茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
抽象的には,これまでも何度も耳にしてきた。
常にたくさん事件をかかえているとか,
期日に追われているとか,裁判官の忙しさについて。

民事にせよ刑事にせよ,裁判修習のとき,
修習生は常に,裁判官のすぐそばにいることになる。
法廷傍聴のときはもちろん,それ以外の時間は,
裁判官室に修習生用の机があって,そこで過ごすわけで。

そうすると,やっぱり肌で感じるんだよね。
裁判官の忙しさ。

私はけっこう色んな職業を経験したり,見聞きしたりしてきて,
忙しくない職業なんて,たぶんないんだろうと思っている。
それぞれの職業に特有の忙しさがあるけど,それって
身近に見ていないと,なかなか実感としてわからないんだよね。

そういう意味でも,今の時間は貴重だなって思う。
裏話的なことを聞けるのも,その現場にいればこそだしね(^^;


【2009/12/10 22:59】 | 司法修習
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック