茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去年の今頃,どうしてたっけ?と思って,思い出したんだけど。

辰巳で8月上旬からやる,本試験体感講座(リンク先のパンフp170参照)ね。
3年生は,ぜひ受けることをおススメする。
あ,2年生でも受ける価値はあると思うけど。
過去問の検討は,絶対にしなくてはいけないことだしね。

別にこの講座を利用しなくてもいいけど,
本試験と同日程で,今年の問題をやってみるというのは,
すごくいい経験になると思うよ。

ああ,こんなに疲れるもんか~ってわかるだけでも。
もっとも,本当の本試験は,そんなもんじゃないくらい,しんどかったけどね(苦笑)

スポンサーサイト
最近の生活の大きな部分を占めるバイト先で,
このブログのことが明らかになり,さらに私が
一体何歳なのか,ちょっとした噂?になったらしいので,
あえて書いてみた(笑)

この前,42歳になりました。

改めて書いてみると,いわゆる「中年」だよね,40代って。
私自身,20代の頃は,40代といえば「おばさん」だと思ってた。
漠然とね(40代の親しい人とかもいなかったし)。

確かに,きっと,「おばさん」なんだろうと思うよ。色んな意味で。

でも,私は,42歳の私に誇りを持って生きている。
決して人に自慢できるような生き方をしてきたわけじゃない。
傷つけてしまった人もいる。大きく傷ついたこともある。

それでも今,私は,すごく幸せだと思って生きているんだ。
今,本当に幸せだと思えるのだけど,それも今までの色んなことがあってこそ。

だから,若い人たちに囲まれる環境にあっても,年を隠そうとか思わないよ。
ローでもそうだったけど。

・・・ってわけで,バイト先のみなさん,私の年を知っても仲良くしてね(笑)
ローは今,期末試験時期だよね。
多くのロー生は,
夏休みに何とか自分の勉強(新司に向けての受験勉強)を!
と思っていることと思う。私もそう思っていたし。

まだ,受かってもいない立場なので,偉そうなことは言えないし,
あくまで,私がしていた(と記憶している)ことを書いてみます。

前期修習がない分のフォローとして行われている講座ね。
今日は午前中,検察起案の講座で,午後は,
民事系(今日は主に,最終弁論の起案と事実認定について)の講座。

8月上旬で,全部終わる。
週に(全科目合わせても)最大8時間程度の講義だったけど,
初めてのことが多いから,きちんと完璧にこなすのは,すごく大変。

・・・もちろん,私にそんな力があろうはずもなく,
最低限(以下?)の準備をして,講義に出るのが精一杯。

それでも,ロー在学時から,受験後にこの時期の講座にちゃんと出ることは
目標の1つにしていたから,絶対に,全部,出席するわ。

今日は息子の中学校の三者面談だったよ。
主に先生と息子が話して,私は傍聴人って感じだった(笑)
しっかりしてきたわ。そりゃそうか。15歳だもんな・・・。

担任の先生は,去年と同じ先生だから,
息子の個性もよくわかって下さってて,ありがたい。

中学3年の夏休みといえば,高校受験が気になる時期で,
多くの人には,それなりの思い出があったりするよね。
あ,勉強中心のね(^^;

自分の子どもが,そういう時を迎えてるのかと思うと,
ちょっとしんみりしちゃうわ。

今日は,バイト先で私が所属している班の,
リーダー的存在かつまとめ役かつお世話役(かついじられ役)の,
仮に「Zさん」のお誕生日だった。

心優しい班メンバーは,彼のためにケーキを用意していた。
(Zさんは,他の班のお世話もしており,
そちらのメンツからもプレゼント等,お祝いされてた。幸せ者ですね。)

が。
フツウにケーキでおめでとう!では,つまらないという話になったのでしょう。
(打ち合わせの最初のほうに私はいなかったので,詳しく把握していないけど)

いかにもZさんのお祝いのような思わせぶりをしつつ,
「明日誕生日の別の人」のお祝いだよ,という演出をすることになったらしかった。
それで(いじられキャラの)Zさんの反応を見ようと。

今日は,法職で刑事弁護の講義だったよ。

事前に事件記録教材を渡されてて,今日は
弁論要旨(弁護人が最終弁論で主張する内容を書く)の起案を
提出して,刑事弁護人として知っておくべきことの講義だった。

ローの「刑事訴訟実務の基礎」で教わった内容とも重なってる。
次回は「研修所起案の特質」などの講義。楽しみ。

ローに入ったときと同じように,このブログについては
隠そうとも思わないけど,自分からは話題にしない,
というつもりでいたのね。

合格までの期間限定(のはず)のバイトだし,
誰にも気づかれずに終わることもありだな,とも思ったし。

思いの外,早くもバレてて,驚いた・・・。

ローに入った頃から見て下さっているという方がいたの。
(本当にありがとうございます。感激しました)

