茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
今日は,この前書いた,66期司法修習生の
就職・即独相談会に相談を受ける側として出席した。

相談を受ける側になってから何年もたたないのに
偉そうなことを言うようだけれど,
なかなか進路が決まらない修習生には共通点があると思う。

いい意味での積極性が足りない。
現状認識が甘い。情報収集が足りない。
就職希望でも,即独希望でも。

偉そうついでに,日頃修習生と話しているときに感じることを
ちょっと書いておきます。

たとえば既存の法律事務所に入りたいという場合,
公募しているところに応募するだけで決まる人は,
2000人以上もいる司法修習生のうちのほんの一握りにすぎない。

そんなこと,数を見ただけでも明らかなのに,修習も終わりの時期になって
「公募しているところに応募したけれどダメでした,どうすればいいでしょう」
と言っているようでは,そりゃあ,決まるわけないよ。
(あ。今日,相談に来てくださった方がそうだということではないので,
誤解なきよう。)

公募しているところに履歴書を送るだけではなくて,
もっとできることがあるでしょ!
公募していないところに決まった人,周囲にもいるでしょ?
そういう同期(や,1期,2期上の先輩)に方法論を訊いたらいいと思う。

それから,即独も選択肢に入れている人。
別に一斉登録と同時に開業しなくてもいいと思うけど,
66期で言えば,今の時期に開業地域も決まっていないようでは,
一斉登録と同時の開業は,事実上不可能だと思う。

開業地域を決めている人,当該地域の弁護士会と連絡取って,
情報を仕入れてください。
当該地域の弁護士に連絡して,話を聞いてください。
具体的行動を取らず,抽象的不安ばかり育てるのは時間の無駄です。

司法試験に合格して,(まだ二回試験はあるけれど)弁護士になれる,
というところまで来ているのだから,等身大の自信を持って,
頑張ってください!


追記を閉じる▲

【2013/08/31 22:31】 | お仕事
トラックバック(0) |
第66期司法修習生を対象とした,
「就職・即時独立開業に関する相談会」
31日(土)に開催される…

あ。すみません。申込期限過ぎてるね(^^;;
(私も相談担当者として出席します。)

今は,実務修習が終わり,和光での集合修習に入る時期だよね。
今,登録後のイメージがない人は,焦り始める時期かもね。
ただ,焦るあまり,「置いてくれるならどこでもいい!」
と安売りしないように気をつけてほしいと思います。

弁護士は,二回試験に合格して,登録すれば,
いつでもどこでも開業できる。弁護士として,仕事をしていいんだよ。
そのことの重みと,そのことの有難さを,実感してほしいと思う。

あせって,とりあえず置いてもらうことにした事務所を,
数か月,いや,数か月どころか数週間で辞めたという話も
いくつも聞いている。
その後すぐに開業して,うまくいっている人を,何人も知っている。

修習中にしばらく就職活動をしたけれど,なんか違う,と感じ,
即独を決めて成功している人も,複数知っている。

即独は恐いし,なんでもいいからとにかくどこかに入りたい,
という気持ちは理解できるけれど,それで行った先で合わなければ,
精神的にも苦しい時間を費やすことになる。

即独を積極的に勧めるつもりもないけど,自分の経歴や能力や希望や,
色んなことを冷静に見て,進路を決めてほしいなと思う。

追伸
おかげさまで,今日で弁護士登録から丸2年が過ぎました。
「がむしゃら」という言葉がぴったりの2年間だった…かな。
これからも頑張ります。とにかく,一生懸命,生きていきます。


追記を閉じる▲

【2013/08/25 22:57】 | 司法修習
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



mico
秘密コメントくださった方,ありがとうございます。
今は,とにかく毎日が必死で,がむしゃらだろうと思います。
私もそうでした,このブログに書いているとおり(^^;;
ほんと,泣きたくなるような日もたくさんあると思いますが,
そういうすべてが,将来の仕事の糧になると思います。
お互い,これからもがんばりましょうね!

コメントを閉じる▲
数日前だけど,牛久入管(東日本入国管理センター)に収容中の
依頼者の方数名に面会に行った。

お盆休みだから(ご家族とかの面会で)混んでるかなあ,
と覚悟して行ったんだけど,むしろいつもより人が少なかった。
「入管収容者」と聞いたら,一般にはどういうイメージなんだろう。
前にも書いたけど,私は牛久で法律事務所を開業すると決めたときでさえ,
牛久に入管の収容施設があることを知らなかった。

要するに,一般的には,あんまり知られていないんだろうと思う。
退去強制令書発付処分を受け,
国外退去を前提として収容されている外国人の方が収容されている施設の存在。
そこで,対象となっている外国人がどういう生活をしているのか。
そこに,どういう問題があるのか。

たとえば,
生まれた国にはもう20年近く帰ったこともなくて,帰されたところで
(形としては実家はあるかもしれないけど)事実上は居場所がなくて,
日本に配偶者や子どももいるなどして生活の基盤が完全に日本にしかない,
そういう人も,たくさんいる。

法律や理屈はともかく,過去の経緯もともかくとして,
今現在,もし,自分がその立場だったら,と想像する。
それだけでわかることが,たくさんあると思う。私は,
そういう思いを大切に仕事をしたい。


追記を閉じる▲

【2013/08/16 22:23】 | お仕事
トラックバック(0) |
世間的には,今週はお盆休み週間かな?
私は今日も,県内の裁判所で期日が入っていたのだけれど。

あれ??なんか,いつもより人がたくさんいる感じがする。

裁判所は,平日しかやってないけれども,お盆休み期間もやってる。
平日に時間を取れるとすれば,この期間しかない,とすれば,
そりゃあこの期間に集中もするよね。

私は,といえば。一応,今週は事務所はお休みです。一応(笑)。
今日も飛び込み(といっても過去に何度かご相談に来ていただいた方)で
ご相談を受けたりもして。

あと10日ほどで,弁護士になってから丸2年。
年相応の職歴はあるものの,2年以上続いた仕事はない私にとっては,
丸2年やってこられた,そのこと自体が奇跡といってもいい。

弁護士という職業が,天職なんだってことだと思う。

【2013/08/12 22:57】 | お仕事
トラックバック(0) |
今日,霞ヶ関の地下鉄駅中で,
何年かぶりに会う,お世話になった先生
と,すれ違ったの。

電車の時間を気にして急いでいたのだけれど,
向こうから歩いてくる方を
「何年かぶりに会う,お世話になった先生」
と認識したので嬉しくなり,「お疲れ様です!」
と(たぶん,お世話になっていた当時と同じ感じで)
思わずご挨拶させて頂いた。
ただ,立ち止まる時間的余裕がなく,そのまま立ち去ってしまった。

けど…すみません。その時点で,いつ,どこで,どういう状況で
お世話になった先生なのかは思い出せていなかった。
(先生も,もちろん私が誰かはわからなかったと思うけど,
「こんにちは」って笑顔で返してくださった。ありがとうございます。)

急ぎ足でホームに向かう途中,ロースクールの1年目の,
なんか,単発みたいな授業でお世話になったはず…
というところまでは(その授業風景とともに)思い出したものの,
お名前までは思い出せず。

電車に乗って,一息ついて,完全に思い出した。
ああ,そうだった。ローに入って間もないころの授業で。
何度か飲み会の席にもお越しいただいた先生で。

立ち止まって,すこしお話しさせていただけたらよかったな。
だって,当時ご指導頂いたこと,今の仕事に結びついているから。

【2013/08/06 23:59】 | 雑談
トラックバック(0) |