茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
考えれば考えるほど,苦しくなる。
これは,いつか来た道ではないのか。

今朝は常磐線土浦駅前で,茨城県弁護士会として
ビラと会長声明を配布させて頂いた。

何となく,景気良くなってきたかな??みたいな雰囲気に流され,
知らないうちに,
いや,国民に知る機会,議論したり考えたりする機会すら与えずに
あわてて,このような恐ろしい法案を通そうとしている国会,
それを結局は許してしまいつつある国民(もちろん私も含め),
そういう現状に,心底,恐怖と無力を感じている。

せめてできることとして,こうして自分の立場ははっきりさせておく。
絶対に,反対。

【2013/11/27 23:12】 | 生き方
トラックバック(0) |

私も反対です。
宮崎のいいちこ
お久しぶりです。宮崎のいいちこです。

私もMICOさん同様、秘密保護法反対です。
秘密という概念の広さを考えれば、たとえ具体的に示せたとしても「~の為」という上位目的1つで全く反対のものにもなります。
本来下位層にて個々具体的に対処すべきであり、上位に目的たる法をどかんと置くべきではないと考えます。
(言いたいことがうまく表現出来ずにすみません。)

私のような地方在住者には自分の気持ちを表明する場がなくやりきれない思いです。

対米従属政治からの脱却を
一読者
件の秘密保護法案にしろ、昨今話題の集団的自衛権の行使を容認する解釈改憲にしろ、元をたどれば日本が米国に追従していく上で同国から押し付けられたもであるに過ぎません。
安倍政権が旗印の一つとして掲げる国家安全保障会議も、米国連邦安全保障会議に模した組織を構築することで、日本が米国と協調して軍事活動を展開していく上で前提となる類似の組織構造の共有を図ることを目的とするものであり、秘密保護法とはこのような構図の中で米国から日本政府に与えられた軍事機密の日本国民への漏洩を回避することを企図するものなのです。
(もっといえば、安倍政権が大手を振って掲げる「戦略特区構想」すら年次改革要望書の記載事項の一つであり、米国が自国の利益のために押し付けたものです。米国にとっての日本とは、所詮は極東における軍事基地拠点ないし経済搾取を行うための属国に過ぎません)

問題は、少なくとも多くの国民が疑念を持つ政策や立法がその論争性にもかかわらず米国からの圧力を背景としてまかり通ってしまうという日本政治の抱える病理から国民の目を反らし続けることで、国民が問題の本質を見誤り、政治がいつまでも日本国民の手から離れ続けてしまうことです。
自国や国民の利益を切実に考え訴えかける市民を「サヨク」や「売国奴」等と貶して憚らない風潮が社会に蔓延している現状は問題の深刻さをよく示唆しています。

秘密保護法案は処罰要件の不明確性や広範性、知る権利の制約等の国民の重要な権利にかかわる問題に加えて、このような統治のありよう・正当性にかかわる問題をもはらんでいます。
「日本を取り戻す」などと嘯く一方で日本の主権(領土主権を懸念するなら、尖閣や竹島などの小島ではなく何よりも在日米軍基地が槍玉に上がるはずです)や国民の権利を進んで米国に譲り渡し、これを「国益のため」と称して国民を騙し続ける政治家の手から政治を国民の手に取り戻すためにも、弁護士会の方々が進んで国民に対米従属政治の現状を訴え、国民を啓蒙されていくことを切に願います。

長文大変失礼いたしました。


you
はじめまして、こんにちは。
ランキングから来ました。
ワタシも、反対です!
誰の「秘密」なんだよーって感じです。秘密にしなきゃマズイコトしてるからでしょ・・・。


mico
宮崎のいいちこさん,コメントありがとうございます。
地方でも都心でも,
自分の意見を自由に言えることが大事ですよね。
表現の自由は,権力を持たない国民にとって決定的に
重要な人権ですからね。あきらめずに声を上げましょう。


一読者さん,コメントありがとうございます。
奇しくもたった今,参議院可決のニュース速報が流れました。
この国の行く末を憂います。
国民の正当な意思表示としてのデモを「テロ」と変わらないと
言った人がいましたね。全てを象徴していると思いました。
一方で,反対の声を上げて行動を起こす人々がたくさんいることに,
心強さも感じました。


youさん,コメントありがとうございます。
そう思います。
秘密漏えいを取り締まる法制は,今も存在します。
それでは不十分だという理由が全くわからないです。

コメントを閉じる▲
今,あなたが心配していることの大半は,大丈夫です。
そんなことでは落ちません。
あと2科目,「普通に」頑張ればいいだけのことです。

でも,「ああ,もうだめかもしれない」と思っている,
今のその気持ちを,忘れないでください。
その気持ちは,近未来の依頼者さんの気持ちに一致します。

【2013/11/24 23:59】 | 二回試験
トラックバック(0) |


りお
昨日受け終えてきました。
5日間しっかりと綴ってきました。
今年は4名の綴りミスが出たようです…。

初日の刑弁の問題が供述証拠のみで,読むのに時間かかり,最後時間不足で実質途中答案になってしまいました。

結果が出るまで落ち着きませんが,まずはゆっくり休もうと思います。


mico
りおさん,おつかれさまでした。
今年も刑弁が厳しかったのでしょうかね。
とりあえず,果報は寝て待つということで,
来るべき実務に備えて今のうちに休んでおいてください(^^)


