FC2ブログ

弁護士小室光子の記録です

高校2年生の終わりから,大学2年生までの3年半ほどの間,私は,
某劇団に所属して,役者修業をしていた。プロの役者になろうと思っていたから。

そこでご指導いただいた大先輩の役者先生がおっしゃっていたこと。
「役者っていうのは,人の心に明かりを灯す仕事なんだよ。」

17歳,いや,18歳になってたかな,
その言葉を聞いた時,すごく共感,感動したんだよね。

嫌なことがあったときにも,自分たちの芝居を見て,元気になってもらえるとしたら,
役者って,本当にやりがいのある仕事だなあって。

これから私がしようとしている仕事は,全く別世界の仕事。
でも,「人の心に明かりを灯す」ことができるかもしれないという点では,
共通する部分があるんだな。

そう思うと,生き方の根本的な部分は,ずっと変わってないのかもしれないな。
2009.10.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1336-c8c8d66f