茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
弁護士は,弁護士会に会員登録しないと仕事ができない。
つまり,弁護士として仕事をしている以上,
必ず日本全国のどこかの弁護士会に所属している。

私は,茨城県弁護士会の,土浦支部に所属している。
今年の秋に,土浦支部が主催するイベントがあって,
今日はその準備会が土浦で開催されたのね。

首都圏の弁護士会支部から弁護士がたくさん集まった。
ある先生から,「土浦は雰囲気のいい支部ですね。」
と言って頂いて,すごく嬉しかった。

私なんかまだまだ新参者だけど,元々私も,
「土浦支部は雰囲気がいいなあ」と思ってここに決めたわけだし,
誇らしいというか,ここで弁護士として働けることを,
本当に幸せなことだと思う。明日も頑張ろう。

【2012/05/26 23:02】 | お仕事
トラックバック(1) |
ちょっと前に,110番通報をしたの。
仕事とは全く関係なく,一市民として。

ある現場を目撃してしまい,たぶん私が一番直接的に
一部始終を目撃したと思われる状況だったから。

110番通報をしたことは,過去にも経験があるのだけど,
最初に「事件ですか,事故ですか」って訊かれるんだよね。
で,落ち着いて話ができるように優しく対応してもらえる。

私は元々,いざというときにあんまりあわてたりしない方だし,
今は仕事柄の冷静な判断もある(つもりなんだ)けど,
見たことをそのまま理路整然と報告することは難しいなって思った。
主語・述語は完全に逆転するし。

「Bなんです,Cの人がAで」
「Bなのは,Aですか?Cですか?」
「あ,Aです」

みたいな会話になって(苦笑)
目撃証言の危うさを改めて実感したわ。

【2012/05/24 23:23】 | 雑談
トラックバック(1) |
今年の司法試験を受験したみんな,お疲れさまでした。

発表までの時間も貴重です。
合格していることを前提に,有意義に過ごしてほしいと思います。

【2012/05/23 23:04】 | 司法試験
トラックバック(1) |


みゃん
こんばんは!
本試験を受けてきました!

僕は民法で大ミスをしてしまい、その後悔と不合格の恐怖にやられそうになりました。
でも、micoさんの試験中の記事に勇気付けられたこともあり、少し持ち直すことができました。
ありがとうございました!
9月に良い報告ができるように願いつつ、勉強を継続します。

そして、選択肢の1つとして積極的に即独することを考えています(法律事務所への就職も視野に入れてはいます)。
せっかくの独立可能な資格なのだから、苦労は覚悟の上で、頑張ってみるのも楽しそうだと考えたからです。
書籍やブログ等で情報を集めたいと思っています。
もし、可能であれば、micoさんのご負担にならない形でアドバイスをいただけたら・・・と思っています。
お忙しいところ、すみません。
可能なときに、可能な限りで十分ですので、御一考していただければと思います。



お疲れさまでした
mico
みゃんさん,本試験,お疲れさまでした。
最後まで受け切ったのなら,それだけでアドバンテージですよ(^^)
朗報をお待ちしてます。
即独については,もう珍しくもない時代になったと思います。
とはいえ,不安なことはたくさんあると思いますから,
いつでもメール等くださいね。
私でお答えできることであれば,何でもお答えします。
当面は,みゃんさんも心がけておられる通り,
積極的に情報収集をすることが大切だと思います。
書籍やネットから得られる情報は限られていますから,
開業を考えている地域の弁護士や弁護士会に連絡を取って,
直接お話を聞く機会を作るようにするといいです。
頑張ってくださいね!

お返事ありがとうございます!
みゃん
本試験はもう二度と受けたくないというのが本心です(笑)
はい!
必ず報告させていただきます!

