茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
実は先週、風邪をひいたらしかった。
いや、他人事じゃなく、私がね。

朝、なんとなくキモチワルイ感じがあって、
「あれ…?昨夜飲みすぎたのかな」
(どのくらい飲んだかくらい把握しなさい)
と思いつつ、ま、すぐ回復するでしょと思っていたの。
毎晩飲んでいても、二日酔いは人生で2回くらいしかしたことないから。

それが、車で移動中もずっとなんか具合悪い感が抜けない。
食欲もない(が、その日はお昼を食べる時間もなかったから気付かなかった)。
やれやれ…と帰宅し、夕飯の用意をし、座ってビールを開けたころ、
…これはたぶん、熱が出るときの感じだ。と思い出した。

手は冷たいのに、首筋とかが熱い感じがする。頭痛とか関節痛とかもある。
38度まではないかな、と思い、計ってみたら37.7度だった。
わー。熱あるじゃん。いつ以来だろう。

私は風邪は、気合で治すことにしているので、今回も強がって、
でも薬飲んで早めに寝た。(ビールも飲んでたけど…)

翌朝にはけろりと治っていた。

で、いつも通り、あちこち移動したりの一日が終わった夜。
また熱があった。

なんだ。治ってないじゃん。がっかり。

前の日と同じように、薬を飲んで寝た。
翌朝は元気だった。そして、そのままその日は、帰宅後も元気だった。
完治(^^)v
日中に影響を及ぼさず、夜二日のみ、合間を見ての風邪?でよかったわ。


追記を閉じる▲

【2012/11/26 23:05】 | お仕事
トラックバック(0) |


めけちょう
よしっv-237
今から看病に行くゎv-238

てゆうたらストーカーゃねv-13


mico
めけちょうさん、ありがと(^^)
ま、看病されるまでもなく治るけどね。


コメントを閉じる▲
日々、ご相談をお受けしていると、前に(別件で)弁護士に相談したときは
あまり話を聞いてもらえなくて、今回もどうしようか迷った、
というような話をお聞きすることがある。
飛び込みの電話で、「ちゃんと聞いてもらえますか」と問われることさえある。

弁護士は敷居が高くてアクセスしづらいと、私自身が思っていたし、
こういうお話を聞くたびに、せっかくアクセスしたのに不信感を抱いてしまう方も
たくさんいるんだな、と実感する。

弁護士も所詮は「人」だし、人が人に相談し、人が人の相談を受ける以上、
相性みたいなこともあるとは思う。
でも、話を聞く、ということは弁護士の重要な仕事だと私は思っているので、
そういうお声を聞くと、同業者として悲しくもなる。

せめて、ご相談いただいた方が帰宅したとき、
「話を聞いてもらえなかった」と思わずにいて頂ける弁護士でいたい。

【2012/11/20 23:59】 | お仕事
トラックバック(1) |
左の「どうぞよろしく」欄等で何度も告知させて頂いた、
首都圏支部サミットが昨日、大盛況のうちに無事終了しました。
ご来場くださったみなさん、ありがとうございました。

私は当日、寸劇のナレーションと、懇親会の司会を担当させて頂きました。

弁護士登録した1年ちょっと前にはすでにこの企画は準備が始まっていて、
(ちょうど始動するくらいの時期だったかな)何もわからないまま
とにかくできることはさせて頂こうと思って、準備会議等にも出席してきた。

昨日、懇親会の最後に、土浦支部からのご挨拶ということで、
その場にいた土浦支部の弁護士が壇上にそろったのを見ていて改めて、
茨城県弁護士会土浦支部の弁護士として仕事をすることができて、
本当によかったなーと思った。

少しでも、司法が市民に身近になりますように。

【2012/11/18 22:17】 | お仕事
トラックバック(0) |
ご相談にいらっしゃった方が怯えておられるパターンの1つに、
紛争の相手方が、
「知合いに超優秀な弁護士がいるから」
「こっちは負けたことがない弁護士に頼むことにしたから」
など、なんだかとにかく、すごい弁護士をつけるからお前に勝ち目はない、
みたいなことを言われているんです…というのがある。

