FC2ブログ

弁護士小室光子の記録です

先日、マンションのエレベーターで、お隣のダンナさんといっしょになった。
お隣とは、もう10年以上のおつきあい。子供が同級生でもあり、私は、
奥さんとも、ダンナさんとも、飲んだことがある(複数で)。

久しぶりにダンナさんと会って(隣に住んでても、意外と日常は会わない)
「何、今日これから仕事?」ときかれた。
そこそこ親しく話したこともあるわけだし・・・・「実は今、学生なんですよ~」と答える。
「大学院に通ってるんです」

「へえ、ワセダ?」(彼は私がW出身なのも知っている)
「いや、中央の、法科大学院です」と答えたところ、タイトルの返答がきた。

笑顔で「そうなんです!」と答える私に、あはは・・・って笑いが。
おいおい。冗談だって受け止められたんかい・・・ま、そりゃそうか。
ご近所さんといえば、子供を通じてとか、マンション管理に関してとか、
そういうお付き合いをしてきたわけで・・・この年になって大学院に通ってるとか
弁護士になりたいとか言う人がいれば、そりゃあ、かなり変な存在だわな。

それにしても「まさか」って・・・・・・・(私はどんなキャラだと思われてたのか)。
せめて「もしや」くらいにしてほしかった(笑)


2007.09.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1211-fd3e425e