲で使っているのだろうし,
いいのだけど,訊けないもんだよねえ,患者の立場って。
「あのう・・・今のはセ○ダインですか?」とか(笑)


【2008/12/22 23:30】 | 雑談
トラックバック(0) |
昨日はKゼミの忘年会だったよ♪
先日書いた2回試験に,今回合格された方4人が参加してくださった。

2回試験に合格すると,無事に法曹(裁判官,検察官,弁護士)に
なるわけだけど,今回来てくださった4人のうち,2人は裁判官,
もう2人は検察官に任官される方だった・・・・。

これから任官するという方がこれだけ集まる席に,
ご一緒できる機会(一緒に飲める機会)なんて,中々ないよね。
受験生(法科大学院生)時代の話とか,いろいろ貴重な話を伺ったよ。

自分が学んでいる学校で,同じように学んでいた方たちなんだ,
っていう前提もあいまって,有意義だったわ。

頑張ろうっ!



【2008/12/20 21:49】 | 法科大学院
トラックバック(0) |

幸せとは何でしょう
DAKARA
 micoさんは、良く頑張っておられますね。
 試験に合格することも、やりたい仕事をやることも、家族を大切にすることも幸せですよね。
 何が一番大切な幸せなのでしょうか。

 愚問かもしれませんが、何か良く解らない日常です。どう思われますか。


mico
DAKARAさん,
「幸せとは何か」という質問に対する答えは,1つしかありません。
自分が「幸せだ」と思えること,です。
客観的にどんなにつらい状況にあっても,そこに
なにかしらの「幸せ」を感じることができれば,その人は幸せなのです。

私の母は,子供時代の私にいつも「不幸だ」と言っていました。
それを見続けてきて,中学生くらいになったとき,思いました。
「確かにあなた(私の母)は不幸でしょう。それは,いつもいつも,
自分を不幸だと思っているからです」と。
私は今まで,いろいろ大変(と人様から言われること)なこともありましたが,
自分を「不幸だ」と思ったことは,たぶん1度くらいしかありません。
(1度もない,と言い切れないのがつらいところですが^^;)
「あれ?これってもしかして,不幸なのかも?」と思ったタイミングが,
1度くらいはありましたが,それ以外は,概ね「幸せだ」と思って生きてきました。
DAKARAさんも,「幸せだ」と思うべき要素は,たくさんお持ちですよね?
人との比較ではなく,今,自分がある状況で,
「ああ,これは幸せということかもしれない」
ということが1つでもあるのであれば,それは「幸せ」なのだと思います。


確かにそうですね
DAKARA
自分自身が幸せを感じるかどうかですよね。

確かに、人が如何に羨んでいても、自身で幸せを感じないと不幸ですよね。

 私も同じように思って来たのですが、何か自分の考えに自身が持てなくなって来て・・・・

 人は、自分の人生の幸・不幸は自身が死ぬ時まで解らないと思っていました。

 死ぬ時に、自分は幸せだと思って死ねるかどうかだと。

 でも、日頃が幸せでないと楽しくないですよね。

 どんなに小さな幸せでも、幸せは同じなのですから。

 矢張り、常に前向きに生きて行かないと、人生は楽しくないと本当に思います(^_^;)




mico
DAKARAさん,そうですよ~。
ないものを数えるより,今あるものを大事にする,
小さなことでも感謝する,そういうふうに生きていきたいです。
(もちろん,常に必ずそういう気持ちでいられるわけではありませんが^^;)


コメントを閉じる▲
約2年後,私も受けているであろう通称「2回試験」。

司法試験に合格した後は,司法修習に行く。
そして修習の最終段階で,また試験があり,
これに落ちれば,法曹資格を得ることはできない。

新61期の2回試験の合格発表(正確には「不合格発表」らしい。
不合格者のみ,発表されるから)が昨日,あった。

1811人が受けて,101人が不合格だったとか。このほか,
再受験組33人のうち12人が,再び不合格だったとか。
率にすると約6.1%ということで,過去に比べて,
ものすごく悪いってことではないと思われるけど,数が100人を超えると
法曹養成のあり方について云々,って論調が・・・どうしても出るよね。

