茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
私は東京メトロ千代田線ユーザーなんだけどね。
千代田線だと,東京の検察修習が行われている東京地検までは,
霞ヶ関駅からでも日比谷駅からでも,ほぼ同じなの。
時間的にも,物理的距離としても。

なので,1駅手前の日比谷駅で降りることにしてみた。
日比谷駅で降りて,日比谷公園を横断し,道路1本渡れば着く。



なんか,いいかも。

同じ数分歩くのでも,大通りを車道に沿って歩くのと,
公園の中を歩くのとでは,かなり気分が違うよね。

忙しい毎日でも,こういう一瞬を楽しむ余裕を忘れないでいたい。

今日から検察修習。
東京地検の司法修習生室に,80人弱が集まる形。

これはこれで,楽しそうではないか!

今日は,開始式のあと,午前中と午後の頭まで講義。
午後は夕方まで起案(初日から起案だなんて知らなかったし…),
その後はまた懇親会(飲み会)だった。

明日は午前中は講義で,午後は起案。
今日いきなり,今後の予定とか,
こうしてください,これしちゃだめです,っていう指示が
一気に伝えられて,若干,頭ぐちゃぐちゃな感じ(^^;

っていうか,昨日が弁護修習最終日だったわけだから,
(飲み過ぎて?)わけわかんなくなってるっぽい修習生も多かったかも?

気合い入れて頑張らなくちゃ!!
今日で弁護修習が終わった。

午後4時から,弁護士会館で「弁護士のあり方」という
合同講義があって,そのあと終了式,懇親会という段取り。
私は,たまたまお世話になった先生が担当された刑事事件の判決が
直前に東京地裁であったから,それにお供して,そのまま行ったんだ。

弁護修習も,あっというまに過ぎて,気がつけばもう,
実務修習は半分終わってしまったことになる…。

けどほんと,毎日色んなことを学ばせて頂いて,充実していたと思う。
素敵な出会いもたくさんあったし。
今日も懇親会で,別の修習生の修習先の先生とご縁ができた。
一つ一つのご縁を,大切にしていきたい。

明日からは検察修習。気持ちを切り替えて,また頑張ろう!

最近,小説を読んでないなと思って,
そのへん(自宅の)に放置されていたものの中からこれを読んでみた。

そのときは彼によろしく (小学館文庫)そのときは彼によろしく (小学館文庫)
(2007/04/06)
市川 拓司

商品詳細を見る


息子が買って,「ちょっと読んだけど面白くない」とのことだったけど(^^;

いやあ,けっこう面白かったよ。
この作家の作品には,へんてこりんな病気の人がよく出てくるらしく,
この作品でもその点については,ちょっと「は?」って思った。
(たぶん,へんてこりんな病気は作品のテーマとしてはどうでもよく,
別にそこに力点があるわけではないので,まあ,目をつぶろうってところ。)

なんていうか,ひたすら「愛すること」「愛し続けること」が描かれていて,
そこにちょっとした心地よさを感じたよ。
ちょっと前に参加した(ブログにも書いたけど),
法テラスのスタッフ弁護士研修デモンストレーションで,
思いがけず再会した人をきっかけに,恩人といえる方と再会した。
(本当に感謝しています。ありがとうございました。)

ブログを始めていなかったら,その方と出会うことはなかったし,
その方と出会わなければ,たぶん私はローに行っていないし,
ローに行っていなければ,司法試験にも合格していないと思う。

この仕事に限らないだろうけど,人とのつながりって大切だね。
今回再会できたのは,法テラスの企画に参加したからだし,
そういう機会を活かす努力は必要だなって改めて思った。

実はたぶん私は,そういうのが得意なほうではない。
自分から積極的に人と関わろうとはしないというか,
どちらかといえば,殻に閉じこもるタイプというか。
一人でいたり,一人で行動するのとか,全然平気だし。

