FC2ブログ

弁護士小室光子の記録です

昨日書いた,自宅マンションの理事,今回は
理事長は免れた~(あみだくじにより。もっとも,「会計」担当になった)。
あんまり認識されてないと思うけど,けっこう負担が大きいからね,
管理組合の理事長の仕事って。

どこの管理組合でもありがちなのが,管理費滞納問題。
前に理事をしていたときにも数件あったけど,今もまたあって,
いよいよ訴訟沙汰にするらしい。

マンションの管理費については,消滅時効が5年という最高裁判例が
数年前に出ているから,ウチのマンションの件も,時効中断を意識してのこと。

こういうときは,やっぱ,
弁護士頼んで任せといたほうが無難かなって思うものだね。

事案としては,単に滞納している管理費の請求だから,
(ローの課題的に)訴状を書きなさい,と言われたら,
頑張って,書くことはできるだろうな,とか思う。

でも,たぶん,今私が弁護士になっていたとしても,
自分でやるのは,避けたいと思うだろうな・・・。

だってさ,同じマンションに住んでいて,顔も家族構成も
わかっている人だよ?(いっしょに飲んだことすらある)
そういう人間関係がある人を,「訴える」なんてねえ。

かといって,(おそらく5年近くも滞納するにはそれなりの事情があるが)
立ち入った事情をきくほどには,親しくなかったとしたら・・・。
そして,度重なる催告にも応じず,話すらできない状況であれば,
他の大多数の居住者の利益を考えた場合(その人が払わない分は,
結局,他の居住者の負担になっていくわけで・・・)
訴えるというのもわからなくはなけいど,割り切れない思いが残るわ。




2009.05.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1227-8fe1be86