茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です

受験対策としての論文演習

教材として何がいちばんいいか。
それはもう,受験生なら誰もがわかっているとおり,過去問に決まってる。

特に新司の場合は,出題趣旨も詳しく公表されているし,
それのみならず,いわゆる「ヒアリング」でオフレコに近いような本音まで,
赤裸々?に公表されているわけで。

論文対策は,これらを徹底的に分析することに尽きると思う。

もっとも,受験生のタイプは色々だし,合格者のタイプも色々なわけで,
予備校問題も含めて,たくさん書きまくって受かったという人もいると思う。

私は,過去問を繰り返す派だったので,それを前提に。

まず,私が実際ゼミなどで書いたものを列挙すると,
過去問(サンプル,プレも含めて全部。2~3回は書いてるはず)
期末試験(書かないと単位もらえないしね^^;)
期末試験の過去問(ほんの一部)
法職の総合起案演習(2回),それの過去問(科目によるけど1回程度),
行政法の基礎講座的な起案(未修者向けに開催された法職の講座),
辰巳の直前模試。あとは,授業で強制(半強制のやつも含む)されたもの。

予備校の答練は,新司との関係では一切利用してない。
(旧司を受けていたときにはフツウに使ってた。辰巳のローラーとか)

まだ成績も戻ってきてないし,よくわからないけど,
いちばん役に立ったのは,過去問を徹底的に分析したことだと思う。

ヒアリングとかを読んで,何を書かせたいのか,何を求めているのか,
問題文をどう読めばそれに答えられるのか,ということを考えた。
自分なりにわかったことを,A5のルーズリーフにまとめたりして,
本試験会場でもそれを見ていた。
(このノートには,授業で気づいたこととかも適宜書いてた)

演習として,過去問が少ないので足りないのでは?という不安は
よくわかる。けど,私の今の個人的意見としては,下手に書きまくるより,
過去問を「これでもか!」ってくらいに分析したほうが,プラスになると思う。

ああ・・・なんか書いてて,
「受かったから言えるんだろ」ってセルフ突っ込みが入るわ(苦笑)
気を悪くされる方もおられると思うけど,許してください。

正直言って,なぜ受かったのかは,わかりません。

そりゃあ,長いこと勉強しているし,受かってもバチは当たらない,
くらいには思ってるよ。
けど,残念な結果になってしまった方との比較で,自分が優れているとは
到底思えないので,こんな風に,偉そうに勉強方法とか書いていることには
ある種のジレンマを感じています。

コメント
確かに、合格者にも色々なタイプがあるとは思いますが、概ね過去問を重視するという点は共通していると思いますよ。

本試験の問題って、本当に練りに練って作りこまれているから、何度やっても新しい発見がありますよね。
2009/09/16(水) 00:14 | URL | ひで☆ぽん太郎 #-[ 編集]
3年前の夏ころに「time」という名前でコメントさせていただいた者です。
その時から時々ブログを拝見させていただいていました。
新司法試験合格したんですね!
おめでとうございます。
法曹はとても遣り甲斐のある素晴らしい仕事です。
micoさんが素敵な法曹になることをお祈りしています。
2009/09/16(水) 00:26 | URL | オリオン #-[ 編集]
ひで☆ぽん太郎さん,そうなんですよね。
本試験の問題には,やっぱり惚れ惚れします(笑)
過去問重視は,声を大にして言ってもよさそうですね。
補強して頂いて,ありがとうございました。


オリオンさん,ありがとうござます。
読んで頂いていたこと,嬉しく思います。
ご迷惑でなければ,リンクさせてください。
まだまだ勉強したいことがたくさんあります。
これからも頑張ります。
2009/09/16(水) 22:46 | URL | mico #-[ 編集]
micoさん,こんばんは。
とても前向きな文章で,読むとさわやかな気持ちになります。
私のほうもリンクさせていただいてもいいですか。
これからも読ませていただきますね。
2009/09/26(土) 02:42 | URL | オリオン #-[ 編集]
オリオンさん,ありがとうございます。
リンク,ぜひよろしくお願いします。
こちらからもリンクさせてください。
これからもよろしくお願いします。
2009/09/26(土) 19:50 | URL | mico #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
どうぞよろしく

茨城県牛久市の弁護士小室光子です。
(茨城県弁護士会所属)

弁護士法人こむろ法律事務所
〒300-1234
茨城県牛久市中央5-13-19
電話:029-875-8462
FAX:029-875-8463

ご連絡は下記「お問い合わせ」からも受け付けております。

交通事故等の一般民事事件はもちろん,家事事件,外国人の方からのご相談,刑事事件にも力を入れています。

相談料は,1回5,400円です(消費税込。1回30分が目安となりますが,30分を過ぎても追加料金は頂きません)。
資力に不安のある方には,民事法律扶助(一定の資力要件を満たせば,相談料が無料になる等の援助制度です。)をご案内していますのでお申し出ください。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
カテゴリー
これまでの記録
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -