茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
考えれば考えるほど,苦しくなる。
これは,いつか来た道ではないのか。

今朝は常磐線土浦駅前で,茨城県弁護士会として
ビラと会長声明を配布させて頂いた。

何となく,景気良くなってきたかな??みたいな雰囲気に流され,
知らないうちに,
いや,国民に知る機会,議論したり考えたりする機会すら与えずに
あわてて,このような恐ろしい法案を通そうとしている国会,
それを結局は許してしまいつつある国民(もちろん私も含め),
そういう現状に,心底,恐怖と無力を感じている。

せめてできることとして,こうして自分の立場ははっきりさせておく。
絶対に,反対。
今,あなたが心配していることの大半は,大丈夫です。
そんなことでは落ちません。
あと2科目,「普通に」頑張ればいいだけのことです。

でも,「ああ,もうだめかもしれない」と思っている,
今のその気持ちを,忘れないでください。
その気持ちは,近未来の依頼者さんの気持ちに一致します。
今日は司法修習時代の同期の結婚式に出席した。
私は刑事裁判修習から司法修習が始まって
(ちょうどほぼ4年前か!)同じ部に配属された5人の中の1人。

たまたま,出身高校も同じだった。
…えっと,たしか14年くらいの時間差があるけれど(^^;

結婚式・披露宴っていいよね。
あの,幸せいっぱいの雰囲気が好き。みんなに幸せが広がっていくような。

今日の新郎は,職場の上司からも祝辞で「チャラくて軽い」と評され,
誰もそれを否定できないわけだけど(笑),必ず幸せな家庭を築くと思う!
「チャラくて軽い」が完璧に褒め言葉になっているのだから。
というか,弁護士になってよかったなあ,と思う瞬間。

前にも書いたことがあると思うけど,それはやっぱり,
事件が解決した後の笑顔に出会うとき。

色んな事件があるし,色んな立場があるし,
単純に言えることではないけれど,ほんと,
別人かと思うくらいに雰囲気が変わられる方もいる。

その笑顔にお会いすると,ほんと,私も色んなことがあったけど,
弁護士になってよかった思えるし,元気が出る。

今の時期,ネットで
二回試験(司法修習の卒業試験みたいなもの)について検索すると,
このブログに行きつくことがあるらしいことを知った。

なので,数週間後に二回試験を受ける2000人強のみんなに,
本気でがんばれ!!
と伝えたい。私は,
二回試験に失敗した経験を持つという少数派の弁護士だから,
「大丈夫だよ,ほとんど落ちないんだから」なんて絶対に,言わない。