もちろん,一人で生きていけるなどとは思っていない。
いつも,周囲の色んな人たちに助けられ,支えられて,
どうにか生きてこられたんだから。

これからも,自分という「個」を意識しながらも,
自分に関わってくださる色んな人たちに感謝し,
生かされている自分というものを意識しつつ,誠実に生きていこう。

弁護修習がいよいよ月曜日で終わる。
ということで,修習先の事務所で激励会というのをしていただいた。

新修習の場合,実務修習が終わった後に,和光での集合修習と,
選択型修習というのがそれぞれ2か月ずつあって,
選択型修習のときには,弁護修習先が「ホームグラウンド」になるの。
つまり,再び弁護修習先に戻って,そこから各自が選んだ選択修習に行くという形。
だから,秋にはまた,今の事務所でお世話になるんだけどね。

なんか,最近の私は本当に,人との出会いに恵まれていると改めて思った。
いつからだろう…って考えると,このブログを始めた頃からなんだよね。
それ以前は,ものすごーーく孤独だったから。
(いや,そうでもないかな。ママ友達とか,マンション関係とかあったし,
高校や大学のときの友人との付き合いだってあったもんね^^;)

即独するという無鉄砲な私のことを,弁護士の先生方も事務員のみなさんも,
色々な言葉で励ましてくださった。本当にありがたいと思った。
「努力する人には協力を惜しまない」というボスのお言葉をはじめ,
心強いお言葉をたくさん頂いた。

日弁連主催の
「死刑制度と弁護士会の役割~パリ弁護士会の活動から何を学ぶか」
というシンポジウムに参加してきたよ。

死刑制度については,ローに入る前から雑学的な本を色々読んだり,
ローの授業でも(直接それを扱う授業こそなかったけど)話題になったり,
何人かの実務家の先生に直接お話を伺ったりして,今までもそれなりに考えてきた。
今日は修習先で,商標権侵害に基づく差止め請求権を保全するための
仮処分命令申立事件の審尋(債務者側)に同席させてもらったよ。
事案は要するに,商標登録されているブランド名の入った商品を,
許可なく販売してるってことで,やめてくれという請求を受けたってこと。

こういう事件は,きわめてビジネスライクに話が進んでいくものだね。
弁護士の仕事として,こういうジャンルに取り組みたいと考えたことはないから,
具体的にイメージしたことがなかったんだよね。

けど,著作権関係のリーガルチェックをやらせて頂いたときにも思ったけど,
これはこれで,別の面白さがあるってことに気がついた。
商標法なんて初めて見て,興味深かったし。

弁護士になってからこういう事件に関わる機会があるかはわからないけど,
どんな知識・経験も,いつどこで,どんな形で役に立つかわからないからね。
いい経験をさせて頂いたと思う。
今日は,修習先の先生が,
いわゆる当番弁護士制度の当番として待機する日だったの。
で,私はその先生のところに連絡が入ったら連絡をもらうということで自宅待機。

連絡が入ったら,当番弁護士を頼んだ被疑者のところへ接見に行くわけ。
当番弁護士制度というのができたことは知っていたけど,
具体的に,こんな風に運用されているものだとは修習生になるまで知らなかった。
被疑者の立場に立ったら,すごくいい制度だと思う。

今日は結局,連絡はなかったので,出動しなかったけど,
弁護士になったら,こういう仕事も積極的にやっていきたい。

最近特に,野菜が好き(年とったとか言わないでね)。
サラダもいいけど,温野菜にすると,かさが減ってたくさん食べられるんだよね。

そんなことを日頃から思っていたら,そのまんま「温野菜」っていう店があった。
(もちろん,この店とは何の関係もないです)
しゃぶしゃぶの店みたいだけど,野菜の食べ放題もできて,
23種類(だったかな)の野菜を温野菜にして好きなだけ食べられるのが魅力。

