茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
5月の連休中,息子と二人で実家の母に会いに行ったとき,
母がトマトの苗を買いたいというので,そういうのを売ってるところに一緒に行った。
ので,ついでに私も1つ,苗を買った。

息子が小さいころは,よくベランダで何か,朝顔とかひまわりとか育ててた。
そうそう,息子が保育園の給食で出た夏みかんの種を植えたら育って,
アゲハ蝶が孵化した話とか,このブログに書いたことあったね。

そんなことも思い出しつつ,大切に育ててたんだけど…
今日,昼前に洗濯物を干していたら,枝が折れてるのを発見(涙)
朝起きた直後に見たときはなんでもなかったのに!!
確かに,実をつけ始めて,重たそうではあったんだよね。

とりあえず割り箸で添え木をし,どうすればいいんだろうとネットで検索。
どういうキーワードで検索すればいいかなあ(泣)と迷いつつ,とりあえず
見たまんま,「ミニトマト 折れた」って入れてみたら,ヒットした。
同じ問題に直面する人がたくさんいるんだ,ということに妙に感心したわ。

【2015/06/28 22:36】 | 雑談
トラックバック(0) |
18歳から,有権者となるんだね。
息子ももう20歳過ぎてるし,感慨もないけど。

私は7月生まれで,今年48歳になるから,
18歳というと,ちょうど30年前になるわけだけどね。
今でも,18歳の誕生日を迎えたころ(高校3年生の夏休み)のことは
いろんなことを,たくさん,手に取るように覚えている。
(もちろん,忘れていることもたくさんあるだろうけど。)

当時の友達とも,今でも何人かとはつながっていて,
みんな,あんまり変わんないなあと思ったりもする。

で,思うことは,18歳のころと今とでは,経験値は違うけど,
生き方の根本的な姿勢とか,考え方とか,
自分の存在の「芯」は,ほとんど変わってないということ。

そういう意味では,18歳くらいでおおむね,何か,
「人」として完成するのかもと思う。少なくとも,20歳の自分と,
18歳の自分を比較して,経験値以外に,何か変わった感じはしない。

これをきっかけに,学校教育でも,もう少し,
政治や法律,司法についても話されるようになるといいと思う。

【2015/06/17 23:27】 | 雑談
トラックバック(0) |
平成19年4月に,中央大学法科大学院に入学し,
平成21年3月に,卒業した。既修4期F組。

昨日,そのクラスのクラス会があって,
クラス担任の先生含め,20人弱集まった。
東京での開催だったけど,札幌,秋田,仙台,新潟等,
地方からの出席者もけっこういた。
卒業してから,もう6年以上たっているのか。
法曹界に進んだ人も,別の業界に進んだ人もいる。

私たちが入学したころは,年齢層も幅広かったから,
当然今も年齢層は幅広い。
(ちなみに昨日の出席者の中では,担任の先生と私が同い年で,
最年長でしたw)

けど,当たり前だけど,みんな同じだけ年はとっていて,
それでも雰囲気とかは全然変わらなくて。
まさに同世代しかいない高校生までのクラス会とはまた違う,
なんていうか,同じ目標に向かって,全員が頑張っていた結束感というか,
(まあ,そこまでみんなつながっていたわけではないけどさ)
とにかくみんな,頑張っていたよね,という雰囲気を思い出して,嬉しかった。

受験勉強は,ある意味,自分のためだけに頑張ればよかった。
今は,そうではなくて,自分が頑張らないことが,直接的に
誰かの人生(というのが大げさでも,日々の生活)に,
マイナスの影響を与えてしまう。だから,
今も,もっともっと,頑張らないといけないと思う。頑張ろうっ!


追記を閉じる▲

【2015/06/07 22:15】 | 法科大学院
トラックバック(0) |