FC2ブログ

弁護士小室光子の記録です

今日は,横浜などの「ブリキのおもちゃ博物館」で有名な
北原照久氏の講演を聴いてきたよ。「元気の出る話」というテーマ。

・・・息子の中学校のPTA活動の一環で,参加義務があったため。
役員をやらない年度には,講演会に出るか,地域の美化活動に
年に1度以上参加することが義務なの。

で,どれに出るかは,年度の初めに希望を出す。
当然,講演の内容なんて,まだ決まってない。
単純に,日程の都合のみで。

つまり,たまたま,北原氏の講演だったの。ラッキーだわ。
もともと「ブリキのおもちゃ博物館」が大好きで,
1度はご本人と遭遇したりしたいのにな~などと思っていたので。

すごくプラスのパワーのある方だった。
司法試験をやっていると,成功体験とかに敏感になるじゃない?(笑)
「夢は叶う」とか「やればできる」とか。

今日も,そういう感じのお話だったの。
夢を叶えるにはどうすればよいか。
「熱く,情熱的に,楽しそうに,自分の夢を人に語ること」

100人に話して99人が「無理だ」と言うような夢でも,
1人くらいは「面白いじゃないか」と興味を示す人がいる。
そういう人が力になってくれる。

100人に1人ということは,1000人に話せば10人が協力者になる。
1万人なら100人だ,そうやって夢を叶えてきた,って。
あ,「夢をかなえることは,絶対に,一人ではできない」という前提ね。

私,こういう話を聞くのがけっこう好きなんだけどね。
やっぱりいわゆる「成功」する人には,共通点があるんだよね。

それこそつまり,夢を叶えるための,普遍的な法則なんだろうと思う。
例えば,徹底したプラス思考だったり,イメージすることだったり。
イメージは,具体的に。
具体的にイメージできないことは,実現できっこないもんね。

それから,言葉を大切にすること。
あ,それ私もやってる!!って思ったのは,肯定の言葉で終えること。
部下を叱るにしても「君の仕事は正確だけど,遅いんだよね」じゃなく,
「ちょっと遅かったよね。でも正確だね,助かったよ」という具合に。

これは息子と話すときにも心がけているし,
自分の独り言でも(このブログでも)心がけていること。
否定的な言葉で終わらない。言葉には魂があるから。

つい「あ~あ,ダメだなあ」って言ってしまったとしたら,
「いや,ダメじゃない,大丈夫」って言い直す<独り言だよ(^^;

もちろん,いつもいつもそんな前向きだけではいられないけど,
(と北原氏も言っていたけど)
プラス思考は子どもの頃から(意識的に)身につけてきたから,
ちょっとは自信があるかも(笑)

ああ,偶然とはいえ,いいお話が聴けて楽しかったわ。
これが無料だなんて。お金払ってでも聴く価値ある!

・・・ということで,数ある著作の中から,
今日のお話で中心テーマだったものを買い,サイン&握手をして頂いた。


夢の実現―ツキの10カ条夢の実現―ツキの10カ条
(2006/10)
北原 照久

商品詳細を見る



2009.05.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1224-02ca6b28