家でも野菜をたくさん使ったスープを作ったり,鍋にしたりするけど,
これだけいろんな種類の野菜を一度に食べることは難しいから,気に入ってる。
今日は,息子の新しい教科書を買いに行ったよ。
あまり馴染みのなかった町が,少しずつ馴染みのある町になってきた。

今年は息子も私も,新しい環境へと暮らし自体が変わってきているわけで,
考えてみると,ちゃんと考えないといけないこともたくさんあるんだよね。
環境が変わるときって,変化についていくのに精一杯になってしまって,
立ち止まって考えるということができにくい。

まあ,考えたからって,何か結論が変わるというわけでもないことが多いけど。
心配事は杞憂で終わることのほうが多いしね。
けど,無計画にただ流されて過ごしてしまわないように,息子とも
色んな事を話し合っていきたい。

往復の電車で色んな話をしながら,そんなことを思ってた。

おかげさまで今日,息子は無事に中学校を卒業したよ。
「仰げば尊し」のピアノ伴奏もうまくいって,女の子泣かしてた(笑)

この子がお腹にいるときから,離婚の種は芽生えてしまっていて,
1歳4カ月のときに離婚したわけで,こういう区切りの日にはいつも思う。
こんないい子に育ってくれてありがとう,生まれてきてくれてありがとう,って。
(区切りのたびに同じこと書いてるかも…何度も聞いたよって方,ごめんなさい)

義務教育は「親が子どもに教育を受けさせる義務」だから,
とりあえず最低限の義務を無事に果たすことができて,ほっとした。
来月からは高校生。また新たなスタートなんだよね。
私もまた,新たなスタートってことになるんだな。頑張らないと!

受験勉強をしているとき,補助参加とか,よくわかんないし,
やだな~って思ってた。
訴訟告知も,訴訟やってるよって知らせること。で?
っていうくらいしかイメージわかなかったし。

修習先で,訴訟告知を受けた人からの相談という事案があった。
この人はどうすればいいか,記録を熟読して考える。

・・・面白かった。

補助参加した場合としなかった場合のメリット・デメリットを
当該事案に即して(人間関係とか,お金の面とか色々含めて)考えた。
基本書を読むのすら,面白いと思った。

やっぱり,教科書と文字情報としての判例を読んで勉強するのと,
実際の必要に迫られて,生の事件から問題意識を持って勉強するのとでは,
全く面白さが違うんだよね。

そんなことがなくても,面白いと思って勉強できるのが一番いいのだろうけど。

再度,某地方裁判所の某支部に行ったよ。
今日は,前回行った時よりも多くの弁護士の姿があって,
(人数が少ないから当然かもしれないけど)
全員が知り合い,みたいな雰囲気に少しだけ触れることができた。

近い将来,この雰囲気の中で仕事ができるであろうことを,
すごく幸せなことだと思った。

まだまだ,乗り越えなければならない課題も多いけど,
今はとにかく,修習をしっかり頑張らなくてはね♪

実務修習中に,修習した内容を記録する日記みたいなものなんだけどね。
指導担当の先生方のチェックをもらって,最後に提出するの。

私はこうやってほぼ毎日ブログを書いてるくらいだから,
そういうのを書くのがけっこう好きだったりする(^^;

けど,あらかじめ仕切られた欄にあてはまらない内容も多くて,
「これってどこに書けばいいんだろう?」ってことがよくある。
逆に,仕切られたスペースがほとんど埋まらなかったり・・・。

でも後から見返したら,懐かしいだろうし,
なるべく詳細に記録しておこうと思う。

今日は修習で,刑事の法廷に同席した。
裁判官,検察官,弁護人,書記官まで全部女性だったの。

珍しいなあ~と思った。
全部男性の法廷は,全然珍しくないけどね。
ま,法曹人口自体,女性が少数派だから当然だけど。

今日は,進学する高校で,入学説明会があったよ。
子どもと保護者,それぞれ別々で,子どもたちは
入学前の学力テストもあったの。

保護者に対しては,事務手続き的なこととか,
いわゆる校則とかの説明のみ。
「生徒心得」の中に「男女交際」についての項があるのを見て,
ああ,高校生なんだなあって思ったわ。

