FC2ブログ

弁護士小室光子の記録です

これは記録しておかなければならないので。

論文本試験1日めの夜のこと。
我が家は息子と二人暮しなので、
小学5年生の息子は、一人で留守番。

論文1日めで、すでに燃え尽き寸前くらいに疲れていた私は、
どうにか夕飯を食べさせ、お風呂に入り、くらいで精一杯。

やれやれ、とりあえず明日に備えて寝よう・・・・と
歯磨きをしていたところへ、息子がやってきた。

手には、爪楊枝3本を持っている。くじ引きらしい・・・・。
「お母さん、どれか1本、引いてみて!」
外れたら超縁起わりぃよ、って思った私は、「やだ」と拒絶。

「いいから。当たったら、明日の試験、ラッキーだよ!!」
・・・・あ、そうか。全部当たりにしてくれてるのか。

見抜いた私は、引いてみた。当たりだ!

「わあっ!お母さん、すごい!当たりじゃん!
明日、絶対ラッキーだよ!大丈夫だよ!」

泣けたね、まじで。


息子が1歳の時に離婚した。寂しい思いも、たくさんさせた。

でも、うちの息子は、こんなに優しい子どもに育ったよ。

まわりのたくさんの人に、愛されたからだと思うよ。

ありがとう。生まれてくれてありがとう、って心から思う母でした。


AUTHOR: その URL: http://plaza.rakuten.co.jp/norisou/ DATE: 07/24/2005 22:18:00 はじめまして♪その、と申します。
micoさんのブログはsumeruに登場してからずっと拝見してました。
今日の息子さん自慢を見て心がホッとしてしまい、今までは見るだけだったのが思わずカキコしてしまいました。
うちも息子(小1)です。
宿題ができなくて、その不器用さや幼さにイラついて怒ってしまうことが最近続いていて、私自身が自己嫌悪になっていました。
でも、親の勝手ですがmicoさんとこの息子さんのようになってほしいと願っています。
良いお母さんには良い子供が育つんですね(^ ^)見習いたいです♪


2005.07.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1112-54ef0616