でも,ほんと,厳しい世界だよね。
手書きで何十枚も答案を書いてさ,ちゃんと指示通りにとじないといけなくて,
その「とじる」作業が終わらなかったために不合格になる人もいるそうだから。

ま,厳しいのは当たり前か。
まずは今現在の課題を,しっかりこなしていこう。



【2008/12/17 23:13】 | 雑談
トラックバック(0) |


ronron
私が受けた数々の試験の中で一番監督が厳しい試験でしたよ。
司法試験の監督なんてユルユルです。
ハイジの家庭教師・ロッテンマイヤーさんみたいな監督官がいて、マジで怖かったです(笑)




mico
ronronさん,コメントありがとうございます。
へえ・・・・ロッテンマイヤーさんか。
すごくイメージわいてきました~(^^;
なんか,監督官の様子に気が散りそうです。

コメントを閉じる▲
いわゆる「学生運動」全盛の時代の話をね,
直接その現場にいらっしゃった方から聞きたいなあって,
大学生(ルーツ的には高校生かな)の頃から漠然と思ってたんだ。

私の親は,その世代よりちょっと前で,
そもそも全く大学などには縁のない生き方をしていたから
(義務教育しか受けていないし)体験者ではない。

ただ,父は,すでに上京していて,新宿西口で暮らしてたの。
ホームレスではなく,一応,安普請のアパートを借りてたらしいけど(笑)

まだ,学生運動全盛期より前だけど,新宿といえば,当時からワセダの学生が
たむろしていたらしくて,(学のない)父は,ちょっと羨ましく思っていたんだって。

そういう影響があるのかないのか,冒頭書いたような興味を,ずっと持っている。
で。
今,身近にお話させて頂ける方の中に,もしやまさに時代の当事者?
という方がおられることに気がついた。
いきなり,こんなこときくのも何だかな~,と思いつつ,
思い切って訊いてみた。
「先生は,ご出身は○○大学ですよね」みたいなところから。

もともと(学生から見れば)饒舌な方ではないという印象の先生だけど,
(あ,授業で学説や判例を解説して下さるときは別ね)少し,話してくださった。
「遠い昔の話だよ」とおっしゃったときの笑顔が印象的。

おおっ・・・やっぱり,まさに現場体験者の方だったんだ。
聞きたいことがいっぱいあるぞ!!
っていうか,何でもいいから,話してほしいな~!

・・・と,内心かなり興奮したけれども,さすがに場をわきまえた。
が,気持ち?は伝わったらしく「楽しそうだね」と言われてしまった(^^;

何でもそうだけど,やっぱり,体験した人の口から直接聞く話は,
重みが違うんだよね。重みというのが大げさであれば,新鮮さとでもいうか。
受け取る側の印象も,書かれたものや映像から受けるのとは違う。
あくまで「個人の体験」「個人の目線」によるものだとしても,
だからこそ,見えてくるものもあるしね。

それにしても・・・学生運動関係は,「直接」聞いたことがなかったので,
今日はとっても嬉しかった。




追記を閉じる▲

【2008/12/16 23:58】 | 雑談
トラックバック(0) |

異なる体験談
yasukun55
私はロースクールで、当時の学生部長として学生たちと最前線で相対して大変に苦労された大先生から、学生運動最盛期のお話を伺っています。
生命の危険とも隣合わせで、奥様には自分がいつ死んでも動揺しないようにと言い聞かせておられたそうです。

おそらくその先生も、笑って他人に↑の体験談を話せるようになるまで何十年とかかっているかと思うと、神妙な気持ちにさせられます。

micoさんの日記とは、トーンが異なる文体になってしまい恐縮です。私も日常的に気にかけている話題だったので、コメントさせてもらいました。


mico
yasukun55さん,へえ・・・・そういうお話が聞けるっていいですね!
現場におられた方は,本当に命がけだったんですよね。
本気で主張を闘わせていた人々(学校側,学生側とも),
単なる流行に乗るような形で参加した人々,
いろいろなタイプがいたのだろうと想像しています。
そこに形成された,集団心理,群集心理のようなものにも,
とっても興味があります。