ありがとうございます。
そのようにおっしゃってもらえると、本当に心強いです。
私の場合、実家が山梨にありますので、できるだけ生の情報を収集してみます。

ちなみに、東京での即独は、東京以外の地域での即独より、難しいようなイメージがあります。
例えば、山梨では、弁護士が約100人しか存在しないため、場合によっては知り合いの先生方から仕事を紹介してもらえる可能性がある(かなり少ないとは思いますが・・・)ところ、東京ではこのような弁護士間のつながりが作りにくいため、困難が伴うのではないか。。。
等と考えてしまいます。
東京と、それ以外の地域での即独の際の違いというものはあるのでしょうか。
お時間のあるときにアドバイスがいただけるとうれしいです。



No title
mico
みゃんさん,そうですねぇ…
東京は弁護士の数があまりにも多いですから,
やはりそれ以外の地域とは明らかに違う部分も多いと思います。
弁護士の数に比例して事件数が多いとも思えないですし,
まして無名の新人即独弁護士に入ってくる仕事が
そんなにあるとも思えないですよね。

とはいえ,私の同期でも,東京で即独している人もいます。
東京がいいか地方がいいかは,これからのライフスタイルにも
関わってきますから,慎重に考えた方がいいと思います。
私はブログにも何度も書いているように,東京で働きたいという
希望は全くなかったですし,今の仕事環境はとても気に入っています。


みゃん
お返事ありがとうございます!


とても参考になりました。


まず、お返事を読んで、自分がどのように働きたいかを具体的にイメージしなければいけないと感じました。
たしかに、一定の収入を確保して、業務を継続することは大前提で、かつ重要ですが、この観点ばかりにとらわれると、自分の目指した弁護士像からどんどん離れてしまう気がします。

僕は、(ありきたりですが)地域密着型の弁護士になりたいと考えています。
そうすると、自然と答えはでてきますね(^-^;
micoさんのように自分の状況に満足して働けることはとても幸せだと思います。
そして、そのような充実した気持ちでお仕事をしている弁護士に巡り合えた依頼者も幸せだと思います。
僕も、自分の納得する環境で働くことが目標になりました!
(さっきまでは、就職・即独して食べていければいいという思考に陥っていました。。。ローに入った頃にはこのようには考えていなかったのですが、就職難に対する恐怖心からか、いつからか上記のように考えるに至っていました。)

自分の納得する仕事ができる環境を実現できるなら、手段としては、即独でも、(自分に合う事務所があれば)就職でも大差はないように思います。

このような観点から具体的に動いてみます!
お忙しい中、有益なアドバイスをありがとうございました!

また、質問してしまうかもしれません(゚ー゚;
お時間があれば、アドバイスお願いします!




No title
mico
みゃんさん,ありがとうございます。
そうですよね。
不満ばかり抱えて仕事をしている弁護士だったら,
依頼した人も不安になりますよね。
自分が満足して,充実した環境で働くことが,
結局は依頼人さんの利益にもつながるのですね。
私でお答えできることならいつでもお答えしますから,
遠慮なく質問してくださいね。

コメントを閉じる▲
今日(あ。昨日か)は朝8時すぎの電車で東京霞ヶ関の裁判所に行き,
戻ってから電話対応を少しして,土浦の警察署に行き,
水戸で委員会に出席してから,水戸市内の刑事系施設に行き,
帰り道,24時間やってるスーパーで買い物して,
帰宅したのは午後10時すぎ。

移動に要する時間が長すぎだよなあ…とは思う。けど,
電車での移動でちょっとした旅気分(?)を(強引に)味わったり,
車の運転は好きだから,それ自体が楽しいし,幸せなことだと思う。

全部,ちゃんと,頑張りたい。

【2012/05/19 00:33】 | お仕事
トラックバック(1) |
司法試験受験中のみなさん,前半戦,お疲れさまでした。

受け始めたみんな,今,どんな気持ちであろうとも,
命にかかわるような突発的何かでもない限り,絶対,最後まで受けてください。
もう絶対に今年の合格はありえないと確信していても。

だって,受験した以上,棄権したって1回にカウントされるわけだからね。
あとはこの機会をどう活かすかっていう判断になるわけでしょ。

こんなに絶望的な気持ちなのに,そんな冷静な判断なんかできないよ,
と言うかもしれないけど,そういうときの判断力,決断力は,法曹には必須の能力だと思う。

ピンチになったとき,いかに冷静に切り抜けるか。
最悪の結果はもう避けられないとわかっても,その上でどういう行動を取るのか。

例えばそういうときに逃げる弁護士に,誰が依頼したいと思うだろう?

