茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
泣いているうちに,寝入ってしまうこと。
幼かったころの私には,この意味での「泣き寝入り」の記憶が
ものすごーくたくさん,鮮明に残っている。
押入れに閉じ込められて,泣き疲れて,いつのまにか眠っていた記憶。

泣き寝入りは,つらい。全く納得できないのに,諦めるということだから。
とりあえず,泣いて泣いて,泣き疲れて寝て,自分をごまかすわけだから。


弁護士として相談を受けていると,結局,結論としては,
いわゆる「泣き寝入り」するしかない,つまり
全く理不尽で納得いかないけど,諦めるよりほかどうしようもない,
あるいは,諦めたほうが(費用対効果を考えると)まし,という場合がある。

たとえば,お金の問題ではなく,白黒はっきりさせたいという場合
(イメージしやすいところで言えば,
それほど損害は大きくない交通事故の過失割合とか)。
弁護士に依頼すると,むしろ相手から回収できるお金よりも,
弁護士費用のほうが高くつく場合がある。
じゃあ自分で裁判するかといえば,そこまでの時間的余裕はないとしたら。

それで,せっかく相談に来ていただいたのに,
結論としては「泣き寝入りしかないですね」と言うに等しい場合がある。
「泣き寝入りしかないんですかねえ」と問われて「そうですね」とは
言えないし,言いたくない。だって,泣き寝入りなんかしたくないから。

ちなみに,「泣き寝入り」ではなく,合理的に考えて,
それはそもそも無理な主張なんですよ,という場合もあって,
そういうときは,もちろん言葉には気をつけるけれども,率直に,
法的にはこうなっていて,こういう理由で,そういう主張は全く通りません,
ということをお伝えすることにしている。
無理なものは無理なので,そこはきちんとお伝えする。

でも,明らかに理不尽で,
時間もお金も周囲の協力体制も盤石だったら闘うべきなのに!!というときに,
闘うべきだと思いますが,これだけの時間やお金や精神的な負担がかかります,
それを思うと,やめておいたほうが(諦めたほうが)いいかもしれません,
という内容をお伝えすることがあって,それは本当に,つらい。
いつもながら,無力を感じる瞬間。

一通りお話しを伺い,こちらからもお話しさせて頂いて,少しの沈黙があった後,
「でも,話聞いてもらって,ちょっと楽になった」などと言って頂くことがあり,
それは私には過分なお言葉で,本当にうれしく思う。
と同時に,お力になれなくて,本当に申し訳なく,情けなく思う。
「正直者がばかを見る」ことが,少しでもなくなるといいな。


追記を閉じる▲

【2014/02/28 23:56】 | 雑談
トラックバック(0) |
浅田真央選手が,「いちばん,何との闘いでしたか」
との質問に,「私の場合は,自分自身ですね」と笑顔で答えていた。

スケートのこととか,全然詳しくもなんともないけど,
浅田選手がさんざん期待されている報道を見てきたし,
ショートで思いがけない結果だったのも見たから,
それで,1日で切り替えてあの結果を出したということに感動した。

何か一つ極めようとすると,どんな分野にしても,
最後は結局,自分自身との闘いになるんだろうね,たぶん。
極める,なんて話じゃないし,比較の対象にもならないけど,私も,
司法試験や二回試験その他で追い詰められたとき,やっぱりそう思ったから。

今回,浅田選手はメダルを取ることはできなかったけれど,
自分自身との闘いに,勝ったと思う。だから,あの笑顔があるんだよね。
そのことを,まわりがどう評価するかは,大したことではないと思う。

【2014/02/21 21:36】 | 雑談
トラックバック(0) |
昨日,今日と2日続けて,ほとんど事務所に出られなかった。

ネット上のどこかで見たんだと思うけど,
こういう弁護士はやめておいたほうがいい,みたいな条件が
箇条書きになっていたものがあって,その中に,
「連絡が取りづらい弁護士」みたいなのがあった(ような気がする)。

この2日間みたいなことは,私にはしょっちゅうあることなので,
「連絡が取りづらい弁護士」なのかもしれない…と思うと胃が痛くなる。

あ。
ネットの何かに書かれていた悪条件に当てはまるからというのはともかくとしても,
ご連絡頂いた方に申し訳ないと思うから。
(もちろん,完全に事務的な連絡で,数日遅れたからといって
どうということもない連絡もあるから,それはそれで仕方ないと思うことにしている。
お手数かけて恐縮はするけれど。)


