茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
昨日は午前中,水戸で茨城県弁護士会の総会等に出た後,
牛久にいったん戻り,
東京で開催された,即独した弁護士の集まりに出席した。

即独,つまり弁護士登録後すぐに独立開業した弁護士たち。
関東周辺と,関西からも,即独した弁護士が15人集まった。
これだけ「即独弁護士」が集まる場というのは珍しい…
というか,もしかして史上初なのでは??
(主催して頂いた方に感謝です。)
限られた時間ではあったけど,みんな頑張っていて,
ちゃんとやっていけているということが,よくわかった。

逆に,頑張らないとやっていけないんだということも,わかった。
弁護士は,司法試験に合格するまでに,すでに頑張っている。
頑張らないで合格した人なんていないと思う。

そして,合格した後にも,こうやって,
頑張ることは当たり前に要求される。

でも,ある意味で人の人生を左右する仕事をするのだから,
弁護士が頑張ることは,当たり前のことだと私は思う。


追記を閉じる▲

【2013/05/26 23:04】 | お仕事
トラックバック(0) |
今年の司法試験を受けたみなさん,お疲れさまでした。
とりあえず少し休んで,疲れをとってくださいね。

そして,休むことに飽きたらすぐに,
合格することを前提にして,次の行動に移ってください。
みなさんは,67期司法修習生候補生なのだから。
わかりきったことだけれど,合格はゴールではない。

昨日は,66期司法修習生の即独・就職相談会で,
修習生からの相談を受けてきた。
今年は,例年よりも前倒しで,今の時期の開催となったの。
合格後の進路を決めるのも大変なんだよね。

司法試験に合格するまでは,合格することしか考えられないのが
当たり前だと思う。
けど,受験が終わった今こそ,合格した後どうするかを考えるべきだし,
今のうちに具体的に情報を集めておくことは有益なんじゃないかな。
少なくとも,情報を得られそうな窓口の情報くらいを知っておくことは。


追記を閉じる▲

【2013/05/19 23:34】 | 司法試験
トラックバック(0) |
明日から今年の司法試験。
受験生がこのタイミングでこのブログを見てくれるとも思えないけど…

受験するみんな,本当に,本当に,最後まで諦めないで本気で受けてください。
今年が3回目という方はもちろんだけど,そうではなくても,
受験資格を得てから5年以内,3回という制限がある以上,
今年はとりあえず様子見,なんていう受験はありえないです。

長丁場の試験だし,みんな必ず,「もうだめだ…」と思う瞬間があると思う。
そこからが本当の勝負だから。過去にも何度も同じこと書いてると思うけど,
そういうぎりぎりのときになって諦めるなら,今後の人生もそういう人生だろうし,
首尾よく弁護士になったとしても,そういう弁護士に誰が依頼したいと思うだろう。

司法試験を受けることを決めたのは自分なんだから,責任持って頑張ってください!!

【2013/05/14 23:20】 | 司法試験
トラックバック(0) |
そんなことが報道されたので,ふと考えたのだけれど。

今,新人弁護士の一斉登録が12月なんだよね。
弁護士は個人事業主で,毎年1月から12月の収入について,
確定申告をすることになるから,12月に登録して仕事をしたら,
12月の1か月分だけでも確定申告することになるよね。

一斉登録のときに登録する弁護士は少なくとも1500人程度はいるから,
その人たちがきちんと確定申告したら,まあ,通常は所得ゼロだよね。
今は修習生時代の給料もないんだし。
そういう人も数に入っていることを差し引いて考えないとね。

昔の弁護士事情をよく知らないから,安易なことは言えないけど,
なんていうか,弁護士になっても「食えない」みたいな言われ方は,
色んな意味で,ちょっと違うんじゃないかなと思う。
(あ。この報道記事はそういうニュアンスでもなかったかな。)

私は母子家庭歴が長くて,文字通り,本当に「食えない」ときもあったから,
私の基準で「けっこう食えるよ」とか言っても全く説得力はないだろうけど。

それに,
そもそも,純粋にお金儲けがしたいだけの人は,弁護士なんかなってほしくないし,
ならないほうがその人のためだと思う。
いまどき「儲かるから弁護士になろう」と思う人なんていないだろうけどね。
(あ。昔からそれはそうかな。お金儲けのためだけに弁護士になる人なんて,
今も昔もいないよね。そう信じたい。)



追記を閉じる▲

【2013/05/09 22:58】 | お仕事
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



ひで☆ぽん太郎
なるほど~。
数字のカラクリなんですかね。

でも、いわゆるイソ弁は除いているとのことなので、新規登録で算定の基礎となっている人数は物凄く少ない気もしますね。。


通りすがり
弁護士は、登録三年目くらいまで申告しない人が多いと思いますよ。

遠くない将来、営業努力の足りない弁護士は軒並み、本当の意味で食えない弁護士になると思います。




No title
mico
秘密コメントくださった方,ご指摘ありがとうございます。
読解が甘くてすみません(^^;
そうですね。どうにか開業しても,自営業である以上,
色んなリスクはありますし,不安が消えることはないです。
でも,収入の面から考えたときに「最低限食べていければよい」
と思えるのであれば,心配いらないと思います。
お互い頑張りましょう!


ひで☆ぽん太郎さん,ありがとうございます。
受験生のころの合格者数に始まり,数字でデータを示されると,
どうしても気になってしまいます(笑)
いっそ,修習期別年間売上データでも見てみたいものです。


通りすがりさん,ありがとうございます。
そ,そうなんですか??私は即独ですから,当然1年目から
(1年目は4か月余しか営業していませんが)申告しました。
勤務弁護士なら,申告の必要はないかもしれないですね。
いずれにしても,やはり厳しい時代ではあるのですね。


コメントを閉じる▲
今日私は,ある会議に出席するため東京に行き,地下鉄に乗ったのだけれど,
隣に座っていた人が,某社の司法試験択一模試のレジュメを見ていた。

今年の司法試験は15日(水)からだから,あと1週間と少しだね。
色んな思いで受験するんだと思う。受験生みんな,それぞれに。

全力を尽くしてください。受かる人は,受かるべくして受かるから。

【2013/05/06 23:24】 | 司法試験
トラックバック(0) |
今日は,水戸で水島朝穂先生の講演を聴いてきた。
やはり今の,憲法を取り巻く状況が,非常に危機的であることがよくわかった。

私は法学部出身ではないから,憲法について
義務教育以上のことを勉強したのは,伊藤塾の伊藤真先生の講義が初めてだった。
あくまで,司法試験受験を目的とした勉強の一環と言われればそれまでだけど,
本当に,大切なことを学んだと思う。

今,現実に,憲法96条をいじることが日常のニュースに流れていて,私も,
大変な危機感を覚えている。
そもそも今の憲法は,あの戦争の反省に立脚し,
国家権力の暴走に歯止めをかけるものになっている。
国家権力から国民の基本的人権を守ること。
人権が目的で,統治(政治)は手段であること。

だから,簡単に改正できないようになっていて,それを定めたのが96条。
これを改正するということはつまり,今より簡単に憲法を改正できるようにする,
ということ。時の政権や世論しだいで,憲法が改正できるようになるということ。

それが何を意味するか。

長くなるので無茶苦茶な省略をするけれど,国家権力の暴走を許すことになる。
もっと具体的に言えば,戦争をする国になる。
大切な人の命が,よくわからない大義の下に犠牲になることが許される社会になる。

私は,そんな国になってほしくないし,そんな社会に生きたくない。
だから,憲法96条をいじることには,絶対反対。

↑こんなふうに,ネットを使って,言いたいことを簡単に言えるのも
憲法で表現の自由が保障されているから。言いたいことが言えるのは,
現代においては,多くの人にとって当たり前のことだけれど,
言いたいことが自由に言えなかった時代は,決して大昔の話ではない。
憲法96条をいじることによって,いとも簡単にその時代に戻り得る。
その意味でも,絶対反対。


追記を閉じる▲

【2013/05/04 23:07】 | 生き方
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


No title
mico
秘密コメント頂いた方,ありがとうございます。
大変な経験をされましたね。
そういう契機は,弁護士になるための勉強の過程で
大きな支えになります。そのお気持ちを忘れないでください。

現在の司法試験受験の受験資格を得るルートとしては,
法科大学院を卒業することのほかに,予備試験に合格する,
というルートがあります。私が説明するより,
ネットで検索すれば詳細な情報がいくらでも出てきますので,
ぜひ検索してみてください。

予備試験合格を目指すとしたら,
司法試験予備校を利用することは避けられないと思います。
どこの予備校を使うか,費用はどうするかなど,
まずは情報を集めてみてください。

私も弁護士になりたいと考え始めたときには母子家庭になったばかりのころで,
お金も時間も,全く余裕などありませんでした。
弁護士になりたいと漠然と考え始めてから,司法試験に合格するまで,
ちょうど10年くらいの時間がかかりました。
中途半端な覚悟でできることではありませんが,本気であれば,
必ず司法試験に合格して弁護士になることはできますし,
今の思いを社会に還元することができると思います。

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