FC2ブログ

弁護士小室光子の記録です

大学3年生のとき私は,「フツウ」になろうと思って,普通の就職活動をした。
(末期とはいえバブル期であり,そんな甘い考えでも,複数の内定をもらえた。)

たぶん,ブログに書いたことがあるとは思うけど,当時身近だった人に
「何がしたいかではなくて,何ができるか」から考えるべきだと言われたことがある。
夢や希望ではなくて,現実を見るべき,という意味だったろうと思う。

それに対して私は,
「何ができるかではなくて,何がしたいかが大事だ」と反論した。
その思いは,ずっと持っていたし,今も変わらず,持っている。

ずいぶん時間はかかったし,当時の「したいこと」とは全く違うけれど,今,
したいことと,できることが,ようやく一致したんだなって思う。

厳密には,まだ,したいことを「してもよい」という状況になっただけで,
「できる」と言えるレベルではない。あたりまえだけど。
これからも地道に努力して,したいと思ってきたことを,できるように頑張ろう。

2009.10.12 / Top↑