そういう意味で,司法試験は単なる法律知識や法律学力を試すだけの試験ではないと思う。
長時間の過酷な試験に耐えうる体力や精神力,誰にでも多かれ少なかれ襲ってくる
受験中のトラブルへの対応力,そういう全部について,試されているのだと思う。

今,もう今年は受からないから後半戦は辞退しよう,と思っている方に言いたいです。
それで後半戦を逃げるのなら,おそらく一生合格しないです。
最後まで受けてください。もしかしたら合格するかもしれないですよ。
いくらでも聞いているでしょう。あのとき諦めなくてよかった,という先輩の話。
頑張るしかないです。

【2012/05/17 23:08】 | 司法試験
トラックバック(0) |
今,愛車ちゃんが修理中で,代車を借りているの。
ちょうどその1台しか残ってなくて選択の余地はなかったのだけれど,
10万キロ以上走っている古い軽自動車で,
昔懐かしいカセットテープを入れるタイプのカーステレオがついている車。

今日は初めて行く場所に行く必要があって,当然,
カーナビ頼みで行くつもりだったの。

…はい。代車にカーナビはついてませんでした。

昨日気がついたから,地図を広げて確認したりしていたのだけどね。
ネット上で,カーナビ的な検索が簡単にできるんだね。
出発地と到着地を入力すれば,ルートと所要時間を教えてくれてさ。

それをプリントアウトして行ったんだけど,わかりやすくて感激したわ。
まあもともと私は,「地図の読めない女」ではないから,行けと言われれば
住所さえわかれば日本全国,どこだろうが行けるんだけどね。
最近,そういうことをしていなかったから(ナビに頼り過ぎで),
なんか新鮮で楽しかったわ。

【2012/05/12 23:23】 | 雑談
トラックバック(1) |
過去にも何度も書いていると思うけど,
どんなことでも,当事者でなければわからない思い,
現場に行ってみなければわからない感覚というのがある。

だから,人の話を聞いたり,映像を見ただけで,
安易にわかったつもりにならないこと。私は,
自分にも同じ(ような)経験がある場合以外は「わかります」とは言わない。
わかりたいと切望はするけれど,絶対に,わからない部分が残るから。

先日,つくば市北条地区で竜巻による大被害があったでしょ。
日常的に通る道の付近だから,本当に驚いてニュース映像を見ていた。
今日も,その道を通る機会があり,まさにあの現場を通過したの。

渋滞していたから,何分かはそこにいたことになって,
映像で見た建物や被害状況がそこにあるわけだけど,なんていうか,
やっぱり映像では伝わらないものが伝わってくるんだよね。一気に。


弁護士の仕事は,日常的に,人のマイナスの体験を聞くことが多いし,
その全部をちゃんと理解することは,弁護士も所詮は人間だから無理だけど,
その「わからなさ」をちゃんとわかって仕事をしたいと思う。
少しでもわかりたいし,少しでも良い解決ができるように。

【2012/05/08 23:46】 | 雑談
トラックバック(1) |
連休中にたくさん仕事をしよう!って思っていて,
でもそれは,書面を作ったり,
刑事関係で身体を拘束されている人に会いに行ったりという,
あくまで自分のペースで仕事ができる貴重な期間と考えていた。
前にも書いたけど,お休みのときには裁判所関係の予定がないから。

で…これも前に書いているとおり,わかっていたことだけど,
刑事関係の仕事はカレンダーは関係なく入ってくるんだよね。
刑事事件が発生して,誰かが逮捕されたりということは,
ニュースを見てもわかるように,カレンダーは関係ないから。

昨日,久しぶりに家事に目を向けて丁寧に掃除をしつつ,
ここはもうちょっとこうしようかな,とか考えたりしていたところに
(携帯に)連絡が入った。

ちょっとあわてた。
けど,そんなわけで充実した連休中。頑張らないと!