コメントを閉じる▲
今日は,息子のピアノの発表会だったよ~!
次の句は大方のみなさんのご想像のとおりなので,
今年はもう書きませんが・・・(^^;

ただね,今年が最後かもしれない。
去年もそうだったけど,学校の合唱コンクールの伴奏と
時期が重なるため,練習が中途半端になっちゃうのね。
で,来年は中学3年生で,合唱コンもメインになるし,
「来年は発表会出るのやめる」って・・・。

その次は,もう高校生だしね,さすがにねえ・・・。

それにね,息子は最近,ギターに,はまり始めた。
やっぱ,次はそう来たか,と思いつつ,温かく?見守る私。

内心,ギターならギターで,弾いて(唄って)ほしい曲が
あれこれ思い浮かび,要するに,期待してるわけよ

数年先には,バンドとかやってたりするのかもな~。楽しみ♪



追記を閉じる▲

【2008/12/14 23:18】 | 息子
トラックバック(0) |

質問です。
KAT
またいきなりの質問ですいません。
今2年です。
夏にやってるサマクラってあるとおもうんですが、あれに応募して通ってる方々って、成績みなさんどれくらいとってるもをなんですか?

もし差し支えなかったら教えてください。お願いしますm(_ _)m


mico
KATさん,サマクラの件ですが,ごめんなさい。
私は興味がなかったため,よく知りません。
渉外など大きなところへの就職を目指す場合は,当然,
成績はいいにこしたことはないですよね。
3期の先輩で,大きなところに合格発表前(夏)に内定をもらっていたような方は,
学内の成績もかなり上位です。GPAで出す順位目安で見たら,10位以内とか。
そういう観点から,サマクラを就職に結びつけるということでしたら,
成績は良ければよいほどいい,という感じかもしれません。
参考にならない話ですみません・・・。

コメントを閉じる▲
昨日は,朝からコポガバの予習として答案(のつづき)を書いて,
コポガバ(コーポレートガバナンスと法,という授業)→Kゼミと
みっちり?勉強した後,女子飲みだったんだ~♪

女子飲みは,けっこう久しぶりだったかな?
飲み会好きな私としては,どういう飲み会だろうと楽しいけど,
女子飲みというのはまた,あんな話やこんな話もしたりして(笑)
格別の楽しさがあるんだよね~。

ま,今の環境だと別に,男子(年は関係ないということで)が
いるから話せない,ということはないに等しいけど(苦笑)。



【2008/12/13 23:20】 | 雑談
トラックバック(0) |


クズキリ
うん,『女子』飲みだよね(笑)!
いやー,楽しかったわ,あっという間だった!
お料理も美味しかったしね,また行きたいな。


mico
くずきりちゃん,そうよ。「女子」<言い切ることが大切(^^;
けどほんと,すぐに時間がたっちゃうよね。
ブタバラには,本当に驚いたわ。
あの食べ方は,本場では普通なのかな~。
サービスも超よかったよね!また行こうね!



mame
それって、サムギョプサルですか?
と、食べモノの話には、首を突っ込む私。

私が先日「女子」飲みに行った店の「豚足」も、
すごかったよ。
デミグラス風のきれいなスペイン料理になって出てきて、
コラーゲンでプルプルって旨かった(笑)!