入学する生徒たちが初めて顔を合わせたわけで, 
今日が事実上,高校生活のスタートだったってことだよね。
中学よりもっと忙しくなりそうだけど,
楽しく,充実した3年間を過ごしてほしいな。

去年の受験後に通っていたバイト先以外からも,
「原稿料」というのをもらっている。
ここから所得税を源泉徴収(10%)されているので,
それを取り戻すために確定申告することにしたよ。
ま,戻ってくるのは大した額じゃないけどね…

あと,父が亡くなったので,準確定申告というのをする。
相続人がそういうのをするということは
(以前,税理士事務所で働いていたから)知ってたけど,
具体的にやったことはなかったので,勉強になった。

勉強になったなんて言い方は,不謹慎に聞こえるかもしれないけど,
私が弁護士になることは,父の何よりの希望だったから,
父が亡くなった後の手続についても,1つでもたくさんのことを
勉強したいと思ってるんだ。弁護士になってから使える知識を。

四十九日も過ぎて,父はすっかり向こうの世界の人なんだろうけど,
私はまだ,どうしようもない喪失感に襲われることがあるよ。

今日は,生まれて初めて本物の訴状を提出したよ。
自分で起案した訴状(もちろん内容は弁護士の先生に
全部チェックしてもらったもの)を出すのって,
ちょっと緊張するね。

事務的なことも,事務員さんに教えてもらったの。
すごく丁寧に教えてもらえて,本当に感謝です。

これでどうにか,訴状を出すことはできる(はず)。
まあ,細かい地域差とかもあるそうだけど,
それはやりながら覚えていくしかないんだろうな。

一つ一つの事件,それにまつわる事務手続きも含めて,
丁寧に仕事をしていきたいと思う。

息子は今日,中学校の卒業遠足で
ディズニーランドに行ってるんだ。

そういえば昔,ディズニーランドでバイトしていたとき,
修学旅行や遠足の中高生がたくさん来る時期があったな。
男子中学生のグループ,今思うと,うるさかったなあ(^^;
息子もあんな感じで楽しんでいるのかな。

あれ?もう来週か,卒業式・・・。
卒業式では,「仰げば尊し」のピアノ伴奏をするんだよ♪

新司は,行政法と選択もあるから八法だけど,
それ以外の法律は,受かった後や実務に就いた後に
必要に応じて勉強するしかないんだよね。

今日は半日くらい,著作権法の勉強をしていた。一応,ローで
「スポーツ・エンタテイメントと法」という授業を取ったので,
全く見たことがないというわけではないにせよ・・・。

弁護士になったら,いつどんな法律の知識が必要になるかもわからないし,
勉強できる機会を大切に,勉強できるときにしておかなければと思う。

この言葉,というか,この季節が好き。

3日寒い日が続いて,その後4日暖かい日が続き,
また3日寒い日が続いて・・・と繰り返しているうちに,
やがてちゃんと,本当の春が来る。

3歩進んで2歩下がる,も似てるけど,それよりも
(私の感覚では)ニュアンス的にポジティブな感じが好き。

ありきたりなこと言わせてもらうけど(笑)人生もそうだよね。
寒い日ばかりは続かないし,寒い日が続いていると思える日々も,
そこで不平不満ばかり言ったりせず,誠実にきちんと生きていれば,
必ずまた,当たり前のように暖かい日がやってくる。

早く今年も,春になるといいね(^^)