そういうことを言われても、全く気にすることはない。
いわゆる、虎の威を借るなんとかってやつだから。

それでもし、ちゃんとした弁護士についてもらえるのなら、
対立当事者の代理人弁護士(だけでなく裁判所も?)としては
むしろ、ありがたい場合のほうが多いと思う。

裁判は(調停や審判にしても)、個人の恨みつらみを晴らす場ではない。
単純な勝ち負けではない、本質的な解決ができたらいいなといつも思う。

そんなことは、理想論でしかないのかもしれないけれど。

【2012/11/12 21:52】 | お仕事
トラックバック(0) |

いつも拝読させていただいております
私立文系男
はじめまして。
いつも楽しく拝読させていただいております。
私は、現在、都内の大学に四回生として所属しております。
目下、来年のロースクール入学を目指して勉強中です。
エントリーへのコメントという点からは趣旨違いかもしれませんが、先生の記事にいつも励まされていることをお伝えしたくて投稿させていただきました。
次の記事を楽しみにいたしております。



mico
私立文系男さん、コメントありがとうございます。
そのように言って頂けると、ブログを続ける甲斐があります。
ほんの少しでもご参考になる記事があれば幸いです。
ご希望のロースクールに入学できますように。
頑張ってくださいね!


めけちょう
オレもいっつもmicoのブログ楽しみにしてるでーv-10


mico
めけちょうさん、ありがとー(^^)
お互いがんばろーね。

コメントを閉じる▲
65期司法修習生のみなさん、がんばってください。

2回目の二回試験を控えるみなさんも、もちろん頑張ってください。

2回目のみなさんへ。
二回試験に2回目に合格しても何の問題もないです。
同業者の中には、内心では二回試験に落ちたことを
馬鹿にしている人もいるだろうとは思います。

でも、お客様から見たら、そんなことはどうでもいいことです。
少なくとも、私は仕事をしていく上で
「二回試験を2回受けたりしなければこんなことにはならなかったのに…」
というような経験は、何一つありません。

逆はありますよ。
二回試験に失敗したからこそこうなったんだ♪というプラスのこと。
それも1つや2つじゃありません。
まあ、こういうこと言っていること自体、馬鹿にする人もいるでしょうけれど(笑)

みなさんは、この1年間で
本当に使える起案能力、実務能力を身につけたことと思います。
自信を持って頑張ってください!

あと一息です。


追記を閉じる▲

【2012/11/08 23:36】 | 二回試験
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-



mico
秘密コメントいただいた方、お疲れさまでした!!
最後まで、闘い抜いたのですから、きっと大丈夫です。
つらい思いをして闘い抜き、結果を出したことは、
必ず今後の実務にも役に立っていきますよ。
どんな経験も、弁護士になるにはプラスになります。
朗報お待ちしていますね。


pochi
先日コメントしたものです。なんとか通っていました。このブログに救われました。ありがとうございました。誰が通っても,誰が落ちてもおかしくない本当に怖い試験ですよね。


-
始めまして。今年の2回試験に落ちてしまいました。友人から番号があったことを聞いただけなので、まだ、不合格科目を把握していません。今後、どのようにして来年の合格を目指したら良いのか、全く道筋が見えません。とりあえず、明日に届くであろう通知に記載されている不合格科目の教官に連絡を取り、面談させていただくようお願いするつもりです。もし、不合格者のネットワークがあるようでしたら、お教えいただけえばと思います。


mico
pochiさん、よかったですね。
これからも大変なこともあると思いますが、
初心を忘れずにがんばってくださいね!


次にコメントくださった方、今回は残念でしたが、心配いりません。
孤立せずに、こつこつと起案を重ね、勉強すればいいだけです。
過去にリベンジを果たした先輩方がすでに道筋をつけてくれています。
他のルートからも情報はあるかと思いますが、私からもご紹介しますので
mitsukokmr@yahoo.co.jp(私のアドレスです)にご連絡ください。


コメントを閉じる▲
仕事を終えて(いや、毎日やり残し感があって、いつもいつも
仕事のことが頭から離れないけれど、強制終了して)帰宅し、
夕飯作って息子と食べて片づけたりなどしてパソコンを開くのが、
大体今(午後11時すぎ)くらいの時間になる。

仕事関係のメールに返信等したりもして、ブログの手当ては
最終段階になるわけなんだけど、そのころには力尽きるというか、
ちょっとでも早く寝たいと思ってしまうので…

と、ブログ更新の間隔が開きがちな言い訳をしています。
言い訳しながら、まあこれが、今の私の日常ですというご報告。

そろそろ、もう少し、働き方を考えないといけないと思っている。
何でもかんでも引き受けて、がむしゃらにやるのにも限界があるからね。

自分が少々消耗するのは構わないけど
(そんなことは過去にいくらでも経験がある)、
お客様に迷惑をかけるわけにはいかない。
弁護士は、人様の人生に大きな影響を与える職業だということを、
絶対に忘れてはならない。←自戒です。


追記を閉じる▲

【2012/11/02 23:14】 | 雑談
トラックバック(0) |