FC2ブログ

弁護士小室光子の記録です

今日は,午前中は傍聴,午後は傍聴と共通問題研究だったよ。
まだ,修習が始まって半月程度が過ぎたにすぎない。

それなのに,毎日,いくつも裁判を傍聴していると,
裁判という「特別」が,「日常」のように思えてしまいそうになり,
その一つ一つの重みを忘れてしまいそうになる。

東京地裁の建物の一室で講義を受けていた今日の午後,
同じ東京地裁でこういう判決が出ていたんだね。東京大空襲に関係して。

当事者はたくさんの思いを抱いて,あの場にいたんだよね。
それを,そのかけらも知らず,日常を過ごていた自分の無力を,
ある種の鈍感さを,改めて実感する。

社会の耳目を集める事件に限らず,私が今日傍聴した裁判だって,
同じことなんだよね。それぞれに,それぞれの事情がある。

法曹にとっては日常でも,
当事者には非日常,「特別」であるということ,
一つ一つの事件の,一つ一つの思い,
そういうことを大切に思う気持ちを忘れずにいたい。

2009.12.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1378-5ca1e4ad