茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
6年前に合格者として参加した,伊藤塾の合格祝賀クルージング。
今年,「来賓」としてお招きいただいて乗ってきた(水曜日)。

と書くにあたり,当時書いたかな,と思って見てみたら,
書いてるね(笑),2009年9月17日に。
当時も,このブログを見てたという方から声をかけて頂いたけど,
今回も,ブログを見て励まされたというお声を頂いて嬉しかった。

当時と違うのは,「自分も即独を目指しているんです」という方から
声をかけて頂いたこと。

ほんの少しだけ先を歩いている者として,みなさんのお力になれたら,
さんざん紆余曲折を経て弁護士になった(即独した)甲斐もあるかなと思う。

【2015/09/18 22:39】 | 司法試験
トラックバック(0) |


ひまわり
いつも拝見させて頂いています。
中大ロー卒の新司受験生です。

micoさんが、家事や仕事をされながら勉強していたとき、どのようなことを工夫されていらっしゃったかお伺いしくコメントしました。

現在、仕事と家事で、週50時間弱しか勉強時間が取れません。(もちろんそれでも非常に有り難いと思っていますが、全ての時間を勉強に充てられたロー時代と比較するととてももどかしいです。)

micoさんはどのように工夫されていたのか参考にさせて頂きたいです。



mico
ひまわりさん,コメントありがごうございます。
返信遅くてごめんなさい。

週に50時間の勉強時間が取れるとのこと,
1日にすると少なくとも6時間確保できるということですよね。
合格するには十分な時間だと思います。

仕事や家事の負担があれば,時間が限られて当然です。私は
限られた時間で,いかに効果を上げるかを常に考えていました。
…なんて言うとかっこよすぎですが,要するに,自分にできることを
淡々とこなしていくしかないと思っていました。

あとは,精神的に自分を追い込み過ぎないように心掛けていました。
(これは個人差がありますので,なんとも言えない部分ですが,
私は根が怠け者なので,自分を甘やかしつつもやるべきことはやる,
ということを心がけました。)

とにかく,自分にいいわけしないこと,だと思います。
たとえば,今,洗濯物を干しているとして,
ああ,この時間に答案,小問1つ書けるのになあ…とか思わないこと。
そう思うくらいなら,洗濯物干すのなんかやめて,答案を書くべきです。

がんばってくださいね!!



ひまわり
返信頂いていたのに気付くのが遅れ、
大変失礼いたしました。

そうですね、限られた時間の中で、
(皆、それぞれの事情の中で戦ってるのですし)
集中してやっていくのも大事だと感じました。

メッセージを残した時から少し時間がたち、
家族の理解もあって今はほぼ家事の負担がなくなりました。(手を抜いているだけですが。。。)

合格したら、家族への感謝の気持ちを忘れずに、
恩返ししなきゃなと。
そのためにも頑張ります。

寒くなりましたがmicoさんもお身体には
お気をつけください!



mico
ひまわりさん,よかったですね!
頑張っていると,自然と周囲の状況も整ってくるものですよね。
常に感謝の気持ちを忘れず,自分にできる
最善を尽くすしかないと思います。
頑張ってくださいね!

コメントを閉じる▲
その思いは,受験生を指導する立場にあったら,
(いろんな程度差はあるにせよ)当然の思いだと思う。

けどね,教え子を合格させたい,というのは,何のためなの?
指導する立場にある者として,その人が合格したら,
その人の人生の幸いにつながり,なおかつ社会のためにもなる,
その人の助けを待っている人が必ずいる!!と信じられるからじゃないの?


そういう意味で,今回の漏えい事件をものすごく残念に思う。
だって,誰も幸せにならないじゃない。

漏えいを受けた学生は,今回採点対象から除外され,
今後5年間は受験もできないんでしょ。じゃあ,
もし,誰も疑問に思わず,その学生が合格していたとしたら?
その本人は,もしかして,そんな1科目の漏えいなんかなくても,
十分合格できる実力があったかもしれないのに,
「私はズルして受かった」という負い目を一生負うんだよ。

今,弁護士の仕事をしている者として感想を述べるとすれば,
そんな過去があったら,そんな負い目を感じていたら,弁護士なんかできないよ。
弁護士の仕事なんて,本気でやるなら,そんな甘いもんじゃないよ。

って思う。


追記を閉じる▲

【2015/09/09 23:20】 | 司法試験
トラックバック(0) |