コメントを閉じる▲
今日は司法修習時代の同期の結婚式に出席した。
私は刑事裁判修習から司法修習が始まって
(ちょうどほぼ4年前か!)同じ部に配属された5人の中の1人。

たまたま,出身高校も同じだった。
…えっと,たしか14年くらいの時間差があるけれど(^^;

結婚式・披露宴っていいよね。
あの,幸せいっぱいの雰囲気が好き。みんなに幸せが広がっていくような。

今日の新郎は,職場の上司からも祝辞で「チャラくて軽い」と評され,
誰もそれを否定できないわけだけど(笑),必ず幸せな家庭を築くと思う!
「チャラくて軽い」が完璧に褒め言葉になっているのだから。

【2013/11/16 23:57】 | 雑談
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



mico
秘密コメントくださった方,ありがとうございます。
私はこのブログを始めるまで,完全に一人で勉強しており,
本当に勉強環境としては孤独でした。
ブログをきっかけに,直接会うことはなくても,
司法試験受験勉強について話すことができる環境ができました。
それから少しずつ,実際にゼミを組んで勉強できる仲間もできました。
ローを出ておられるのですから,
ローのときの勉強仲間もいらっしゃいますよね。
その仲間とのつながりを,ぜひ大切にしてください。
答案を読み合うゼミができればいいと思いますが,それが
できないとしても,ちょっとした疑問をネットを介してでも
ぶつけ合える関係ができるといいですね。
息抜きとしては,(おすすめはできませんが)私は,
毎晩,ビールを飲んでいました。(今もそうですが^^;)
受験直前なのに毎日飲んでるなんて…と言われたこともありますが,
私にとっては,夜は勉強せずに飲んで寝てリフレッシュし,
翌日はまた朝から勉強する,というのが合っていました。
司法試験は長丁場です。過度に自分を追い込まず,
でもやるときはやるというメリハリをつけて頑張ってください。
「絶対に合格する」という根本がゆらがない限り,大丈夫です!

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
というか,弁護士になってよかったなあ,と思う瞬間。

前にも書いたことがあると思うけど,それはやっぱり,
事件が解決した後の笑顔に出会うとき。

色んな事件があるし,色んな立場があるし,
単純に言えることではないけれど,ほんと,
別人かと思うくらいに雰囲気が変わられる方もいる。

その笑顔にお会いすると,ほんと,私も色んなことがあったけど,
弁護士になってよかった思えるし,元気が出る。


【2013/11/14 22:03】 | お仕事
トラックバック(0) |
今の時期,ネットで
二回試験(司法修習の卒業試験みたいなもの)について検索すると,
このブログに行きつくことがあるらしいことを知った。

なので,数週間後に二回試験を受ける2000人強のみんなに,
本気でがんばれ!!
と伝えたい。私は,
二回試験に失敗した経験を持つという少数派の弁護士だから,
「大丈夫だよ,ほとんど落ちないんだから」なんて絶対に,言わない。
「ほとんど落ちない」のは,本当のことだと思う。数からみれば。
でも,だれが落ちても不思議はないのも本当のことだと思う。

当時も書いたけど,私は,能力もない上,努力も足りなくて,
落ちるべくして落ちたから,何の言い訳もしない。

だけど,なんであの人が??という落ち方をする人がいるのも事実。

「たまたま落ちなかった」のだろうと思われる人も含め,
落ちなかった人たちの中には,後になって当然のように言う人がいる。
「よほどの人じゃないと落ちないから」って。
(あ。実際,2年に1人くらいしか落ちなかった時代の先生方は別です。)

もちろん,これから受ける人を勇気づける意味で言っているのでしょう。
けど,私は,実際に落ちた「よほどの人」だから(笑),安易なことは言えない。
ここを見てくださっているということは,「落ちたらどうしよう」と,
ちょっとだけでも思ったことがあるのだろうと思う。

落ちたって別に,命取られるわけじゃないから,そこは大丈夫。
とにかく今は,命がけで,本気でやるしかないです。

そして,無事に合格したら,
どうか,今のその不安な気持ちを忘れないでいてください。
意識していないと,きっと忘れます。のどもとすぎればってやつ。
そして,平気で偉そうなことを言う人になっちゃたりします。
ここを見てくれた人に,そういう弁護士になってほしくない。

あなたが今後お話しするであろう依頼人さんたちはみな,
「~~ってことになってしまったらどうしよう」と,見えない近未来を
過剰なまでに心配している方ばかりです。
結論の見通しがつく立場になれば,「そんなのどうってことないのに」と,
軽く聞き流すような話が多いかもしれません。

けど,当事者にとっては,それは一般化できない,固有の悩みです。
二回試験を受ける人というのは,日本社会の中でごくわずかな人にすぎないわけで
あなたが今,二回試験について何か思い悩んでいるとしたら,それはもう,
「誰にもわかってもらえない」くらいの,特有の悩みということになると思います。
そしてきっと,「今」はそれが「すべて」くらいに,重い悩みでしょう。
そういう思いを,忘れずにいてください。そういう弁護士が増えてほしいです。
(私も,そういう思いを,忘れずに生きていきます。)


追記を閉じる▲

【2013/11/06 22:56】 | 二回試験
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



mico
秘密コメントくださった方,
終わったことは,意識的に,考えないようにして
あと2日,その日その時に集中してください。
今はそれしかないですから。頑張ってくださいね!!

コメントを閉じる▲