FC2ブログ

弁護士小室光子の記録です

裁判所の期日がすべて延期になり,
延期になった件の,次の期日についてはもちろん,
新規に申し立てている訴訟や調停等についても,
裁判所から何の連絡もない。
受け付けられたのかどうかもわからない。

通常であれば,第1回期日の調整について
書記官から連絡があるはずの時期をとっくに過ぎている。
さらにしんどいことになりがちなのは,法テラスの援助を利用する場合,
審査結果が出ないため受任にも至らず,一歩も先に進めない。

法律上,時間の縛りがある刑事事件については,
かろうじて進んでいるような現状。

緊急性のない裁判期日は延期,という建前なわけだけど,
裁判所を利用する事態になっている人にとっては,
それぞれみんな,「緊急」なわけだよ。
普通に生きてきたら,裁判所なんて,そうそう縁はない。
最後の砦として,もう裁判しかない,そういう思いによる提訴だったり,
調停申立だったりするのに。

そう思うと,本当に心苦しくなるけれど,
やっぱりそれも,仕方ない,のだろうか。
そういう説明しかできないこと,弁護士としてつらいです。

2020.05.17 / Top↑