茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
逮捕されて勾留決定がされたとき,
同時に「接見禁止」処分がされることがあります。

接見禁止がついた場合,簡単に言うと,
弁護人以外の人は面会できず,手紙のやり取りもできません。

でも,突然,拘束されて,仕事の連絡とか,家族との連絡とか,
外部との連絡を完全に絶たれると困る場合も多々あります。
そういうとき,「一部解除」を申請するといいです。
もちろん,接見禁止は全部解除しろ,と言いたいところですが,
全部解除が無理でも,特定の誰かとか,特定の文書のやり取りに限定して,
それに限って接見禁止を解除してもらえることがあります。

具体的には,弁護人に「接見禁止一部解除申請書」を出してもらうことになります。
(国選弁護人であっても遠慮することはありません。)

私の印象では,同居の家族(妻や夫,実父母)関係であれば
だいたい許可が出ているように思います。
婚約者について一部解除が認められたこともあります。



追記を閉じる▲

【2017/09/10 14:36】 | お仕事
トラックバック(0) |

お久しぶりです。
77
小室さん、こんにちは。

私のこと
覚えてらっしゃるでしょうか?

小室さんの後輩です。

もう10年前になるでしょうか。
司法試験の勉強をやっていたことが
とっても懐かしく思えます。

あれから結婚して
いろいろとありましたが、
人生楽しくやっております。

そして、
私が司法試験をやめた10年前から
私は実はずーっとトラブルにあっていて
小室さんに助けていただきたいくらいです。

私も最近、ブログを作りましたので
遊びに来てください。

小室さんのブログ、
たまに拝見しておりますよ。

やっぱ弁護士は激務なのでしょうね。
お仕事頑張って下さい。応援しております。

もう私が
弁護士になることはないですが、
司法試験時代に学んだことが
今の勉強の基礎になっております。

あの時は本当に楽しかったなぁ。



mico
77さん,ご無沙汰しております。
コメントいただいてうれしいです!
とても(いい意味で)個性的な方ですから,
もちろん覚えています。

ご結婚されて,楽しくやっているとのこと,
本当に,何よりだと思います。
人生,いろいろありますが,そのときそのときに
置かれた場所でベストを尽くし,次に進んでいく,
そういう生き方をしたいと思っています。

お互い頑張りましょうね。

コメントを閉じる▲