飲みも食べもお喋りも…ってとこが、楽しいよね。


mico
mameち,そういう名前なのかな?
日本人がわかるようにという配慮なのか
ネーミングは「豚バラ」(ネーミングされてないな)だったけど,
なんか,斜めプレートの石焼みたいにして,
上のほうに豚バラ肉,下方にキムチを置いて,
間ににんにくさまが!!サンチュに巻いて,もう,美味なこと。
「豚足」か~。実は食べたことがない。
コラーゲンたっぷりはわかるんだけど,あの見た目に・・・。



mame
食べモノ話にいつまでも食いつくmameちです。

そうそう、そういう名前のはずだよ。
夏の辰巳のあと、○組は隣町の大久保(コリアンタウン)に行って打上げしたんだ~。

荒木町の豚足は、骨から剥がしてくるくるっと型にまとめてあって、
洒落た料理に変身してました。
荒木町、結構いいお店あるんだね。
学校ばっかだから、全然知らないだけで!


mico
mameち,ありがとう!!
そっか~。サムギョプサルっていうのか。うん。覚えておこう。
へえ。豚足,骨からはがしてくるくる,ね~。
「デミグラス風」がいまいちイメージできなかったんだけど(笑),
そういうことなら,ちょっとイメージわいてきたわ。
残り数ヶ月(事実上,1ヶ月半くらいか!)と思うと,
あちこち行っておきたいって気持ちになるね。

コメントを閉じる▲
何度か書いているけど,これは,自分の好きな分野で,
2万字程度のリサーチペーパー(≠論文,だと思う・・・)を
書く,というもの。提出すれば,4単位が認定される(はず)。

私は刑事系で3年前期からぼちぼちやってたわけだけど,
今日ようやく形にして,下書き程度のものを出したよ。

書いていくうち,調べるうち,気になることがどんどん出てきたり,
興味があちこちに広がったりして,収拾がつかなくなりそうになったり・・・。

いわゆる「学者」先生たちもまた,すごいよなあ,って改めて思った。
日常的に,こういうことをしているわけだし。

それにしても,インターネットって便利だよね~。

大学の卒論を書いたときのことを思い出したら,まさに隔世の感。
演劇科だからね,テーマは近松門左衛門「堀川波鼓」っていう姦通物。
(近松といえば,心中物のほうが有名だけど,あえて姦通物を選んだ)

前にも書いたかもしれないけど,
江戸時代の刑法(に相当するもの)をあちこちの図書館で探したりした。

今は,ネットでかなりのものを見つけることができるもんね。
ちょっと丁寧に探せば,読みたいなあと思った学術論文が,
pdfで出てきたりするから驚くわ(もちろん,何でもかんでもではないが)。
国会の議事録だったり,国連の資料だったりも,居ながらにして読めるし。
こんなの,昔だったら探すの大変だったろうな~,みたいな。

で,関係ないものもつい読みふけって,時間ばかりかかる(笑)


【2008/12/11 22:22】 | 法科大学院
トラックバック(0) |
私が中学生のときって,3年生のときに1回くらいしか,
三者面談なんかなかったけど(子どもの数も多かったしね)
今は,年に2回くらいはあるんだよね,しかも1年生のときから。

ありがたいと思うべきだろうけど,30分以上,待たされては・・・。

ウチより後の親子が2組も待っていたし,早く終わらせようと,
そればっかり考えちゃうというか。待っていたお母さんに,
「目標5分!」とか言って待合室(隣の教室)を出てきちゃったし(^^;

けど,先生も一生懸命だからこそ,長くもなるんだよね。うん。
息子は,学校生活においても,特に心配するようなこともないようで,
楽しそうに(年齢相応の悩みもそれなりにあるようだけど)過ごしてる。

ああ,そういえば母親だったわ,って実感した一日。


【2008/12/10 23:05】 | 息子
トラックバック(0) |
なぜか瑕疵担保ネタが続く日常(笑)。
(法律と関係なく,ここを見て下さってる方へ。
瑕疵担保責任の追及っていうのは,買った商品に,ちょっとフツウでは
気がつかない欠陥があったとき,売り主に金返せとか,
取り替えろとか言えるという,至極常識的な民法の規定です)

今日は,母の病院の付き添いやら,自分の歯医者やらで
何度も行ったり来たりがあり,夕飯一品手抜きしようということで,
スーパーでコロッケを買うことにした。
息子が好きな「かぼちゃコロッケ」。