ちなみに昨日は,水戸で東海第二原発差止訴訟の第5回口頭弁論に出席しており,
今日は霞ヶ関で,外国人人権救済委員会関係の行事に出席していたため,
事務所にいた時間はわずかだった。

弁護士になったらやりたい(関わりたい)と思っていたことがたくさんあり,
おかげさまで,それらの多くに関わらせて頂いている。
とはいえ,当たり前だけど,人ひとりでできることには限界がある。
そのことを,しっかり自覚しないといけない。
ただ,自信を持って言えることもある。

私は,社会的弱者の味方になりたいと思って,弁護士になった。
そこだけは,絶対にぶれることはない。


追記を閉じる▲

【2014/02/14 22:23】 | お仕事
トラックバック(0) |
記録的な大雪とあって,私の日常行動範囲も,
何もしていない場所なら,足首くらい?まで埋まってしまうほどの積雪だった。

でも,近所の歩道も,いつのまにか,誰かが雪かきをしてくれていて,
歩きやすい状態になっていたりすることに感動した。

何より感動したのは,事務所の大家さんが,事務所前の歩道のみならず,
駐車場まで,昨日のうちに雪かきしておいてくださったこと。
おかげで,スムーズに車を出すことができたし,
お客様用の駐車場スペースも難なく駐車することができた。

前に書いたけど大家さんは,さりげなく事務所前の街路樹の根本に
お花を植えてくださったりもするし,会えば必ず,「頑張って」と
言ってくださる。本当にありがたいことだと思う。



【2014/02/10 23:43】 | 雑談
トラックバック(0) |
自宅と事務所が徒歩圏なので,
ふだん仕事を自宅に持ち帰ることはほとんどない。
(すなわち,土日祝日だろうが年末年始だろうが,
全く事務所に出ないという日は,年に数日もない。)

そんな日常だけれど,昨日の大雪には恐れをなし,
今日は家から一歩も出ない前提で,昨日,
いくつか仕事を持ち帰った。

持ち帰ると,持ち帰った仕事しかできないから,
その仕事については,はかどるということに気がついた。

事務所で仕事をしていると,電話が鳴れば出て,
それに関する事務処理があったりすると,そのときに
取り組んでいた仕事が中断したりするからね。
あれこれ目に入る分,他の仕事にも気持ちが分散するし。

時間と能力が有限だということを,もっとちゃんと自覚して,
受け入れて仕事をしていこうと思う。

【2014/02/09 22:02】 | お仕事
トラックバック(0) |
都知事選が近いので,候補の方たちがテレビで話している。

息子は今年20歳になるけど,息子が赤ちゃんだった平成6~7年ころも,
待機児童問題は顕在化していた。私は,母子家庭になりつつあったとき,
息子が保育園に入れないということが,本当に深刻な問題だった。

区役所の窓口に保育園入園の申し込みに行くと,空きがないから無理,
現に働いていないから申し込みもできないと言われ…。

じゃあ,まずは就職活動をしようと思っても,赤ちゃん抱えて,
(私には,預かってもらえる人もいなかった)
どうやって仕事探せって言うんだ。面接に赤ちゃん連れて行けってことか!
と大いなる矛盾にぶち当たった。
結果的には,無認可の保育園に預け(そこでも悲しい思い出がある),
ハローワーク経由で職業技術訓練校に通うことにした。
(仕事をしているのと同じ扱いになる。)
それでようやく,認可保育園に入園の申し込みをすることができ,
4月から入園することができた。

無認可の保育園が悪いとは必ずしも言えないと思う。
でも,保育料もすごく高かったし,環境も良いとは言えなかったし,
ほんの4か月程度預けただけだったけど,本当に,
悲しくてつらい思いもしたから(息子は覚えていないみたいだけど)…。



追記を閉じる▲

【2014/02/06 22:42】 | 雑談
トラックバック(0) |
今日は夕方以降,
車で1時間弱の距離にある警察署に行く予定だったんだけど,
けっこうな大雪になってしまったので,少し早めに出かけた。
帰るころだいぶ積もっていたら大変だから,早めに帰れるように。

思いのほか,用事を終えて警察署を出るころには小雨になっていて
拍子抜けというか。
まあ,危ない思い(ましてや事故とか)よりはよかったよね。

【2014/02/04 22:45】 | 雑談
トラックバック(0) |