FC2ブログ

弁護士小室光子の記録です

発表があってから、複数の受験雑誌や合格体験記、
昨日の伊藤塾のオープンスクール・・・などなど、
色々参照して、残された時間の勉強について考えてみた。

合格するためには何が必要かな。

すごーく大雑把に言うと、今年の場合は特に「基本」なのかな、
って思った。基本が大事なのは、当たり前だけど。
今年の場合は、そこが完璧だったら、受かるのでは?って。

北出先生が言うところの「ドーナツの真ん中」
伊藤先生が言うところの「当たり前だと思って読み飛ばしている部分」

両先生とも、受験が長期に及んでいる実力者が毎年ここをおろそかにして
落ちてくる、というような話をしているよね。
多くの合格者の話にも出てくるし。

翻って自分を見るに・・・・・ないじゃん、基本(TT)
答案書くと、よーくわかるよ。

あまり熱心に勉強してこなかったとはいえ、何周かは論文答練を
受けたこともあるから(なんと!優秀答案に選ばれたこともある)、
問題文を見て、あの論点を書くんだな、とかあの条文の話だよね、
くらいは、ある程度わかる。

で、問題提起をする。そこで「はて?」となる・・・・。
実力者が「目をつぶってても書けるような論点」すら、えーーっと、
何だったっけな、結論はこうだよな、趣旨からの理由づけで・・・・
趣旨はどうだっけな・・・みたいな感じ。

直前期は、答案を書きながら、「考える」ことを軸にするべきだよね。
あくまで、基本ができていればね・・・。

私の場合は、残念ながら基本の理解&記憶が最優先課題らしい。


AUTHOR: sss DATE: 06/03/2005 22:49:05 こんばんは。
余計なお世話ですが、本当に基本は大切かも。
そういう意味で、基本書の位置づけは重要であり、予備校のテキストはサブノートとして利用価値があると思っています。

論点を覚えるのは良いことですが、そもそもどうしてそこが論点になっているのかをちゃんと理解していると、どんな問題でも解決の糸口が比較的容易に見つかるはずです。

ふと思い出しましたが、民法H13第2問目なんて、基本書をちゃんと読んで理解していれば、すらすら答えられるもので、決して難解ではないですよね。

ではでは。
2005.06.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1066-17636587