時間が遅かったから,パックに入ってて,手書きのマジックで
「かぼちゃ」って書いてある。

さて,夕飯時。
他のおかずを用意し,あとはコロッケをチンでおしまい。
息子が「においからして,これはクリームコロッケだね?」
「ちがうよ~。かぼちゃだよ」<やや得意気。
「へえ!僕が好きなやつだ」

・・・・しかし。
箸でちぎったそれは,かぼちゃでもなければクリームでもなく,
なぜか,まぎれもなく,カレーコロッケだった・・・・。

はあっ!?
「かぼちゃ」って書いてあるじゃん!!
確かに中身の色は,似ているが・・・絶対これはカレー味だし。

ま,いいか。

これぞまさに,不特定物であるかぼちゃコロッケにつき,
「瑕疵を履行として認容し」た瞬間だと思ったわ。
(さすがに80円のコロッケで,瑕疵担保責任を追及しようとも
思わないけどね)


追記を閉じる▲

【2008/12/09 21:58】 | 雑談
トラックバック(0) |


tomoyacchi
それ、ほんとにかぼちゃかもよ。
逆に、カレーコロッケが好きなんですけど、スーパーで安いの買ってきた時、これってかぼちゃコロッケじゃないのって思いながら食べたことあります。
まあ、8時過ぎのスーパーの半額のお総菜には助かってますv-218


mico
tomoyacchi,まじ?
言われてみれば・・・・っていうか今となっては既に,
「何言ってるんですか。あれはかぼちゃですよ」と言われたら,
そ,そうだったかも?という程度の記憶だけど(^^;
夜のスーパーは,タイミング次第ではすごくお得感があるよね!


コメントを閉じる▲
主に息子が使っている電子ピアノが故障してたの。
鍵盤の一部が,押したまま戻らないという症状。

で,購入した楽器店に電話し,修理に来てもらった。

ぱかっとフタ?を開けて点検・修理する様子を,
私と息子とで興味津々で眺める。

戻らなくなっていた鍵盤は,見えない部分が割れてしまっていた。
なるほど,そうだったのか~,やっぱり男の子は力も強いしなあ,
などと思ったのだけれど・・・・まだ購入してから7年程度。

「鍵盤自体は,まだ使える状態です。が,実は・・・」
と,修理の方が言う。

なんでも,ちょうどこの製品が作られた時期,
鍵盤の型を変更する時期に重なっていて,
元々,この鍵盤は強度が弱いらしい・・・・・。

既に同じような故障がいくつも寄せられていて,
「危険性はないのでリコールはしないのですが」とのこと。

へえ・・・・隠れた瑕疵とはまさにこのことだな。

で,結局,無料で鍵盤全部を新しいものに替えてくれた。
さすがは大手メーカー,ヘンなことはしないのね,と思った(笑)


追記を閉じる▲

【2008/12/07 22:40】 | 雑談
トラックバック(0) |
候補者に最高裁から封書が届き,
開封もせずに返送する人もいるらしいね。
自分には人を裁く資格などない,という方もおられるとか。

でも,始まっちゃうんだよね。
少なくとも,今更,批判ないしとまどいの声が大きいから,
先送りしましょう,ということにはならないんだよね。

私は今,法科大学院の学生で,興味ある分野だから,
日常生活の中でもその情報には敏感に反応していた。

けど,そうじゃなかったら,例えば,法律の勉強なんかすることは,
一生ありえないと思っていた頃の自分を思い起こすと,
来年,裁判員になるかもしれませんのでよろしく,って通知が来たら,
「は?何それ??」って思ったと思う。

ただ,望んだ覚えはないのに国会で勝手に決まってた,
なんで仕事休んでまで?とか割に合わないじゃないか,というのは・・・。
一応,その国会議員を選んだのは私たち国民なんだし。