となると,まあ,いつものことだけど,にわかに恥ずかしくなるんだよね。
ここに書いてきた,あんなことや,こんなことも,知られちゃってるのね,みたいな。
もちろん,ここに書く時点で,これが私なんだから,これでいい,
って思えることしか,書いていないはずだから,いいんだけどね。

ローもそうだったけど,バイト先でも,幸いにして,人的環境に恵まれている。
学校のクラスとか,一緒に仕事をすることになる人とかって,自分で
選べるわけもなく,言ってみれば「運」じゃない?
ほんと,私は恵まれてるなって思う。

これからも,誰との関係でも,誠実に生きていきたいって思う。




こんなのがもう出ているのね。
ローの友人に教えてもらったんだけど。

平成21年11月期といえば,私たちのことだよね。
あ,司法試験に合格していれば,の話だけど。

9月10日から17日までの間に手続するらしい。
海外旅行など計画中の方は,要注意よ。
申込書は8月3日からもらえるようだし,早めに用意するといいかも?

ってやつを,昨日,久しぶりに受け取った。バイト先で。

今のバイトは,もちろん「仕事」だし,そこにはプロ意識が必要で,
みんな真剣に取り組んでいるのだけど,内容が内容だけに,
ロー生活の延長みたいな部分もあったりするの。

それでも,お給料がもらえることに,ちょっとした感動がある。
(それなりの社会人経験があるだけにね・・・)

それに,私の親は,いわゆるブルーカラーだったから,バイトとはいえ
こんなラクに(語弊があるとは思うけど,今日のところはそういうことで)
お金をもらえることに,「格差社会」を思ってみたりしたわ。

私は,明日○時に起きよう,と決めて寝ると,
目覚まし時計がなくても,ちゃんとその時間に起きられるんだ。
・・・って前にも書いたことがあると思うけど。

最近は,6時10分に起きることにしてるんだけど,
ここ2週間くらいかな,なぜか必ず,5時39分に目が覚めるんだよ(T_T)

体内時計が,5時40分に起きると認識してるんだと思う。
あと30分眠ってていいのに,5時39分に目が覚めたら,もう眠れないし。

忙しすぎて(と言ってもタカが知れてるけど)体内時計,狂ってるのかな。
ただでさえ,受験前より睡眠時間が短いのに,悪循環だわ(苦笑)

今日は一日バイトだったけど,帰ってから,
土曜日の民事系の講座で扱う事件記録教材を読んだの。

あ。これ知ってる。
そうだ。ローの「民事訴訟実務の基礎」の授業で起案したじゃん。
と思って,当時のレジュメやら自分の起案などを引っ張り出してみた。

改めて,中央ローの授業はすごいって思った。
「民事訴訟実務の基礎」の授業は,確かに司法試験との関係では,
直接的に「必須」ではないかもしれない。

けど,修習と,2回試験との関係では,必須だと思った。
当時何気なく受けていた授業のクオリティーの高さに,
今更ながら感動したわ。

レジュメ,とっておいてよかった(^^)

今日は,元研修所教官の先生による刑事事実認定の講座。
前に書いた,判決起案の講評の回だったよ。

証拠から事実を認定していく過程を,丁寧に解説して頂いて,
面白かったわ。

で,私は無罪判決を起案してたわけだけど・・・
起案を提出した70人中,無罪としたのは3人だけだった(笑)

そりゃあね,私も「絶対やってるよね,こいつ」って思ったよ。
でも,立証責任が被告人にあるかのような認定をしないと,
うまく説明できない部分が残ってるって思ったんだ。
(刑事裁判では,あくまで検察官が有罪の立証をしなければならない)

それで,
「疑わしきは被告人の利益に」っていう大原則に愚直に従った(^^;

元裁判官でもある先生はおっしゃっていた。
「100%真実を解明することは無理です。神様じゃないんだから。」
って。そりゃあそうなんだよね。

だからこそ,冤罪が絶えないのだろうし・・・。難しいね。



最近はあんまり話題になってないけど,
全国民に配るって言ってた,あれね。今日,来たよ。

おお。こういうものなのか。充実してるじゃん。

これまでの年金支払記録と(ま,私の場合は,かなりの期間が
支払免除だけどね,母子家庭ゆえ。),将来の受取予想額まで
計算されている。

ふうん・・・。
けど,これって,理解にかなり時間を要するような気がする。

年金問題に関心を抱いている人ならともかく,
日常の忙しさにかまけている多くの国民は,
封をあけても,「なんじゃ?」(数値が色々並んでて確認する気も失せる)
って思って,ま,間違いなかろう,で終わりなんじゃ・・・。

あ,そうか。ずっと一箇所で働いていたりすれば,確認も簡単か。
私は,成人してから色々社会的立場が変わってきたからな~。
え?そうだっけ。って思うとこが,なきにしもあらず(苦笑)。

