茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
高校3年生の3学期(1986年1月)に,担任教師から,
「20年後の私」というタイトルで作文を書くという課題が出された。

いわゆる「進学校」(とはいえ当時の都立高校なんで…)の理系クラスにいながら,
演劇関係の学部がある大学(つまり文系)に行く,
と担任に宣言していた私には,正直,そのクラスは居心地が悪い部分があった。
(あ。でも,今も付き合いのある高校の友人たちは,そのクラスの友人たちです。)

何を書いたか,ちゃんとは覚えていないけど,
「今」の連続の中に20年後の私もいるだけ,
みたいな醒めたことを書いたことを覚えている。
理系クラスの落ちこぼれだったので,斜に構えたい気持ちもあって。
そして,当時の手書きの日記には,

だって,ホントに私はいつだって「今」を精一杯生きることくらいしかできないもの。
ただ,その「今」ってのは断片的なものじゃないんだ。
常に,明日に続いている「今」なんだよね。

なんて書いてある。

20年後どころか,30年が過ぎた「今」。
やっぱり私は30年前と同じように,「今」を精一杯生きようと思っているし,
その連続の先に,20年後(68歳!)の自分もいると思っている。

年をとった分,経験値は増えても,人間,根本的な考え方とか生きる姿勢は,
18歳ころから変わらないものだね。って前にも書いたかもしれないけど。
もちろん,それに固執する気はないし,修正すべきは修正して生きてきたつもりだし,
今後も修正すべきは修正して生きていく,わけだけれど。

「あのころは若かったから」とか言って,今の自分を言い訳したくない。
「まだまだ経験が足りないから」とか言って,未来の自分に言い訳したくもない。
能力不足はわかってる。それにちゃんと向き合って努力したい。

20年後も,このブログを書いているだろうか。
すでに10年以上書いているのだから,きっと書いていることだろう。


追記を閉じる▲

【2016/05/24 23:58】 | 雑談
トラックバック(0) |
仕事の都合で,月に何度かはタクシーを利用する。
話しかけてくれる運転手さん,いるでしょ?どう思う?

私は,話しかけられたら,全面的に(笑)応じる。
ほんと,その場限りの会話だけどね,たいがい,気分よく降りることになるから。
(あ。思い出した。過去に何度かこのブログに,タクシー運転手さんと会話した,
っていう話題を書いてるよね。)
今日,利用したタクシーの運転手さんが,
「ゴールデンウィークは休めましたか?」
と,あたりさわりなく,話しかけてきたの。

「いやぁ…仕事してました~」と私。
「それもいいよね。」とのお返事。

運転手さんは,70代前半の男性。
連休中も仕事していたけど(都心部だったからか?)暇だったとのこと。
でも元気で仕事していられるのが何よりだよね,
体が元気じゃなかったら,何してたって楽しくないし,笑えないもんね,って。

私の父は,6年前,75歳で亡くなったけど,若いころ,タクシー運転手をしていた。
その後,小鳥屋さんを自営業としてやっていて,副業で大型トラック運転手もしていた。
運転の仕事の話をしているときの父が好きだった。尊敬もしていた。
(私が運転好きなのは,父の影響だと思う,たぶん。)

今日,タクシーを降りるとき,運転手さんが「あなたも頑張ってね」と言ってくれて,
(もちろん,私の職業なんて知る由もないのに),なんだかすごく嬉しかった。
暖かい言葉だったし,この方は,仕事にもプライドを持っているんだなってわかって,
私も頑張ろう!って思いながら,その行先での仕事に向かえたから。


追記を閉じる▲

【2016/05/09 23:38】 | 雑談
トラックバック(0) |
弁護士になって間もないころ,
自分の名前の頭に「弁護士」という肩書をつけて検索しても
私ではない同姓同名有名人の方がヒットすることを悔しく(?)思い,
このブログに書いたことがあったんだよね。

弁護士登録をしてからもうすぐ丸5年。
「小室光子」で検索をかけたら,
「ブログ 小室光子」「小室光子 弁護士」で検索する,みたいな案内は出たけれど,
「弁護士 小室みつ子ではありませんか?」とは聞かれなかった(笑)
少し前に,地元のFMラジオにゲスト出演させていただいたの。
久しぶりに,弁護士になろうと思った理由とかを話したりして,
そうだ,私は,「弁護士 小室光子」なんだ,と改めて自覚した。

ある女性先輩弁護士(年齢はかなり下だけど)が,結婚で姓を変えるときに,
○○(その先生の旧姓)はある意味「のれん」なんですよ!と
酔っぱらっておっしゃっていたことを思い出す。

私は,そこまでのプライドは持てずにいるし,名称にこだわりもないし,
仕事のほかに大切にしたいことも色々あるけれど,仕事は仕事として,
プロとして,もっともっと頑張らなければいけないと思う。
弁護士の仕事は,人の人生そのものに,直接(ときに土足で)関わることなのだから。

そんなわけで,(って,あんまり関係ないかもしれなけど)
来週から司法試験を受けるみなさん,自分に言い訳しないで,全力を尽くしてください。
受かる人は受かります。自分を甘やかしている限り,ずっと,そのままです。


追記を閉じる▲

【2016/05/05 22:26】 | 生き方
トラックバック(0) |