とはいえ,(さっきNHKでやってた視聴者参加型番組を見た感じでは)
いちばん問題になるのは,
案外,憲法18条(苦役からの自由)との関係だったりして。

【2008/12/06 23:53】 | 雑談
トラックバック(0) |


ハゲタカ
NHKのその番組,私も見ました。
しかも,最初から最後まで。
なかなか,面白かったですね~
意外だったのは,皆さんが,「忙しいから」とか「面倒くさいから」とかの理由でやりたくないと考えているわけでもないんだなあ~ということですね。まあ,NHKの人選や,あの場ではそんなこと言えないということもあるのかもしれませんが…
ただ,一番最後のほうで,
「裁判員制度が始まることについて,国が周知不足だったから私たちは直前まで知らなかった。問題もたくさんあるようだし,もっと議論を尽くしてから始めるべきだ」
「そうだ!そうだ!」(拍手)
…みたいなやり取りは,如何なものかと感じましたね。
延期してみたところで,どうせ議論はすぐ下火になり,また施行直前になってから「聞いてなかった!!」とかってなるのではないのかと。
まあでも,桂文珍も言ってましたが,とても意欲的な番組で,「さすがNHK」と感じさせられました。


mico
ハゲタカさん,コメントありがとうございます。
あの席にいた方は,そもそも裁判員制度に関心を持っていた方なのだとは思いますが,
それでも「ぜひやりたい」とおっしゃる方がいらっしゃったのは意外な感じもしました。
それから,私がちょっとイヤな気持ちになったのは,
「裁判員制度の導入で刑事裁判は良くなると思うか」という質問に対して,
ある出席者の方が「はい」の札を上げたのですが,その理由を
「今よりひどくなることはありえない」とおっしゃって,
それに対して会場の反応も苦笑い,みたいだったところです。
この方や出席者のみなさんは,そこまで現状を熟知しておられるのかな,と思いましたし,
こういうふうに,雰囲気で何か方向性が作られることに一抹の不安を覚えたからです。
その意味で,延期したところで同じことの繰り返しになるというハゲタカさんのご指摘は,
その通りだろうなあ,と思いました。



コメントを閉じる▲
今日の授業は
コポガバ(コーポレートガバナンスと法)と
民事系のテーマ演習(Kゼミ)。

今日は,どちらも会社法の事例を検討する内容だった。
で,予習として答案の形の文書を作成して臨んだわけだけど。

うーーん・・・けっこう外してる<私の答案ちゃん。
いちいち凹んでらんないけど,ちょっと凹むわ。

いつでも必ず安定してそこそこの答案を書く,ってことは,
本当に難しいなあって思う。
普段の勉強でさえ,そうなんだから,本試験では尚更だよね。

よくできた答案である必要はないんだと思う。
大きく外さない答案をそろえれば,上位で合格できる(らしい)し。

がんばろう。

【2008/12/05 22:52】 | 法科大学院
トラックバック(0) |


yasukun55
こんばんは!
どんな答案が「安定した答案」かという哲学も、人それぞれですよね。

最近、伊藤塾講師のカウンセリングを受けてきました。「あ」の先生スタイルで書いた、憲法10点(100点満点・苦笑)の答練答案を持参して。
⇒『【大先生「あ」教授】(伊藤塾講師談)のスタイルに添削者(若手弁護士)がついていけてないだけで、本番では「あ」の先生スタイルで書くことを薦める』という趣旨の(お詫び入りの)アドバイスをもらって来ました。ようやく迷いが払拭できた感じです。

これからもmicoさんと修習同期になれるように努力します。今後ともどうぞ宜しくお願いします。


mico
yasukun55さん,よかったですね!
「あ」の先生のスタイルで大丈夫という話は,私にとっても
朗報です。ありがとうございます。
やはり予備校の採点には限界があるということですね。
本試験では,ヘンに萎縮せず,勝負できるところでは勝負したいですね。
その見極めは難しいですが・・・・。


コメントを閉じる▲
12月9日の消印有効。
周囲はもう出した人が多いみたい。

遅めに出すと,近所(座席の)が空いているかもしれない,と
聞いたので,遅めを見計らったのだけど,そろそろ出そう。

旧司のときは,会場で知っている人に会ったことは
ほとんどなかったけど(そもそも顔を知っている受験生自体,
数えるほどしかいなかったし^^;),今回はきっと,知っている人が
同じ会場にたくさんいて,会ったりもするんだろうな(東京会場だし)。

卒業してからちょっと経っていて,
久しぶりに顔を見た,みたいな感じなのかな。

そんなふうに(既に卒業しているのか,みたいに)考えると,
けっこう未来のことのようなイメージだけど,実はもうすぐなんだよね。
頑張らないと。


【2008/12/04 22:39】 | 司法試験
トラックバック(0) |


tomoyacchi
半年なんてあっという間だぞ~。

けど、あと半年頑張れば法律家になれるぞ~。


mico
tomoyacchi,どうもありがとう。
うん。スタートラインまで,あと一息なんだよね。
頑張るわ。

コメントを閉じる▲
「みぃにクイズね」
ということで,息子からいくつか出題されたもののうちの1つ。

ある国に,あらゆる悪事を働く大怪盗がいました。
彼は法に触れることなら何でもやるという,生来のワルです。
とにかくズル賢く,今まで1度も捕まったことがありません。
でも,そんな彼にも,1つだけ,
どうしても犯すことのできない犯罪がありました。それは?



正解は,脱獄(逃走罪)。
捕まったことがないから,できないってわけ。

簡単すぎちゃった?
私はついつい,その彼はどういう家族構成だったのかとか,
具体的に今までの犯罪歴はどういうものなのかとか,考えちゃった(笑)
息子が「1度も捕まったことがないんだよ」と強調したからわかったけどさ。



追記を閉じる▲

【2008/12/03 22:39】 | 息子
トラックバック(0) |
学校を辞めます―51歳・ある教員の選択学校を辞めます―51歳・ある教員の選択
(2008/08)
湯本 雅典

商品詳細を見る


昨日書いた,ミニシアターで見たというのは,
この本を書いた元小学校教員,湯本雅典氏の制作によるもの。
ブログがこちら

この先生は,都内のある区に赴任し,そこで全国に先駆けて
行われていた(NHKなどでも紹介されたことがある)英語教育について,
一教員の立場から客観的な意見を新聞に投書した。
掲載されたその内容は,批判的なものでも何でもないと私は思うけど,
突然,校長から異動を命じられるという処分を受けた。

幸い,それは撤回されたのだけれど,その少し後に,
結局,教壇を去ることになったの。
そのいきさつなどが書かれているのが,この本。

実はこの先生,息子の担任だった。
息子が通っていた小学校に赴任し,息子のクラスを担任したその年,
一連の事件が起きたってわけ。
ちなみにこの先生は,例えば「君が代」斉唱に異議を唱えたりとか,
そういうことは全くない,(ご本人もおっしゃっていたけど)
「フツウの教員」だった。でも,そういう目に遭った。

息子の通っていた小学校が「人権尊重教育推進校」であったことは,
過去に書いたことがあると思うけど,まさにその小学校で,
教員に対する典型的な憲法問題が起きていたことに,驚いたよ。

私の勝手な思いだけど,
この先生は本当に子どもたちと関わることが好きなのだと思う。
今現在も,「じゃがいも塾」という形で,子どもたちとつながっている。

【2008/12/01 23:50】 | 雑談
トラックバック(0) |


たぬきねこ
先生らしい先生が,学校を辞めちゃうのは悲しいですよね。灰谷健次郎もそうだったみたい。子供のことを考えて行動すると異端児になって,肩身が狭くなったと言っていました。一度,本にサインを貰ったことがあって,間近で見たら,芯の通ったオーラが出ていました。


mico
たぬきねこさん,
へえ~,灰谷健次郎もそうなんだね。
結局,どこの業界も(つまりは日本という国自体が)
そうなのかもしれないけど,当該業界において,
本来歓迎されるべき素養を備えた人が,むしろ排除されるような・・・。
でも,どこの世界にも,筋の通った人はいて,
そういうふうに生きていきたいと思うよね。

コメントを閉じる▲