今日は朝から夕方まで,弁護士会館でゼミナール,
その後は指導して下さった弁護士を囲んでの懇親会だったよ。

午前中は刑事で,午後は民事だったの。
事前に提出した課題や,即日起案の講評(あてられて答える形式)。
こういう機会があることに感謝しなければいけないなと思う。

弁護修習も,実質的にはもうあと10日くらいしかない。
日々,大切に頑張ろう。

今日は,息子が入学する高校の制服採寸に,
高校の最寄り駅にあるデパートに行ってきた。

中学に入るときにも思ったけど,
新しい制服を合わせているのを見ているときって,
ああ,成長したんだな~って実感するんだよね。

来月からは,この路線でこの駅まで,毎日通うんだな。
きっとまたいろんな体験をして,成長していくんだろうな。

過度に干渉せず,でもちゃんと見守っていきたいと思う。
私ももっと成長しなくちゃ。

私は東京で生まれ,東京で育ち,今も東京にいる。
生まれ育った町や,今住んでいる町のような,
下町の風情は大好きだけど,
いわゆる「東京」からイメージされるあれこれは苦手。

プラスのイメージも,マイナスのイメージも含めて。

どうしても無理だと思うのが,
朝夕のラッシュの電車と,歩き煙草。

かつて,新卒で入社したところは,
通勤ラッシュによるストレスに耐えかね(それだけじゃないけど)
9か月で退職した。

それを避けるために,離婚後に働いたときには,
片道1時間半ほどをかけて下り沿線の職場に通った。
保育園の保育時間がMAXで朝7時半~夕方6時だったから,
どう考えても,無理だったよ(笑)

母親としてとか女性としてとかの自分も放棄したくない。
と思った時,東京は,あまり居心地がよくないと私は思う。




私がブログを始めたのは,5年前の今日。

当たり前だけど,人間,5年も時間を経ると,
色んな事が変わるもんだね。

もちろん,根本的な生き方とか,価値観とか,
変わらないこともたくさんあるんだけど,
子どもの成長をはじめ,父も亡くなったりして,
目に見える大変化がたくさんある。

ちらりとだいぶ前に書いたのを見たら,
「合格してもブログは続ける」とあった。
とりあえず,嘘つきにならなくてよかった(^^;

この分だときっと,一生書いていくんだろうな。

これからも末長く,よろしくお願いします。

私の弁護修習先には,女性の弁護士が2人いるの。
今日は,そのお2人と私で女子ランチ♪させてもらった。
(・・・今更「女子」に引っかかったりしないでね^^;)

女性弁護士ならではの視点や経験も聞いたりして,
有意義かつ楽しいランチだったよ。
少し前には,女子事務員のみなさんとのランチもあったの。
そのときも色んなお話を聞くことができて,楽しかった。

私の弁護修習先は,本当に居心地がよくて,恵まれている。

居心地のよさって,どういうことだろうって考えると,
やっぱり「笑顔」な気がする。みんな,基本的にいつも笑顔なの。
笑顔はきっと,自分も周囲も幸せにするからね。

多くの人に支えられて生きていることに感謝して,
いつも笑顔を忘れないで,誠実に生きていきたい。

もう弁護修習も半分終わってしまった・・・。

今日の修習をざっと書くと,
朝一で国選を取りに行く手続にご一緒させて頂き,
午前中からお昼すぎまで,民事の依頼者の方との打ち合わせに同席,
遅めのお昼休みは息子の高校入学手続きのために自宅最寄駅に戻り,
(って,これは修習じゃないな^^;)
その後は2種類ほどの文書の起案をして,
刑事事件の被告人質問の尋問事項を考えていた。

それでも午後6時くらいには修習先の事務所を出て,
買い物をして帰り,夕飯の支度をして息子とおしゃべりしながら食べ,
その間,洗濯機を回して,夕飯の後片付けをして,洗濯物を干す。

な~んて,ちょっと忙しぶってみた。
けど,充実した修習をさせて頂いて,すごくありがたいと思う。
受験生だったときより,2時間くらい睡眠時間が短くなったのは
気になるけど・・・あ,受験生のときに寝すぎてただけかも(苦笑)

今日は都立高校の合格発表。
お陰さまで無事に息子は合格していました。
ご心配・応援頂いたみなさん,ありがとうございます。