しかし,確認の手段はわからなかったりする。
めんどくさいから,いいかって思ってしまう。

うーん・・・。私の場合はいいとしても,
よくないケースもたくさんあるような気がする。



昨日は午前中,本館で検察起案の講座があって,
午後は別館で民事系(民事裁判)の講座だったよ。
前期修習がなくなる分のフォローを,ここまでやっているローは,
たぶん中央くらいしかないだろうと思う。

昨日は入学希望者向けの説明会もあったようだけど,
中央は,このとおり,本当に修了後まで面倒を見てくれるよ。
受験前も,何度も先生方が励ましメッセージを下さったり,
別館で質問受けをして下さったりしたし。

クラスの仲間にも恵まれたし,
本当に私は,中央を選んで,修了してよかったと思ってる。

このブログには,アクセスカウンタをつけてるんだけどね。
いつつけたのかは,忘れた。たぶん,こっちに引っ越してからまもなく。

今日,ふと見てみたら,カウンタの数字が55万を超えていた。
かなりびっくりした・・・・。

ブログを書き始めたのは2005年3月だから,もう4年半近くか。

カウンタの数字は,自分がアクセスしたときのとか,偶然のアクセスとか,
バイトでエロコメつける人のアクセスとかも含まれてるし,
そこから何かを計れるとは思っていないけど,もう長いこと,
善意で見て下さっている方もいるのは事実なので,本当にありがたいと思う。

ローを卒業して,新司法試験を受けて,身辺はまた激変?した。
発表まで,またそれ以降についても,不確定要素は色々あるけど,
ちゃんと足下を見て,しっかり生きていきたいと思う。

昨日は息子の15歳のお誕生日だったよ。

この子が生まれたとき(というか妊娠中)から,今日まで,
この子の生活の最低限の平穏だけは,命をかけて守ろうと思って生きてきた。

実際,命をかけて守ってきたつもり。
・・・にしてはよく飲み会に出たりしてたよね,とか突っ込まれそうだが

15歳というのは,1つの区切りだと思う。義務教育が終わる年齢だし。
母親としての責任,どうにか,また1つ果たせたかな,みたいな。

まあ,まだまだ,高校入試すら終わっていないし,
心配事をあげたらキリがないけどね。

でも,「生んでくれてありがとう」って言ってくれる,
優しい人に育ったよ。

私は,この子の母親になることができたことは,本当によかったと思ってる。

サラダのドレッシングね。
あれを,頭からかぶりました。さきほど

市販のドレッシングのフタって2種類あるじゃない。
大きなフタ以外に,中にもフタがあるやつと,ないやつ。

今,家には,2種類のドレッシングが常備されてて,
1つは中にフタがあり,もう1つはない。

今日は,中にフタがついてるほうを使おう。

パカッと外のフタを外し,思いっきりシェイク♪

・・・そう。
中のフタがないやつの,外フタを外してシェイクしてた。

一瞬何が起きたか全くわからず。
4つくらいの考え事を同時にしてたから(笑)
よく確かめなかったのよ。ありえん・・・。

第2回目。

一応,起案して出席するものの(提出義務はない),
自分のレベルの低さに,呆然とするわ。

大枠がわかっていても,それを表現できるかどうかはまた,
別問題なんだよね。個別の事情は色々違うわけだし。

ま,考えていることをうまく表現できるかどうかという問題は,
どういう局面でも,常につきまとうことなのかもしれないけど。

ロー入試のステメンでもそうだし,司法試験の答案でもそうだし,
それこそ,ラブレター(死語?)でさえ(笑)

思いの外,バイト先で任されている仕事にやりがいを感じる(苦笑)。
だって,これはやらないとヤバイ(多くの人に迷惑がかかる)だろう,
ってしみじみ思うんだもん。

たぶん,
司法試験予備校でバイトしている人の多くはそうじゃないだろうか。
生真面目な人が多いような気がするし・・・。

それに,受験生の気持ちが,イヤというほどわかっているだけに,
「いい加減なことはできない」って思うんだよね。
バイト仲間からも,ミーティングの最中に
「いい加減なことはできないし」って言葉をよく聞くので感動する。

予備校の教材なんかアテにならないって,それはそうだと思ってきたけど,
受験生の立場だけから見ていたときよりは,信頼していいかもって思えてきた。
だって,少なくとも,今私の周囲でともに作業している面々は,
なんでここまで頑張るかな~ってくらい,(ときに愚痴りつつも)頑張っているから。

今日は,法職で行われている講座に出席したよ。
元司法研修所教官(昨年の3月まで教官だった先生)による講義。

2回試験に落ちることも,珍しいことではなくなったんだよ,
という何度も聞かされている話を再確認し(苦笑),
前期修習がない私たちは,今こそ勉強しておかなければ!!
と,改めて思った。

・・・いやしかし,それ以前に,修習生になれるのだろうか。

まあそれは,今考えても意味のないことだから,
今は,今できることを,しっかり頑張っておこう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。