FC2ブログ

弁護士小室光子の記録です

ブログに限らず,日記を書く習慣があればわかると思うけど,
過去に書いたことって,そのときの自分は,間違いなくそう思い,
ある程度,これは書いておこうとか,書いておくべきだとか思って,
書いているんだよね。

でも,数年たって読み返すと,
ああ,こんなことあったんだ,こんなこと思ってたんだ・・・って,
懐かしく思ったり,意外に思ったり,恥ずかしく思ったりするんだよね。

自分しか読み返さない手書きの日記であれば,
それだけで終わるけどさ,ブログはそうではないという,
当たり前のことを,最近また(これまでも何度か考えてる)思ったりした。

けどそこには,ある種の安心感もある。
自分がそのときに,そう思っていたということや,
そう思って存在していたということを,
自分以外の誰かによっても,確認してもらえるという意味で。

ちょっと前に新聞で,死んだらブログはどうなるか,
について書いてあるコラムみたいなのを読んだの。
各社,それぞれの対応があるようだけど。

私は,生きている限り,(やめるならやめるで,そう言うつもりだし)
書き続けるはずなので,何日も更新がなかったら,心配してください(笑)



2009.08.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1290-19454bf8