茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
今日,上場したLINE。私も使ってます。

昭和(42年)生まれの私にとって,いちばん衝撃だったのは,
自分が送ったメッセージを相手が読んだということを知らせる,
「既読」という機能。

なんでもないことのようだけど,これによってある意味,
「文化」が変わったと思う。
今,それをふつうに利用している立場からすれば,
たとえば,しばらく返信がなくても,「既読」になっていれば,
少なくともスマホ等を操作できる状況にあるということ,
つまり,(大げさに言えば)無事であることが確認できて,安心する。

一方,大昔(笑)に思いを馳せると,
それこそ,携帯電話もない頃ね,誰かに連絡したいと思えば,
せいぜい家の固定電話しかなく,間に家族の伝言が入ったりもして,
たくさんの誤解を招いたり,色々あったような気がする。

それで,彼氏・彼女関係が親にも自然に知られたりして,
あんな,ろくに挨拶もできないような男(女)はだめだ,とか親が口出ししたり。
(注:私の話ではないです。あくまで,昭和60年前後の一般論。)

今は,そういう意味では,同居している親子・家族でも,
それぞれが,誰と,どんな付き合いしているのかとか,色々わからなくて,
その分,心配も増えるかもね。
LINEとかで個々のつながりの安心が増えるのと,そこは逆行しているかもね。

それをいいとか悪いとか言う気は,全くない。
この時代に生きている以上,この時代の文化に対応して生きようと思うから。
いいもの(好きなもの)は受け入れ,いらないものはいらない,ただそれだけ。

けど,ラブレターを送って(送ったことないけど),返事が来なくて,
迷惑だったのかなあ,自分のことなんか興味ないのかなあ,
けっこう気が合っていると思っていたのになあ,あ,もしかして届いていないのかも,
届いたとしても本人は読んでないのかも!それなら仕方ないな…
なんて思いながら何年もすぎて,「あのころ手紙送ったんだよ,見てなかった?」
「そうなの!?知らなかった…」みたいなドラマは,今となっては全くリアリティないかもね(笑)


追記を閉じる▲

【2016/07/15 23:05】 | 雑談
トラックバック(0) |
私は1967年(昭和42年)生まれ。
日本の人口構成がどうなのか,正確にはわからないけど,
テレビコマーシャル等の広告媒体を見ていると,
この世代をターゲットにしてるなあって思うことが最近(?)多い気がする。

たとえば,ビールや発泡酒のコマーシャルや,車のコマーシャルで,
1980年代に流行していた曲が使われていたりする。
それどころか,携帯電話関係のコマーシャルでも,ほぼこじつけで
1980年をネタにしていたり(笑)
要するに,80年代あたりの「はやりもの」に反応する,私を含めた
同世代は,今まさに,消費のボリュームゾーンなのかなと思う。

いわゆる「大人」?

自覚はないけど(生き方や考え方は,18歳くらいからあんまり変わらないし),
さすがに息子がもうすぐ22歳になるので,世の中,代替わりしているんだよね,
とは思う。

私が息子を生んだのは22年前。(思えば22年前の明日の朝,陣痛が始まり,
夕方には本格的な感じになり,48時間かかって,7月7日に生まれた。)
私が生まれた昭和42年を22年さかのぼると,昭和20年,終戦の年。

息子が生まれたときのことなんて,ほんと,手に取るようによく覚えている。
そりゃ,日々は今の日常を生きていて,いちいち何か思い出すわけではないけど,
何かの瞬間に,思い出すとすれば,それこそ,昨日のことのように思い出すことができる。

私が生まれたころにはまだ,あの戦争は,そのくらい身近なことだったんだ,と思う。


追記を閉じる▲

【2016/07/04 23:55】 | 雑談
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


No title
mico
秘密コメントいただいた方,ありがとうございます。
受験お疲れ様でした!
本試験の中で,一番の出来だったと思える成功体験があることは,必ず今後につながります。
あとは,自分が今いる環境にいいわけしないこと,ですよね。
今の環境は,受験にとっては一見マイナスに見える部分もあるかもしれないのですが,
長い目で見れば,この環境で結果を出せないのであれば,
それはそもそも道の選択を誤っているということでもあると思います。
そういう意味でも,今ある環境のプラスの部分,幸せな部分も,大切にしていただきたいです。
これからも,お互い頑張りましょうね!

コメントを閉じる▲