茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「試験」というわかりやすい目標が目の前にあるときは,
どうしてもそれに合格することだけに集中してしまうけど,
そもそも私は,弁護士になるために,この試験を受け始めたんだった。

合格して,これからのことを考えるとき思うことは,
やっぱり私は,弱い立場に立たされている人に寄り添い,
「大丈夫ですよ」という気持ちでそっと背中を押してあげられるような,
敷居の低い弁護士になろうということ。

私が弁護士になろうと思ったのには,自分の離婚体験が原点にある。

もう離婚する以外にどうしようもない,という状況になったとき,
法律なんて一生,自分には関係のない世界だと思っていた私でも,
「こういうときは弁護士に相談すればいいんだろうな」とは思った。

けど,敷居が高すぎて,とてもじゃないけど無理だった。
区役所で無料相談ってのがあるのは知っていたけど,
なんかコワイ感じがして,とても相談に行こうとは思えなかった。

それでも,それこそ明日の飯にさえ困って,どうしようもなくなり,
勇気を振り絞って区役所の福祉の窓口に行ってみた。
図書館で色々調べて,「児童扶養手当」の存在を知ったから。

窓口の女性職員の対応は,すごく冷たかった。
申請さえ,させてもらえず,追い帰されそうになったの。

そのとき,1歳の息子を抱っこしていた私は,あろうことか
その場で泣いてしまった。
感動した場合とかでも,人前では泣かないポリシーの私が(笑)

はらはらと涙がこぼれ落ち,ぐずって泣いていた息子を抱きしめて嗚咽。
あのときの気持ちは,今でも鮮明に思い出すことができるし,
思い出すと泣ける(一人でいるときは割とよく泣くの^^;)。
「みじめ」という表現が,すごくぴったりくるような,そんな気持ちだった。

もっとも,弁護士になろうと思ったのは,それから3年以上たって,
ようやく生活が立て直されてきた頃の話。
弁護士になろうと思ってから,合格するまで10年以上が過ぎている。

私はアテにできる実家もないし,(いや,あるけど,書いてきたとおり,
逆に介護や病院の付添いをアテにされる立場だった)文字通りの
息子と二人暮らしで,正直,何度もやめようと思った。

その度に,あの,区役所の窓口で泣いた自分を思い出していた。

あのときの自分を救えるのは自分しかいないような気がした。
今も,あのときの自分と同じような思いをしている人が,きっといる。
そういう人の力になりたい。そうすることで,あのときの自分も救われる。

そうだった。私は,そういう思いで勉強してきたんだった。
そのことを,今改めて確認しておかなければならないと思った。

社会的に弱い立場にあるときの気持ちを,私は忘れない。
救済されるべき権利があるにもかかわらず,それを知る機会すらなく,
声も上げられず,ひたすら耐えている人がいることも,常に意識したい。

そして,そういう人たちが,少しでも前向きに生きる気力を取り戻せるよう,
ほんのちょっとだけでもお手伝いできるような,そういう弁護士になる。


長くなってしまったけど,読んで下さった方,ありがとうございます。
私がヘンな方向に走りそうになったときには,
こんなこと言ってたでしょ!!と叱って下さい(笑)
 コメント
この記事へのコメント
僕も実は4年間父親の介護をしながら仕事と受験を続けてきたのです。

僕にとってもそのころが自分の原点だと思うし,実務庁でも「そこがおまえの持ち味だ」と言われました。

micoさんもこれから今までの経験が花開くときが来ると思います。実務修習頑張ってください。
2009/09/21(月) 20:54 | URL | こうちゃん #-[ 編集]
micoさんが区役所の窓口で思わず泣いてしまった状況、
よーくわかります。。。。そういう、もうどうしようもない、というどん底的な瞬間を味わった人は、いろいろな意味で強いと思います。
本当の意味で、人を弁護できるプロになれると思います。
応援してますっっ!!(そして後に続きます)
2009/09/21(月) 21:24 | URL | cafelatteshort #-[ 編集]
MICOさん,その「熱い」思い・・・良いです!好きです!
信念というか執念というか。大事ですよね。

この業界に限ら無いと思います。
一人間として大切なことだと思います。

私も初心の「熱さ」を思い出しながら,勉強していますよ。
2009/09/22(火) 01:10 | URL | どらねこ #-[ 編集]
遅くなりましたが、おめでとうございます。

micoさんなら、きっと大丈夫ですよ。
強い信念お持ちですごく尊敬します。
社会的弱者の味方の弁護士さん。
頼りになれます。

2009/09/22(火) 10:16 | URL | てつみ #-[ 編集]
忘れないで下さいね。
  そういう状況は、目に浮かびます。

 仕事をしていて、その申請を受け付ける立場にいましたから。

 私は、正当な申請の拒否をしてきたつもりはないです。でも、そのようなことをする人間は居たし、今もいると思います。

 どのように切羽詰まった状況で来られるかを思う事もありました。

 でも、暴力団とかが無理矢理の申請をして来たりで、対応が事務的になっているのもあるかなと思います。
 
 今、一番思い当たるのは、北九州市で、生活保護を打ち切られて、餓死した人の話です。

 私は、実際にありうる話だと感じていまして、何の為の社会福祉制度なのだろうとも思いました。

 辛い経験は必ず自分のこれからの人生にプラスになると思います。

 実際に弁護士になると自身の初心を忘れてしまう人も多いので、micoさんにこれから頑張って欲しいです。


 
2009/09/23(水) 00:28 | URL | DAKARA #-[ 編集]
こうちゃん、ありがとうございます。
そういう中での勉強、そして今、だったのですね。感動しました。
私も、これまでの色々な負のことも、「持ち味」にできるように、
前向きに頑張っていこうと思います。


cafelatteshortさん、ありがとうございます。
確かに、勉強がつらいときでも「あのときよりはマシ」と思えましたから、
強く生きる力にもなっているような気がします。
本当の「プロ」になれるように努力します。
cafelatteshortさんもがんばってくださいね!


どらねこさん、ありがとうございます。
そうですよね。初心忘るべからず、といいますし。
何事にも言えることとはいえ、忘れがちだから、
昔の人はそのように言ったのでしょうね。
お互いこれからもがんばりましょう。


てつみさん、ありがとうございます。
てつみさんから、たくさんの勇気と生きる力を頂きました。
これからも、弁護士になってからも、よろしくお願いします。
弁護士など、縁がないにこしたことはないですが、
万が一何かのときには、お力になりたいです。
2009/09/23(水) 00:29 | URL | mico #-[ 編集]
DAKARAさん、ありがとうございます。
不正受給とまで言えないにしても、それに近いケースがあることも、承知しています。
それがあるから、窓口の方の対応が事務的にならざるをえないこともあるのでしょうね。
DAKARAさんのような対応をして下さる方ばかりだといいのですけど・・・。
実務に就いてからも(まだ1年以上先ですが^^;)、ときどきはこのブログを読み返して、
自省するように心がけます!
2009/09/23(水) 00:36 | URL | mico #-[ 編集]
やっぱ,micoさんが受かってて良かったよ。
頑張れ~!!!
2009/09/23(水) 11:41 | URL | mame #-[ 編集]
mameち、ありがとう。
これからもまだまだ大変なこともあるけど、
とにかく頑張るわ。
mameちのことも、信じて、応援しているからね!
2009/09/23(水) 22:56 | URL | mico #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1312-d75dc089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。