【2012/05/04 23:37】 | お仕事
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


がんばってください!
mico
秘密コメント下さった方,ありがとうございます。
そのお悩みは当然だと思いますよ。
私も,母親の立場で息子に司法試験を勧めるかと言われたら,勧めません。
本人が「どうしても」という強い思いがあれば別ですが。
一昔(以上?)前と違って,合格すれば安泰という試験ではないですから。
弁護士になってからも,想像もしていなかった大変なことが
次から次へとやってきます。
でも私はやっぱり今,弁護士になってよかったと思っていますよ(^^)
特に女性の弁護士は,今はまだまだ,それだけでも貴重だと思います。
「こういうことは女の先生にしかわかってもらえないと思いました」
「たまたまですけど,女性の先生でよかったです」
といった言葉は,日常的に言って頂くことが多く,
弁護士になってよかった,女性として弁護士になってよかった,
と思います。男性のお客様からも言われることがあるんですよ。
「女性のほうがいいのかなあと思って来ました」って。
余談ですが,伊藤塾のパンフレットに私も載せて頂きました。
https://www.itojuku.co.jp/ssl/seikyu/index.html
「弁護士の魅力vol.3」というパンフレットです。
無料なのでよかったら取り寄せて見てください。
私以外にも,女性の弁護士が何人か出ています。
他にもやりたい仕事があるのなら,そちらも真剣に考えた方がいいです。
でも,色々考えても,やっぱり弁護士になりたいと思えるのであれば,
いつまでもあれこれ考えすぎないで,まっすぐに進んで頂きたいです。
頑張ってくださいね。


momo
お忙しい中大変丁寧なお返事を頂きましてありがとうございます。
実際に女性の弁護士の方にそのようなお話をうかがうことができてとても励みになりました。お子様もいらっしゃいながら社会人受験をされ、お仕事をされるのは想像がつかないくらい大変だったかと思います。私も決意したからにはもう揺らいではいられないと気が引き締まりました。伊藤塾の体験記も拝見させて頂きます。
法科大学院進学を快諾してくれた母と与えられた環境に感謝して、めげずに精進します。
今後益々のご活躍をお祈りしています。ありがとうございました。

頑張ってください!
mico
momoさん,頑張ってくださいね。
まだ何年もかかることですから,途中,色んな事があると思います。
でも,そういうときには,今の気持ちを思い出して下さい。
私も含め,身近な先輩方にも遠慮なく相談して下さい。
この業界(に限らないでしょうけれど)は,
皆,先輩にお世話になりながら成長し,その恩返しは
後輩にするといういい伝統があると思いますから(^^)

コメントを閉じる▲
何度か書いたとおり,私も
原発損害賠償請求の弁護団に参加させて頂いていて,
4月末の初の集団申立てのお仕事もさせて頂いている。

被害を受けてからもう1年以上もたつけれど,お話を伺ってみると,
1度も東電への請求をしたことがないという方も多い。
日々,生きていくことで精一杯で,何をどうすればいいかわからず,
最近になってようやく請求しようという気力が出てきたという方も。

少しでもお力になれたらいいなと思う。

【2012/05/03 22:01】 | お仕事
トラックバック(0) |
カレンダー上の休日は,裁判所がお休みなので,
その分,外出予定が減る。
(刑事関係はカレンダーが関係ない仕事も多いけど。)

だからつい,年末年始とか,ゴールデンウィークとか,
カレンダー上のお休みが続くときには「ここでまとめてやろう」
と思ってしまうんだよね。
このお休みの期間にできるから大丈夫!とか思って色々引き受けたり。

そうすると,「お休み」はお休みではなくなるんだよね。
過去に何度も書いているとおり,私は根が怠け者だから,
休んでないように見えても,ちゃっかり休んでるから大丈夫だけど。

…はい。ご想像のとおり,毎晩ビールを飲んで一息ついてる件。

けど最近は本当に,寝ていても仕事のことを考えていて,
というか,実際に考えなければならない仕事上の思考が勝手に進んでいて,
目覚めてから,どこまでが現実の進行でどれが夢の中の対応だったのかが
一瞬判断できないときがあって怖いわ(^^;

仕上げたはずの書面が,夢の中でのことだったと気づいてショックとか(笑)
でも,夢の中で仕上げてるから,短時間で終わったりするわけ。
あんまり健全ではないか。頑張ろう。
あと,司法試験を受けるみんな,あとちょっとになったね。
今がいちばんしんどいときだと思う。

けど,合格する人は,「しんどいなあ」という実感がある人だと思う。
どんな試験でもそうだろうけど,ラクして簡単に合格なんてできないもん。

やるときはやる。それがすべてだと思う。頑張ってください。


追記を閉じる▲

【2012/05/01 23:45】 | お仕事
トラックバック(0) |