無罪判決
2009/07/14(Tue)
今日は,元研修所教官の先生による刑事事実認定の講座。
前に書いた,判決起案の講評の回だったよ。

証拠から事実を認定していく過程を,丁寧に解説して頂いて,
面白かったわ。

で,私は無罪判決を起案してたわけだけど・・・
起案を提出した70人中,無罪としたのは3人だけだった(笑)

そりゃあね,私も「絶対やってるよね,こいつ」って思ったよ。
でも,立証責任が被告人にあるかのような認定をしないと,
うまく説明できない部分が残ってるって思ったんだ。
(刑事裁判では,あくまで検察官が有罪の立証をしなければならない)

それで,
「疑わしきは被告人の利益に」っていう大原則に愚直に従った(^^;

元裁判官でもある先生はおっしゃっていた。
「100%真実を解明することは無理です。神様じゃないんだから。」
って。そりゃあそうなんだよね。

だからこそ,冤罪が絶えないのだろうし・・・。難しいね。



この記事のURL | お勉強 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
刑裁起案の思考過程は独特ですよね。でも慣れてくると面白いです。

昨日、後期修習最後の刑事裁判起案でした。
出来はわかりませんが、初めて楽しんで起案できました。

micoさんは、私のように、せっかくの起案の機会を無駄にしないようにしてくださいね。
2009/07/18 23:00  | URL | ひで☆ポン太郎 #-[ 編集] ▲ top
-  -
ひで☆ポン太郎さん,ありがとうございます。
即日起案,お疲れさまです。
楽しんで起案できたというのは,すばらしいですね。
2回試験に向けて,頑張って下さい!
私も,せっかくの機会を,少しでも活かしたいと思います。
2009/07/18 23:12  | URL | mico #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1264-72bfd9b2

| メイン |