茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
第2回目。

一応,起案して出席するものの(提出義務はない),
自分のレベルの低さに,呆然とするわ。

大枠がわかっていても,それを表現できるかどうかはまた,
別問題なんだよね。個別の事情は色々違うわけだし。

ま,考えていることをうまく表現できるかどうかという問題は,
どういう局面でも,常につきまとうことなのかもしれないけど。

ロー入試のステメンでもそうだし,司法試験の答案でもそうだし,
それこそ,ラブレター(死語?)でさえ(笑)


【2009/07/04 22:51】 | お勉強
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック